絶望夫婦。離婚届を渡すために会いに来た妻に夫が「一緒に生活しようね♪」

テレフォン人生相談 2022年6月10日 金曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: 男66歳 別居中の妻64歳 息子28歳は他県で結婚 娘25歳は母と暮らしている 父は1年前に95歳で他界 母90歳との2人暮らし

今日の一言: 会社と家庭とは違います。I love you, because you are youというのが共同体です。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、どうもお、

加藤諦三:
はい

相談者:
お世話になりますう。

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい

加藤諦三:
最初に、年齢教えてください。

相談者:
えー、60う、6です。

加藤諦三:
66歳、奥さまは?

相談者:
えー、64です。

加藤諦三:
64歳

相談者:
はい

加藤諦三:
お子さんは?

相談者:
えー、2人・・えー、上が20、もう8です。

加藤諦三:
はい

相談者:
上が男の子で下が、えー、20・・5です。

加藤諦三:
下は、女の子?

相談者:
女の子です。はい

加藤諦三:
それで今、4人で暮らしてんの?

相談者:
いえ、息子のほうは、違う県に行って、そこで・・彼女見つけて、この間、結婚しました。

加藤諦三:
あーそうですか。分かりました。それで、なんの相談ですか?

相談者:
わたしの、あの、両親が、

加藤諦三:
うん

相談者:
親父は、1年前に・・90う、5で亡くなっちゃったんですけど、

加藤諦三:
ええ

相談者:
おふくろが、今、90なんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、そのお、年寄り2人い、ま、放っとけないっていうあれと、まあ、自分の・・あれで・・面倒看るほどでもないんですけれど、

加藤諦三:
ええ

相談者:
年寄りの親と、生活しております。

加藤諦三:
あーそうですか。

相談者:
え、で、それが一番の僕は原因だと思ってんですけど、
カミさんと・・ほぼ、6、7年、別居状態なんです。

加藤諦三:
ということは、あなたは今は・・

相談者:
えと・・

加藤諦三:
お嬢さん、と、それからお母さんと暮らしてるわけですね?

相談者:
いえ・・娘は、妻と、一緒にいます。

加藤諦三:
あー

相談者:
でえ、その間あ、最初の頃は、ま、月に1回ぐらいは、と思って、昼う、誘って、食事もしたんですけど、だんだん疎遠になっちゃって、

加藤諦三:
はい

相談者:
4ヶ月ほど前に、

加藤諦三:
はい

相談者:
久々に向こうから連絡あって、

加藤諦三:
はい

相談者:
ほんで、「食事しよう」って言うんで食事したんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
そのときに、あの、「うちの親、いつまで生きるか(苦笑)分かんないけれど、そのときは、一緒に生活しようね」って言ったら「それは無理!」という一言バチっと言われて。

加藤諦三:
うん

相談者:
お互い車がありますから、その駐車場に行ったら・・そこで・・「これ」って言って渡されたのが離婚届なんです。

加藤諦三:
はあー、はい、はい

相談者:
え?っていう感じで・・

加藤諦三:
その前になんか・・それらしい話っていうのはなかったですか?

相談者:
あのお、離婚なんていう話はこれっぽっちも出てなかったし、ただ・・奥さんが・・わたしの両親とまったく合わないんで。

加藤諦三:
うん

相談者:
来たことがないんですよね。

加藤諦三:
うん

相談者:
僕としてはだから・・一緒に、生活して、僕の親を看てもらいたいってのは一番の、理想なんですけど、それはもう、

加藤諦三:
うん

相談者:
絶対に、無理だと諦めて、

加藤諦三:
ああ

相談者:
で・・別居、状態で、

加藤諦三:
ええ

相談者:
自分の両親と、生活してるという、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、それが、まだ、まだ・・うちのおふくろ・・元気なんで、

加藤諦三:
うん

相談者:
いつまで続くか分かんない感じなんだけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
そのあと?・・要するに僕1人になったときに?

加藤諦三:
うん

相談者:
一緒にい、また・・

加藤諦三:
あー、そうか、そ・・

相談者:
昔みたいに生活したいなというのが、僕の、希望だったんです。

加藤諦三:
あなたの希望ね?

相談者:
はい、はい、はい

加藤諦三:
だけど、向こうは、一緒に、暮らすのは無理だっていうことか。

相談者:
ていうか、も、「今現在、あなたと一緒に生活する、するつもりもないし」、

加藤諦三:
ええ

相談者:
「旧姓に戻りたいから」、

加藤諦三:
うん

相談者:
「離婚届に判を押せ」と。

加藤諦三:
うん

相談者:
僕としては・・まあ、老いた夫婦う、が・・わずかな年金だけど、その年金で、2人で、生活すればできんじゃないかなあという・・甘い考えで、もうちょっとだ、もうちょっとだと思いながら、いつかは、女房と一緒に、生活できるなあと・・いうそれだけの淡い期待い、で・・今、別れてたんですけど、

加藤諦三:

相談者:
それがあ、ズバっと・・はっきり言われたんで、
え?っていう感じい、が、あるんですよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、奥さんが納得してくれるかどう、とは思ってないんですけど、もうすでにそういう状況、すでに状況いうて・・何が一番の原因なのか?
その辺かイマイチ、自分では・・納得してなくて・・

加藤諦三:
そうすっと今日の相談というのは、離婚届を、ハイって言って渡されて、
何が原因だかの話し合いもないし。どう、したらいいでしょうか?っていうことですか?

相談者:
はい、はい、はい、はい

加藤諦三:
はい、分かりました。
今日はあのお

相談者:
はい

加藤諦三:
弁護士の中川潤先生がいらしてんので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

(回答者に交代)

「絶望夫婦。離婚届を渡すために会いに来た妻に夫が「一緒に生活しようね♪」」への12件のフィードバック

  1. 二日続いて自分の事しか見えてない人が出てきましたね。あんた駄目だ、としか言いようが無い相談者さんでした、残念。

    1. >自分の事しか見えてない人が出てきましたね
      それは相談者だけに言えることではないでしょう
      なぜ相談者ばかりを責めるの?

  2. ご相談者さん、公私混同と言えば間違いになってしまうが、会社と家庭を混同させてしまったのか?残念の一言ですが、世代的には新人類世代か?
    とはいえ、奥さんが離婚届けを持ってきたため、三行半を突き付けられたのは間違いないだけに、裁判持ち込みであれ、離婚は必至でしょうねえ。

  3. 録音そのものは一年位は経ってると思われるので、心配しなくても相談者はもう離婚して家族から捨てられてると思う。

  4. ノーテンキで鈍感な人だと思った。
    この人、きっと仕事も適当にやってきたんじゃないだろうか、、。

  5. 社会的に認められる行為と配偶者が許容出来る行為はイコールじゃ無いと理解出来なかったんですね

  6. 言い訳をたくさん用意してるけど、7年も放置したんだよ。奥さんもいつ、相談者が、一緒に住もうって言ってくれるか待ってたと思う。7年。「母が亡くなったら」これが、相談者にとっては住む条件だったろうけど、奥さんにとっては離婚の決定打。これからは淡い期待を抱くのはやめましょう。もし、母に一緒に住んで感謝されてると思ってたら、それこそが立ち直るの無理。

  7. もっともらしい大義名分を出汁に
    やりたいことだけやって、やりたくないことは放置してきた結果でしょう。
    奥さんもよく我慢したわ。
    それにしても料理人で、よその店で働けないなら小さい食堂から自分で始めることは考えなかったのか?自分でも中途半端な料理人であることを自覚してるんだろうな。

  8. もっともらしく言い訳を並べていたが、中川先生仰るところの「巣」を放ったらかしにして気ままに飛び回り、疲れたら年老いた親の面倒を見ると称して実家に居着いたわけで、おそらく家族と一緒に居ると都合の悪いことを散々やってきた人なのだろう。
    今だって「親の面倒を見ている」のは口実で、親の年金に集り相変わらず好き勝手な生活をしているだけじゃないのか?と勘繰ってしまう。
    その親の亡き後、自分もそろそろ歳だし落ち着いて次は己の面倒を妻に見てもらおうとの目論みでたまにご機嫌取りをしていたものの、その魂胆が妻には見透かされていたという話なのだろう。
    相談者としては、あれだけご機嫌取りをしていたのに何故?何が気に入らない?と困惑しているのだろうが、たまの食事で罪滅ぼしができていると考えること自体、妻や家族を小馬鹿にしている。
    離婚通告はその因果が巡ってきただけのことだ。

  9. これだけ放っておいて、あわよくば自分の親の面倒をみてもらうつもりだった、という言葉に驚きました。こんな人と添い遂げたいと思うはずがない。

コメントはお気軽にどうぞ。承認後に掲載されます。

名前欄は必須です。何かハンドルネームを入れてください。