女3人三代同居10年。年金生活を侵食して気にもとめない出戻り娘に増える小言

テレフォン人生相談 2021年11月16日 火曜日

娘さんのご飯はおいしい?

食材3万円といえば母一人分じゃなく3人分。
娘は持ち出し無しで暮らしているわけだ。
何が悲しくてウツ夫と続けられるかよ。

問題はココから先。
娘にとってメリットしかなかった10年間と違って色々とね。
一番は言うまでもなく介護問題。

たとえば相談者ひとりなら、最期は自宅の売却金を入居一時金の原資として老人ホームで暮らすことができる。
だけど今なら娘がそれを許すまい。
じゃ、娘は自宅介護を覚悟しているのかしら?

相談者には嫌なお手本がある。
娘の夫。

「いい暮らしをしてたと思うんです」
「普通、あたしだったら、鬱になっても主人を支えながらやって行こうていう気持ちがあるんだけど」

自分もお荷物扱いされてしまう可能性。
もしそうなると、年金だけでは特養ぐらいしか選択肢はない。

「『すぐお母さん怒る』って言うんですよ。怒ってないんだけど『怒る、怒る』って」

イライラは不安。
電気のつけっぱじゃなく。

 

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 三石由起子(三石メソード主宰、作家・翻訳家)

相談者: 女73歳 夫は7年前に他界 娘48歳 7年前に離婚 孫娘19歳との3人暮らし

続きを読む 女3人三代同居10年。年金生活を侵食して気にもとめない出戻り娘に増える小言