エッチ画像と女性部下の激励。懲罰的別居明けに離婚話に広げる鬼嫁に従順な男

テレフォン人生相談 2020年12月17日 木曜日

鬼嫁に羊男。

割れ鍋に綴じ蓋・・

とはいかないか、やっぱし

 

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 坂井眞(弁護士)

相談者: 男49歳 妻49歳 長男大学1年 長女高校1年 次女中学1年

今日の一言: 対立を避けると、いつになっても意思は生まれません。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、もしもし?

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい、よろしくお願いします。

加藤諦三:
最初に、年齢教えてください。

相談者:
49歳です。

加藤諦三:
49歳、結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
奥さん何歳ですか?

相談者:
49歳です。

加藤諦三:
49歳、お子さんは?

相談者:
大学1年、の、長男と・・

加藤諦三:
はい

相談者:
高校1年の、長女と・・

加藤諦三:
はい

相談者:
中学校1年の、次女がいます。

加藤諦三:
はい、分かりました。それでどんな相談ですか?

相談者:
一昨年から去年にかけて・・家庭内別居、をしてまして、えー・・

加藤諦三:
家庭内別居ということは食事も、別・・で?

相談者:
そうですね、食事は・・わたしが自宅の2階で・・

加藤諦三:
はい

相談者:
食べて、家族は下で、というような・・

加藤諦三:
か、あ・・ということは家庭内別居というけど、奥さんと家庭内別居というより、家族の中であなたが、1人2階に・・

相談者:
あ、そうですね。

加藤諦三:
ん、住んでるということですか?

相談者:
はい、そうです。
ま、それが、約1年、一昨年から去年に・・の中で、家庭内別居、に、なってたんですけども、

加藤諦三:
うん

相談者:
5ヶ月ぐらい前にはもう、それが、なしになり、一緒にまあ、もう食事も、し、普通に、生活するようになったんですけども。

加藤諦三:
あ・・あ、そうですか、そうすっと今はもう一緒に生活してんの?

相談者:
はい

加藤諦三:
ふ、ふん

相談者:
はい

加藤諦三:
はい

相談者:
ただ、それにまあ・・か、かわる、いきさつとかで、
妻あ、のほうは・・まだわたしのほうを完全に・・許してるわけではなくて、

加藤諦三:
んえ

相談者:
ご相談、さしてもらいたいのは、どうやったら、妻に信じてもらえるか?っていうことと、
自分がしてしまったことを、2度としないでほしいっていうことで・・

加藤諦三:
「自分がしてしまったこと」っていうのはなんですか?

相談者:
携帯電話と、ま、パソコンに関係することなんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
携帯に関しては、仕事の関係で、女性と、メールのやり取りなんかをしてまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
その方あ・・に、励ましの・・言葉のつもりで、
「あなたはとっても、大事な役割なので、ほんと宝です」みたいなことを、書いたことがありまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
でその言葉あ、が・・「わたしにも、かけた、ことないような言葉を、なんでそういう、人に、そんなことするの?」っていうこととか、

加藤諦三:
はい

相談者:
仕事関係で、若手の、女性の方から・・

加藤諦三:
うん

相談者:
メールう、が・・夜の、遅い時間に、来まして、

加藤諦三:
はい

相談者:
でそれに対して、ま・・パっと返したんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、妻からの、連絡にはなかなか答え、れてなかった現状があるにも関わらず、

加藤諦三:
はい、はい、はい

相談者:
夜中の、寝る時間なのにパッと返してる、みたいなことで、

加藤諦三:
うん、ん

相談者:
「ほかの人にはそんなふうに対応するのにわたしにはちゃんとしてくれない」って言って、

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、携帯は、もうそっから使ってない状態に、なったんですけども。

加藤諦三:
で今、携帯は、じゃあ、使わなく、なってんですか?

相談者:
そうですねえ。
必要なときもありますけど、ま、それで、なんとかやってる状態です。

加藤諦三:
うん・・うん、ふん

相談者:
もう1つは・・パソコン関係なんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
誰もいない、ときに自分がちょっと、こ、いやらしい画像っていいますか。
グラビア、のような物を、見たりとかしてて、

加藤諦三:
うん

相談者:
でそれがまあ、見つかってしまって、
そこで、「もうそのパソコンは使わないで」と、いう形になり、

加藤諦三:
ふん

相談者:
でもう1台古いパソコンがあったんですけども、

加藤諦三:
ええ

相談者:
また、ちょっと同じように(苦笑)、画像を見たり、動画を見たりしてしまって、

加藤諦三:
うん

相談者:
でそれも、ま、見つかってしまって。

加藤諦三:
要するに、あなた別に女性とお、浮気したとか、なんかそういうんじゃなくてえ・・

相談者:
あ、そうですね。

加藤諦三:
パソコンでえ・・女性の裸になるようなのを、物を見たという・・

相談者:
そうですねえ・・

加藤諦三:
こと、ですね?

相談者:
そうです、そうです。それで・・ま・・

加藤諦三:
ん、それほど、特別な男性・・というわけではないですよね?

相談者:
妻からすれば・・ま1回・・やってしまって見つかってるときに、

加藤諦三:
はい

相談者:
「それはもう嫌だ」って「もう2度としないで」って言ったにも関わらず、

加藤諦三:
ええ

相談者:
「わたしの気持ちを第一に考えてくれてないっていうことが、一番・・ショックだ」ということで・・

加藤諦三:
だけど5ヶ月前に・・

相談者:
はい

加藤諦三:
やっぱりもう一度、一緒に・・食事もするようになったと。

相談者:
はい

加藤諦三:
きっかけはなんですか?

相談者:
そのとき、も、結構、大きな喧嘩をしまして、

加藤諦三:
ふん

相談者:
妻がまあ、出てって、もう離婚、かどうか、みたいな話になりまして、
「白か黒かはっきりして」っていうよな形で、

加藤諦三:
はい

相談者:
離婚、をするか?、もう離婚をしないで続けるなら、もう、2度と?、画像とかそんなの見ない、し、万が一それを破ったら、退職金を全部・・寄越しなさい、っていうような・・そういう、ま、二者択一の・・

加藤諦三:
うん

相談者:
がありまして、

加藤諦三:
うん

相談者:
でまあ、今後も続けたいっていうことで、

加藤諦三:
うん

相談者:
一緒に、生活してまして、前よりも随分、幸せな?・・

加藤諦三:
はい

相談者:
毎日を過ごせるようになって来てるんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
ただあ、妻の中には、どうしてもこう・・わたしに対して、不信感がまだ残ってたり、

加藤諦三:
ふん

相談者:
何回かおんなじようなことしてる、携帯についても、パソコンについてもしてるので、

加藤諦三:
うん

相談者:
もう2度としないためには、どういうことに心掛けたらいいのか?っていうことを・・相談・・してほしい、っていうことで・・

加藤諦三:
あ・・あなたの今日の相談はあ・・

相談者:
はい

加藤諦三:
要するに、全部奥さんの要求を呑むわけですよね?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
そのためには、あれ?

相談者:
はい

加藤諦三:
わたしをどう変えたらいいか?っていうことですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
だけど、ちょっと待って。
奥さんの不信感っていうのが・・は・・

相談者:
はい

加藤諦三:
これあなたに対する不信感?・・それとも・・

相談者:
はい

加藤諦三:
人間一般に対して不信感っていう物を持ってるわけ?

相談者:
ひょっとしたら・・人お、に対して、そういう感情はあるかもしれません。

加藤諦三:
ですよね?、人に対する不信感がある、可能性っていうのはあるわけですよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
そうすると・・この中でわたしは・・人に対して不信感を持っている妻に、からどう信じられるか?っていうのは、ちょっと物凄い、ことだと思わない?

相談者:
うーん

加藤諦三:
人間に対する不信感があるわけですから。

相談者:
ただ、ま、一番近い人間として・・信じてもらえるような行動を、ね?取れれば、いいなと思ってるんですけども。

加藤諦三:
あなたなんかこういう深刻な、生活を受け入れるような・・

相談者:
はい

加藤諦三:
辛い過去っていうのはあるんですか?

相談者:
いや、それはない、ですけれども。

加藤諦三:
あ、それはないんですか。

相談者:
まカウンセリング、ほかのところにも、5回ほど、場所変えて行かしてもらったりして、

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、それも、妻が、ま「わたしは悪くないから」ま、「あなたが、変わったら」っていうことで、ま、それを受け入れて、聞きにいったりとかはしましたけども。

加藤諦三:
ふうーん

相談者:
はい

加藤諦三:
ていうことね。
はい、今日はあの、スタジオに弁護士の坂井眞先生がいらしてるので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。
はい

(回答者に交代)

「エッチ画像と女性部下の激励。懲罰的別居明けに離婚話に広げる鬼嫁に従順な男」への5件のフィードバック

  1. 今日の相談者さんとか嫁さんとかが敵意持ってるとか、
    それを認めれば前に進めるとか、
    そうだその通りだと同意見の人、います?
    私は思えない。

    1. 大きくハズレてはいないんじゃないかなと思いました。
      ・エロ画像やメールの件は、一般的には「ちょっとした夫婦喧嘩」で済む話。
       別居や離婚事由にするには弱い。「エロ画像を一切見るな」という妻の要求は無茶である
       (せめて分かんないように見てよ!マナーでしょ!とかならまだ…)
      ・たとえ今回夫が完璧に反省して繰り返さなくても妻は夫を信用する日は永遠に来ない
      ・なぜなら妻は根本的に人間不信で、夫や他人に敵意を持っているからである
      ・無茶な要求を飲めと言われたら普通は敵意を持ち、反発するが、
       それに疑問も持たず、本当の意味で妻と向き合えていない夫にもまた問題がある
      ・夫が一切の反発をしないのは、対立を避ける=深層心理で抱いている妻への敵意を認めたくないからではないか?
      ・よって、妻は周囲に対する敵意を、夫は無茶を言う妻への敵意を認め、
       「ちょっとした夫婦喧嘩」ができる夫婦にならないことには根本的に解決はしない
      …って感じの解釈をしました。

    2. 「敵意」というワードは今回に関しては奥さんに対しては当てはまるんじゃないかなと思った。相談者には当てはまらなさそう。
      そしてタイゾーは普段から敵意という言葉を当てずっぽに使いまくっていて、当てはまらなさそうなことの方が多い。体感7〜8割当てはまらない。

  2. 嫁さんが相談者と再構築を決めた(?)ターニングポイントとは何か。それ気になったな。番組聴いてもあまり触れられんみたいやったけど。子供の教育と学費の為か?
    嫁さんが極端に沸点低いのか、相談者が何かまだ隠しているのか。
    自分が見聞きした限りでは、妻が極端に疑り深くなったり監視強化したり別居するのは、結局旦那の浮気が原因。
    下衆な勘繰りだけど、メール相手とはメールのやりとりだけで終わらなかったんだろうな‥と。相談者としては原因が「メール2:エロ画像8」の割合で告白して、ヒステリー妻という印象を作って、妻を宥めすかす魔法の言葉が知りたかったのだろう。

コメントはお気軽にどうぞ。承認後に掲載されます。

名前欄は必須です。何かハンドルネームを入れてください。