3ヶ月後の再相談。譲歩案に応じず執拗な売却要求には裁判所を使った時間稼ぎを

テレフォン人生相談 2022年11月5日 土曜日

放送日ベースでは5ヶ月前だけど電話を掛けてきたのは3ヶ月後かしら。

元夫の売却要求に対し、前回からの進展は、ローンを肩代わりしてもいいという相談者の譲歩案が拒否られる。
あくまで売却ありきの元夫は賃貸で住み続ければいいじゃないかと言う。

新婚で買ったマンションの後先。3年先すら読めなかった離婚夫婦の17年先の約束

 

パーソナリティ: 玉置妙憂
回答者: 野島梨恵(弁護士)

相談者: 女44歳シングルマザー 息子15歳(高1)

玉置妙憂:
もしもし?

相談者:
はい、こんにちは

玉置妙憂:
こんにちは、テレフォン人生相談です。
さて今日はどのようなご相談ですか?
まずは最初に簡単に教えてください。

相談者:
わたし、は離婚していて、シングルマザーなんですけど。
今、元夫の名義のままのマンションに住んでいまして。

玉置妙憂:
はい

相談者:
その、家を、売却、してほしいっていう、申し出が、元夫からありまして。

玉置妙憂:
はい

相談者:
そのことでご相談、できたらと思っています。

玉置妙憂:
はい・・分かりました。
ではもう少し、詳しくお訊きしたいんですが。

相談者:
はい

玉置妙憂:
今おいくつでいらっしゃいますか?

相談者:
わたしは44歳です。

玉置妙憂:
44歳。で、今は、離婚されてお1人ということですよね?

相談者:
あ、1人息子がいます。

玉置妙憂:

相談者:
15歳、高校1年生の息子がいます。

玉置妙憂:
そうですか。じゃあ、あの、今その家(うち)に息子さんと住んでらっしゃるということですか?

相談者:
はい

玉置妙憂:
そうですか。
元旦那さんの名義の、お家に、

相談者:
はい

玉置妙憂:
お2人で住んでらっしゃるということですね?

相談者:
・・はい

玉置妙憂:
うん

相談者:
えっと、養育費代わりにローンを払って、もらうっていう形で

玉置妙憂:
うーん

相談者:
協議離婚してまして。

玉置妙憂:
うん、うん

相談者:
そのまま・・住み続けてます。

玉置妙憂:
うんふん
その当初のお約束では、そのまま、ローンが払い終わったら、あなた様の名義になるというような・・お約束だったんですか?

相談者:
&#・・△、協議内容、は、

玉置妙憂:
うん

相談者:
えっと、息子が、成人したら、

玉置妙憂:
はい

相談者:
売却して、

玉置妙憂:
うーん

相談者:
2分の1に分けるってなってます。

玉置妙憂:
うん、ふん、ふん、ふん
息子さんが成人するまでは、ローンを元旦那さんが払って、お2人が住んで。

相談者:
はい

玉置妙憂:
成人したら、えーと、売却して分けようと。

相談者:
はい

玉置妙憂:
うん。そういう、お約束だったんですね?
お、何年前でしたっけ?、離婚、されたの。

相談者:
離婚は、10年前です。

玉置妙憂:
10年前?

相談者:
はい

玉置妙憂:
じゃ、10年間はその約束通りに、来たということですよね?

相談者:
・・そうですね。

玉置妙憂:
うん

相談者:
ローン払ってもらって、わたしは息子の生活費、と、ま、今は学費と、

玉置妙憂:
うん

相談者:
あたしがっていうことで、

玉置妙憂:
うん、うん

相談者:
今までやって来ました。

玉置妙憂:
うん、じゃあ、その、協議離婚なのかな?その、

相談者:
はい

玉置妙憂:
相談の通りに来たんだけれども、ここに来て・・

相談者:
はい

玉置妙憂:
旦那さんが、えっと今お住まいの、その、家を・・ね?、お子さんがまだ15歳なのに、売ると言って来たということですね?

相談者:
うん・・そうですね。なんか転職をして・・金銭的に厳しくな・・、ボーナス払いがまだローンにあるんですけどお、

玉置妙憂:
うーん

相談者:
「ボーナスのない、職場に転職して、」

玉置妙憂:
うん

相談者:
「ちょっと払うのが、難しい」っていうことで、

玉置妙憂:
うーん

相談者:
「売却してほしい」っていうこと、

玉置妙憂:
うん

相談者:
今回言われて。

玉置妙憂:
うーん、ま、それは、困りますもんねえ。

相談者:
そうですね。

玉置妙憂:
うん

相談者:
で、わたしとしては、

玉置妙憂:
うん

相談者:
やっぱり・・息子に・・残したいので、ここまで来たら?

玉置妙憂:
うん

相談者:
あの、「自分に名義を変えて」

玉置妙憂:
うん

相談者:
「払ってでも残したい」ってことを、言ったんですけど。

玉置妙憂:
はい、はい

相談者:
相手は、ま、お金に困っていて(含み笑い)、売却した、お金が、必要なので。

玉置妙憂:
うん

相談者:
住みながら?

玉置妙憂:
はい、はい、はい

相談者:
売却するんだけど、

玉置妙憂:
うん

相談者:
家賃を払って?

玉置妙憂:
うん

相談者:
住み続けれるっていう制度が、あるみたいで。

玉置妙憂:
うーん

相談者:
それを提案されたんですけど。

玉置妙憂:
うん

相談者:
うーん

玉置妙憂:
でもそれでは・・物件が息子さんに残らないですもんね?

相談者:
そう、なんですね。

玉置妙憂:
うん、別に、家賃払って住むんだったら、そこじゃなくてもいいわけ、ですもんね。

相談者:
そうですね。

玉置妙憂:
うーん。でも、

相談者:
で、しかも、今、ローンとか・・

玉置妙憂:
はい

相談者:
管理費とか含めて、

玉置妙憂:
うん

相談者:
ま、年払いの物を月にならすと、11万ぐらい払ってるみたいで。

玉置妙憂:
うん

相談者:
「もし売却したら」、

玉置妙憂:
うん

相談者:
「養育費は5万渡すから」・・

玉置妙憂:
はい

相談者:
「その差額の6万ぐらいは払ってってほしい」て言われ・・てるんですけど。

玉置妙憂:
うーん、うーん

相談者:
今の現状では息子の生活費と学費をわたしが、看てる状態なので。

玉置妙憂:
うーん

相談者:
プラス6万ぐらい、の出費ってなると・・ちょっと、厳しいなって

玉置妙憂:
うーん

相談者:
思っていまして。

玉置妙憂:
うーん
今の出費にもう6万加えるっていうのは・・

相談者:
そうですね。

玉置妙憂:
苦しいわけですよね?

相談者:
はい

玉置妙憂:
で、しかも・・お家はなくなっちゃうしね?その・・

相談者:
はい

玉置妙憂:
申し出だとねえ。
その申し出があったのってどれぐらい前なんですか?

相談者:
3ヶ月ぐらい前なんですけども、

玉置妙憂:
あ、3ヶ月ぐらい。
でも、ま、3ヶ月は・・あ、ま、折り合いがつかなくって、

相談者:
そうですね。

玉置妙憂:
売却をしないで今に至っているから・・ま、切羽詰まってはいるんでしょうけれども。

相談者:
そうですよね。

玉置妙憂:
もう一刻の猶予もない、という感じでもないんですね?3ヶ月はなんとか・・元旦那さんもね、

相談者:
そうですね。

玉置妙憂:
持ち堪えてるんですもんね。

相談者:
で、このまま話が・・つかないと、ま、

玉置妙憂:
うん

相談者:
調停とか?

玉置妙憂:
うん

相談者:
裁判とか、

玉置妙憂:
うん

相談者:
そういうふうに持って行くと思うんですけど。

玉置妙憂:
うーん

相談者:
うん

玉置妙憂:
今も、その、お家の名義は、元旦那さんなんですよね?

相談者:
そうですね。

玉置妙憂:
うん、そうなんですよね。
だ、元旦那さんの名義のところに、ま、いろいろなお約束ごとでお2人が住んでるってことですよね?

相談者:
はい

玉置妙憂:
あれですかね?、旦那さん、新しい、女性とか、できたとか・・なんか・・次の・・

相談者:
&#△%

玉置妙憂:
生活を見なきゃいけなくなったとか。

相談者:
うーん、そこら辺はもしかしたらあるかもしれないですね。

玉置妙憂:
うーん

相談者:
元々、あの、相手がいて出てって、いるので。

玉置妙憂:
あ・・元々相手がいらっしゃったん、ですね?

相談者:
うん・・はい、はい

玉置妙憂:
この原因がね?
で、今回そういうご状況で、

相談者:
相談としては、

玉置妙憂:
うん

相談者:
あの・・1つは、名義を変えてわたしが払ってくことができるか?ってこと、と、

玉置妙憂:
できるか。うん

相談者:
ま、あとは、ほかに、何か、アドバイスがあれば、

玉置妙憂:
アドバイスがあればね?

相談者:
いただけたらな、と思うんですけど。

玉置妙憂:
うーん
でも、その、名義を変え、て、払って行くって言ったときに、元々ほら、「二十歳になったら、売却して・・分ける」って話だったじゃないですか。

相談者:
はい

玉置妙憂:
だから、そこ、絡んできちゃいますよね?きっとね。
名義は・・

相談者:
そうですね。

玉置妙憂:
お、うん、奥さまに、変えたときに・・分けるっていうお約束だったのどうなるんだろう?とかねえ。

相談者:
そうですね。

玉置妙憂:
うーん

相談者:
で、養育費の代わりだったので、

玉置妙憂:
はい

相談者:
そこの辺もどうなるの、かなとか。

玉置妙憂:
そうですねえ。

相談者:
ちょっと、素人では、分からなくて。

玉置妙憂:
そ、確かに。
うん

相談者:
はい

玉置妙憂:
わたし達ではちょっと、ほかの案もね?・・あるかどうかっていうのを、うん、ぜひ、あの、じゃ、訊いてみましょう、早速ですけれども。

相談者:
あ・・はい

玉置妙憂:
今日お答えいただきますのは、弁護士の、野島梨恵先生です。
では先生、よろしくお願いいたします。

(回答者に交代)

「3ヶ月後の再相談。譲歩案に応じず執拗な売却要求には裁判所を使った時間稼ぎを」への17件のフィードバック

  1. 元旦那さん、コロナ禍リストラでも遭ったのか?転職先がボーナスなしはよくある話ですが、ご相談者さんも長男さんも困ってしまいますよねえ。
    長男さん、今高校1年生で、18歳成人になっていますから、あと2年で売却という段取りでしょうか。高校卒業迄に何とか解決して欲しいです。

      1. 匿名さんに返信した匿名さんへ。

        この場はイライラをぶつける場所ではないので、もう少し棘のない言い方をしましょうよ。

        それと、もしあなたが「やっぱり牛丼」へ厳しいご指摘をされてた方なら、この方は違いますよ。
        (私はまだ聞いてませんし、コメントもしてません)
        何のことがさっぱりわからければ、気にせずご放念ください。

          1. 申し訳ない、元夫婦が「長男が成人したら売却→半分」や、長男が「成人になったら出る」と発言したことがかなり気になって。
            玉置さんの「20歳になったら」という発言を考慮すると、収録は少なくとも今年3月以前でしょう。18歳成人、4月なので。
            元旦那の転職→低月給・ボーナスなしだけではなく、18歳成人にも十分配慮しなきゃならないだけに、弁護士に相談希望です。
            長男の高卒即就職も至上命題ですし、それを前提にご相談者さんも「高卒まで売却を待って欲しい」と言えたらなあと思います。

            1. 18歳成人の話も息子の就職の話も誰もしてない。前回の相談でも同じことを書き込んで同じように指摘されてる。
              北のあなたもやっぱり牛丼も「もう書かない」と書いては何度も書きにくるところ、相談内容そっちのけでマイワールドを炸裂させるところは似てるな。

              1. だから放送されたものが全てではないですから、恐らくカットされた部分に出てきたのではないだろうかと思いますよ。
                俺は北のあなたではないので、あくまでカットされたであろう部分を推測しながらこの話をしていることをあしからず。

                1. 不登校で不安定な息子が卒業後に就職なんて話、カット部分でもしてるわけないでしょ

            2. なんで、高卒で働くのが至上命題なのか?あなたは、本当に高卒→即働くっていうのが好きみたいですが、そううまくいきません。いつもながら、文章の内容にこだわりが強く、独特な考え方です。

  2. あなた、誰にでも好かれようとする生き方をしていますね。そこを改めてください。
    修羅場は早く作れ。
    はい、失礼します。

    1. 不登校で精神不安定な息子に家を残したいということを元旦那に言ったの?
      なぜメリットがない話を受け入れないといけないのかと元旦那に言ったの?
      たぶん言ってないでしょ、と加藤先生なら言いそうですよね。

  3. 前回のアドバイスを聞かなかったのかな 弁護士を入れたら良かったのに なめられてしまうだけ 元夫側は相談者の息子さんに愛情がない むごいよなぁ しっかりした弁護士を入れて、より良い状況になればと思う 弁護士費用は成功報酬から支払うのだから

  4. 不登校の息子さんが不憫ですね。こんな両親のいざこざに巻き込まれていて、安心できないですよね。今はそれどころではない、息子が安心を取り戻すことが一番だと、元夫にビシッと言えるといいですよね。

  5. 玉置さんの話の導入のまどろっこしさ、なんとかならんかね…自分なりのフォーマットを作ろうとしてるんだろうけど。せっかちな自分からしたらまどろっこしくてイライラしちゃう。

    1. 旦那が浮気で出て行ってる上に約束も違うとなったら誰だって悩むし息子のためにも損したくないのは当たり前だと思うけど。

  6. 前回相談で管理人さんがまとめられた時系列を見直したけど、とにかく相談者息子さんが可哀相すぎる
    生まれてすぐ両親が別居、5歳で離婚
    父方の祖父母からも無慈悲な扱いを受け、浮気して出て行った=自分を見捨てた父親からは現在進行形で経済的虐待を受けている状態
    こんな過酷な少年時代を過ごして、まっすぐ育つほうが難しい

    相談者は、こんな人でなしに何を譲歩する必要があろうか
    妙憂さんのお察し通り、ここまでキャッシュを欲しがるのは、新しい彼女ができたんだろうけれども、そんなこと相談者と息子さんには1ミリも関係ないし、これ以上父親としての責任を放り出させるわけにはいかない
    のらりくらりかわしながら、自分と息子さんの利益が最大になる選択肢をしっかり選んでほしい

コメントはお気軽にどうぞ。承認後に掲載されます。

名前欄は必須です。何かハンドルネームを入れてください。