教員志望から声優。突如関心が上書きされるアスペと真に受けて振り回される親

テレフォン人生相談 2022年5月25日 水曜日

息子「命を懸けてやりたいことができた」

脳内でアニソンが鳴ってそう。

役をあてがわれてアフレコ実習。
♪楽しそう。

身内で鑑賞。
全員が 多くの生徒が最初で最後。

 

可哀想に・・
親が。

現実が見えているのは母親だけ。
後ろに2人も控えているというのに。

 

今は亡き波平こと永井一郎さんが、声優の地位向上を訴えて収入を公開した。

知らない人はいない国民的アニメの新作に毎週15分✕3回出演する京都大学出の声優界の重鎮。

逆の意味で桁違い。
無名の声優スクール講師の方がよっぽど稼ぎがいい。

並のハードルで挫折した人一倍メンタルの弱い若者が、なんとなくできそうに思えてしまう。
思わせる業界。
こうした現実も永井さんにとってジレンマだったに違いない。

声優になりたい。ニキビに悩む無気力な大学3年の息子の根拠なき万能感

 

【2024年2月】

やはり卒業できてない。

単位とれず芸能養成に通う発達の6回生の親が聴く7年で卒業の作家と女優の成功集

 

パーソナリティ: 玉置妙憂
回答者: 三石由起子(三石メソード主宰、作家・翻訳家)

相談者: 男48歳 妻46歳 アパート暮らしの長男22歳 次男19歳 三男17歳

玉置妙憂:
もしもしい?

相談者:
あ、よろしくお願いしますう。

玉置妙憂:
はい、テレフォン人生相談です。よろしくお願いいたします。

相談者:
こちらこそお願いいたしますう。

玉置妙憂:
はい、えー、それではまず最初に、今日はどのようなご相談か?、簡単に、教えていただいていいですか?

相談者:
はい。えーと、長男の・・

玉置妙憂:
はい

相談者:
えー、に対する接し方・・

玉置妙憂:
はい

相談者:
に、非常に困っておりまして、◆#

玉置妙憂:
うん、長男さんへの接し方ですね?

相談者:
はい

玉置妙憂:
はい
では詳しくお伺いする前に、

相談者:
はい

玉置妙憂:
まずは、お年を教えてください。

相談者:
はい、えーと、わたしは48歳です。

玉置妙憂:
48歳

相談者:
はい

玉置妙憂:
奥さまは?

相談者:
46歳です。

玉置妙憂:
46歳。お子さんは何人いらっしゃるんですか?

相談者:
えーと、長男が22歳

玉置妙憂:
22歳、はい

相談者:
次男が、

玉置妙憂:
うん

相談者:
えーと、19歳

玉置妙憂:
19歳

相談者:
で、三男が、

玉置妙憂:
うん

相談者:
17歳です。

玉置妙憂:
17歳

相談者:
はい

玉置妙憂:
じゃ今、5人で住んでらっしゃるんですか?

相談者:
いえ、えーと

玉置妙憂:
うん

相談者:
長男が、

玉置妙憂:
うん

相談者:
えーと、大学う、に進学してまして、

玉置妙憂:
はい

相談者:
アパートで暮らしてます。

玉置妙憂:
あ、一人暮らしされている。
えーと、それで、あなた様と、お母さんも、お2人共お仕事されてらっしゃって。

相談者:
はい

玉置妙憂:
うん

相談者:
そうです。

玉置妙憂:
で、長男の大学生活をサポートされてるってことですね?

相談者:
はい

玉置妙憂:
うん

相談者:
そうですね。

玉置妙憂:
はい
えー、で、今日、おー、おう、お、お尋ねいただいてるのは長男さんとの接し方?

相談者:
はい

玉置妙憂:
どんなことでしょうか?

相談者:
大学、5回生でしてえ、

玉置妙憂:
今ね?はい

相談者:
はい
要は留年してるんですけれども、

玉置妙憂:
はい

相談者:
大学に進学したその動機というか、目標が・・

相談者:
はい

相談者:
学校の先生になること。

玉置妙憂:
うん

相談者:
という目標を掲げてえ、

玉置妙憂:
はい

相談者:
推薦入学で進学したんですが、

玉置妙憂:
うん

相談者:
ちょうど1年余り前・・

玉置妙憂:
うん

相談者:
に、教員免許を取るにあたって、教育実習っていうものは必須だと思うんですが、

玉置妙憂:
うん

相談者:
実習には実は、行け、行けないんだと。

玉置妙憂:
行けない?

相談者:
はい

玉置妙憂:
うん

相談者:
実習を受けるまでにい、取得しておかなければならない、

玉置妙憂:
うん、ふん、ふん

相談者:
必修科目の単位を複数・・取得できてなくて、

玉置妙憂:
うーん

相談者:
えーえ、本人曰く、あの、卒業までに取ればいいと思っていたと。

玉置妙憂:
うん

相談者:
でえ・・大変申し訳ないんだが・・

玉置妙憂:
うん

相談者:
自分はその、教員になる、ことを目標に大学に進学したので、

玉置妙憂:
うん

相談者:
1年留年させてほしいと・・

玉置妙憂:
うーん

相談者:
いう、話が1年あまり前にありまして、

玉置妙憂:
うーん

相談者:
現在に至ってるんですがあ・・

玉置妙憂:
はい、はい

相談者:
実は、えーっと、1ヶ月半ほど前に、

玉置妙憂:
うん

相談者:
大学の教務課から、

玉置妙憂:
うん

相談者:
えー、封書が届きまして、

玉置妙憂:
うん、ふん

相談者:
単位取得の芳しくない学生に対して、

玉置妙憂:
うん

相談者:
教務課のほうからあ、

玉置妙憂:
うん

相談者:
指導、おお・・するためのお、

玉置妙憂:
うん

相談者:
おー、面談・・

玉置妙憂:
ふん、ふん

相談者:
の、アナウンスを何度か、したんだけれども、

玉置妙憂:
うん

相談者:
本人からのレスポンスがないと・・

玉置妙憂:
うーん

相談者:
いうことで、ついてはあ、オンラインで、三者面談・・の、手続きを取ってくださいっていう、

玉置妙憂:
うーん

相談者:
封書が来まして。

玉置妙憂:
はい、はい、

相談者:
で、慌てて本人に、LINEん・・と電話で連絡をするんですが、

玉置妙憂:
うん

相談者:
LINEは既読にならないし、

玉置妙憂:
うーん

相談者:
電話は取らない!

玉置妙憂:
おー

相談者:
仕方なくう・・本人にアポイントが取れない状況で、とにかく本人の・・アパートに向かいました。
で・・

玉置妙憂:
うん、うん、うん、はい、はい、行ったんですね、はい

相談者:
はい
ドアベルを鳴らす、と、たぶん、居留守使われると思ったので、

玉置妙憂:
うーん

相談者:
先にあの、ドアのポストを開けて、まず・・

玉置妙憂:
うん

相談者:
気配がするかどうかの確認を先にしたところ、

玉置妙憂:
うん・・うん、うん

相談者:
電気がついてたので、

玉置妙憂:
うん

相談者:
とりあえず・・いることは分かりましたので、

玉置妙憂:
うーん

相談者:
ドアベルを、押しました。

玉置妙憂:
はい

相談者:
そうすると電気が消えました。

玉置妙憂:
うーん

相談者:
そこからもう、息を潜めて、

玉置妙憂:
うーん

相談者:
呼びかけにも応じないしい・・

玉置妙憂:
うん

相談者:
電話にも出ないし、

玉置妙憂:
うーん

相談者:
(苦笑)
籠城(ろうじょう)をされてしまいまして。

玉置妙憂:
うーん

相談者:
実は、そのお、この長男が、

玉置妙憂:
うん

相談者:
保育園のときに、

玉置妙憂:
はい

相談者:
当時で言うアスペルガー、

玉置妙憂:
うーん

相談者:
今で言うASD(*)のきらいがあるねっていうことで、

(*)Autism Spectrum Disorder  自閉症スペクトラム障害

玉置妙憂:
うーん

相談者:
お指摘をいただいて。

玉置妙憂:
はい

相談者:
それから、えーっと、高校卒業に至るまで、

玉置妙憂:
うん

相談者:
要所要所で、そのかかりつけの先生のアドバイスをいただきながら、

玉置妙憂:
うん

相談者:
なんとかあ・・え、学生生活をやって来たんですがあ、

玉置妙憂:
うん・・はい

相談者:
ここへ来て・・

玉置妙憂:
うん

相談者:
(苦笑)
えー・・まあ、そういった状況になりまして、

玉置妙憂:
うーん

相談者:
まあ、結果的に、あの、なんとか・・ドアを開けてもらって、

玉置妙憂:
うん、ふん

相談者:
部屋の中に入って、

玉置妙憂:
うん

相談者:
今後のことを、まあ、話し合う場が、持て・・

玉置妙憂:
うん

相談者:
進捗状況を、

玉置妙憂:
うん

相談者:
えーと、週に1回、必ずその、親のほうに・・

玉置妙憂:
うん

相談者:
用があってもなくても、

玉置妙憂:
うん

相談者:
そっちから、その、とにかく連絡して来てねっていう。

玉置妙憂:
はい、はい・・うん

相談者:
うん・・形を約束を取りつけてたんですが、

玉置妙憂:
うーん

相談者:
一度も連絡が来ず。(苦笑)

玉置妙憂:
うん、ない。あー、そうですか

相談者:
どうしたいんだい?っていうことをまず最初に訊きました。

玉置妙憂:
うん、どうしたい?、そうね。

相談者:
うん

玉置妙憂:
どうしたいって言ってました?

相談者:
・・「学校の先生になりたいと思って大学に進学したんだけど」

玉置妙憂:
うん

相談者:
で、「その」夢も、「夢も、今でも持ち続けてはいるん、だけど」

玉置妙憂:
うん

相談者:
「実はほかにもっと」やり、「命を懸けてやりたいことができた」

玉置妙憂:
うん

相談者:
ていう言い方なんです。

玉置妙憂:
うん、なんなんだろう、それ。

相談者:
声優になりたいそうです。

玉置妙憂:
あー、声優ね、はい、はい、はい

相談者:
はい。で、すでに・・バイト代を使って(苦笑)・・

玉置妙憂:
うん

相談者:
スクールに通いつつ・・

玉置妙憂:
うん

相談者:
ま、本人曰く、一応事務所にも所属してるそうです。

玉置妙憂:
ほう

相談者:
「声優さんで、食える・・かどうか、なんて分かんないよね?」って。

玉置妙憂:
はい

相談者:
「学生じゃなくなったら仕送りはしないよ」って。

玉置妙憂:
うん

相談者:
「それについては、自分の生活の糧っていうことどういうふに考えているんだい?」っていう質問を、しましたところ、

玉置妙憂:
うん・・うん

相談者:
正直・・現実として捉えてないフシがあるんですよね。(苦笑)

玉置妙憂:
はい・・うん

相談者:
で、言ったのが・・「26歳までにモノにならなければ、この夢はスッパリ諦める」って言うんですけど、

玉置妙憂:
うん・・うん

相談者:
・・例えばあ・・こういう形の、えーと、期限付きの任用で、こういう、就労形態の募集が始まってるから、

玉置妙憂:
うん

相談者:
こういったところで、約26歳になるまでですから3年ですね。

玉置妙憂:
はい

相談者:
ちょうどその、か、組織が3年の雇用契約だったので、

玉置妙憂:
うん

相談者:
ここに行って、

玉置妙憂:
うん

相談者:
で、その間に・・その夢・・を、叶えられる、目処をつけて、

玉置妙憂:
うん

相談者:
3年んの任期満了を持って、大手を振って、

玉置妙憂:
うん

相談者:
その、自分の夢の、世界に進んで行くのか?

玉置妙憂:
うん

相談者:
「こういう選択肢、父さん調べてくれてたんだあ」とかって、こう、嬉々として話するような状況で、

玉置妙憂:
うーん

相談者:
とりあえずその大学、出てから先のことは、こうやってある程度、道筋が見えて来たから、

玉置妙憂:
うーん

相談者:
「面談に際しては、大学をどう卒業するかっていう話しようね」って言って笑って別れたんですよ。

玉置妙憂:
うーん

相談者:
(苦笑)

玉置妙憂:
で、三だ、三者面談になりました。

相談者:
なりました。

玉置妙憂:
はい

相談者:
で、何か、こ、お困りのことあるんじゃないですか?っていうふうに質問振ってくださったので、

玉置妙憂:
はい

相談者:
本人に「あの話していいか?」って言ったら、

玉置妙憂:
うん

相談者:
「いいよ」って言ってくれたので、

玉置妙憂:
うん

相談者:
実はそのお・・ASDの、特性があって、

玉置妙憂:
うん

相談者:
特定の分野のやっぱり、その・・講義で、単位を取得すること、が、本人にとっては非常に、厳しい状況にあるっていうことの説明をさせてもらいました。

玉置妙憂:
うん

相談者:
そうしましたら、大学のほうから、

玉置妙憂:
うん

相談者:
「今はそういうのはサポートできる体制が整っていますので」

玉置妙憂:
うん

相談者:
「教務の担当に、申し出ていただいて、今後のことを相談してください」っていう形で、

玉置妙憂:
はい

相談者:
「今年度で卒業できる」・・

玉置妙憂:
うん

相談者:
「と、思うので」

玉置妙憂:
うん

相談者:
「頑張ってくださいね」っていう言葉添えていただいて、

玉置妙憂:
うん

相談者:
面談が終了した、しました。

玉置妙憂:
はいはい

相談者:
話だけすると・・

玉置妙憂:
うーん

相談者:
すごく、ほんとに演説、できるぐらい・・

玉置妙憂:
うーん

相談者:
まともなこと言うんですよ。

玉置妙憂:
うーん、たぶん・・

相談者:
だけど・・

玉置妙憂:
弁も立つんでしょうね・・

相談者:
自分が・・

玉置妙憂:
うん

相談者:
やばくなると・・

玉置妙憂:
うーん

相談者:
殻に篭っちゃうんです。

玉置妙憂:
・・そうですかあ・・それ・・

相談者:
だから、

玉置妙憂:
うん

相談者:
どう接していいのか?

玉置妙憂:
うーん、それで今日の、お、ご相談ということですね?

相談者:
そうなんです。

玉置妙憂:
分かりました。
えー、では・・先生にお訊きしてみましょう。

相談者:
はい

玉置妙憂:
えー、今日お答えいただきますのは、三石メソード主宰、作家で翻訳家の、三石由起子先生です。
では先生、よろしくお願いいたします。

(回答者に交代)

「教員志望から声優。突如関心が上書きされるアスペと真に受けて振り回される親」への38件のフィードバック

  1. とりあえず教員免許獲得と大学卒業、これが当面の目標だと思いますが、両方できたら声優専門学校を卒業を目指す形に移すのがベターでしょう。
    声優もアイドル同様、テレビ顔出し出演が多かったりと、戦国時代に入ってしまっており、売れるのはほんの一握りなので、本当に難しいかなあ?

    1. 北のあなたさんはASDやアスペルガーなど発達障害、または軽度知的障害などの診断を受けたことはありますか?

      1. 2022年5月25日5:26PMさんはASDやアスペルガーなど発達障害、または軽度知的障害などの診断を受けたことはありますか?

      2. 部外者ですが、あなたはどうして「北の~」の方に
        直ぐ反応するんですか??

              1. 未診断ではない=なんらかの障害の診断済って自分で言ってることになるけどいいの?
                障害があるなら長期雇用が難しかったのも興味の偏りがあって自分のしたい話(介護や家督の話)を一方的にしてしまうのも理解できるけどな

                1. 未診断ではない=なんらかの障害の診断済って自分で言ってることにならないけどいいの?
                  障害があるなら長期雇用が難しかったのも興味の偏りがあって自分のしたい話(介護や家督の話)を一方的にしてしまうのも理解できないけどな

                    1. じゃあこの壊滅的でない発言ぶりをどう説明つけるの?

                    2. 自分のコメントが評判良くない自覚ももしかして無いですか?

                    3. 自分のコメントが評判良い自覚ももしかして無いですか?

  2. 小さなころからアスペルガーという事で両親ともに息子に心を砕いてきたけれど
    本人からしたら重かったのではないかな?
    教師になりたい!と言ったら両親が納得するのでそういうことにしたのではないかな?
    と思いました。
    声優やお笑い芸人は食べていけるのは一握り以下の厳しい世界だけど
    バイトをしてレッスン代を捻出して、今彼は生きてる実感に満ち溢れているだろう。
    26歳で区切りをつけると本人も言っているのだから
    とことん燃焼させてあげてほしい。
    26歳からだったらまだまだなんでも出来る!

    1. その上で、大学と専門学校だけは何としてでも卒業すればいいと思いますよ。いずれかで中退してしまうと、後々影響が出てしまいますからねえ。

  3. 息子さんは、ブラック・ジャックや次元の声優をされている大塚明夫さんの「声優魂」を読むと良いと思います。
    「声優だけはやめておけ」と書かれています。甘い仕事ではないようです。

    1. 確かに。その上で、テレビでの顔出しをされる声優が多数出るほど戦国時代になっていますし、声優を含めた芸能界自体相当厳しい世界ですから。

  4. お父さんの喋り方がそもそもヤバめ。お父さんの血筋が子供に遺伝したのかね。

    1. お父さん自身が教師もしくは教師に憧れていた人なんじゃないのかなぁと思わせる語り口だったんですよね。
      息子の夢が教師になることって本当にそうだったのか?個性の強い息子を父親が誘導してそこに無理矢理落ち着けたんじゃないのかなとちょっと思いました。

    2. 私もそう感じました。子供に対して少しでも責任感じてたらあんな饒舌にはならないはず…

  5. 子育てを奥さん任せにせず、懸命に関わってきたんだなぁと。
    パパが一生懸命だからママはまいったり出来る。甘えられる。
    少し羨ましいです。
    しかし、本当に悩まれてるのだから何とか良い方向へ行ってほしい。
    私は三石先生に賛成。少し手放して、次男三男に気を配ってあげてください。基本愛がいっぱいのご家庭だからきっと大丈夫。パパさん
    頑張ってくださいね。

  6. うちの子供の私立校のことですが、学歴が高くペーパーもクリアして採用されたのに、配布物の管理やケアレスミスが散見されて(おそらくなにかの特性あり)、結局一年で辞められた先生がいました。後から聞いた噂では、これまでも塾や学校を転々とされていたとのこと(学歴が良いために採用はされてしまう)。

    酷なことを言うようですが、仮に教員になったとしても特性ありの息子さんに課せられるハードルは高いだろうと思います。
    お父さんは大変頑張っておられて頭が下がりますが、そういった可能性も含めて、息子さんについてはおおらかに構える気持ちも必要だろうと思います。

  7. 「おや、またイチャモン君見っけ‼️」
    のコメントを間違えて入れたので削除して下さい ごめんなさい

コメントはお気軽にどうぞ。承認後に掲載されます。

名前欄は必須です。何かハンドルネームを入れてください。