事実上のゼロ回答。占い師に傾倒し変わってしまった妻を受け入れ細い糸をつなぐ

(回答者に交代)

大原敬子:
こんにちは

相談者:
よろしくお願いいたします。

大原敬子:
あのね?、人間って誰でもですね、「あ、まずいなあ」、「変だな」と思うときっていうのは・・相手に依存してるときが多いんですね。

相談者:
はい

大原敬子:
そうしたときはね?、自分の都合のいい解釈してしまうんです。

相談者:
・・はい

大原敬子:
妻と、あなた自身がギクシャクって言ってるんですね。

相談者:
はい

大原敬子:
で、子どもがいると・・まあ、なんとか行きますけれども、

相談者:
はい、はい

大原敬子:
僕たち2人、のときは、ギクシャクではなくって、まったくですね、僕が彼女の世界に、入ってけないんじゃないかと思ってるんです。

相談者:
はい、はい

大原敬子:
そのときに・・「おかしいこれは」と思わなくてはいけないんですけども。
やっぱり人間っていうのは、「いやいや、ギクシャクだよな」「話し合えばうまく行くだろう」そう思ってしまうんです。
でも、

相談者:
はい

大原敬子:
本心の部分では・・まずいって知ってるんです。

相談者:
はい

大原敬子:
でも、どう対応していいか分からないときは、ギクシャクって言葉で・・いつか、何かあったときに、話し合えば行くだろうと思ってしまったってのが1点です。
次にですね・・この相手ですね、

相談者:
はい

大原敬子:
その方は男性ですか女性ですか?

相談者:
女性です。

大原敬子:
ということはもっと始末悪いんですよね。

相談者:
はい

大原敬子:
女性に惹かれて行くってことは・・わたしを受け入れてくれる。

相談者:
はい

大原敬子:
認めてくれる。

相談者:
はい・・はい

大原敬子:
つまり、心を取られてしまったんですね。

相談者:
はい、そうですね、はい

大原敬子:
ね?
たぶんあなた自身が・・相手が男性だったら・・結構訊いてるんじゃないかしら?

相談者:
はい

大原敬子:
女性だから・・「あー、そうか。女性同士で、楽しくやってるんだな」って・・「それでうまく行けばいいや」っていう気持ちが、ずるずる、ずるずる来たっていうことはありませんか?

相談者:
そういうは、はい、あります。
はい

大原敬子:
そうなんですよね。これ女性っていうことがね?・・大きなね?・・

相談者:
そうですね、はい

大原敬子:
盲点だったんです。
じゃあなたはどうするか?
あなたは、先ほど、「話し合いはする」おっしゃってましたね?

相談者:
はい

大原敬子:
こういうギクシャクした関係で話し合うって嘘ですよ?

相談者:
・・

大原敬子:
なぜかっていうと、全部これは、感情の、話し合いなんです。
もう自分が居ても立っても居られない。

相談者:
はい、そうですね、はい

大原敬子:
自分が不安になると・・話し合った。

相談者:
はい

大原敬子:
でも、平行線になるって。
話し合うっていうのは・・準備をして、

相談者:
はい

大原敬子:
そして、自分がある判断を決めて、
相手がどういう考えを、持ってるかを・・あなたが見ることなんですね。

相談者:
・・はい、そうですね。

大原敬子:
だから、話し合いは無理です。

相談者:
・・はい

大原敬子:
あなたが自分で・・選択することだと思うんです。

相談者:
はい

大原敬子:
・・あなた自身が・・妻は絶対必要ですか?

相談者:
必要ですね、はい

大原敬子:
何が必要だと思いますか?それ。

相談者:
ま、わたしは、あのお、変わらずう・・好きなんですね、妻のことを。

大原敬子:
はい

相談者:
わたしのお・・好きな妻が、こんな変わっちゃって、来てることが物凄く辛くて、
そこにまた子どもも、いて、本来なら幸せな、正三角形みたいな物が描けるんだろうけども・・そこがなんかこう、うまく、作れないことに対して、

大原敬子:
うん

相談者:
辛いものですから・・

大原敬子:
そこが感情(肝心?)になってる・・僕は絶対妻が必要だと思ったら・・

相談者:
はい

大原敬子:
もう、諸々いらないんです。

相談者:
はい

大原敬子:
家庭を妻が、看なくても・・

相談者:
はい

大原敬子:
家に帰って来るじゃないかって。
今、僕が妻に求めるのはそれで十分だと思ったら・・受け入れられるんですね。

相談者:
・・はい

大原敬子:
ところが・・あの、何年前かの妻の心を戻そうと思うと・・全部が崩れてしまいますよ?

相談者:
はい

大原敬子:
1つの物を・・最終的に求めるならば・・あとは全部捨てることなんですね。

相談者:
・・

大原敬子:
あなた自身が、昔の彼女を求める必要性を求めてるの?

相談者:
そういう・・でもないんですけれども。

大原敬子:
いや・・明確に。

相談者:
・・

大原敬子:
子どものため?なんでもいいです。自分にとって、妻が必要と、その妻が必要・・

相談者:
やっぱり子どもがいるからですね。はい

大原敬子:
じゃ、そこでもう、まず・・どんなことがあっても、子どもがいる間は?

相談者:
一緒にいたいと思います、はい

大原敬子:
一緒にいる。「いたいと思う」じゃない、いる。

相談者:
はい、います。はい、います。はい、います。はい

大原敬子:
決意です。ね?いるって決意したら・・ほかに何かある?いろんなことはないでしょ?

相談者:
はい

大原敬子:
子どもいるんだったら・・僕はいいと、あなたが思うならですよ?

相談者:
はい

大原敬子:
そのとき、妻は心が楽になるんです。あなたに対して。

相談者:
はい・・はい

大原敬子:
僕が、その妻を必要なんですよね?

相談者:
はい

大原敬子:
今・・子どもですね?

相談者:
はい

大原敬子:
あとまだあるの?

相談者:
理想といえばやっぱりい、会話をたくさんしたい・・
フィーリングをもっと深めたいっていうのはあります。

大原敬子:
ていうことは、僕が寂しいってことね?

相談者:
そうです。それはあります。はい

大原敬子:
ね?、それ認めるってことよ。
それを、「いや会話ですね」、「フィーリングですね」って言うから・・妻にとってはどうでもいいのよね。

相談者:
・・はい

大原敬子:
じゃあ・・僕が、妻と語りたい。

相談者:
はい

大原敬子:
どんなことを語りたいかあなたはあるの?

相談者:
たわいもないこと・・
まあ・・

大原敬子:
そうですね。この場合に一番いいアイデアは・・

相談者:
はい

大原敬子:
9歳の子どもいますよね?

相談者:
はい

大原敬子:
たら、彼女が聞いていなくとも、長ったらしく、恩着せがましく・・あなたが代わりにPTAなんか行くんでしょ?

相談者:
はい

大原敬子:
その話をすることです。
それだけです。
楽しそうに。

相談者:
はい

大原敬子:
そしたら向こうも、「あっそう」、「ふうん」って・・たぶん、心ここにあらずですから、あ、いいんだって。
この細い糸・・1本つないでればいいって。

相談者:
はい

大原敬子:
したら、1本をだんだん太くして行くんです。
それがこのお子さんです。

相談者:
・・はい

大原敬子:
楽しそうに。

相談者:
・・はい

大原敬子:
ただし、

相談者:
はい

大原敬子:
金銭感覚に・・なった場合には、これ話し合いですよ?

相談者:
その、お金のことも、あるんです。はい

大原敬子:
え?

相談者:
「わたしが・・仕事しながら貯めたお金で・・払ってるんだから」っていうよな、ま、一点張りで。
表面はそういうふうに言ってますけれども、買ってる物とかを見てると・・恐らくそれだけでは賄ってないんじゃないかなとは思っています。

大原敬子:
で、あなたの仕事に響いています?

相談者:
仕事には響いてないです。はい、そこは・・

大原敬子:
じゃ、もう1回行きますよ?、まと・・いい?
あなたが強くなって欲しいんですよ?
強くってことは何かっていうと、

相談者:
はい

大原敬子:
自立して欲しいんです。心の。

相談者:
はい

大原敬子:
この妻が・・もし、

相談者:
はい

大原敬子:
金銭的に・・あなたのとこに被って来ても、それでも・・あなたは、妻が必要ですか?

相談者:
必要ですね、はい

大原敬子:
じゃ、そこまで覚悟したら、第三者はいらないですよね?

相談者:
はい

大原敬子:
金銭的に、もし、自分とこに被って来ても・・妻が必要だと思うならば・・最低限自分が・・生活ができるできないは、あなたに掛かっていますよね?

相談者:
そうですね、はい

大原敬子:
そこをあなたがしっかりと精神的に自立して・・経済さえしっかりしてれば・・

相談者:
はい

大原敬子:
もしかしたら・・いつか・・あなたのところに帰って来るかもしれない。

相談者:
はい

大原敬子:
たぶん普通の方は、「もう止めちゃいな」とか言うかもしれません。人生ではね。

相談者:
はい

大原敬子:
でも、切れないのが人間なんです。

相談者:
そうですね、はい

大原敬子:
ええ、でも、やっぱり・・自分が幸せになりたいですよね?

相談者:
はい

大原敬子:
まず、自分って位置があって。
で自分がしっかり自立していて。
幸せが来るわけでしょ?

相談者:
はい

大原敬子:
てことはわたしは今日の相談の最後の答えなんですけど、あなたが、意思を持って欲しいってことです。

相談者:
はい

大原敬子:
意思を持つっていうのは・・僕は、誰がなんと言っても、この妻が好きなんだと。

相談者:
はい

大原敬子:
だから時間を掛けて・・僕は、今ある物、小ちゃな物から・・城固めして行くんだと・・思うことも大事だと思いますよ。

相談者:
はい、ありがとうございます。
はい

大原敬子:
わたしはあなたにほんっとに幸せになって欲しいと思います。

相談者:
はい

大原敬子:
太い、意思を持ってください。

相談者:
はい

(再びパーソナリティ)


「事実上のゼロ回答。占い師に傾倒し変わってしまった妻を受け入れ細い糸をつなぐ」への29件のフィードバック

  1. すれ違い二人の心、冷めてしまった夫婦を修復したい!
    奥様がスピリチュアルカウンセラー、占いを信じきってそちらに生活のすべてを注いでいる。それでも貴方は奥様と別れたく無い!いてくれればいい!奥様が必要なら、何も期待しないで受け入れて!貴方はどっしりと強い意思を持って下さい。

    1. 蛙さんは、回答者の先生方が仰ったことと同じことを書いてることが多いですよね。意味ないと思いますが。

    2. って書いてると文章でもうるさいと感じるものなんですね。
      パッと見て「目が滑る」文章の人はアスペルガーの人です。ちなみに私もなのでよくわかりますが、普通の人はそうはならないです。
      ユーチューブのほうのコメント欄で馴れ合いの関係ない話してる人がいて嫌だなって思ってたんですけど、メル友ならメールで話してくれ!

      1. 人それぞれ気に入らないコメントあるだろうけど、読み飛ばせば済むこと。いちいちここに書き込んで何になる?

  2. なんか、どうしようも無いのでは。加藤&大原ペアでも、今回はキレが悪かった。どうしようも無いのを、お二方もご存知なんだろう。宗教なりサロンなり、ピラミッド型の組織のテッペンら辺りに居場所得るとアドレナリンがガバガバ出て快感になるらしい。相談者の心配は「妻が妻でも母でも無くなること」にあるが、更に懸念事項がある。スピ系の幹部がトップから商品購入して、更に転売という形を取ることがあるので、相談者が知らぬうちに借金してないかも調べた方が良い。

      1. 匿名さん 今晩は井の中の蛙です。毎日のり弁さんから、読むテレフォン相談が立ち上げましたって、私の所にメールがくるのですぐにコメントしています。匿名さんもコメントして下さい。今後もよろしくお願いします。

          1. のり弁さんは友達です、毎日メール電話してます。横浜中華街に遊びに行ったりもしました。匿名さんもよろしくお願いします。

          2. 井の中の蛙さんの言う通りです。以前、別のサイトで知り合った相談相手です。こちらのサイトの落ち着いた雰囲気が気に入って、先日からコメントさせて頂いております。
            どうぞ、宜しくお願いします。

      1. のり弁さんへ
        読み手はあなたがたを気に入ってませんから、蛙さんとやり取りしたいならここを利用されずにお二人同士で直接に連絡とりあったらいいんじゃないですかね
        読むテレ人のサイト管理者の知人でも、ましてや管理を手伝ってるかたでもありませんよねあなた方。それを私物化するような使い方は如何なものかと思いますよ。
        とくに蛙さん「匿名さんもどうぞ」とか、あなたそれを言う立場ではないですよね。
        オープンな場所ではありますが、場の読めないおばちゃんだなぁとうんざりします。

        1. 番組を聞いた感想を自由に書いていいんですよね?どなたかに許可をとらないといけませんでしたっけ?

          1. 番組を聞いた感想を語る場であって
            おばちゃん同士のバーチャルたまり場じゃないですから。
            ご自由にといっても趣旨と程度がある。
            たとえば店頭のサンプル「ご自由にどうぞ」を手づかみがっさり、何なら袋につめて持ち帰る人、どう思います?厚かましいとか図々しい、更にいってしまえばそういう人はマトモじゃないと思いますよ私は。
            ここで馴れ合ってるお二人にはそれ感じますね。

          2. 仰るとおり自由です。
            ただし、人格否定の非難や誹謗中傷は良くない。
            意見に対して意見する、批判は自由だと思いますよ。

  3. 奥さんは変な宗教かマルチに洗脳されたのでしょう。それでもまだ奥さんが好きだと言う相談者。目を覚ませ!と言いたい。相談者のお金に手をつけるのも時間の問題。生活もままならなくなるでしょう。
    そうなる前に奥さんから離れて、財産と子供を守ってください。離婚調停でも認められるのではないでしょうか

  4. セックスレスなのは間違いない。
    レスだと心も身体も癒されないから、外に癒やしを求めるようになる。奥さんの場合それがスピだったと思う。
    元には戻れないだろうなあ…、レスが解消出来ればわからないけど難しいわ。

    せめてお金の管理だけはキッチリして、必要な生活費や預貯金に手を出されないよう気をつけて。

  5. こういうタイプのものに傾倒している人を元に戻すのはかなり難しいと思う。こどもや夫よりも大事なものなので、よっぽどのことがないと目を覚まさないと思う。このまま生活を続けていくなら、くれぐれもお金の管理をしっかりしていかないとあっという間に、借金だらけになると思う。個人的には、離婚してこどもと2人で生きていくほうがいいと思う。

  6. なんだろう、氣のせいだろうか、
    最近、回答者の先生からバトンタッチしたタイゾーさんのお言葉の時に、妙に劇的なBGMが流れてくるように聞こえるんですが、、私だけの空耳でしょうか?。よければどなたか教えてください。

  7. いやはや、まさに「時すでに遅し」
    鉄板コンビを以てしてもお手上げなのね

    家事に育児に本当にお疲れさまだけど、元はと言えばギクシャクしてた時期にコミュニケーションを怠ったツケ
    相談者は奥様がマインドコントロールされてると思ってるだろうけど、
    むしろ奥様が自らの意思で心の隙間を埋めに行ってるわけで、今更それを引きはがすことは至難の業

    この系統にはまった人って、夫から離婚を切り出しても、金づるを失いたくないから判を押してくれないとも聞く
    お子さんのために財産保全だけは抜かりなく

  8. 数珠と聞いた瞬間、怪しい宗教だなと思ったw
    奥さんを元に戻すことは無理だね。
    相談者は丸め込まれないうちに別れたほうがいい

  9. インチキスピリチュアルはきちんとした教義があるわけではなく教祖的な人間の思いつきご都合主義メソッドでカモの気持ちを楽にして金を搾り取る。
    例としては、やりたくない事はやらなくていい(子育て含む)、お金は使えば使うほど回ってくる、存在給など。
    カモは辛い現実から逃れる事ができるのでなかなか戻って来られない。
    目を覚ますか覚まさないかは個人差もあるけど待つなら数年から数十年単位の覚悟が必要だと思う。
    私の友人はもう戻って来られない所まで行ってしまった。

  10. この方、以前も奥様のスピ傾倒について相談したのに、大原先生に返り討ちにされてしまったご主人では?奇しくも同じ大原&加藤先生にご自身の短気と傷付き易さを正視せよとアドバイスされていたが。だがそれはとても難しい事だった。奥様は1mmも変わってない。もとよりご主人は妻がそれだと初めから知って結婚した。結婚しさえすれば何とかなると思ったが、行き詰まってしまった・・・違ってたらごめんなさい。

    1. yさん
      スゴイ。👍
      シリーズものに入れました。

      あれから6年。
      相談者の努力むなしく更にのめり込む妻。

    2. まさにあの時の相談者さんですね。

      あの時は大原先生に「短気」だと諌められましたが、6年も奥さんに我慢していたとは・・・。
      私だったら、宗教やスピリチュアルにハマった配偶者なんてサッサと離婚してます。
      だって、子供や家庭よりその活動の方が優先なんだもの、無理無理。

      大原・加藤両先生も、彼が6年前の相談者さんだって気が付いていた様な回答っぷりでしたね。
      自分の覚悟を決めなさいと。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。