認知しなかった父への恨み骨髄。隠し子から家庭を守った月5万の現金書留37年

テレフォン人生相談 2022年6月16日 木曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: 女52歳 夫54歳 長男25歳 長女22歳 次女17歳 母82歳 父はいない

今日の一言: 人間の最高の価値。苦悩能力の確立です。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
もしもしい?

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい、よろしくお願いしまあす。

加藤諦三:
はい・・最初に、年齢教えてください。

相談者:
52歳です。

加藤諦三:
52歳、結婚してます?

相談者:
してます。

加藤諦三:
ご主人何歳ですか?

相談者:
54歳です。

加東市田中
54歳、お子さんは?

相談者:
3人おりまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
長男25歳、

加藤諦三:
はい

相談者:
長女22歳、

加藤諦三:
はい

相談者:
次女が・・17歳です。

加藤諦三:
はい、分かりました。
それでどんな相談ですか?

相談者:
はい
あの、わたしは、生まれたときから、父親がいないんですけども。

加藤諦三:
あー、そうですか。

相談者:
はい
戸籍にもないんです。戸籍も空欄なんです。

加藤諦三:
・・

相談者:
それで、わたし、を妊娠したとき、の、母と、父との話し合いで、

加藤諦三:
はい

相談者:
結婚はできなくて、戸籍も入れられないし、

加藤諦三:
はい

相談者:
認知もできない代わりに、

加藤諦三:
はい

相談者:
養育費は払うって約束したらしいんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
ただ、あたしい、が、17歳ぐらいになったときに、

加藤諦三:
はい

相談者:
もう、その父親がいないってことで、もうずいぶん・・惨めな思い、いっぱいして来たので(涙声)。

加藤諦三:
はい

相談者:
(涙声)
「なんでうちには父親いないんだ」つって、すごい大喧嘩したときに・・
「じゃあね、会って来なさい」って言って・・そいであのお、いっつもあのお・・養育費も・・現金書留で、来てたので、

加藤諦三:
はい

相談者:
住所も名前も知ってた、し、
でも、わたしは見ないようにしてたんですけど。

加藤諦三:
はい

相談者:
「会って来なさい」って言われて、

加藤諦三:
はい

相談者:
すごくずっと恨んでたんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
会って?

加藤諦三:
はい

相談者:
言ってやろうって・・

加藤諦三:
はい

相談者:
(涙声)「なんで、捨てたんだ」って言ってやろうと思って(泣)

加藤諦三:
はい

相談者:
会いに行こうとしたら、母が・・「その代わり、隠して会わなきゃダメだよ」って言ったんです(涙声)。

加藤諦三:
ふん

相談者:
父が、すぐにお見合いしたらしいんですね、わたしが生まれたすぐに。

加藤諦三:
ふん。ん、ん

相談者:
そこの家族は、わたしの存在知らないから、

加藤諦三:
うん

相談者:
で、養育費払ってることも知らないから、

加藤諦三:
うん

相談者:
知られちゃうと、養育費ももらえなくなるから、

加藤諦三:
うん

相談者:
「隠して会いなさい」って言ったんで(涙声)。

加藤諦三:
ふん

相談者:
(涙声)なんで自分の父親に会うのに、

加藤諦三:
うん

相談者:
隠れて、コソコソ会わなきゃいけないんだと思って(泣)。

加藤諦三:
うん

相談者:
会いに行くの止めたんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
そいで、もう、父親なんかわたしにはいないからと思って、ずうっとそやって生きて来て、

加藤諦三:
はい

相談者:
でも、自分が、子ども産んだりして、

加藤諦三:
はい

相談者:
そうすっとやっぱり、周りの、人、やっぱ、お父さんお母さんが一生懸命子育てして、

加藤諦三:
はい

相談者:
その姿もずっと見て、やっぱりわたしは父親に抱っこされたこともないし、

加藤諦三:
はい

相談者:
だから、また、ちょっと、(ため息)、悲しくなって母に・・言って・・そしたら、電話、掛けたんです、母が。

加藤諦三:
はい

相談者:
それで、1回きりなんですけど話したときに、「わたしの存在を、今の家族知ってんのか?」って訊いたら・・

加藤諦三:
うん

相談者:
「知らない」って言うから、

加藤諦三:
うん

相談者:
「なんで言わないんだ?」って、「わたしは、ずっと陰の存在なのか?」って?、「隠された子ども?」(泣)

加藤諦三:
うん

相談者:
「なのか!」って、ちょっと電話で言ったら、

加藤諦三:
うん

相談者:
なんか、「それは違あう」とか言って、言ってましたけど。

加藤諦三:
うん

相談者:
もう、ほんとに、全然思ってること、結局言えなくて、

加藤諦三:
うん

相談者:
あたしが30、7歳ぐらいまでは、なんか、養育費っていう・・わたしは、口止め料だと思ってんですよ。

加藤諦三:
・・うん

相談者:
養育費とか言ってっけど(泣)・・だから、毎月?5万円だけ?

加藤諦三:
うん

相談者:
あたしが37歳ぐらいまで送って来てましたけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
でも、もう、ちょっとお金もキツいから送らなくていい?ってなんか母に電話して来たらしくて、

加藤諦三:
うん

相談者:
で、それっきりもう、音沙汰もないし、

加藤諦三:
うん

相談者:
だから、相談ていうのは、わたしが、隠された存在、で(涙声)、まま終わっちゃうのかなあ?と思ったんです、今・・うちの母はもうちょっともう、死にそうっていうか、あの・・もう年なので。

加藤諦三:
何歳ですか?今、お母さんは。

相談者:
もう、今80、2い、なんです。

加藤諦三:
はい、はい

相談者:
はい、で、アルツハイマーになりまして、

加藤諦三:
うん

相談者:
もう頭もボケて来ちゃってるし、

加藤諦三:
うん

相談者:
あと歩くことも、も、ままらなくなって。

加藤諦三:
あ、でしょうね。うん

相談者:
でえ、父も同い年なもんですから、

加藤諦三:
うん

相談者:
相続の?

加藤諦三:
うん

相談者:
ことで、あの、ラジオで・・

加藤諦三:
うん

相談者:
どんな形であろうと子どもは、平等だからって(泣)・・ラジオで聴いて・・

加藤諦三:
うん

相談者:
わたしはずっと惨めな思いして来たけど(泣)。

加藤諦三:
うん

相談者:
法律では平等なのかなあって思って(泣)。

加藤諦三:
ん、うん

相談者:
・・(泣)だから、最後に、父が?、死んでるか生きてるかも分かんないけど、
平等に扱ってほしいんです。

加藤諦三:
ん、はい

相談者:
遺産、相続で。

加藤諦三:
はい、はい、はい、はい
あなた今、自分が隠された存在という特殊な・・存在というふうに自分で、思い込んでますよね?今。

相談者:
でも、ずうっと、小さいときからあ、

加藤諦三:
うん

相談者:
「なんでお父さんいないの?」とか、

加藤諦三:
うん

相談者:
会社の、面接んときも、「お父さん・・どうされたんですか?」とか。

加藤諦三:
ああ

相談者:
あとやっぱり、わたし一人っ子なもんで、もう、お母さんは朝から晩まで働いてたから、

加藤諦三:
ええ

相談者:
ずうっと1人で・・

加藤諦三:
うん

相談者:
夏休みも春休みも?・・で、うちの母が、戦争孤児で、お父さんもお母さんもいないんですよ。戦争中に亡くな・・

加藤諦三:
ええ、ええ、ええ

相談者:
だから、お祖父ちゃんお祖母ちゃんも、いないんですよ。

加藤諦三:
ええ

相談者:
だから、「ただいま」も言ったことないし、誰もいないから。

加藤諦三:
・・

相談者:
惨めな?、感じがします。
だから・・最後ぐらいは・・ちゃんと平等にしてもらいたいって思い始めたんです、その、母が&#△%

加藤諦三:
ああ、そりゃそう思うだろうね。
で、今日のあなたの、相談ていうのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
そうすっと、どういうことですか?

相談者:
あ、母ももう、そんな長くない感じなので、

加藤諦三:
ええ

相談者:
父も、生きてるか死んでるかも分かんないんです。

加藤諦三:
うん

相談者:
けども、平等に、遺産があるんだったら、分けてほしい。

加藤諦三:
うん

相談者:
なんか堂々としたいんです。

加藤諦三:
それは堂々と、分けてもらいましょうよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、今日はスタジオにですね。

相談者:
はい

加藤諦三:
弁護士の中川潤先生がいらしてるので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってください。

(回答者に交代)

「認知しなかった父への恨み骨髄。隠し子から家庭を守った月5万の現金書留37年」への47件のフィードバック

  1. 感じの悪い人だった。泣いたり、甘えたような声を出したり、、。恨む気持ちはわかるが、月に五万円も成人過ぎてからも送ってもらったことは感謝に値するが、そんな気持ちは全くなく(はした金)と言っていたところも腹立たしい。今でもきちんと養育費をもらっている人ばかりではないし、だいぶ前の時代の五万円は、すごいと思うのですが、、。結局、遺産が欲しいのだと思った。今はちょっと調べれば少しはわかるだろうが中川先生との会話も、まるで小学生かのような受け答えだった。辞めた方がいいと言われてたけど、なんとかして遺産をもらうために画策する気がしました。

    1. 相談者さんの母親と父親の関係が妊娠以前にどんな関係だったのか、知りたかったです。産んで育ててくれた母親の事は、相談者さんどう思っているのだろう?母親の事も恨んでいるのだろうか?遺産が欲しいだけなら育ててくれた母親に感謝し全て忘れて今の家庭を大事にする事が一番だと思います。とはいえ、本人しかわからない事が沢山あると思います。

  2. 隠し子として育てられた人の心の叫びを目の当たりにして胸が痛んだ。父親からないがしろにされて…と感じるのも無理はない話。
    なにか一矢報いてやりたいと思って生きてこられたのだろうけど
    復讐で人生を消耗してしまうのは余りにも勿体ない、と中川先生も仰っている事だし、何とか切り替えられたらいいですね。残酷なようだけど。

    1. 「どうにもならなくなったときは、〝自分は今、生きていること自体に価値がある″と信じること。」という格言もあればいいかなあと思います。
      とりあえずお父さん以外の家族関係が悪いわけじゃないだけに、お母さんを福祉も使いながらしっかり介護、天寿を全うさせてあげて欲しいです。

      1. アンタ気付いてないみたいだけど深刻に嫌われてるみたいよw
        俺も嫌いだけどw

        1. アンタ気付いてないみたいけど軽微に好かれてるみたいよw
          俺も好きだけどw

  3. お金が欲しいのか、父と向こうの家族に復讐したいのかは本心はどちらでしょうか。でもお父さんに遺産なんか全然無いかもしれないし、不倫でなく結婚前に生まれた子供の存在は…聞かされた家族、奥さん新婚とか子供たち思春期真っ只中とかならショックでしょうがもう相談者さんとお母さんと同年代であろう中高年の母親と異母兄弟が知っても今更…たいしたことないんでは。もしかして向こうの家族は既に相談者さんの存在を知っているかもしれない(けど面倒くさいので知らんぷりしてる)可能性もあり。

    いずれにせよ裁判なんかしても相談者さんがスッキリした気持ちになるとは限らない結果になりそうですよね。

    なので第三者からみたら中川先生の回答がベストだと思います。相談者さんは今まで苦労も嫌な思いもされたでしょうが、それでも自分は生まれてきて良かった、お父さんありがとうと思える人生にしていくことが自分を救う唯一の方法なのではないでしょうか。今の家族と幸せならそれでいいじゃないですか。まぁきれいごとかもしれませんが。

  4. 中川先生と話している口調が非常に幼く、失礼ながらゾッとしてしまった。
    相談者さんが心の平安を取り戻すためには、裁判でもお金でもなく、精神的な成熟が必要だと思う。

    相談者さんも一人の親であれば、お父さんが37年間も養育費を送っていたのが簡単なことではないことはわかるはず。
    親子の情は叶わなくとも、お父さんが義務は果たされていたのは理解したほうがいいですね。

    1. 追記で。
      もしお父さんが口止め料のつもりでれば、こんな永久に強請られるネタを作るのではなく、念書をとるなり一括振込みで縁を切るなりしてたと思います。

      私はお父さんは父親の義務は果たしていたと思いましたし、相談者さんもご自身のために、そう思ったほうがよいと思います。

  5. この番組(とは限らないが)で相続問題や遺留分の知識に触れるうち、裁判などの現実的具体的方法論をスッ飛ばして感情だけが噴き上がってしまったんだろうな、という印象の人。
    これからの人生について諭されたとき、「遺産があれば少し楽になる」と答えた相談者。これを自分の存在を認めさせた勝利感でわだかまりが無くなり精神的に楽になれる、と取るか、単に不労所得が手に入って金銭的な余裕ができる、と解釈するかでこの人への印象が大きく変わる。
    私は後者の印象を持ってしまったので相談者の言動には非常な嫌悪感を覚える。
    父なる男性が相応の資産を残していることを何らかの理由で知ってしまったのだろう。自分の存在を認めさせるため遺産を寄越せ、ではなく、遺産を寄越して欲しいので自分の存在を知らしめたい、のが本音であろうと見てしまう。やろうとしていることは卑しいことだが復讐という仮面を被っておけば世間的な批判は免れると自分の頭の中で整理できているのだ。

    しかし、相談者はかつての仕送りを「口止め料」と認識しているらしいが、この騒動を起こすことは重大な信義違反にあたる。口止め料は突き返さなくていいのだろうか?いやアレはあくまで養育費だと手のひらを返すのか?

  6. 周りが止めようがゼニカネの問題じゃない、
    一矢報いるためならなんでもする、
    っていうならもう止めようがない。
    その代わり今の旦那や子供たちには迷惑かけない様に別れるなりしてから争うようにしないと。

  7. 自分と同世代の人とは、とても思えない話し方…という印象が強かった。

    相談者の背負ってきた苦労や寂しさ、切なさは、生い立ちや「自分の母親は戦争孤児」ということも含めて、自分の想像できるものではないだろうと思った。

    そういうことで、心の成長が子供時代で止まったまま…なの??
    お子さん3人を育て上げ、家庭円満でもああいう思いをずっと抱え続けてたことをあの話し方で聞いて、相談者が成し遂げてきたことと、口から出てくる言葉とが、聞いてる自分の中でうまく混ざり合わなくて、なんとも言えない気持ちで聞き終えた。

  8. 弁護士先生は裁判にかかる負担と勝率、入ってくる金額を天秤にかけて止めただけ

    一番の問題は父の愛がシュレディンガーの猫状態なんですよね
    訴えれば向こうの家族から恨みを買うだろうけど、不確定より確定した方が生きやすい事は確か
    訴えてスッキリしちゃえと友人でしたら背中を押します

    1. でもこの相談者、裁判やDNA鑑定って行政が無料サービスででもやってくれるもんだと思ってそうw

  9. 相談者さんは軽度の知的障害とそれに伴う二次障害(ウツ状態)があるのではないかと思いました。
    ラジオでチラ聞きした相続の話に安易に飛び付き、中川先生の話を理解出来ずにDNA 鑑定云々を言い出す辺りがもう…。

  10. 「シュレディンガーの猫」わかりやすいですね。相談者の怒りや不安定な状況を招いたのは父親の優柔不断さ。
    バレてない、と思ってるのは本人達だけで上のコメントの人も書いてるようにまわりは知ってて知らないふりでしょうね。
    結果、父親らしき人は誰に対しても不誠実だった、というオチ。
    お金で父親面できると思ったら大間違いですよー。
    (養育費を払わないよりマシー)←父親以前の人間性の問題なのでここでは除く。

    相談者さんの気持ちを吐き出せる場所を探して思う存分語ったらいいと思います。同じような苦しみを抱えている人達の小さなヒントにつながればそれでいいのではないでしょうか。

    1. お父さん?は送金したことで父親ヅラなんてしてないと思いますけどねぇ。どこからそういう話になるのか分かりません。
      だからと言って罪滅ぼしとか口止めとか何の名目にせよ送金するだけで認知をしなかったことが褒められることじゃないとは思います。

      1. 言われてみれば父親面してたか、してなかったか、こればっかりは本人にしかわかりません。でもありのままで暮らすことを制限してるわけですから、父親面してなかったとしても相談者には常に腹の立つ存在だったのでは?と思います。

  11. 父親に堂々と会えない、愛されずに手切れ金を渡され続けた相談者はとてもつらいのだろう。

    でも、することしちゃえば子は作れてしまうし、母子が健康であれば子は生まれます。
    子をつくり産むことに、愛情は必要条件ではない。親が十分成熟しているか、関係ない。父親は所詮種馬。
    多くの親は、我が子はかわいいし、自立するまで育てなきゃという義務感もあるけど、作って生むだけなら、その場の欲情で済んでしまう。

    その事実と向き合ったときに、「なぜ私を愛さないのか」という父親への恨みよりも、優しいご主人と子供に恵まれたことへの奇跡、ありがたさのほうが勝るのではないだろうか。

    現実を見ず、理想や夢、べき論で生きてしまっている人の典型かもしれない。

  12. 話の鍵は相談者の母親がどういう経緯で妊娠出産に至ったのか、認知されなかった事情とそれに対する母親の思い、相手の男性との約束ごと、そして養育費の名目であれば通常は20歳までとされるところ37年間も送金されてきたのはなぜか、その送金が止まったキッカケは何か、あたりだが放送内では今一つわからなかった。

    1. あくまで推測ですが、父親は定年まで自分の小遣いを、仕送りしていたのではないか(内緒にできるし)

      1. ↑コメントを書き換えたくても、編集が表示されなかったので諦めました。

        1. 管理人さんへ
          4:20PMのコメントにも編集が表示さませんでした。
          なので、ハンドルネームtを3件削除して下さい。お願いします

  13. 番組は編集されて短くなっているけど、長い会話が相談者とスタジオ間であったのでしょう。
    スタジオ側が親身になってお話しされたので相談者の「復讐心」は氷解したようですね。
    最後の挨拶は憑き物が取れた様な晴れやかな声に変わっていました。
    人間の心持ちで幸せにめ不幸せにもなれるんだなあと思わせてくれる良い回でした。
    スペシャルウィークだけの事はあった。

    1. 聞いてましたが、最後に氷解なんてしてなかったように感じましたよ。晴れやかな声?とは、思えませんでした。

    2. あれを聴いて、めでたしめでたし、だと思えたんだとしたら結構ヤバいレベルで認知が歪んでると思う。
      回答陣への嫌味で言ってるんなら相当な皮肉屋さんだけど。

  14. 今が幸せなら過去は封印して、今を家族を大切に存分に、見返すほどに生きてほしい。
    単純な復習は結果的に良くないから、。

  15. 相談者の父親は資産家に婿入りしたのだろうか?政略結婚?相談者の母親は自分で選んだ道だからまあいいとして、生まれながらに親の都合で金に物を言わせて存在を隠されるなんて人を馬鹿にするにもほどがある。養育費は子供の当然の権利。もらって当たり前。「ばれたら養育費が払えなくなる」なんて脅しに近い支配を受けて黙らざるを得なかった相談者の怒りもごもっとも。これからは自分で築いた家族の事だけ考えて過去にとらわれず自由に生きてほしい。

  16. 隠し子にされた悔しさとか惨めさとか、向こうの家族に対する恨みとか妬みとかよりも、本当に欲しいものは父親の愛情だったんじゃないの?
    負の感情は捨てて、会っておけば良かったと思うね。五万円を送り続けた父親だもの、血を分けた娘に無下なことはしなかったでしょ。

    1. 5万円を送りつづけてでも認知したくなかったともいえる。
      ドラマでは最後に親子が抱き合って涙を流すでしょうがドラマはドラマ
      現実とはちがいますよ。

      1. 確かに愛情深い父親とは思えませんが、ドラマみたいな親子の涙の対面を想像したわけではなく、会っておかなかったばかりに父親に対する恋慕が長年の間に歪んでしまったのではないかと思ったのです。

        1. 過去に会わなかった事を今更どうこう言っても詮ないですが、ニコラス刑事さんは過去を反省して相談者は父に会いにいって認知をしてもらえと言ってるのですか?私はダメもとで、最後のお願いで認知だけを求めて会いに行くだけならそれも有りかなと考えてます。

          1. 相談者自身が父親の愛情を欲しているのを認めれば、楽になれたのではないかな。
            そのために良い機会だったと思うのです、会うのは。
            家に乗り込んでやりたい、刺してやりたい、というのはそれだけ愛が深かったことの裏返しです。そして未だに会えずにいるから相談者さんは前に進めないのではないでしょうか。

          2. 相談者が遺産相続への関心を仄めかしていたのでその点では認知を無視できませんが、精神的な解決に認知は関係ないでしょう。

            1. ニコラス刑事さんは普通の親子関係を想定してるのかもしれませんが、元々親子間の愛の育つ土壌がなかったわけで。
              「父親」という名前を持つ、自分を苦しめた憎い相手という認識しかないのでは?

              やはり子や孫のためにも認知の方が今は優先かな?そのためだけでも父親に会ったらニコラス刑事さんの言うように前に進めるかもしれないですね。

  17. なぜそこまで相談者を批判するの?
    喋り方がどうので相談者を責めるのやめましょう

    1. なぜそこまで投稿者を批判するの?
      書き方がどうので投稿者を責めるのやめましょう

  18. 生きているなら早く認知の訴えを起こさないと手遅れになる、
    戸籍の父の欄が空白なのはやはり気になるし遺産云々だけではないと思う。なんで止めるのか分からん

    1. 相談者が法廷の場に話を持ち込むことをテレ人に電話を掛ける程度に物心両面で軽く考えていたからじゃないですかね?
      代理人さえ立てれば相手とは会わなくても済むし、DNA鑑定だって簡単に無料でできると思ってそうでしたから。
      それでお金が入って来るんだから老後の生活にもプラスでラッキー、って言い振りだったでしょ?
      裁判ってものが一般人の生活にどんな影響と負担を及ぼすかご存知の中川先生は止めますよそれは。

      1. そうなんですね、父の父(私の祖父)の欄が空白になっている私としてはそれなりに時間やお金を掛けて埋める価値は遺産を抜きにしてもあると思いました。

  19. 相談者母の遠慮がちな態度から察するに、家柄の釣り合いを気にした相談者父の親族が仲を裂いて、認知しない見返りの迷惑料として、父名義で養育費を振り込んでたんじゃなかろうか
    で、その親族(母親?)が他界した時点で仕送りを止めたから、37歳っていう中途半端なタイミングになったんじゃないかな
    (まあ、すべて下衆の勘繰りだけど)

    ないものより今あるものを数えろ、ってのはよく言われることだけど、
    相談者の場合は欠乏感が大きすぎて埋めきれないんだろう
    母子家庭で身寄りもなく、世間から差別や屈辱を受けて来たであろう相談者の気持ちは、部外者には到底量りえないし、自分のアイデンティティだけははっきりさせたいと思われても全然不思議ではない

    ただ、弁護士の中川先生がなぜ全力で諫めたかはよく考えてほしい
    父親への思慕が恨みに転化して燃え上がってるのだろうけど、相談者は裁判という知的な喧嘩ができる状態にはない
    相談者にとってはアイデンティティを懸けた争いであっても、相手家族は100%遺産目当てと受け取るし、何より、相談者の敵意と復讐心に満ちた感情的な物言いは、確実に相手側を硬化させる
    そんな落としどころのない戦いに、自分の身の上を受け入れて一緒になった夫や、自分の子供たちを巻き込むご覚悟はどれほどおありか

    加藤先生は「自己卑下をしてはいけません」となだめられたけど、どうするかは最後は相談者が決めること
    ただ、家族の理解がなければ絶対に戦えない
    ご主人の気持ちだけは確かめてほしいし、家族の反対を振り切ってまで戦う意味があるかどうかも、よくよく考えてほしい

  20. 確かに親はもう長くはない。亡くなれば永遠に証明はかなわず、自分はどこの馬の骨の娘なのか真相はわからずじまい。そのような心持ちでは子供や夫への影響も長い目で見れば必ず出てくるだろう。このまま暗闇の中に居続けるよりは早く何らかの行動を起こした方がいいのかも知れない。先方は昔と考え方も変わっているかも知れないし、自分の家族に迷惑はすでにかけていてこれからも節目節目で中途半端なよけいな苦労をさせることを考えたら認知を求めて会いに行くことは、今が良くなることはあってもこれ以上悪くなる事はないと思うが…。
    自分の幸せをまず考えなければ他の人を幸せにはできないと思う。自分を騙し続ける生活の苦しみは相談者が一番よくわかっているはず。

コメントはお気軽にどうぞ。承認後に掲載されます。

名前欄は必須です。何かハンドルネームを入れてください。