浮気までして自ら招いた仮面夫婦。夫の愛情に飢える専業主婦の甘い離婚願望

テレフォン人生相談 2022年6月15日 水曜日

パーソナリティ: 玉置妙憂
回答者: 野島梨恵(弁護士)

相談者: 女38歳 夫50歳バツイチ 結婚12年 娘11歳

玉置妙憂:
もしもしい?

相談者:
あ、もしもし?

玉置妙憂:
テレフォン人生相談でえす。

相談者:
あ、よろしくお願いします。

玉置妙憂:
よろしくお願いします。
今日はどのような、ご相談ですか?

相談者:
結婚して12年になるんですけど、

玉置妙憂:
はい

相談者:
子供も、小学生1人、で、

玉置妙憂:
うん

相談者:
ちょっと、あの、仮面夫婦になってから、

玉置妙憂:
うん

相談者:
10年近く経つん・・ので、

玉置妙憂:
うん、うん、うん

相談者:
で、ちょっとその我慢の限界が来て・・

玉置妙憂:
うん

相談者:
どういうふうに(苦笑)・・

玉置妙憂:
うん、どういうふうにするか?、うーん

相談者:
やって行ったらいい・・いいか?という・・

玉置妙憂:
そうですか。

相談者:
相談です。

玉置妙憂:
うん

相談者:
はい

玉置妙憂:
分かりました。
じゃあ、もう少し、詳しくお訊きしますね。

相談者:
はい

玉置妙憂:
今、おいくつですか?

相談者:
今、38です。

玉置妙憂:
旦那さんは?

相談者:
50歳です。

玉置妙憂:
うん。えーと、小学生のお子さんは、男の子?

相談者:
女の子です。

玉置妙憂:
女の子で・・おいくつ?

相談者:
11歳です。

玉置妙憂:
11歳。
で、今は3人で暮らしてるってことですよね?

相談者:
はい

玉置妙憂:
うん

相談者:
はい

玉置妙憂:
10年前から、仮面夫婦っていうことは・・どういうところが仮面なんですか?

相談者:
あの、

玉置妙憂:
うん

相談者:
そういう・・なんて言うんですか?

玉置妙憂:
夫婦生活がない?

相談者:
夫婦生活がない。

玉置妙憂:
うんうん
夫婦生活がない。

相談者:
生活がないし、

玉置妙憂:
うん

相談者:
その、わたし的に、その、一緒にいて・・

玉置妙憂:
うん

相談者:
その、心のつながりというか、安心感を、

玉置妙憂:
うん

相談者:
感じて甘えることはできない、&#、子供ができて結婚したんですけど、

玉置妙憂:
うん、うん、あ、なるほど。うん、うん

相談者:
その間に・・付き合・・ってる期間はちょっと短かったんですが、

玉置妙憂:
うん

相談者:
そのときは・・結構至れり尽くせりみたいな感じで、

玉置妙憂:
うーん、うん

相談者:
自分に完全に合わせてくれて、合わせられてたんですね。

玉置妙憂:
うん、うん

相談者:
でもわたしは、その、世間知らずなんで、

玉置妙憂:
うん

相談者:
ああ、こ、こういう人なのかなっていう、

玉置妙憂:
うん

相談者:
甘く見てたというか・・

玉置妙憂:
うん。子供・・

相談者:
盛り上がって、

玉置妙憂:
うん

相談者:
3、4ヶ月盛り上がるときなので、

玉置妙憂:
うん

相談者:
その、そのままもう、あと、アルバイトぐらいしかしてなかったし、アルバイトしててもちょっと疲れるなっていうのがあって、

玉置妙憂:
うーん

相談者:
あ、これ結婚したほうがいいな、みたい(苦笑)・・ていう・・

玉置妙憂:
うーん

相談者:
逃げ込み、婚だったのかもしれないです。

玉置妙憂:
うーん

相談者:
&#△%ないですけど、

玉置妙憂:
うん

相談者:
それで、

玉置妙憂:
うーん

相談者:
子供・・おが、できて、じゃ、結婚・・ってなったんですけど、

玉置妙憂:
しようと?、うん、うん

相談者:
夫もバツイチで、

玉置妙憂:
バツイチでね?、うん

相談者:
そのとき、38ぐらいですか?

玉置妙憂:
うん、うん、そうですね。

相談者:
そんな・・社員でもなかったし、

玉置妙憂:
うーん

相談者:
の、友達も、そんな、いないようだし、趣味もなく、お金もそんなになかったので、

玉置妙憂:
うん・・うーん

相談者:
やっぱり・・わたしい、

玉置妙憂:
うん

相談者:
のことを、こう、逃せないと思ったんですかね?やっぱ。

玉置妙憂:
うん、ふーん
ま、でも、子供ができて、

相談者:
そうですね、妊娠中も結構、まあまあ・・ま、わたしのほうが、逆にその妊娠してから母親脳になってしまったので、

玉置妙憂:
うん・・うん

相談者:
ちょっと、借金もあったんですよ。

玉置妙憂:
うん。んー、それはどっちに?

相談者:
夫に。

玉置妙憂:
あー、夫にね。うん

相談者:
だから、ちょっとしっかりしないと、っていう感じは、なんか見えて来てしまって、

玉置妙憂:
うん・・うん

相談者:
え、ちょっと、この安いアパート探さなきゃいけないのかとかっていう不満とか、

玉置妙憂:
うーん・・うん

相談者:
いろいろその、不・・不安、不満が出て来て、

玉置妙憂:
うん

相談者:
夫にちょっと暴言吐いたりとか・・

玉置妙憂:
ほう、ほう、ほう

相談者:
してて、

玉置妙憂:
うん

相談者:
夫も、ちょっとこう、だんだんに、可愛くないな、みたいな感じに、にはなってったんだと思います。

玉置妙憂:
うんうん

相談者:
その、こ、妊娠中は我慢したんですけど、

玉置妙憂:
うん

相談者:
子供できて自分は、社員になりましたっていう・・ときになったときに、

玉置妙憂:
うん

相談者:
自分はやっぱりその、この家の長だ、みたいな・・

玉置妙憂:
うん

相談者:
感じにだんだん、こう、なって、

玉置妙憂:
例えばあの、「おい!」とか言って、なんか命令口調で・・常に・・パワハラみたいにして来るとか・・

相談者:
あっ・・

玉置妙憂:
そういうことはないですね?

相談者:
そこまで分かりやすいようなことはないし、

玉置妙憂:
うん

相談者:
家事も割とするし、

玉置妙憂:
うん

相談者:
子育ても・・

玉置妙憂:
手伝ってくれるの?

相談者:
割と、するので、

玉置妙憂:
ああ

相談者:
子供には優しかったりするけど、

玉置妙憂:
うん

相談者:
わたしは、その、愛情欲求みたいなの、ちょっとあるんですね。

玉置妙憂:
うん

相談者:
ひと回りも(苦笑)上の人と一緒になってるし、

玉置妙憂:
うん

相談者:
その、そういう包容力とか、

玉置妙憂:
うん

相談者:
安心感を求めて結婚したはずなのに、

玉置妙憂:
うん

相談者:
なんか、一番求めてるそれが得られないっていう・・

玉置妙憂:
うん・・うん・・

相談者:
状況に・・

玉置妙憂:
うん

相談者:
とても不満で(苦笑)

玉置妙憂:
ああ

相談者:
それで、わたし、子供、その、小ちゃいときに訴えたんですよ。

玉置妙憂:

相談者:
わたしはそういう寂しい気持ちを抱えてる、こういうの求めてるんだあ、みたいな感じで、

玉置妙憂:
うーん・・あ、言ってみた?

相談者:
おっ

玉置妙憂:
うん

相談者:
夫に・・言ったんですけど、

玉置妙憂:
うーん、そしたら?

相談者:
そうやって、わたしが、わたしが、って・・

玉置妙憂:
うーん

相談者:
自分の主張ばっかり、みたいな?

玉置妙憂:
うん

相談者:
そういうふうに、じゃ、してもらいたいんだったら・・

玉置妙憂:
うん

相談者:
まず自分が尽くしたら?みたいなこと言って・・

玉置妙憂:
うん。あ、それ・・

相談者:
それ言っ・・

玉置妙憂:
を聞いてどう思いました?

相談者:
あー、ダメだな、この人は、って。

玉置妙憂:
(苦笑)

相談者:
こういう人だと思わなかったってすごいショック受けて。

玉置妙憂:
うーん・・そっか・・

相談者:
もういいや、とりあえず仮面夫婦でいいや、みたいな(苦笑)

玉置妙憂:
うーん

相談者:
その前に1回・・その、浮気してるんです、あたしが。

玉置妙憂:
あ、自分(苦笑)

相談者:
この・・(苦笑)

玉置妙憂:
ごめんなさい(苦笑)・・あなたがね。

相談者:
その、ちょっと満たされない、い・・

玉置妙憂:
満たされなくてね?

相談者:
満たされない、寂しさがちょっと大っきくて、

玉置妙憂:
うん

相談者:
その、別にその・・思いがある人とかそういうことじゃなくて、

玉置妙憂:
うん

相談者:
その、1回とか、なんですけど、

玉置妙憂:
うーん

相談者:
前にいた男の友達と・・

玉置妙憂:
うん、浮気したの?

相談者:
そ、そういうことになって、みたいな、別に(苦笑)・・

玉置妙憂:
うん

相談者:
でも、そんなことしても満たされなかったんですけど。

玉置妙憂:
ま、そりゃそうですけど。

相談者:
(ため息)

玉置妙憂:
で、その浮気したっていうことは、

相談者:
夫にもバレました。

玉置妙憂:
バレてんの?

相談者:
はい
で、そのときは、夫が・・

玉置妙憂:
うん

相談者:
別に「別れる」って言ってくれても良かったんですけど、わたし的には。

玉置妙憂:
うん、うん

相談者:
とりあえずなんか、見逃すみたいな?

玉置妙憂:
うん

相談者:
感じで。

玉置妙憂:
それは、ん、ん

相談者:
ま、言われたけど、でもそのあとに、仮面夫婦宣言、してますから。

玉置妙憂:
あなたから?

相談者:
はい

玉置妙憂:
うんん、ふうん・・あの・・あの、バレたの?、それとも、バラしたの?

相談者:
・・あ、半々ですかね。

玉置妙憂:
だよね。

相談者:
はい

玉置妙憂:
それ言って、なんかアクション起こして欲しかったん、だよね?きっとねえ。

相談者:
ほんとはその、仮面、夫婦宣言のときも・・

玉置妙憂:
うーん

相談者:
「ちょっと待って」みたいな・・

玉置妙憂:
うーん

相談者:
ことを言えるような人だったら・・良かったんですけど、
そんときも・・「どうせ浮気したような奴だかんな」みたいな。

玉置妙憂:
うん・・で、

相談者:
はい

玉置妙憂:
えっと、そういうような、あの、ご両親の姿を見て11歳の女の子はなんか言ってます?

相談者:
あ、仲良くないことはもう分かってます。

玉置妙憂:
分かってるね。

相談者:
はい

玉置妙憂:
んー、大丈夫そう?

相談者:
・・ちょっと・・あまり、なんて言うんですかね?やっぱり、負担かけてると思います。

玉置妙憂:
うーん
それを断ち切る方法が・・離婚なの?

相談者:
・・(息を吸って)やっぱり、その、自分の心を守りたいっていうのもあるので・・

玉置妙憂:
・・離婚したら心守れる?

相談者:
やっぱ、うまく行かない人と・・

玉置妙憂:
うん・・

相談者:
ずっ、といるっていうのは、やっぱちょっと・・

玉置妙憂:
うーん

相談者:
すぐ別居できる、お金もないので・・

玉置妙憂:
うん

相談者:
(苦笑)とりあえずこの家にいて。

玉置妙憂:
うん
今の状態から少し元気になって、経済力つけて離婚して・・自分を取り戻す。

相談者:
・・はい

玉置妙憂:
うん。そこに向けての・・どうやってたら、とりあえずいいか?

相談者:
・・はい

玉置妙憂:
うん。先生のお考えを・・お訊きしてみるということに、いたしましょうか。

相談者:
はい

玉置妙憂:
うん。今日、お答えいただきますのは、弁護士の、野島梨恵先生です。
では先生、よろしくお願いいたします。

(回答者に交代)


「浮気までして自ら招いた仮面夫婦。夫の愛情に飢える専業主婦の甘い離婚願望」への22件のフィードバック

    1. 旦那だって妻を守らないといけないのでは?
      相談者だけが責められることではないでしょう。
      相談者以外にだって少なからず悪い部分はあるし相談者だけを一方的に責めるのはやめましょう

  1. 要求、不満、自分中心。どんな環境におかれてもこの人の感情はそういう風になると思います。
    幼い頃、貰えてない愛情の欲求がそういう感情を作り出したのかもしれない、それを自覚して、周りに何をしてあげられるか。そこからお互いに思う心も育っていくので、先生のおっしゃった感謝の心を取り戻してください。今週の相談は愛に飢えてることで、愛を与えられない人達のような。

  2. 「神は感謝を必要としないが、あなたが感謝を必要としている」というのをどこかで読んだことがあって、まさにそんな感じの相談だったと思う。回答者にはうだうだ言ってたけど、パーソナリティに代わって最後の最後で素直になって良かった。この相談者はこれから人が変わったように働きそう!

  3. のじりえ先生の指導力の高さも勿論だが、
    妙優さんの包容力やら深さ(適切に表現できずもどかしい)が、聞いてるだけで学びになる。

  4. 「愚かな時、制裁が自然を加えます、ツーベリー・デービット」、14日と似た内容という気もしましたが、加藤さんだったらどう裁いていたか?
    ところで、仮面夫婦と言えば、7年前にマンガをドラマ化した『アイムホーム』を思い出しましたが、事情は違うとしても、今回思い出しました。

    1. アンタ本当に深刻に嫌われてるみたいよ?w
      俺も大嫌いだから嫌う人の気持ちはよくわかる

    2. アンタ本当に軽微に好かれてるみたいよ?w
      俺も大好きだから好む人の気持ちはよくわかる

  5. 相談者は、誰かに優しさを与えもせずに、優しさをもらおうとしている。
    ただ、もらうだけ。もらえなければ、そいつのせい。

    こんなことでは、夫の心は離れて当然。
    夫も虚しくなったのでは。
    夫婦生活を甘く見てたね。

    1. 相談者は優しさを求めてはいけないが
      相談者は周りに優しくしなきゃいけないの?

  6. ロクでもない女の相談が続いてちゃんと読む気が起きない。
    管理人さんは書き起こししてるんですよね…
    ありがとうございます。感謝です。

  7. ご自分で仰ったとおり、世間知らず極まりない相談者でした
    面倒ごとから逃げまくって「自分の心を守りたい」もないもんだ
    自分で行動する気も責任を取る気もないくせに

    不機嫌になり、家事をボイコットして、浮気までして旦那を反省させたがるあたり、自分が夫にモラハラしてるって自覚は無いのかな
    野島先生に「じゃ働けば?」って言われて、しない理由を夫のモラハラに責任転嫁するあたり、本当に性根が卑怯者
    モラハラバスター野島先生には全部お見通しだよ

    最後に妙憂さんに諭されて少し殊勝になってたけど、今までの10年間をどこまで取り戻せるか
    夫も愛想は尽きてるはず、追い出されて困るのは相談者のほうだ
    そして何より、ずっと不安定な状態に追い込んで来た娘さんは、そう簡単には許してくれないぞ

    1. 「世間知らず」や「面倒ごとから逃げまくって」は相談者の悪い部分ばかり取り立てるのはやめましょう。
      相談者以外にも少なからず欠点はあるし相談者だけがことさらに責められることではないでしょう
      夫だって相談者に責任転嫁している部分はあるかもしれませんし相談者ばかりを一方的に責めるのやめましょう

  8. 「相手にばかり求めるな」「理想が高すぎる」などと相談者ばかりを責めるのは酷ではないかと
    相談者だけがことさら欠点だらけってわけでもないはずだし

  9. もうちょっと自分で頑張るって選択をしてみてほしいね。
    自分の心を守るって言い方してるけど、苦難や面倒事から逃げてばっかりの言い訳になってる。
    立ち向かって勝てないってわかったら撤退でもいいけど、立ち向かう前から逃げてるんじゃなんともならない。
    やってみれば意外となんとかできることも多いから、パートでもなんでもやれば旦那さんへのありがたみも出てくるかもしれないし、自立の第一歩でもある。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。