反抗的態度と勉強・部活好きの原因不明のプチ不登校。シンママが忘れていたこと

(回答者に交代)

三石由起子:
こんにちは、(咳)

相談者:
こんにちはあ

三石由起子:
ちょっとお訊きしたいことあるんだけど。

相談者:
はい

三石由起子:
経済的にはどうですか?

相談者:
すっごいカツカツってほどでもないですけど。

三石由起子:
うん
さっきね?

相談者:
はい

三石由起子:
ほら、あの、柴田さんが・・「わたし家庭教師つけてもらったんだ」みたいなことおっしゃったじゃないですか。

相談者:
うん、うん、うん、うん・・はい

三石由起子:
で、それはあ、ちょっと無理そう?

相談者:
ま、学校行かないんだったら、そっちの道もありかなとは思うんですけど。

三石由起子:
うん
プロの家庭、教師じゃなくてもあの、お近くに、例えば大学う、とかがあればね?

相談者:
はあ、はあ、はい

三石由起子:
学生課みたいなところに、ちょっと相談に行ってえ。
紹介してくれ、たりもするんですよ。

相談者:
そうなんですね。

三石由起子:
でね?・・

相談者:
うん

三石由起子:
あたし、あの、思ったのは、勉強がねえ・・

相談者:
うん

三石由起子:
ほんとにあのお、分かんなくなっちゃうと、

相談者:
はあ

三石由起子:
これ、ほ、ほんと学校で地獄だからね。

相談者:
うん

三石由起子:
どんどん面白く、なくなるわけだから。

相談者:
うーん

三石由起子:
これ中学1年だったら、手を打てるとこだったら、ちょっと早めに打ったほうがいいんだけど。

相談者:
はい

三石由起子:
例えばねえ、母親がちょっと見てやるように、毎日ね?

相談者:
うん

三石由起子:
1時間ぐらい見てやるようになったらあ、直ったっていう人も知ってるのよ、あたしは。

相談者:
へえー

三石由起子:
うん

相談者:
そうなんですね。

三石由起子:
うん、だからほら・・自分のほう見て欲しいわけだから。

相談者:
うん、うん、うん、うん

三石由起子:
結局は。反抗期っていうのはね?

相談者:
うん

三石由起子:
うん、でね?

相談者:
うん、うん

三石由起子:
英語だよね、英語。

相談者:
・・うん

三石由起子:
うん
英語はほら、ずうっと使うからさ。

相談者:
はあ

三石由起子:
うん、英語のないー・・入試ないから、どこにも。

相談者:
うん

三石由起子:
だからね?
うーんとできるようにならなくていいんだけど、

相談者:
ま、最低限って感じですか?

三石由起子:
そ、ちんぷんかんじゃないように。

相談者:
あー

三石由起子:
うん
あ、なんか言ってることは分かってるぞくらいなところまでは、

相談者:
うん、うん、うん、うん

三石由起子:
やっぱり、見てやったほうがいいのよ。

相談者:
うーん

三石由起子:
それとね?

相談者:
うーん

三石由起子:
も、や・・休んでもいいんだけど、

相談者:
うん

三石由起子:
「休むんだったらちょっと」、あの、「夕飯一品作っといて」とかね?

相談者:
あーあー

三石由起子:
或いはね?

相談者:
うん、うん、うん、うん

三石由起子:
いきなり責任を持たせるっていう方法もあるのよ。

相談者:
・・はあ

三石由起子:
例えば・・

相談者:
うん

三石由起子:
あの、大金、大金って、ま、例えば1万円くらい?

相談者:
うん

三石由起子:
あげちゃって。

相談者:
うん

三石由起子:
これで2週間一品ずつ作れみたいなね。

相談者:
えー、うん、うん、うん、うん

三石由起子:
うん、だから「残りが出たら、あなたに・・自分の物にしていいよ」と。

相談者:
うん

三石由起子:
いう、だから、ちょっと責任持たせて、みたいなね。それで、なんか親が信用してくれたっていうのと、

相談者:
うん、うん、うん、うん

三石由起子:
初めてこう、人の、金だから、きっちりやんなきゃいけないっていうのと、

相談者:
うーん

三石由起子:
人によってはね?、それでちょっと奮起・・したりすることもあるのよ。

相談者:
うーん

三石由起子:
でね?、褒めてやったりするとね?

相談者:
うん

三石由起子:
「こんなふうに使ってこんなに余ったの、えらいね」みたいなさ。

相談者:
うん、うん、うん、うん

三石由起子:
あのね?・・この反抗期の子の特徴の1つはね?

相談者:
はあ

三石由起子:
褒めてもらってないんですよ。

相談者:
・・あー、そうかもしれないですね。

三石由起子:
そうなんですよ、あのね・・

相談者:
うーん

三石由起子:
ちょっとお、顔見ると文句言いたくなるじゃん。

相談者:
うん、うん、ん

三石由起子:
だ、「うるせえ、しゃべんな」って思うと思うんだよ。

相談者:
うん

三石由起子:
我々の頃は、

相談者:
うん

三石由起子:
そんなこと口に出しては言わなかったけど、

相談者:
アッハ(笑)うん

三石由起子:
心の中でやっぱ思ってたと思うんだよね。

相談者:
うん、うん

三石由起子:
「うるせえ、しゃべるな」って、

相談者:
うん、うん、うん、うん

三石由起子:
いうことはね?
たぶん・・褒められてないんですよ。

相談者:
そうかもしれないです。

三石由起子:
そうなんですよ、だからね?、これって・・

相談者:
うん

三石由起子:
娘から態度を変えるっていうことは不可能なんでね。

相談者:
うん

三石由起子:
これは母親のほうから変えて行かなくちゃしょうがなくて。

相談者:
うん

三石由起子:
例えばねえ・・朝起きたときにねえ・・
「あ、今日は可愛いね」とかね。

相談者:
アハハ(笑)

三石由起子:
&#、ほら、笑っちゃダメなのよ。

相談者:
ンハハハ(笑)うん

三石由起子:
あのね最初はねえ・・「何言ってんだ、この母は」、と、みたいなことを、

相談者:
うん、うん、うん、うん

三石由起子:
言うかもしれないし、

相談者:
うん、うん

三石由起子:
いうのも照れるしね。んなこと言ったことがないと。

相談者:
うん・・うん

三石由起子:
でもね、だんだん2回、3回って、言葉を掛けて行くと・・

相談者:
うん、うん、うん、うん

三石由起子:
言うほうも慣れて来るし。

相談者:
うん

三石由起子:
お世辞もうまくなるし。

相談者:
うん

三石由起子:
言われたほうも

相談者:
うん

三石由起子:
3回くらい言われたらね、ニコっとするようになるんですよ。

相談者:
うん

三石由起子:
褒めてやんないとダメだと思う。

相談者:
うーん

三石由起子:
褒められたいんですよ。

相談者:
ん、認めてもらいたいみたいな感じかな?

三石由起子:
そう、そうそ、認めることなんか1つもないからね?、こういう態度だとね?

相談者:
うん・・(苦笑)

三石由起子:
だから、1週間なんでもいいから褒めてやろうっていう、心になって。

相談者:
うん

三石由起子:
で、ちょっとやってみ!

相談者:
はあ

三石由起子:
そうすると、3回い、4回目ぐらいでね・・

相談者:
うん

三石由起子:
向こうが笑うから。

相談者:
うん

三石由起子:
うん。照れ笑いでもなんでも笑うから。

相談者:
うん

三石由起子:
そうするとね?一言しゃべったらあ、

相談者:
うん

三石由起子:
あの、返って来るようになるんですね。

相談者:
うん

三石由起子:
で、これを・・

相談者:
うん

三石由起子:
あたかも「悪いのはこっちじゃないんだから、娘のほうから態度を直せよ」

相談者:
うん、うん、うん、うん

三石由起子:
「いつになったら直るんだろう?」っていう・・あの、ご相談じゃないですか?

相談者:
はあ

三石由起子:
これ無理だから。

相談者:
うーん

三石由起子:
うん。そんなね、13歳のお、娘がそんなことできるはずがないんで。

相談者:
うん

三石由起子:
これはやっぱり、33の母親が、20年の先輩として、

相談者:
うん

三石由起子:
なんとしてでも笑わせてやるとかね?

相談者:
うん

三石由起子:
なんとしてでもニコッとさせてみせましょうみたいなね?

相談者:
うん

三石由起子:
ふうに、自分の心の中で、思って。

相談者:
うん

三石由起子:
それを、ま、至上命題としてやってみるっていうことだよね。

相談者:
うん、そうね。

三石由起子:
ほで、その後がいいと思う家庭教師は。

相談者:
うん

三石由起子:
うん、それたぶんね、あなたね、

相談者:
うん

三石由起子:
変なこと訊いてるんだよ、「今日学校どうだった?」とかさあ。

相談者:
アッハハ(笑)確かにね、「部活どう?」とか。

三石由起子:
そうでしょ、「どうだった?」って訊かれたって何をしゃべんの?母親に。

相談者:
うーん

三石由起子:
ねえ?共通・・

相談者:
あ、じゃあ・・

三石由起子:
うん

相談者:
その、「学校行きたくない」って言ってるときは、も、怒る必要もないですか?

三石由起子:
あー、全然ないですよ。
もしあなたがあ、

相談者:
うん

三石由起子:
えーと有休でも取って休める、ていう日があるんだったらさ、

相談者:
うん、うんうん、うん

三石由起子:
「今日学校行きたくないな」って言ったら、「じゃあ、お母さんも休むから、どっか遊びに行こうか」とか。

相談者:
うん

三石由起子:
ちょっと言ってみてみ?
う、そ、「え?」と思うから向こうも。

相談者:
アハ(笑)、うん

三石由起子:
うん・・「だったら、学校行こう」って言うかもしれないし。

相談者:
うん、うん、うん

三石由起子:
ね?、うん

相談者:
ハハハ(笑)

三石由起子:
どっちに転んだっていいじゃない?

相談者:
うん・・うん

三石由起子:
「学校行きたくない」「待ってました」「じゃあ、ママと遊ぼうか」みたいなさ。

相談者:
アハハ(笑)

三石由起子:
うん

相談者:
うん

三石由起子:
いや、驚くと思うんだよ、やっぱり

相談者:
うん

三石由起子:
意外性って、子どもは大事だと思うのよね。

相談者:
うん

三石由起子:
で、こ、母親を疑ってるわけだから、今、なんにもわたしのこと知らないくせに?

相談者:
うん

三石由起子:
「何を言ってんだ、この人は」っていう感じなんだけど。

相談者:
ん・・うん

三石由起子:
「え?あたしママのこと、ひょっとして知らなかったのかもしれない」くらいのこと思わせると・・

相談者:
うん

三石由起子:
話もしやすいし。

相談者:
うん

三石由起子:
向こうも聞く耳持つようになるんで。

相談者:
うん、ん(笑)

三石由起子:
母親っていうのはね?・・基本的には、ヘラヘラ笑ってんのがいいと思うんだよね。

相談者:
あーあー

三石由起子:
うん

相談者:
そうなんですね。

三石由起子:
たぶんあなたはねえ、怖い顔してんのよ。

相談者:
そうかもしれない(苦笑)

三石由起子:
そう

相談者:
眉間に皺寄せて(苦笑)。

三石由起子:
「ただいま」って帰って来ても、なんかねえ・・

相談者:
うん

三石由起子:
見たくない顔してんのよ、

相談者:
アハハ(笑)

三石由起子:
またうるさいこと言うだろうなって。

相談者:
うん

三石由起子:
分かるじゃない、そういうのって。

相談者:
うーん、確かに。

三石由起子:
ん、そう。だからこれは母親が直すしかないんです、最初ね?

相談者:
うん

三石由起子:
きっかけはね?

相談者:
うん

三石由起子:
そうしないと向こうも、応じることができないから。

相談者:
うん

三石由起子:
あ、こっちから水向けるしかないから、

相談者:
うん

三石由起子:
とにかくヘラヘラしよ。

相談者:
うん

三石由起子:
うん、ね。

相談者:
はい。あ(笑)

三石由起子:
あのニコッとさせるのだけを・・

相談者:
うん

三石由起子:
しばらく目標にしていいと思う。

相談者:
はい

三石由起子:
今から長いからねえ、10年くらい経つとさあ、

相談者:
うん

三石由起子:
あんな時期もあったな、って楽しく、

相談者:
アッハ(笑)

三石由起子:
(笑)楽しく思い出せるよ。

相談者:
うん

三石由起子:
だ、ここはだからあなたの努力ね。

相談者:
うん、うん、うん

三石由起子:
うん、ね?頑張って。

相談者:
はい、はい

三石由起子:
できますよ。できますよ。

相談者:
はい(笑)

三石由起子:
はい、はい、はい

相談者:
ありがとうございます。

三石由起子:
はい

(再びパーソナリティ)


「反抗的態度と勉強・部活好きの原因不明のプチ不登校。シンママが忘れていたこと」への10件のフィードバック

  1. 三石さんいいこと言うなぁ。
    お母さんの心をあったかくして。
    親も子も認められたいんだよね。
    良い親子関係作ってほしいなぁ。

    1. 人生いろいろ、思春期もいろいろ、反抗期もいろいろですが、時期がかぶるんです。
      いわゆるティーンズを指しての話ですが、早速出たという感じがしたのが本音です。
      先生もこれらに理解がある印象を受けただけに、うまくやり過ごせればでしょうか。
      私が中学生の頃、35年以上も前はどやされたほどですから、時代が変わりました。

    1. 私は一瞬、駅弁の意味を勘違いしました

      ただ、重戦車だろうと軽車両だろうと13歳を相手にするのは犯罪ですのでやめていただきたい

  2. 勘違いその2
    駅伝大学と早とちりした。
    箱根駅伝の常連の大学で体力に自信があるという意味だと思った。

  3. 管理人さんいつもいつもありがとうございます。解説分かりやすくありがたいです。ただ、33歳のママはいいけど、さすがに13歳の娘はまずいよ、(笑い)、まあ、管理人さんは笑いを考えて、受けようって思ったんだって思ったけど、娘さんが5年以後はわかりませんせんが、笑って読みました。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。