峠は15歳。40までの3年で三石由起子が男の逆転に期待するたった1つの得意技

テレフォン人生相談 2022年4月12日 火曜日

今井通子 「じゃ、好きって言って?💓」

違うかw

 

峠というのは頂上という地図上の意味に加え、ヤマ場、しんどいのはそこまでという意味合いがある。

タイトルに用いたのはもちろん前者だけの意味。
相談者のキャリアハイが15歳という。

アタシが言ってんじゃないからね。
本人がそう言ってる。

「トップクラスの進学校」

全国区だと灘、開成、ラ・サール、筑波大ナンチャラとかぐらいならアタシでも浮かぶ。

三石由起子 「地方でトップクラスの進学校に行ったって言ったじゃない?」

地方か。
もし都会に出て来てんなら、たまの同県人に「へーっ」て言われるくらいかしら。

地頭の良さというのはあるかも。

 

「転職千回」

フム。

聞き違いか。
千回と3回。
それはない。

あるいは多いことの喩え。
「嘘も百回言えば」
「万に一つ」
「千言万語」
「八百万神」
「中国4千年」
「百貫デブ」

「転職千回」
ないわ。

あとは色んな日雇いをカウント。
これかしら。

プラス、盛った。

こういうのは一事が万事。
トップクラスの進学校の雲行きが怪しくなってくる。

「人生ぜんかいに不満がある」

はい?

「自分で自己分析」

アホやん。

 

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 三石由起子(三石メソード主宰、作家・翻訳家)

相談者: 男37歳 独身 父75歳ぐらい 母67歳ぐらい 弟4歳ぐらい年下 妹7歳ぐらい年下

今井通子:
もしもしい?テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、よろしくお願いします。

今井通子:
はい、今日はどういったご相談ですか?

相談者:
えー・・も、人生、ぜんかいに、不満がある・・という感じですね。

今井通子:
あなたはおいくつ?

相談者:
37です。

今井通子:
ご結婚されてますか?

相談者:
独身ですね。

今井通子:
は、うん、独身でらっしゃる?

相談者:
はい

今井通子:
そうすると、お父さまお母さまは?

相談者:
ま、一応、生きてますけど。ほぼ・・連絡は取ってないすね。

今井通子:
あ、そうなの?

相談者:
はい

今井通子:
おいくつとおいくつ?

相談者:
70う・・5お・・ぐらいですかね?
&#△%が・・

今井通子:
ご両親共?

相談者:
いや・・で、母親が60う・・7、なのかな?

今井通子:
7ぐらい?

相談者:
はい、たぶん

今井通子:
はい・・ごきょうだいは?

相談者:
いますけど・・ちょっと音信不通ですね。

今井通子:
あー、そうなんですか。

相談者:
はい

今井通子:
上?下?

相談者:
あ、全部下ですね。

今井通子:
全部下?、あ、全部下っていうことは、お1人じゃないのね?

相談者:
はい

今井通子:
何人かいらっしゃるの?

相談者:
はい

今井通子:
すぐ下は?

相談者:
うん、4つぐらい下だったと思いますけど。

今井通子:
男性、女性?

相談者:
あ、弟ですね。

今井通子:
弟さん・・その下は?

相談者:
妹ですね。

今井通子:
いくつ違い?

相談者:
えーと、7つ下になるんですかね

今井通子:
7つ下ね?
で・・音信不通なの?

相談者:
あー、ま、そうですね。

今井通子:
お父さんお母さんとも・・

相談者:
はい

今井通子:
弟さん妹さん弟さんとも、あなた自身は・・音信不通なわけね?

相談者:
そうですね。

今井通子:
あ、ほかの人たちはどうなの?

相談者:
ま、普通じゃないですか。

今井通子:
あ、ほかの人たちはお互いに連絡し合ってるわけ?

相談者:
ようですね。
ただもう、それも・・

今井通子:
うん

相談者:
分からないとしか、こ、回答のしようがないというか。

今井通子:
要はあなた自身が孤立したわけね?

相談者:
まあ、言葉にするならそういうことです。

今井通子:
ふん、ふん、ふん、ふん、なるほど・・お仕事はなんかしてらっしゃる?

相談者:
今は、営業職なんですけど。

今井通子:
うん

相談者:
問題は、そこにあって、

今井通子:
うん

相談者:
転職を、たぶん、千、回では・・数えられないですね。

今井通子:
千回以上ってこと?

相談者:
はい。で、相談しようと思ったきっかけも、

今井通子:
うん

相談者:
もう・・このままだと、ほんと、40とか50とかになってくし。
ちょっと危機感を募らせたっていうのも1つの理由ですね。

今井通子:
なるほど。

相談者:
いろいろな理由もあって、自分で自己分析もできてるんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
どうにもならない側面もあ、って、厳しいことも言っていただきたいですが・・解決策も・・ご教示いただきたいなと思いました。

今井通子:
・・なるほど。
まずそうすると、子供の頃はどういうお子さんだったの?

相談者:
それもちょっと1つのお、悩みというかあれなんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
人生は・・成功体験、でしか語れないと思うんですけど。
トップクラスの・・ん、進学校に・・行ってるわけですね。

今井通子:
かなり、優秀な、進学校なのね?

相談者:
はい

今井通子:
はい・・それで?、大学は?

相談者:
まあ、一応出てますが・・

今井通子:
うん

相談者:
あんまり、いいとこではない。

今井通子:
はい
何系なの?・・か・・

相談者:
文系ですね。

今井通子:
あ、文系の?・・じゃあ・・大学を出てからあ・・

相談者:
はい

今井通子:
最初に就職したのは、何系のとこ?

相談者:
えーっとまあ、それがちょっと一番、まず問題だったんすけど、

今井通子:
うん

相談者:
大手、風俗雑誌の出版社で有名な?

今井通子:
お(苦笑)、大手風俗雑誌、の、出版社に・・

相談者:
うん、出版社

今井通子:
行ったわけね?

相談者:
そうですね。

今井通子:
うん。それは何?、自分が行きたくて行ったの?

相談者:
えー、ま、これもちょっと絡んで来るんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
元々スポーツが、好きで、

今井通子:
はい

相談者:
スポーツライターの道を目指してたのですが。

今井通子:
なるほど。

相談者:
で、そのお、方法論として1つはまず出版社に入って、

今井通子:
はい

相談者:
実力で、えー、やりたい方向に駆け上がってくっていうのがあるんですけど。

今井通子:
うん

相談者:
ちょっと、まあ、当時はまだ22歳ですので、

今井通子:
ええ

相談者:
いろいろとちょっと分からないことが多かったっていうことと、その・・募集の、広告としては、まあ、ライター募集っていう、こ、と、でありましたので、

今井通子:
はい

相談者:
門戸を叩いたというか、

今井通子:
はい

相談者:
だったんですけど。
ま、風俗という業界がどういうものかというのはやっぱり入ってみて初めて分かった(苦笑)ということでしたので。

今井通子:
あー、なるほどね。

相談者:
はい

今井通子:
はい

相談者:
ん、もう、めちゃくちゃでしたね。(苦笑)

今井通子:
ふうーん

相談者:
1日19時間拘束、週7日・・出勤・・もう、めちゃくちゃでしたね(苦笑)

今井通子:
んふふーん
その頃は、お父さまお母さまとは・・同居してた?

相談者:
ちょっとそのお、学校卒業して・・4月にストレートに、ちょっと就職はできなかったので、

今井通子:
はい

相談者:
一時的にいたのですが、

今井通子:
はい

相談者:
で、ま、一人暮らしもはじめて・・たという状況だったのですが。

今井通子:
はい
大手の会社で、スポーツライターを目出しててえ、

相談者:
はい

今井通子:
えーえー、なんか・・働かされたんだわね、これは。

相談者:
暴力行為も、多々・・散見されましたので。

今井通子:
あ、そうなんですか。

相談者:
殴られた人も見ましたし。

今井通子:
なるほど。

相談者:
前歯を・・折られた人も見ましたし。

今井通子:
あらら

相談者:
そういうやっぱ業界なんだなあって今となって思いますけど。

今井通子:
ふうん・・そうすると、この業界に見切りをつけたのは・・何ヶ月って言ったほうがいいのかな?、千回も変わってんだと。

相談者:
そうですねえ、やっぱ5ヶ月ぐらいですね。

今井通子:
5ヶ月?はい

相談者:
最初がそんなんでしたから、

今井通子:
はい

相談者:
ちょっと、疲れてしまって、

今井通子:
ええ

相談者:
アルバイトしながら、ちょっと家賃を払うみたいな、生活になってしまっ・・たんですね。

今井通子:
あ、なるほど。
系統としてはどんなところ?

相談者:
うー、ん、と、なんかイベント設営ですとかの、設営と撤去みたいな・・

今井通子:
ふうん

相談者:
のが多かったですね。

今井通子:
あ、割とそう、芸能関係っぽいほうね?

相談者:
そうですね。

今井通子:
はい

相談者:
でえ、ま、1年ぐらいでちょっとまた地元に帰ったのですが・・

今井通子:
あ、そうなんだ!、はい

相談者:
そうですね。
ちょっと、まあ、その生活は意味がないだろうと思って?

今井通子:
はい

相談者:
・・ちょっと、またここで、その良くない、まあ、も、と、同級生、に・・と、付き合う羽目になって。無駄な時間を過ごさせるというか、そういう日々が続いたりとか。

今井通子:
ん?

相談者:
良く、良くない付き合いがちょっとあったんですね、そのあとに。

今井通子:
その(苦笑)良、良くない付き合いってどういうのか分かんないんだけど・・同級生と・・仕事もせずに遊んでたってこと?

相談者:
うーんと、まあ・・状況としてはそうなんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
正常じゃない人間に、いろいろと振り回されたっていう感じですね。

今井通子:
・・ていうことはあ・・生活そのものはあ、親御さんに看てもらってたの?

相談者:
いや、はっきり言って・・消費者金融、から、

今井通子:
うん

相談者:
金を、出して・・

今井通子:
うん

相談者:
やってましたね。

今井通子:
ほお!、その後どうした?

相談者:
お金がもらえる、その、まあ、日払いってやつですね。

今井通子:
うん

相談者:
を、もらえるっていう職種があるとか、いろんな職種があることを、いろいろと知って行くんですけれど、

今井通子:
はい

相談者:
金が苦しいので、

今井通子:
ええ

相談者:
そういった、目先の・・金にくらんで、

今井通子:
うん

相談者:
職を転々とするという日々が・・続いているので。

今井通子:
なるほど。
あの、千個全部聞いてる、と、時間ないんだけど・・

相談者:
あ、もちろん、もちろん

今井通子:
(苦笑)・・ん

相談者:
まあ、最近のこういうコロナとかの影響もあると思うんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
敷居が低い仕事っていうのは、もう、使い捨てされるっていうことは、

今井通子:
あー、はい

相談者:
分かってるんすけど(苦笑)。

今井通子:
はい

相談者:
なんか、もう、無駄な時間をどんどん、どんどん過ごしているだけで・・

今井通子:
うん

相談者:
何かしらのちょっとアドバイスとか、そういった物を・・厳しい言葉でもいいのでえ、解決策をちょっと・・何かあればと思って・・

今井通子:
・・なるほどね。

相談者:
はい

今井通子:
今日はですね・・三石メソード主宰で作家で翻訳家の三石由起子先生がいらしてますから、

相談者:
はい

今井通子:
伺ってみたいと思います。

相談者:
あ、分かりました。

(回答者に交代)


「峠は15歳。40までの3年で三石由起子が男の逆転に期待するたった1つの得意技」への18件のフィードバック

  1. 1000回以上転職しようとしたら一年に40回はしないと間に合わないし
    そうなると10日置きの転職ちゅうことになります。
    初任給受け取ったことあるのかな?

    にわかには信じがたいが本当ならこんな偉業成し遂げたのはこの方くらいだから手記を出版してみてはどうか。

    1. 今37歳で、大学卒業ですから、そこから数えると、年70回近い転職ですし、大学入学時からのアルバイトからでも年50回くらいでしょうか。
      これ以上転職するのは回避するよう頑張って欲しいところですが、もし加藤さん・愛さんか大原さんコンビだったら、修羅場になっていたのかも。

      1. 三石先生もよく修羅場になってますよ。ツーベリーじゃなくシーベリーなのは覚えましたか?

    2. 大げさな表現をする相談者さんだなぁ。
      受け答えも自分が話したい事を喋っている感じです。
      勉強はお好きな様ですが、人との会話は上手くなさそう。
      フリーランス、大丈夫でしょうか。

  2. 醜いプライドの塊。相談内容について「強い言葉でもいいから『解決策』を教えて欲しい」と述べたが、「俺はレベルが違うからいつもの説教じみた観念的な話じゃ納得しないぞ?具体的な方法を示せ」と聞こえた。ナチュラルに他人を見下しているから誰に対しても常に批判的で挑戦的なのだろう。身内との関係性もそれで壊れているのだ。
    三石先生はその肥大化したプライドを上手にくすぐりながら的確なダメ出しと今後の方向性を示されたが、本人は気のない相槌でその場を誤魔化すだけ。
    腹の中に偉そうな思いを抱え態度には出すが、強く、思い通りにならない相手に対抗する術と度胸は持ち合わせていないのだ。尻尾を巻いて安全なところまで逃げてから不満を述べる。転職が多い理由がこのあたりに垣間見える。
    最後、今井先生の「じゃ、ありがとうって言って」をお礼の強要だ偉そうだと批判する向きもあるようだが、自分の納得度とは別に他人に何かをしてもらったらそのこと自体に感謝を言葉で示すのが社会人の常識なのだ、貴方に足りないのはそういうところだよ?と非常に重要なことを示されたのではないか?
    残念ながら彼にとっては屈辱でしかなかったと思うが。

  3. ありがとう・・を催促されないと言えない・・
    家族の年齢が曖昧・・
    対人にあまり関心がないのでしょうね~~
    アスペかな?・・と思いました。

  4. 今井先生:「じゃ、ありがとうって言ってw」
    ↑通子かわいいじゃないかっ!!

  5. 1000回転職しても1000の職種なわけではないので、たぶん同じような内容の…本人が言う肉体労働とかイベント関係とかそういうのの繰返しでしょうか。それだと職種としては数パターン、そんなにスキルや経験があるというわけでもなく…という感じでしょうね。

    三石先生のお話聞いてる途中から、なんか意気消沈というか聞く気が失せている雰囲気漂ってましたね。きっと目からウロコ的な、自分が全く思いつかないような天の声的なアドバイスがもらえると期待していたんでしょうけど、そんなのあるわけない。1000回仕事変えてる途中で、そんな美味しい話、まさに天職のような仕事、そんなものはこの世に無いと気付いても良さげですが。

    人生絶望してるフリしてまだ夢を見ているロマンチストさんなんだなぁ!

  6. 勉強「しか」とりえがなかったんだな。
    話し方や語彙のチョイスから頭は決して悪くないが、
    TPOが読めないというか、盛って話す癖があるのか。
    資格を取れ!とアドバイスしてたが、それしか言いようがないようなぁって相談者だった。

  7. 聞いちゃいられなかった。喋れば喋るほど恥を晒してること、価値を下げてることに早く気付いて欲しい。転職の原因は、トップクラスの進学校と言ったときの面接官の反応が生き甲斐だからという感じもする。それが通用しない年齢になってテレフォン相談に…。
    この人の場合、マイナスしていけるかが鍵だ

  8. 「(自分は)独身ですね」「(親と)連絡取ってないすね」「(親の年齢は)○○歳ぐらいですかね」「(きょうだいは)全部下ですね」
    家族構成の説明の仕方がおかしい!これからも家族とは音信不通でしょう。
    人手が足りない職は沢山あるからもしかして採用されるかもしれないけど、すぐに辞めてしまうんだろうな。

  9. 家族関連の質問への答え方が何とも中二病的で赤面。
    三石先生がおっしゃるように今から勉強して頑張ればまだ間に合う年齢。ただ無意味なプライドが邪魔しそうなんだけど。
    どこで拗らせたんだろうか。頭いいのにもったいない。

  10. 性格は直らないので今後成功して結婚して友人に囲まれて実家とも円満に暮らすことはない。断言できる。

  11. 10000回だめで へとへとになっても
    10001回目は 何か 変わるかもしれない

    ~DREAMS COME TRUE「何度でも」~

  12. 現実逃避して周りのせいにしてれば楽だろうね。
    カッコ悪いとか厳しい言葉には返事すらできてない。
    こんな37才いるなんて怖すぎる。
    事件起こさないでね

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。