サビ残も報われない5社目10年目のデジャブ。次に期する女が気づくポピュラリティ

テレフォン人生相談 2022年5月24日 火曜日

女性(マドモアゼル)を名乗るオッサンがポピュラリティを指南するというのもシュール。

 

ヒカキンが ”絶対に炎上しない方法” を動画で喋ってて、ホリエモンがそれに反応した。

「確かに炎上はしないと思うけど、それだとつまらないよね人生が。。」

 

ポピュラリティについてもっと知りたい方は以下のエントリを。
いずれも師弟コンビ。

ポピュラリティを意識せよ。 生き方に悩む42歳独身男へ

人間関係が続かない。相談中も露呈する自分基準。ポピュラリティで割り切ろう

彼女いない歴38年の38歳が戦い取るために身につけるモノと捨てるモノ

 

パーソナリティ: 今井通子
回答者: マドモアゼル愛(心についてのエッセイスト)

相談者: 女41歳独身 一人っ子 一人暮らし 父77歳 母77歳

今井通子:
もしもしい?、テレフォン人生相談でえす。

相談者:
あーもしもし・・お願いします。

今井通子:
はい
今日はどういったご相談ですか?

相談者:
・・と、いろんな場面で人間関係があんまり上手く行かなくて・・

今井通子:
あら

相談者:
相談しま、した。

今井通子:
はい・・あなたおいくつ?

相談者:
41です。

今井通子:
ご結婚されてますか?

相談者:
独身です。

今井通子:
あ、独身でらっしゃる?

相談者:
はい

今井通子:
ていうことは、お父さまお母さまは、ご健在?

相談者:
ええ

今井通子:
お父さんおいくつ?

相談者:
2人共77です。

今井通子:
77歳・・現在は、ご一緒に住んでらっしゃる?

相談者:
いや、一人暮らしです。

今井通子:
あ、別ですね?

相談者:
はい

今井通子:
で、あなたごきょうだいは?

相談者:
一人っ子です。

今井通子:
えー、お仕事はあ、会社とか、自営とか・・

相談者:
あー、えーとお、3ヶ月前に辞めました。
今は無職です。

今井通子:
3ヶ月前に辞めた理由はなんだったんですか?

相談者:
そこもやっぱ、人間関係ですね。

今井通子:
あーあ

相談者:
社会人になってからあ、

今井通子:
はい

相談者:
職場で結構、上手くやって行けなくなってえ、上司とかからいわ、嫌味とか言われたときに、言い返したりしてたんですけど・・

今井通子:
なるほど(苦笑)、はい

相談者:
・・

今井通子:
社会人になって、と、大体、今までに、いくつぐらい変わったの?

相談者:
・・5社ぐらい働きましたね。

今井通子:
あ、5社?・・大体、1社につき何年ぐらいいた?

相談者:
最初、3年くらい。

今井通子:
3年いた?はい

相談者:
次も同じくらい?

今井通子:
3年ぐらい

相談者:
次は1年くらい。

今井通子:
はい

相談者:
次は1ヶ月でクビになりましたね。

今井通子:
クビになりました?

相談者:
はあい

今井通子:
これはなんか理由があったんですか?

相談者:
電話の受け応えとか、

今井通子:
はい

相談者:
辞めるときに言われたのがあ、
「こっちは社会人として、雇ったつもりなのに、そういったマナーがもう、できていない」って言われました。

今井通子:
なるほど。そしてその次がそうすると?

相談者:
一番、直近で働いてたところは、

今井通子:
はい

相談者:
もう10年くらい働いてたんですけど、
福祉関係で、

今井通子:
はい

相談者:
働いてて・・
上司とまあ、しょっちゅう言い争いをしてたんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
とにかく耐えて、耐えて?・・自分は、間違、ってないって思ってたから、

今井通子:
はい

相談者:
自分の意見を、押し通してたんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
周りから・・周りからっていうか、上からは、受け入れてもらえなくて、

今井通子:
はい

相談者:
そうこう、してるうちに、自分が提案したプログラムとか、が、

今井通子:
はい

相談者:
先輩にパクられて。先輩が、みんなの前で公表して、

今井通子:
はい

相談者:
なんか「凄いね」みたいになって・・

今井通子:
はい。それは言ったの?

相談者:
そうですね、言いましたね。

今井通子:
うん

相談者:
そしたら、「今、なんでそれを言うんだ!」とかって言われて。

今井通子:
上司に?

相談者:
そうです。

今井通子:
ふうん

相談者:
たぶん、その上司は、

今井通子:
うん

相談者:
それを提案したのが、

今井通子:
うん

相談者:
わたしだっていうことを、もう、忘れてたんだと思います。
わたしが提案してから、もう1年、以上経ってから、

今井通子:
はい

相談者:
先輩が、それをみんな前で披露して、

今井通子:
うん

相談者:
「今日のは、すごく良かったんじゃないですか」みたいな・・

今井通子:
ええ

相談者:
話をしてて、

今井通子:
はい

相談者:
「そうだよね」「良かったよね」っていうふうな、話を、わたしのほうにも振って来たから、

今井通子:
はい

相談者:
「わたしが以前やったときは、こういうふうでした」っていうふうに、て、言ったら、上司の表情が急に変わって、

今井通子:
うん

相談者:
「お、あ、そ、そういえばそうだった」みたいな、ちょっと・・顔になって、

今井通子:
あーあー、なるほど、なるほど。

相談者:
ん、本当は・・

今井通子:
それで、それが、所謂、逆ギレえ、になったのかな?

相談者:
逆ギレですね。

今井通子:
うん

相談者:
ほんとうは・・わたしがやってることだけど、

今井通子:
うん

相談者:
んん、先輩職員がやって、それを評価して、

今井通子:
うん

相談者:
ん、上に上げるみたいな感じにしたかったのかなって思うんですけど・・
なんかわたしが・・

今井通子:
・・まあ、でも、そしたら、1年も経たないで、即そういう・・動きをするじゃないですか。
たぶん・・

相談者:
うん

今井通子:
あなたが・・最初に言ったときには・・評価するだけの・・技量がなかったんだと思う。

相談者:
あー

今井通子:
うん・・で?・・結局、それがきっかけでえ・・辞めちゃったの?

相談者:
いや、もう、それも耐えて、耐えてやってて、

今井通子:
ええ、ええ

相談者:
でえ・・わたしにだけ、すごい、仕事の量がいっぱい回されたりとかして、

今井通子:
うん

相談者:
で、終わんないからあ・・家に持って帰って仕事したりとかもしてたし、

今井通子:
はい

相談者:
1人で残業してやったりもしてたし、

今井通子:
うん

相談者:
な、手当なんかなんもつかなったですけど、

今井通子:
はい

相談者:
そんなんで、働いてて・・でも・・上司曰く、わたしの、要領が悪いっていうか、

今井通子:
うん

相談者:
なんか、「やり方が悪いんだ」みたいな感じで言われて、

今井通子:
ええ

相談者:
だから、わたしがいけないのかと思って、で、終わらせられないわたしがいけないから・・休みの日も使って、

今井通子:
はい

相談者:
やらなきゃと思ってやってたんですけど。

今井通子:
はい

相談者:
とにかく、終わらなくて終わらなくて。そんなふうな・・生活してたんです。

今井通子:
・・

相談者:
でえ、そうこうしてるうちにちょっと、上司が、変わって、

今井通子:
はい

相談者:
変わったんですけど・・なんか、その新しい上司とも、結局上手く行かなくて、

今井通子:
はい

相談者:
そいで、退職しました。

今井通子:
・・なるほど。
その、仕事持って帰ったりしてできる仕事ってどんな仕事?

相談者:
データでえ・・みんなでやったりするプログラム、を、作ったりとか。
あとスケジュール管理とか。

今井通子:
あ、スケジュール管理の表を作るとかっていうことね?

相談者:
う、そうそうそう

今井通子:
うん

相談者:
それであの、やったりしてました。

今井通子:
はい・・それでえ、ここ3ヶ月?

相談者:
はい

今井通子:
1人で・・ま、この、時代だから、お家にずっといるの(苦笑)?

相談者:
あー、でも・・運動したりとかはしてますけどお・・

今井通子:
うん。経済的にはどうなの?

相談者:
あ、一応、次の仕事は決まってて。

今井通子:
あ、そうなの?じゃあ・・

相談者:
はい

今井通子:
うん
今はちょっと、休暇中っていうことね?そうすっと。

相談者:
そうですね。

今井通子:
うん

相談者:
で、まあ、次の仕事お・・こそは、

今井通子:
うん

相談者:
あの、上手くやって行きたいなと思って、

今井通子:
うーん

相談者:
相談しました。

今井通子:
なるほど。
じゃあ、今日はですね、心についてのエッセイストとしてお馴染みの・・マドモアゼル愛先生に、来ていただいてますので、

相談者:
はい

今井通子:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

(回答者に交代)


「サビ残も報われない5社目10年目のデジャブ。次に期する女が気づくポピュラリティ」への23件のフィードバック

  1. 声や話し方を耳にしたあとに、41歳という年齢を聞いてたまげた…。

    ポピュラリティについてマド愛先生から説明されて、深く納得された様子でしたが、そこで深く納得できるなら、この年までなぜもう少し気付けなかった??

    人間関係が上手くいかない…と言ってたので、深いこともどうでもいいことも話せるような友人や、仕事のことを話せる人がいなかったのかな…。

  2. 相談者さんの話しを聞いて間もなく、こりゃダメだ、と判断してました。言葉遣いや話し方でそう思った訳ですが、ポピュラリティーという事だったのですね。結婚式での首タオルの例えなど、今日のマド愛先生の話には痛く納得出来ました。
    相談者さんもこの歳までこういう言説に接する事なく来てしまったの?とは思いますが、修正して上手く立ち回っていって欲しいです。

  3. 時と場合も弁えず独りよがりの正義感で無闇に上司に食って掛かる人はどこの職場でも嫌われますよね。雰囲気悪くなりますもん。誰も味方してくれないからと余計に意固地になって「私が絶対正しい」と突っ張り続けたのでは居場所が無くなって当然で、愛先生のご指摘は全くそのとおりでした。
    アドバイス自体はとても40代の人間にするようなものじゃなくせいぜい10代後半の子供に諭すような中身でしたが、相談者には結構響いたようで良かったですね。
    しかし電話切ってからしばらく考えて「やっぱり私は間違ってない。納得できない」となりがちなのがこの手の人ですから厄介なんですよ…

    1. たぶん響いてないよ
      わかった気になってるだけ
      「はい!」と返事だけはいいけど、全然変わらないねえ
      とならないといいですが。40才超えて、人はなかなか変われない

      「社会人として採ったのにビジネスマナーがてきてない」が解雇理由、1カ月って、なんだかすごい。よっぽどだよね
      10年いた前職のまわりの人たちはだいぶんガマンした可能性がありますな。おばあちゃんたちには人気があったのかな

      でも、相談者が「変わりたい」と思っているのは確か

  4. 就職氷河期世代だと思いますが、ご相談者さんのような経歴はもちろん、やむを得ず浪人で無職時期回避単発乱発も転職には変わりないもので…。
    人生いろいろ、社員や風土もいろいろですから、1つの会社でしっかり頑張って欲しいというのがご相談者さんへのエールになろうかと思います。
    とはいえ、地方の方ならかなりきついのかなあ?ご両親も後期高齢者で、介護も必要になりますから、介護と両立できるよう頑張って欲しいかも。
    両親の要望がどうなのか、自宅がいいのか、施設がいいのかの問題もありますが、そのことも考えながら今の会社は定年まで頑張って欲しいです。

  5. 上司としょっちゅう言い争って自分の意見を通してたって……
    そんな態度では周りとうまく行かないのは当たり前でしょう。
    愛先生の言葉は胸に響いたかな?
    今後は自分の態度をよく見つめ直して、長く勤められるといいですね。

  6. 部下のアイディアを無断でパクる上司(忘れてた?ナイナイ)同じ土俵で部下と口論する上司ってのもねえ・・。
    もしも相談者がポピュラリテイ持ってたとしても防ぎようがなさそう。
    自分の身は自分で守るしかなかったのかな。
    ちょっとかわいそう。
    ポピュラリテイを愛先生に気付かせてもらえて納得したようでほっとしました。愛先生が上司だったらいいのにね。

  7. 話し方、受け答えが幼稚くさい。この歳でこの程度ってことは、弱めだけど大人の発達障がいかもね。

    1. 鼻つまんでると仮定して、稚拙なりとも多少の工作をする知恵はあるのに、話し方と内容の幼さのギャップがすごくてなんか気持ち悪くなってしまった…

      受け答えに、私は悪くないもん!間違ってないもん!が詰まってて、あ〜一緒に働きたくないと思いながら聞いてました。

  8. 一人っ子の上に結婚したこともないのなら、子供の頃から人間関係での苦労をしてなくて、我の強い人かなって思った。

  9. 正直で真っ直ぐなのはわかる。
    でもいくら本当の事でも人前で他人(この場合先輩や上司)の立場をなくすような事したらダメだ。
    後で個々に抗議でもすればまだしも。
    その辺の読めなさが致命的。
    この事だけじゃなく一時が万事なんだろうけど。
    信用されなくなるよね。

    1. 先輩や上司が最初から立場をなくすような事をしていなければ人前で恥かかされることもないと思いますが…。
      信用されなくなるのはどっちかな?

  10. マド愛先生の仰る「ポピュラリティ」って、自分が少数派であることを恥じることはないけど、世間でうまくやっていくには多数派の考え方もわかってないといかんぞ、ってことだと理解してます
    基本的にはマド愛先生、エッジが利いてる系の相談者はお好きですよね
    いつぞやの香道をたしなむ女の子の回はとても印象に残ってます

    ただ、この相談者に対しては「世の中には常識ってものがあってね」っていう、もっと手前のレベルでたしなめるような言い方に聞こえた
    この子供っぽいしゃべり方と、駄々っ子がそのまま大きくなったような振る舞い、とても40過ぎとは思えない
    大人になって「社会人としてのマナーができていない」と言われるってよっぽどのこと

    本人のキャパの問題もあるのかも知れないけど、とにかく「人の振り見て我が振り直せ」を積み重ねていくしかないと思う
    「自分は間違ってない」と開き直ってちゃ何も好転しませんよ

    1. 今は寿命が延びていてモラトリアムが長くなっているんですよ。
      マナーや常識も国や集団が違えば当然違います。人も人々の意識も年々変化していってます。
      「多数は正義」で過ごされて来た方なのかもしれませんが「黒いものを白」と言わせるのは数の暴力でしかないような。
      相談者をかばうつもりはありませんが、意図してかコメント欄で否定されつづけているのを読んでいると若い方の型破りな良いものが失われていきそうで、全世界に胸をはって発信できるものなのか疑問だったもので。もちろんごくごく一部の意見なのは承知しておりますが。
      相談者はポピュラリティーを教えてくれる大人、尊敬できる大人に恵まれなかっただけで素直な方なのでマドモアゼル愛先生に出会えた事で人生100年の残りを実りあるものにしていけると思います。
      私を含め、上の世代こそパラダイムチェンジを意識した方がいいと思います。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。