行方知れずの息子の督促状。父親の気がかりは自死後の借金相続

テレフォン人生相談 2022年5月7日 土曜日

先輩の女ねえ。
どこにでも転がってそうな話だけど。
堅気(かたぎ)の世界なら。

指一本か金かどちらか選べとでも迫られたのかしら。

 

長男と住み、次男と住み・・
家族4人で住むわけにはいかなかったのね。
てかそこ、誰が建てたの?

 

さて

相談者 「ちょっとこれは最悪の場合っていうことですけど」

昨日とは対称的。
昨日の相談者はその可能性に全く考えが及ばなかった。

もっとも、気がかりは安否というより自分たちに降りかかってきそうな借金。

相談者 「負の相続放棄をどこまで考えなきゃいけないのかなと思ってお電話差し上げたんですけど」

肝心の質問が塩谷弁護士にたしなめられて終わってしまった。

 

しかたがないので代わりに。
確かにキチンと知っておいた方がいい。

長男が亡くなれば、まずは元嫁に引き取られた3人の子が相続します。
当然、相続放棄しますから、そうなって初めて相談者に相続権が回ってきます。

ちなみにこれは代襲相続とは言いません。
第一順位の相続人が消えたことに伴う相続です。

で、相談者夫婦が相続放棄すれば、相談者の親すなわち長男の祖父母が相続します。

祖父母が他界しているか相続放棄すれば、今度は兄弟すなわち相談者の次男に相続権が回ってきます。
これも第二順位の相続人が消えたことに伴う相続。

で、次男が相続放棄すればそこでチョン。
たとえ次男に子がいても相続権は回ってきません。

相続放棄するときは次の順位の人に知らせてあげましょう。
(義務ではありません。親切です)

 

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 塩谷崇之(弁護士)

相談者: 男66歳 妻64歳 所在不明の長男40歳バツイチ 同居の次男37歳バツイチ 長男の子3人は元嫁が引き取る

今井通子:
もしもしい?テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、も・・もしもしい?

今井通子:
はい

相談者:
あ、よろしくお願いしますう。

今井通子:
はあい♪
今日はどういったご相談ですか?

相談者:
はい。40歳になる・・長男の、借金、のことで。

今井通子:
はい

相談者:
ちょっと、あの、相談したいと思いまして。

今井通子:
はい・・はい

相談者:
電話しました、はい

今井通子:
・・ご長男が?

相談者:
はい

今井通子:
おいくら借金してらっ、されてんの?

相談者:
えー、とですね、ん、はっきりした金額は分かりませんが、

今井通子:
はい

相談者:
大体・・500万・・強・・以上は・・

今井通子:
500万強?

相談者:
あると思います。

今井通子:
はい
まず、あなたはおいくつですか?

相談者:
わたしは66歳です。

今井通子:
66歳・・奥さまいらっしゃいますか?

相談者:
はい、64歳です。

今井通子:
64歳、で、ご長男お1人?

相談者:
いえ、次男が、

今井通子:
はい

相談者:
37歳です。

今井通子:
37歳

相談者:
はい

今井通子:
で、このご長、男とご次男は・・

相談者:
はい

今井通子:
もう、独立されてるの?

相談者:
独立は、したんですが、

今井通子:
はい

相談者:
えー、2人とも、えー、(苦笑)離婚しまして、

今井通子:
あーあ

相談者:
今わたし達は、

今井通子:
はい

相談者:
あの、次男の家に・・夫婦で、同居してる形です。

今井通子:
はい。で、ご長男は?

相談者:
長男は・・わたし達と一緒に住んで、たんですが、

今井通子:
はい

相談者:
次男と同居する形になったので、長男は、別のところ?、に、独立した形では、なったんですけども、

今井通子:
はい。で、どういうことですか?

相談者:
はい、まずですね、

今井通子:
うん

相談者:
その・・500万のうちい、に、ふ、くま、れえ、ると思うんですが、あの・・長男が・・15年ぐらい前に結婚したんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
独身のときに、借金を、してるみたいなんですね。

今井通子:
・・あ、はい

相談者:
それで、借金を抱えたまま、結婚して、

今井通子:
はい

相談者:
で、長男が、6、7年前に・・離婚ん、が成立してるんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
子供が3人、います。

今井通子:
はい

相談者:
嫁は、別居っていうか、いう形で、
子供も嫁のほうに・・行ってるんですけど、

今井通子:
あ、はい

相談者:
その長男が・・最近ですね・・

今井通子:
はい

相談者:
所在不明になっちゃったんですね(含み笑い)。

今井通子:
あ、行方不明になっちゃったの?

相談者:
はい、はい

今井通子:
あらら

相談者:
・・それで、あのお、次男の家のほうに、

今井通子:
はい

相談者:
督促う、が、来るようになったんです。

今井通子:
あー、はい、はい

相談者:
それで、ま、わたし達い、と一緒に住んでたもんだから、まあ、こちらのほうに・・来てると思うんですけど、
数が何箇所からも、来るようになったんですよ(苦笑)。

今井通子:
はい

相談者:
で・・最初に言った・・500万強っていうのは・・たぶん、そのぐらいは・・借りてるだろうと(ため息)いうことなんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
で、その債務についてえ・・どういう形で?・・対処したらいいか?、が・・相談したい内容なんですけど。

今井通子:
あ、なるほどね。

相談者:
は、はい

今井通子:
要するにあれですかね?・・まずは、その・・ご長男の名前で、

相談者:
はい

今井通子:
えー、借金の、催促は来てんですよね?

相談者:
え、そうです。

今井通子:
それで、ご長男が、例えば保証人に、

相談者:
はい

今井通子:
あなた方、お父さまとか、

相談者:
はい

今井通子:
お母さまとかご次男とか・・

相談者:
保証人にはなっていません。

今井通子:
住所登録がしてあるだけで、そのほかはなんにも関わりないですか?

相談者:
あ、そうですね。はい

今井通子:
で、その借金っていうのは、

相談者:
はい

今井通子:
なんのお金?

相談者:
息子曰くですよ?

今井通子:
はい

相談者:
先輩の、彼女に、手を出してしまったと。

今井通子:
はい

相談者:
で、先輩から?・・慰謝料じゃないけど・・

今井通子:
はい

相談者:
いうことで・・請求されたみたいな形・・です。はい

今井通子:
で、それはいくらだったんですか?

相談者:
ん、それがね・・300ぐらい・・だと思います。
・・&#△

今井通子:
もうそこで500あるわけだ。

相談者:
はい、500以上ですね。はい、なっちゃった◆#

今井通子:
あはい

相談者:
で・・息子は・・8社の消費者金融?、に、借りて・・返済は、してたみたいなんです。

今井通子:
はい

相談者:
で、それも経過を・・あ、一応、わたしも確認の意味で・・してたときに、3社ぐらいは・・完済できたと・・いう話だったんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
ほかの、ものの完済ができたか、の確認は、できないんですけど。

今井通子:
はい
息子さんてえ、お仕事は・・されてんですか?なんか。

相談者:
えーと・・はい、あの、いろいろお、やってたんですけど。
大手の・・運送会社の、

今井通子:
はい

相談者:
下請けっていうんですか?

今井通子:
はい

相談者:
の、形で、配送?、を・・知り合いと・・3、4人で・・会社を作った形で・・やってたみたいなんですけど。

今井通子:
・・そもそも、あなた方は・・ご職業は、なんか自営だったんですか?

相談者:
いえ、わたしは会社員で、

今井通子:
会社員ね。

相談者:
ええ、はい

今井通子:
奥さまは、専業主婦?

相談者:
いや・・今は、パートで?

今井通子:
はい

相談者:
働いています。

今井通子:
あ、なるほど。

相談者:
はい、わたしは・・定年退職?

今井通子:
はい

相談者:
えー、再雇用も終わって、今年から・・あの、家にいますけど。

今井通子:
そうするとお、息子さんは、その、仲間と、ま、3、4人で・・やられていた会社?

相談者:
はい

今井通子:
その配送会社・・

相談者:
はい

今井通子:
・・ここはもう・・辞めちゃったの?、行方不明っていうくらいだから。

相談者:
え・・えーとそれが・・ちょっと確認できないんです。

今井通子:
・・確認できないっていうことはあ、だいぶん前から・・配送会社自身?・・確認していないってこと?・・やったかやらないか?
持ってたのは知ってるの?

相談者:
はい。4ヶ月ぐらい前ですかね?

今井通子:
はい

相談者:
までは・・確認、できています。

今井通子:
あーそうなんですか。

相談者:
ええ

今井通子:
じゃあ、そこで一緒に働いてたっていうか・・

相談者:
はい

今井通子:
一緒に作った人たちは?

相談者:
・・あー、そこお、の連絡がわたし達、は、取れないんですね。

今井通子:
ふうーん

相談者:
うん

今井通子:
・・で、今日のご相談はそうすると・・どうしたらいいんですか?

相談者:
その借金の、処理?

今井通子:
うん

相談者:
対応?・・ちょっとわたしの・・にわかで、本を読んだんですけど・・自己破産?・・或いは・・ちょっとこれは最悪の場合っていうことですけど、
負の、相続放棄?・・どこまで考えなきゃいけないのかなと思って、お電話差し上げたんですけど。

今井通子:
あー、なるほどね。はい

相談者:
あはい

今井通子:
・・今日はですね、弁護士の・・

相談者:
はい

今井通子:
塩谷崇之先生がいらしてますので、

相談者:
はい

今井通子:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

今井通子:
先生よろしくお願いいたします。

(回答者に交代)

「行方知れずの息子の督促状。父親の気がかりは自死後の借金相続」への2件のフィードバック

    1. ご相談者さんの長男、正直おかしいと思いますが、借金は先輩の彼女に手を出した理由で請求された慰謝料と知人と作った会社の運転資金かなあ?
      6日放送分で出たパターンと似てしまいますが、今後は長男と縁を切るというか、請求書返却など、もう放っておくという形になるんでしょうか。
      ご相談者さん、間もなく包括支援センター利用対象となる65歳だけに、次男や孫と今後の介護のことを考える形に専念された方がとも思います。
      とはいえ、長男はちょっと困ったもんですよねえ。本来の後継ぎはやっぱり長男ですから、心を入れ替えてしっかりしてもらいたいところですが。

コメントはお気軽にどうぞ。承認後に掲載されます。

名前欄は必須です。何かハンドルネームを入れてください。