フィルターを外しただけなのに~知的障害娘の信用ゼロ婿との戦い

テレフォン人生相談 2021年9月29日 水曜日

~スマホを落としただけなのに~
のもじり。

 

そう言いたくなるようなわずか3ヶ月の激変。

「名前も名乗らずにベラベラ、ベラベラ」

自ら名乗らなかったのか?、訊いても言わないのか?

前者なら単なる礼儀知らず。
確認しない妙憂に文句言おうと思ったけど、話を聞くうちにどうでも良くなった。

怪しすぎる。

たとえば菓子折り持ってネクタイを締めた男を追い返したりはしまい。

でもなぜに警察が顔を突っ込むのかがさっぱり。
だって民事介入もいいとこ。
ま、そうすべきことがあったと考えるのが普通。

先に相談者が捜索願を出してたんじゃなくて?
退職届まで男に出されちゃ拉致の可能性すらある。

手紙を書きなさいだの、居場所を訪ねたら、駆け落ちするしかなかったと言われてしまった警察の振る舞いとして合点がいく。

 

だからって、3ヶ月で出会って同棲して入籍までいきつく電光石火。

先天性の知的障害者には、ひと目でそれと分かる外見の人と、そうでない人がいる。

家に上げることさえしなかったわけは、健常者が一目惚れするような恋愛なんてあるわけがないという親だからこその悲しい確信があるからなの。

利用しようとしている以外には考えられない。

 

今さらだが、二十歳になったときに母親が保佐人に就いておけばなんとかなったのにと悔やまれる。
こうなってからでは成年後見人制度は無力。

成年後見人等(後見人、保佐人、補助人の総称)のうち、後見人以外の保佐人、補助人では、後見を開始するか否か、あるいは誰を就けるかで最大限に尊重されるのが本人の意向だからだ。

成年後見人制度は、契約行為や私有財産の処分に関する権利に制限を加える人権侵害にもなりかねない制度。

話の理解と意思の表明が可能な限りにおいて、無駄遣いも、男に騙されるのも本人の権利であるというのが裁判所の立ち位置だ。

かわいそうだが長女と同じ轍を踏む。

 

パーソナリティ: 玉置妙憂
回答者: 坂井眞(弁護士)

相談者: 女58歳 夫59歳 長男34歳 次男33歳 長女31歳 三男26歳 次女21歳 長女と長女の子ども3人との6人暮らし

玉置妙憂:
もしもしい?テレフォン人生相談でえす。

相談者:
こんにちは

玉置妙憂:
こんにちはあ
よろしくお願いいたしまあす。

相談者:
お願いします。

玉置妙憂:
はい
えー、早速ですが、今日がどのようなご相談ですか?

相談者:
次女のことなんですけど。

玉置妙憂:
次女さんのことですね?

相談者:
はい

玉置妙憂:
はい。じゃ、えーと、詳しく、お伺いする前にまずは、お年をお伺いしてもよろしいですか?

相談者:
わたし

玉置妙憂:
はい

相談者:
58です。

玉置妙憂:
はい、ありがとうございます。
旦那さまおいくつでしょう?

相談者:
59

玉置妙憂:
はい
えーとお子さんは、全部で何名さまですか?

相談者:
5人

玉置妙憂:
5人?、えっと一番上からお願いできますでしょうか。はい

相談者:
34、の男。

玉置妙憂:
はい

相談者:
33の男。

玉置妙憂:
はい

相談者:
と31の女。

玉置妙憂:
はい

相談者:
26の男。

玉置妙憂:
はい

相談者:
21の女。

玉置妙憂:
はい、分かりました。
じゃあ、次女さんということは、今日はこの21歳のお嬢ちゃんのことですね?

相談者:
はい

玉置妙憂:
はい。今一緒に住んでらっしゃるのは?

相談者:
長女、と、

玉置妙憂:
はい

相談者:
長女の子どもが3人です。

玉置妙憂:
うん・・えーと長女さん、お子さん連れて戻って来られた?

相談者:
はい

玉置妙憂:
はい
要するにお孫さんが3人いて、えーと1、2、3、4、5、6人で住んでらっしゃるということでしょうか?

相談者:
はい

玉置妙憂:
はい
ほかの、男の、お子さま、達は、もう結婚されてお外に出てらっしゃる?

相談者:
はい

玉置妙憂:
はい
えーと、じゃあその・・

相談者:
(咳)

玉置妙憂:
次女さんは?

相談者:
1、ヵ月う・・ぐらいまでは、

玉置妙憂:
うん

相談者:
一緒にいたんですけど。

玉置妙憂:
一緒にいたんだけれども、はい
1ヵ月前に、え、出てっちゃった?

相談者:
はい

玉置妙憂:
なんで出てっちゃったのかというよなところ、ちょっとお話いただいてもいいですか?

相談者:
はい

玉置妙憂:
うん

相談者:
えっと、3ヵ月ぐらい前に、

玉置妙憂:
はい

相談者:
えっと携帯を換えたいっていうことで、

玉置妙憂:
ふん

相談者:
知的障害があるので、

玉置妙憂:
あー、そうなんですね。

相談者:
はい。それまでは、

玉置妙憂:
うん

相談者:
あの保護者管理を、し、入れてたんですよ、あの、携帯・・

玉置妙憂:
ああー

相談者:
のほうに。
もう二十歳も過ぎたことだしってお父さんに、

玉置妙憂:
うん

相談者:
お願いして。

玉置妙憂:
お父さんにお願いして?

相談者:
もう外したんですけど。

玉置妙憂:
外して?はい

相談者:
そしたら1ヵ月・・前に、

玉置妙憂:
うん

相談者:
急に仕事から帰って来たときに、

玉置妙憂:
うん

相談者:
あの、「玄関に来て」っていうことで玄関に出て行ったら、

玉置妙憂:
うん

相談者:
その男の人がいたんですよ。

玉置妙憂:
うん

相談者:
で、その男の人が、

玉置妙憂:
うん

相談者:
その、うちの娘と「付き合ってます」って、言われたんですけど。

玉置妙憂:
うん

相談者:
その2ヵ月か3ヵ月ぐらい前やから、だから携帯換えた頃ですね。

玉置妙憂:
あーそのぐらいからね。

相談者:
はい

玉置妙憂:
うん

相談者:
で、「付き合い始めた」って言ったんですけど、

玉置妙憂:
うん

相談者:
その方が名前も名乗らずに、

玉置妙憂:
うん

相談者:
ベラベラ、ベラベラ自分から話(はなし)されてたんですけど、

玉置妙憂:
うん

相談者:
うちの家から「30分ぐらいのところにアパートを借りてる」って。

玉置妙憂:
うん

相談者:
「給料は、月40万取る」って。

玉置妙憂:
うん

相談者:
だから、その、うちの娘を、

玉置妙憂:
うん

相談者:
「ちゃんと養っていけれる」っていうようなこと言われて、

玉置妙憂:
うん

相談者:
して、あの、「障害があっても」、

玉置妙憂:
うん

相談者:
ほ・・「僕にも、子どもが1人か2人いる」って言ったんですよ。

玉置妙憂:
・・ふうーん

相談者:
で、「ハァ?」って言ったんですよ。1人か2人って「ハァ?」って。

玉置妙憂:
うん。うん。

相談者:
でも、「1人か2人」って言って・・

玉置妙憂:
うん

相談者:
「うちにもその障害の子がいます」って。
だから僕も、その障害の、扱い方っていうか、それが

玉置妙憂:
うん

相談者:
知ってるっていうような言い方をしたんですよね。

玉置妙憂:
「だから大丈夫」、「僕が」あの「ちゃんと一緒に、生活して行きます」っていうこと言ったんだけども、

玉置妙憂:
うーん

相談者:
その、名、名前を名乗らない、
そ、どういう、人間か?っていうことも、ただその、「月収40万取る」「40万取る」しか言わなかったんで、

玉置妙憂:
うん

相談者:
も、わたし達も、も、聞く・・耳を持たずに、
「もういい」って。

玉置妙憂:
うーん

相談者:
いえ、家ん中に入って行ったんですよ。
したら・・

玉置妙憂:
・・うん。名前も言わないしね。

相談者:
はい

玉置妙憂:
おいくつぐらいの方?その・・彼氏

相談者:
「30歳」って言いました。

玉置妙憂:
30歳

相談者:
それから、えっと、2週間ぐらいしたときに、

玉置妙憂:
はい

相談者:
あの、警察に・・行ったんですよ。
職場も、なんかその男の人が、

玉置妙憂:
うん

相談者:
「辞めます」って言って、言いに行って「辞表も男の人が持って来た」って職場の方から言われて。

玉置妙憂:
はあ
じゃ、えっと次女さんは、そのお、玄関に来た、そのときから、一緒に連れてっちゃったみたいな様子、

相談者:
はい

玉置妙憂:
なんですかね?

相談者:
はい

玉置妙憂:
うん。ちなみに次女さんの職場って・・あのお、なんていうんだろ?、普通の、職場ですか?

相談者:
はい

玉置妙憂:
うん。はいはい
うん。そうなんですか。

相談者:
で、その職場から、電話があって、

玉置妙憂:
うん、うん

相談者:
それが分かったんですよね。

玉置妙憂:
うん、退職したってことがね?

相談者:
はい
で、警察のほうに相談に行ったけども・・

玉置妙憂:
うん

相談者:
その警察のほうとしてみれば、その相手から話を聞いて、
してそのことをまあ、わたし達に伝えてくださったんですけど。

玉置妙憂:
はい、はい
あ、

相談者:
け・・

玉置妙憂:
警察は相手の男の人と会ってくれたの?

相談者:
いや、電話で話した&#△%

玉置妙憂:
電話で話した。

相談者:
はい

玉置妙憂:
電話を知ってたの?、警察が。分かったんだね?、とにかくね?、うん

相談者:
えっと、あの・・近くの、

玉置妙憂:
うん

相談者:
そのアパートの近くの交番によく、はな、相談に行ってたらしいんです。

玉置妙憂:
誰が?

相談者:
うちの娘とその男が。

玉置妙憂:
ほーお、なんでそ・・

相談者:
そのわたし達、なんかわたし達がその、あの、話も聞か、なかったっていう、なんかそういうのの、

玉置妙憂:
あーあ

相談者:
相談を言ってたらしいんです。

玉置妙憂:
あ、よう・・んーんーん

相談者:
で、その、警察の方は、

玉置妙憂:
うん

相談者:
電話番号とか知ってたので、

玉置妙憂:
うん

相談者:
それで、その警察の方が電話したら、

玉置妙憂:
うん

相談者:
一応、手紙送るからっていうことで、それで終わったんですけど、一応手紙は来ました。
20日ぐらい前になんか入籍したらしくって。

玉置妙憂:
うーん

相談者:
娘が。

玉置妙憂:
あの、1ヵ月前にそのお、玄関に来たときにね?

相談者:
はい

玉置妙憂:
30分ぐらいのところのアパートに、いますっていうお話だったじゃないですか?

相談者:
はい

玉置妙憂:
えっと行ってみました?

相談者:
・・あの、近くまでは行きました。
あー、ここら辺にいるんだなっていうのは行きました。

玉置妙憂:
あー、じゃ実際にトントンってやって、

相談者:
はい

玉置妙憂:
まあ、娘さんを引っ張り出そうっていうところまでは行かなかった、っていう・・

相談者:
は(わ)、してません。

玉置妙憂:
してないんですね。

相談者:
あの、警察の方も、

玉置妙憂:
うん

相談者:
「手紙が来るから手紙の」や「やり取りで」

玉置妙憂:
うん

相談者:
その「情報交換をしてください」て言われたんですよ。

玉置妙憂:
うーん。それ・・

相談者:
すぐ手紙が来たんですよ。

玉置妙憂:
入籍しましたって?

相談者:
に、「入籍しました」

玉置妙憂:
はあ、ああ
ま、戸籍、謄本とかみたいなの取ると分かるような気がするんですけど・・ま、それはまた・・

相談者:
はい

玉置妙憂:
確認はしてないんですね?

相談者:
はい

玉置妙憂:
それで今度こそ、アパートへ、訪ねて行きました?

相談者:
・・いや行ってないですね。

玉置妙憂:
行ってないんすか。

相談者:
はい

玉置妙憂:
ふうーん、会ってない?

相談者:
・・はい

玉置妙憂:
それはなぜ?

相談者:
も、行ってもたぶん会ってもくれないだろうし、玄関も開けてくれないだろうし、

玉置妙憂:
あーあ

相談者:
も、うちのその21の娘も、その、障害者で、あの、障害者年金もらってるんですよ。

玉置妙憂:
うん

相談者:
で、その年金だけは、わたしが、その、管理しとかないと、

玉置妙憂:
うん

相談者:
もし、その男の人から捨てられたときに、

玉置妙憂:
うん

相談者:
結局、裸一貫で、帰らせ、れると思うんですよ。

玉置妙憂:
うん

相談者:
で、長女も、やっぱ年金もらってるんですよ。やっぱりおんなじ障害で。

玉置妙憂:
はあ、はあ、はあ、はあ、は

相談者:
で、長女も、やっぱ裸一貫で帰って来たんですよ。

玉置妙憂:
なるほどね。

相談者:
ん、ただ子ども連れて。

玉置妙憂:
うん

相談者:
だから結局は、わたし達が面倒看なくちゃいけなくなったときに、

玉置妙憂:
うん

相談者:
その年金でもあれば、それで面倒が看れると思ったんで、

玉置妙憂:
うん

相談者:
今度もその年金を?・・うちで預かろうと思って。

玉置妙憂:
・・うん

相談者:
年金・・事務所に行ったら、

玉置妙憂:
うん

相談者:
その「本人の承諾がないと」、その

玉置妙憂:
うん

相談者:
「通知をうちに送ることはできない」って言われたんですよ。

玉置妙憂:
ん、そりゃそう。そりゃそうです。もう、成人しちゃってますからね。

相談者:
はい・・はい

玉置妙憂:
うん
それで、ま、ん・・どんなことが一番心配なんですかね?ま、心配だらけだと思いますけど。

相談者:
あ、その年金、年金だけを・・

玉置妙憂:
年金のこと?

相談者:
はい

玉置妙憂:
うん

相談者:
年金を、わたし達が預かる方法っていうのがですね?

玉置妙憂:
預かる方法を、なんとかっていうこと・・要するに、

相談者:
はい

玉置妙憂:
えー、つまりこう、娘さんがこの結婚で、幸せになるかどうかっていうのは、まあ、さて置いてでね?

相談者:
はい、はい

玉置妙憂:
うん
それはさて置いて、とりあえず年金を・・

相談者:
こっちで預かりたい・・

玉置妙憂:
うん。分かりました。
今日、おー、お答えいただきますのは、弁護士の、坂井眞先生です。
え、では先生、よろしくお願いいたしまあす。

(回答者に交代)


「フィルターを外しただけなのに~知的障害娘の信用ゼロ婿との戦い」への17件のフィードバック

  1. 娘が、ケータイで知り会った男と入籍
    心配ならすぐに会って話し合いに行くべきなのに
    母親は娘の事よりも、娘の障害年金の話しばかり
    年金を貰う権利は娘さん本人で、親が受け取り人になれない。

    1. 障害児を産んだ親は自分が死ぬまで面倒を見なければならない。老いて体力がなくなっていくんだからお金だけが頼りになるのは当たり前。
      次女も何年か後に子供を2、3人連れて出戻って来るだろう。
      障害者本人は幸せだろうが周りの人達には大迷惑だね。

  2. コレやっぱ異常な流れだし普通に心配しますよ。
    ただ、門前払いせずにもっと相手の男性と話をして、情報を集めても良かったのに。
    推測の域を出ないけど相手は健常ではないのかも?
    思わず、小室圭と眞子さんが被ってしまった笑

  3. 結婚の話というと、どうしても加藤さんと愛さんか大原さんを思い出してしまいますが、結婚は魔物が住んでいると言ってもいいのでしょうねえ。
    具体的にはうまくいきそうな夫婦が離婚になって、逆にうまくいかなさそうな夫婦が長持ちするということですが、とにかくうまくいって欲しい!

  4. 風俗の仕事をしている女性に知的障害があることは珍しくないんですよね
    成人していると警察も介入出来ないし、親御さんが親戚の男手募って奪いかえすしかないですね

  5. 知人の妹が軽い知的障害だが、男性と知り合った後、性風俗に片足突っ込まされてた話を思い出した。

  6. 子供が一人か二人いますってどういう意味?
    相談者さんが信用できないのも無理はないと思う。
    でももう成人してるから親が管理できないから
    大変だなあと思いました。

  7. 障害者かぁ、、、難しいけど、血縁者が手綱握って他人に迷惑はかけないように!

    1. あなたは基本的に「他人に迷惑をかけるな」しか書き込んでないですけど、お互い様の精神はお母さんのお腹の中に忘れてきた感じですか?
      あなたも誰かに迷惑はかけてると思いますよ。

  8. 知人の兄が障害有りらしく、彼氏に振られてたけど、彼氏に同情したわ。
    そして障害者ってわかってて下に妹弟って、悪意あるわ〜。

  9. 子供は産めばいい、増やせば
    いいってものでもないんだとつくづく思った。
    生まれてきた時から、親はともかく、たまたまかかわりを持たせられるまわりの人の我慢の上に成り立つ人生なんて、生まれた本人のせいではないだけに、怒りの向けようがなく匿名掲示板で吐き出す事も難しい。
    遺伝による知的障害のある人に不満を言えば非難され、ひとでなしのように言われ、やがて病むのではないか、誰が彼らを救ってくれるのか…。
    身内に遺伝的な知的障害がある人で結婚しない、結婚しても子供を持たない等の努力をする人を認めて自分の人生を自身のために生きる事のできる社会になればいいのに。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。