通信制望む不登校娘を県外転校。無気力治らず懺悔する母に激おこの大原敬子

テレフォン人生相談 2021年5月17日 月曜日

忙しいお母さん。

進学校      ひゃっほー♪

ドベ       ・・

不登校      え?

留年       通信制とかダメ!

県外転校     ホッ

無気力ゲーム厨  ごめんなさぁい(泣) ←今ここ

 

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究)

相談者: 女46歳 夫57歳 長女19歳 次女16歳

今日の一言: わたしは何をするべきか。それが分かっているとき気が楽になります。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
お世話になります、はい

加藤諦三:
最初に年齢教えてください。

相談者:
46歳です。

加藤諦三:
46歳、結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
ご主人何歳ですか?

相談者:
57歳です。

今井通子:
57歳、お子さんは?

相談者:
19歳と、

加藤諦三:
はい

相談者:
16歳が・・2人います。

加藤諦三:
男の子女の子は?

相談者:
女の子です。

加藤諦三:
両方共女の子?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい分かりました。それでどんな相談ですか?

相談者:
16歳の・・子お、の、相談なんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
進学校に、高校のほう通ってたんですが、
ゲームのほうにハマりまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
昼夜逆転して、高校1年生の、3学期、から、

加藤諦三:
はい

相談者:
不登校のほうになり始めまして。

加藤諦三:
どのぐらい学校に行かなかったの?

相談者:
トータルは、1ヶ月ぐらいしか行ってないんですけども。

加藤諦三:
はい

相談者:
それまではずっと普通に学校に行ってたんですよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
だけども、急にですね・・3学期になってから、時々休み始めまして、例えばテストのときとかに休み始めまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
成績が悪かったのでいつもビリだったんですね・・学年で。

加藤諦三:
はい

相談者:
でそれで・・ずっと休むようになりまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
結局・・年度末の、

加藤諦三:
はい

相談者:
期末試験受けなかったので単位が取れずに・・そのまんま留年してしまったんですよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
そのあと、どうするかってことになりまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
本人は・・「今の学校にいたくない」と。

加藤諦三:
はい

相談者:
「通信高校へ行きたい」と・・

加藤諦三:
はい

相談者:
言ったんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
ちょっとそんときわたしもですね、先走りをしてしまって、

加藤諦三:
はい

相談者:
隣の県の、高校のほうに、

加藤諦三:
はい

相談者:
編入できるか、ほ、どうかを相談したところ、

加藤諦三:
はい

相談者:
学年落としていいのであれば・・

加藤諦三:
はい

相談者:
引き受けてくれるっていうことになりまして。

加藤諦三:
はい

相談者:
通信高校ではなくて、

加藤諦三:
ええ

相談者:
普通高校のほうに、通うことになったんですね。

加藤諦三:
・・あの・・そこも、不登校になり始めたっていうこと?

相談者:
ええ、そこは、も、次はないってことが分かってるので、ま、時々、遅刻をしながらですが、

加藤諦三:
ええ

相談者:
今は・・朝も送って、なんとか行ってます。

加藤諦三:
あなた自身があ、

相談者:
はい

加藤諦三:
非常にこう、アップセットしてるっていうか、

相談者:
混乱しています。

加藤諦三:
混乱してんですよね?

相談者:
&#△%、はい

加藤諦三:
要するに、なんでもないことを物凄い大事のように・・騒いじゃってるというか・・

相談者:
結局う、自分としては、

加藤諦三:
はい

相談者:
不本意なところに行ってるん、ですね、本人は。

加藤諦三:
・・

相談者:
でもわたし達が・・普通校がいいんじゃないか、っていうのと、

加藤諦三:
ええ

相談者:
正直わたしが許せなかった部分もあるんですね。

加藤諦三:
・・

相談者:
それで・・今頃になって、通信に行かせてあげれば良かったっ・・思う懺悔の気持ちがありまして・・

加藤諦三:
うん。そいで・・今日のあなたの相談というのは、どういう・・

相談者:
はい

加藤諦三:
ことですか?

相談者:
で・・同じ時期に、うちの子どもと、ほかにも何人も、学校のほうを、留年してる子がいるんですね。

加藤諦三:
あはい

相談者:
だけどその子たちは全部通信高校に行ってしまってるんですね。

加藤諦三:
ええ

相談者:
留年したくなかったので。

加藤諦三:
うん

相談者:
ただ、うちだけ、こういうような方法を、親のエゴで取ってしまったことに対して(震え声)、

加藤諦三:
うん

相談者:
(涙声)懺悔の気持ちと・・彼女が・・なかなか、先に踏み出せない、わたしもなんですが、

加藤諦三:
ええ

相談者:
今までのような生活ができないといいますか・・

加藤諦三:
・・

相談者:
自分がちゃんとまずできてないです。はい

加藤諦三:
あなた自身が?

相談者:
はい、もう何もできなくて、仕事もできないし、

加藤諦三:

相談者:
家の中もぐちゃぐちゃですし、

加藤諦三:
うーんーん

相談者:
で・・子どもも、

加藤諦三:
うん

相談者:
ただ学校に行って帰るだけ。

加藤諦三:
うーん

相談者:
課題とかも・・出てるのも、何もしないですし、やる気があるのかないのかも分からないんですが、
とにかくもう・・携帯で、インターネットのほうにハマり込んでまして。

加藤諦三:
うーんーん
今日の相談というのはあ、

相談者:
はい

加藤諦三:
混乱していて、

相談者:
はい

加藤諦三:
もう自分の気持ちを、どう収めてったらいいかっていうこと?

相談者:
はい、それと、彼女を、どにか・・立ち直るっていうか、前を向いて、頑張ってもらうために(涙声)・・できないかなあ・・

加藤諦三:
どうしたらいいか?ということね?

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
はい、分かりました。
今日はあの、スタジオに幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてんので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

(回答者に交代)


「通信制望む不登校娘を県外転校。無気力治らず懺悔する母に激おこの大原敬子」への3件のフィードバック

  1. お母さんあなたの問題です、というパターンでしたね。大原先生だったから叱られちゃったけど今後に期待、親子共々お幸せに。

  2. 子供を自己満足のアクセサリーにして、振り回して。手詰まりになったら「懺悔する自分」を演じつつ「悪者にならない方法」を模索する。要は自分のエゴ本位。貴重な10代は戻ってこない。子供から一生恨まれるのは確定なんだから、本気で後悔してるなら身一つで子供の前から消え去れ。どうせ、反省もポーズで、結局何もしないだろうけど。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。