自称する仲のいい家族。子どもに与え続けたメッセージ「世の中は理不尽」

(回答者に交代)

マドモアゼル愛:
こんにちは

相談者:
はい、こんにちは

マドモアゼル愛:
はい

相談者:
よろしくお願いします。

マドモアゼル愛:
はい。まあ、2人で決めたことなんでね、これね。

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
結婚したって言って籍入れてないんだったらちょっとそれ・・問題、だなとかいうのは分かるけれども、

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
とりあえず籍は入れたんだから、

相談者:
入れ・・

マドモアゼル愛:
彼の、気持ちい、は・・固まっていたってことだよね?

相談者:
そうですね。

マドモアゼル愛:
ね。
相手の、だから、親御さんていうのは、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
お嬢さんに対する・・偏見持ってんのかな?

相談者:
やっぱり、そういう病気い、だっていうこと、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
が、知ったときに、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
もう、「そんなの一生、苦労するからやめろ」って・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
言われたらしいです。

マドモアゼル愛:
うん、うん、なるほどね。

相談者:
で、それを、聞いたので、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
いや、そういうことは、聞いてしまったから、もう、遅いけれども、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
「みんなが傷つくから」、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
「お互いの親のことは」、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
「言わないようにしよう」っていうふうには、わたしは言ったんですよね。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
彼にね。

マドモアゼル愛:
だから、言わないで、でも結婚したいからしたっていうことなんじゃないの?

相談者:
あーあー

マドモアゼル愛:
うん・・既成事実としてほら、結婚したんだから。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
だんだん、彼は彼なりに、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
もう、ん、いやらしい言葉だけど責任ちゃんと取ってね?
自分が、覚悟を決めて、やった・・いう

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それから以降の、ことは、こちらが、あんまり言うこともないしね?

相談者:
実を言うとその彼っていうのは、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
バツイチで。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
若いときに、高校、時代から付き合ってた子と、一度結婚して、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
別れて、るんですよね。

マドモアゼル愛:
うん、うん

相談者:
なので、わたしの中でなんとなく印象的には、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
結婚離婚ていうのを、結構、軽く?

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
考えてるのかなあっていうのも、あったりして・・

マドモアゼル愛:
ふん・・でもお母さんがそういうこと言い出したら?

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
揉めますよ?、また。

相談者:
そうですよね。

マドモアゼル愛:
そして、お嬢さんが傷ついて行くって、なんか目に見えるよね。

相談者:
そうですよね。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
だから・・要するにお母さんは、さっき加藤先生おっしゃったように、

相談者:
うん・・はい

マドモアゼル愛:
ご家族は、非常に、よろしいということなんだけども。

相談者:
はい・・はい

マドモアゼル愛:
お母さんも、お父さんも・・ご夫婦の中にね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
社会に対する・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
敵意と・・恨みがあるんだよね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
だから、鬱屈した社会に対する、敵意や、

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
未消化の、感情が・・言葉の、ひょっとした、コマーシャル1個見ても、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
「あのコマーシャルどうの」とか、いう、どっかの批判的な物が・・

相談者:
うん、うーん

マドモアゼル愛:
きっと、自分の家の、価値観と・・

相談者:
あーあー

マドモアゼル愛:
異なるような・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ことで、常々、常々・・この2人は・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
浴びていたんだと思うよ、僕。

相談者:
はあい、あるかも・・

マドモアゼル愛:
だから、「社会は怖いんだよ」と。

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
「お前たち、社会なんか出て行けないんだよ、きっと」と。

相談者:
あー

マドモアゼル愛:
「そんな能力ないんだよ」というような・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
メッセージをね?

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
どこかで、僕は受けてたんじゃないだろうかと。
でも・・

相談者:
あーあー

マドモアゼル愛:
なぜやめないかっていうと・・ご両親、2人に・・とっては、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それが、1つの絆であり、

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
それ以外の、ほんとの、人情による絆はなかったからなのよ。
だって・・じゃ、大変失礼ですけどもセックスは、しょっちゅうしてます?

相談者:
うん、まあ、普通・・もう最近は、少し少なくなりましたけれども(苦笑)。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
&#△%

マドモアゼル愛:
2人で旅行とか、行きたいと思います?

相談者:
はい・・うん

マドモアゼル愛:
触れ合いってあります?

相談者:
あります。恥ずかしいですけど。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
あります。

マドモアゼル愛:
そしたら、恨む必要ないじゃない?社会を。

相談者:
うーん、うん

マドモアゼル愛:
「大変だけど、また、父ちゃん一緒に、頑張ろうね」ということで・・収まる問題じゃない?本当に。

相談者:
そうですね。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
うーん

マドモアゼル愛:
そしたら・・子ども達も、楽な気持ちで、社会に、

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
結婚に・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
向かえたんじゃないかなと思うんだよね。

相談者:
わたしは、世の中はあ、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
理不尽なことばっかりなんだよっていうとことお、

マドモアゼル愛:
そうですよ?、うん、うん

相談者:
小さいときから、教えて来たんですよ。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
校則についても・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
それは、「世の中が・・理不尽なことでも」、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
「『イエス』って言わなきゃいけない、から」、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
「それの訓練なんだよ」っていうふうに、

マドモアゼル愛:
うん、うん

相談者:
教えて来たんですよ。

マドモアゼル愛:
うん・・それは、

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
素直で・・あれなんだれども、ただ・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
言えることは・・あなたと、旦那さんが・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
本当は社会を憎んでるってことなんだよ。

相談者:
そうかもしれないです。

マドモアゼル愛:
恨んでるんだよ。社会を。

相談者:
うーん・・はい

マドモアゼル愛:
そこが・・居心地のいい家という物は、名ばかりで。

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
人を、育てる家じゃなかったんじゃないかっていうのが、加藤先生が恐らくおっしゃってる・・

相談者:
あー

マドモアゼル愛:
ことなんじゃないかなって気がすんですよ。

相談者:
そうかもしれないですね。

マドモアゼル愛:
うん・・娘さんには・・前も、離婚したから、え、ほんとは、どうなるかって言ったら、今度はお嬢さんが・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
「やっぱりそうかあ」ってなっちゃうわけですよ。

相談者:
うーん

マドモアゼル愛:
それはまずいんだよ。そういう考え方をしたら。

相談者:
なるほど。はい

マドモアゼル愛:
うん
お兄ちゃんに、に、とってもそうだと思うよ、きっと。

相談者:
うん。うん

マドモアゼル愛:
お兄ちゃんも・・自分は自立して・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
父(ちち)母(はは)とは違う、本当は・・生き方がしたいと思ってると思うよ、僕。

相談者:
そうですよね。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
「お前強くなんなくちゃ」っていう、別に言葉の上で強くなれっていうんじゃなくてね?

相談者:
ええ、ええ、ええ

マドモアゼル愛:
思いの中で・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
やっぱり、育って欲しいなと思うよね、僕はね。

相談者:
そうですよね。

マドモアゼル愛:
うーん

(再びパーソナリティ)


「自称する仲のいい家族。子どもに与え続けたメッセージ「世の中は理不尽」」への21件のフィードバック

  1. くっついたり離れたりの娘カップルの交際に
    口を挟んで結婚させたのは相談者。
    もしかしたら二人とも結婚は早いと思っていたかもしれないのに。

  2. 心理学研究第一人者のため、専門用語にてこずるのが現実ですが、行動特性と性格特性が違うと言われても、よく分からないですよねえ。これが加藤さんの放送日です。
    今回は精神科がらみの話が出ましたが、ギャンブル・共産党とともに三大アレルギーとして出てくるのが精神科アレルギー。でも、今後もしっかり治療して欲しいです。

  3. 相談者、口ぶりこそ丁寧だけど、口調や物言いはネガティブで聞いててうんざりした
    世をすねた目で見てる、性格のひねた人だなあという印象
    外見や行動だけ「理不尽な」世の基準に合わせても、気持ちが入ってないから全然真心もないし、そりゃ周りとうまくいくはずもない

    おそらく旦那も同類で、「仲のいい家族」の実相は、お互いに世の中への恨み言を共有し合って、不健康な状態で安定してたんだろう
    そんな家庭で育つ子供が、世の中に対してポジティブな気持ちや意欲を持てるわけがないし、あまつさえこの相談者、娘にも自分たちのネガティブな考え方を押し付けようとしている
    娘の結婚相手もとにかくネガティブな材料を強調して、心配してるふりして実のところはおそらく娘をdisってる
    共依存なんかじゃない、いちばん質の悪い毒親だよ

    娘さんはともあれこのネガティブハウスから脱出できたからいいけど、相談者と同居している28歳長男が心配でならない

  4. 相談者の世の中は理不尽なことばかり、
    小さな時から教えてきた。
    外の世界は理不尽だから、お母さんと一緒にいればいい
    娘に言っているみたい!
    母親は娘さんが結婚した事をとやかく言わない。

  5. 相談者は娘さんの結婚に反対する材料を探そうとしてる?
    それより「夫婦仲は良くないね?」「あ、すごく仲いいんですけど」
    その後の、加藤先生の持論に持っていくためのこじつけといったら!w
    結論ありきだね。相談者の話を聞く意味あるの?

    1. 心理学の統計だか理論上、家庭が円満だと現状と辻褄が合わないから聞いてるだけでしょ。
      本人が仲良し、問題はないと思ってても別の人から見たら問題だらけというのも良くあるパターンだし。

          1. 昨日のユーチューブにも、加藤引退しろの声がたくさんありますよ

      1. 加藤先生ファンとしては、今回は消化不良で終わっちゃった印象。この相談者もその夫も、臭いものに完全に蓋してて闇の自覚すらないパターンなのかもね?じゃなきゃ、自分も娘も精神病んだりしないでしょ~。

        1. リスナーが番組の感想を述べるのは自由。
          あんたらに文句言われる筋合いはない!
          自分が支持するものを悪く言われるとそうやってすぐ攻撃するのはやめな!

          1. 番組の感想コメントは自由だし、それに反論コメントつけるのも自由。

  6. ケンカをしない=仲がよい(心が通じ合っている)=善、ではないと思う。いざというときには、お互いの気持ちを開示して議論するはことが必要。我が家の場合、父は妻や子どもが意見を持つこと・親・夫に意見することを「悪」だと決めつけていた(おびえていた)。家族という名の奴隷を求めていた。奴隷に発言権や反抗的な言動は認められない。ケンカがなかったとすれば、そういう父に関わることが面倒で放置していただけ。

  7. 世の中を恐ろしい場所だと言って育ててきたのなら、そりゃ家庭に引き籠ったり、精神病みますわ。

    今回「結婚を自分の両親に報告できない彼氏」という相談だけど、加藤先生の指摘で、実のところ、自分の家族が闇を抱えている事に気が付かれたら、良いんだけど。

  8. なんでソースがつべなの?
    どうせ某掲示板で真っ赤になったけど
    だーれも反応してくれなくて
    ここにきた人がいる

  9. 私の家のことかと思った。批判されがちだけど、この相談者は娘を就労支援に行かせてるだけマシ。私の時代(80年代初頭産まれ)だとフリースクールなど「レールから外れた生徒の支援」はほぼ無かったから。マトモな人間関係の築き方を知らないまま健常者を一生懸命演じ続けた結果…。氷河期も追い討ちになって仕事が続かず、自分も家族も壊れた。加藤先生の締めの言葉が自分と相談者一家へのレクイエムに聞こえる。行動と言葉のちぐはぐさは心の奥で分かっていた。しかし、社会から逃げても向き合っても白眼視される以上、どうすれば良かったのだろうか。

  10. 娘が不登校なのは家の居心地がいいからだろうって、 本当にそんな事思ってたんだろうか
    真剣に向き合う事から逃げてたんじゃないのかな

  11. オブラートに包まずに言えば、障害もちの嫁がきたら、健常者の親は嫌だろうなぁー。気の毒。程度問題かもしれないけど、身内にも身近にも絶対、お断りだわ!

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。