2人子連れママとの結婚。母も友人も三石もリスナーも反対するのは貴男だから

(回答者に交代)

三石由起子:
こんにちは。

相談者:
こんにちは。

三石由起子:
あのねえ。

相談者:
はい

三石由起子:
私の結論を言うとねえ。

相談者:
はい

三石由起子:
やめなさい?。この結婚。

相談者:
はい。はい。

三石由起子:
というのが、

相談者:
はい

三石由起子:
私の結論です。
理由を言います。

相談者:
はい

三石由起子:
私のお、知っている夫婦でねえ。

相談者:
はい

三石由起子:
17歳、奥さんが年上の夫婦がいるんですよ。

相談者:
はい

三石由起子:
これ、ものっすごく、仲の良い夫婦でえ。

相談者:
はい

三石由起子:
それでええ、他の人たちがね、「あれ、どうやってえ、結婚したのかねえ?」なんて、言うときにね?

相談者:
はい

三石由起子:
私、いつも言うセリフがあってね、

相談者:
はい

三石由起子:
「こういう状況で、もし男がちょっとでも逃げたかったらね、」

相談者:
はい

三石由起子:
「みんなが、どうやっても逃がしてくれる」と。

相談者:
はい

三石由起子:
この環境であれば。

相談者:
はい

三石由起子:
ね?。「あれはねえ、男がねえ、あの、かき口説いてねえ、」

相談者:
はい

三石由起子:
「もう、『どうしても結婚してくれ』って言って、追いかけたに違いない」。と、私は、いつも答えるんだけど。

相談者:
はい

三石由起子:
私それえ、正しいと思うんですよ。

相談者:
はい

三石由起子:
それでね、私が、思うのはね?

相談者:
はい

三石由起子:
まずね、何か、あなた、情けなくてさあ。

相談者:
はい

三石由起子:
親が何と言おうが、「この人おおおが、一緒にいなければ、」

相談者:
はい

三石由起子:
「息も、できないくらいだ」・・ってなったらね?

相談者:
はい

三石由起子:
誰も、あの、相談しないのよ。

相談者:
・・はい

三石由起子:
親なんか、もう儲け飛ばしてもね?

相談者:
はい

三石由起子:
友達と、縁を切ってもね?

相談者:
はい

三石由起子:
「こおの女と一緒にいたい」とかね?

相談者:
はい

三石由起子:
「こおの女を、幸せにしたい」とかね?

相談者:
はい

三石由起子:
子供も、丸抱えにして、も「騙されたって何だっていい」と。

相談者:
・・はい

三石由起子:
そう、す、あるべきなの。男は。

相談者:
はい

三石由起子:
と、私は、思うんですよ。

相談者:
はい

三石由起子:
で、あなたはね、「気を遣わないし、安心だし」って言ってるわけよ。

相談者:
はい

三石由起子:
っ冗、おお、談じゃない!っていうの。

相談者:
はい

三石由起子:
うん。だから、あなたにはあ、いいですか?

相談者:
はい

三石由起子:
結婚する、資格無いと思う。

相談者:
・・あああ。

三石由起子:
この女の人と。

相談者:
はい

三石由起子:
母親に、反対されたくらいで、

相談者:
はい

三石由起子:
あるいは、友達に、言われたくらいで。

相談者:
はい

三石由起子:
「いや、俺は、利用されたっていいんだ。憎まれたっていいんだ」と。

相談者:
はい

三石由起子:
「とにかく今」ね、「この人と一緒に、暮らさなければ、自分はもう・・息もつけない」くらいな・・ことを、思わないと、

相談者:
はい

三石由起子:
こういう結婚って、乗り切れないんですよ。

相談者:
はあああ。

三石由起子:
私がまず思うのはね、

相談者:
はい

三石由起子:
あなたがパパになったら、

相談者:
はい

三石由起子:
この2人の子供、お気の毒。

相談者:
ううううん。

三石由起子:
うん。こんな考えで、あなたが、

相談者:
はい

三石由起子:
「結婚するよう」(苦笑)「あなたのママといると、安心だし、気を遣わなくていいからね」ってね。
こう、いう、気持ちでえ、新しいパパ、要らないもんね。

相談者:
ううんん・・

三石由起子:
私が子供だったらね。

相談者:
はい

三石由起子:
でね、それともう一つ。あなた、気がついてないかもしれないけど。

相談者:
はい

三石由起子:
男の人ってケチなんだよ。

相談者:
・・はい

三石由起子:
でね。歳いい、をお、重ねると、どんどん、ケチになるのね。

相談者:
はい

三石由起子:
だからね、結局ううう、どうなるかっていうと、

相談者:
はい

三石由起子:
今から、じゃんじゃん稼げる、というね?

相談者:
はい

三石由起子:
将来が、見えて、いるのでなければ、

相談者:
はい

三石由起子:
何かの時にね?、子供に使うお金をね、その度、その度・・「ああ、もったいない」と思うのよ。

相談者:
ああ、・・

三石由起子:
嫌でしょう、嫌でしょう。「俺、これ、買えるはずなのに」って・・。

相談者:
・・んんん・・

三石由起子:
「あいつの、塾の、費用で、持っかれちゃった」とか。

相談者:
はい

三石由起子:
「え!?、またお金が要るの?」って。・・そうなるんですよ。

相談者:
うんん。

三石由起子:
もしあなたに、潤沢な・・金が、なければね?

相談者:
はい

三石由起子:
だから、「貧乏でもいい。騙されてもいい」ってね?

相談者:
はい

三石由起子:
それで、しかも、女の子2人でしょ?

相談者:
はい

三石由起子:
こおれねえ、あなた、思いも、及ばないくらいのお。

相談者:
はい

三石由起子:
悪口言うよ?、あなたに。

相談者:
イヤハハハ(苦笑)

三石由起子:
難しいこと言うよ。

相談者:
うんん・・

三石由起子:
お女の子、すごいからね。容赦ないからね、しかも。

相談者:
ううんん・・

三石由起子:
ママを取っていった男なんかね。

相談者:
あああ。

三石由起子:
うん。だからね、「それでも、いい」、になんないと駄目よ。

相談者:
はい

三石由起子:
本当に、その・・「利用されるんじゃないか?」って言って、あなたはね、「利用されるんだったら、嫌だな」、と考えてるわけよ。

相談者:
はあ。

三石由起子:
それじゃ、結婚する資格ないの。

相談者:
はい

三石由起子:
「利用されるんじゃないか」ってね、友達に言われたときに、「俺は、利用されてもいいんだ!」でなきゃ、駄目なんだよ。

相談者:
んああ・・

三石由起子:
ね?

相談者:
はい

三石由起子:
でえ、・・「うまくいかないんじゃないか」っつったら、「俺が、とにかく努力するんだ」と。

相談者:
はい

三石由起子:
「向こうが、俺を嫌いなのは、当たり前なんだ」と。

相談者:
はい

三石由起子:
言う気で、いなきゃ、駄目なんだよ。

相談者:
はい

三石由起子:
だからあ。私は、結論、先に言いましたけど。

相談者:
はい

三石由起子:
結婚する資格がない。

相談者:
あああ。

三石由起子:
あなたには。

相談者:
はい

三石由起子:
スッキリしたでしょ?

相談者:
そうですね。

三石由起子:
ね?。まだ、結婚する資格はないしい。特にだよ?

相談者:
はい

三石由起子:
特に彼女と、結婚する、資格がない。

相談者:
はあああ。

三石由起子:
うん。あなた31だし、この女がいい女であれば、「こうでもいい。こうでもいい、こうでもいい」って言う人がね、出てきますよ。

相談者:
ううんん・・

三石由起子:
うん。あなたには、資格がない。

相談者:
あああ。

三石由起子:
と、私は言いたい。

相談者:
はい

三石由起子:
スッキリしたでしょ?

相談者:
はい

三石由起子:
うん、よかった。

相談者:
はい

三石由起子:
はい、以上です。

(再びパーソナリティ)

「2人子連れママとの結婚。母も友人も三石もリスナーも反対するのは貴男だから」への18件のフィードバック

  1. なんかこの全てにおいてやる気ない感じ…(返事がほぼ「はい」とか)
    相手も、この人暴力ふるわないしwおとなしくていいわと思ったのかもしれんが
    ただのカラッポおっさんだろ
    暮らし始めても何もせずにただボーーーッとそこにいるだけになるのが見える…

  2. 付き合いはじめて一年では、まだ娘たちとも馴染めないだろうしね。ある種の覚悟がないと、いきなり二人の娘のパパになるのは難しいんじゃないかな。相手はこの男のどこに惹かれたんだろ。優柔不断だし頼りないイメージしかない。そら周囲に反対されるわな。

  3. 遠回しではない直球の三石砲で、この相談者さんがステップファミリーを持つ覚悟の無い自分を自覚出来て良かったと思う。

    結婚しても、恋愛の情熱が覚めた後に「こんなはずじゃ無かった」と後悔するのが目に見えているもの。
    テレ人で不幸を事前に防ぐことが出来たのかも知れないと思うと、こう言う番組は貴重だと思う。

    1. う〜ん
      お母さんのような居心地を
      相手に求めているなら、ちょっと違うんじゃないかしら?

      簡単には、10歳9歳の女姉妹の親にはなれないでしょうねぇ〜

      上の匿名さん同意だわね……
      出来上がった相手の家族の中に、入れないような気がするわよ〜ん

  4. 相談者さんの「はい」という返事が、あまりにも空っぽで無感情で怖かったです。
    交際相手の女性から、他人に流されるタイプの人間性を見込まれたのでは?
    独身、働いている、なんでも思い通りに扱えそうな男ってことで。

  5. 私も反対です。どちらが唆したのやらら?ママさんは一度失敗しているのだから躊躇してこそなのに、自分の要望まで…DVも本当かな、なら怖くてニ度と結婚なんてしたくないと思うはず。
    相談者が訳もわからず巻き込まれるだけ。な気がします。

  6. お母さんにも反対されたし友達からもうまくいかないって言われたしラジオに電話したらやめろって言われたから結婚できない、って言われたら彼女と娘たちはムカつくだろなー。
    娘たちよもっと悪口言っちゃえ!

  7. 三石先生、優しいなって思いました。アンタが彼女と結婚する資格ないって言ってくれて。男側はそう思って別れた方が気が楽だと思う。相談者さんもかなり頼りない感じだけど、彼女さんも若い頃にママになったようだからおそらく実家依存してるっぽい(だから実家から離れたくないんだろうな…)どっちも成熟してなさそうなので絶対うまくいかない気がします。

    先週か先々週くらいに、発達障害がある連れ子の娘さんとの同居が高校卒業までの約束だったのに大学まで行きたいと言い出して…っていう不満を相談している男性が居ましたよね、あんな感じになると思う。

  8. 子連れ婚ほど難しいものはないですから、残念ですが、三石さんらが仰る通り、今の彼女と別れて、新しい彼女を作ったらと言いたいところです。
    松居一代さんや松田聖子さんを見ていたら、子連れ婚は難しいでしょう。子供も子供で、実父がいるだけに、継父と馴染めるかが未知数ですから。

  9. 根回し出来ない
    覚悟が出来ない
    自分で決められない

    感謝されないままお金だけ出す、利用されるだけの人になるのが…、だと?
    心配するな、そんな器ないだろ。

    ずーっとママの側で、呑気に暮らしなはれ。

  10. はいはい。若い彼女みつけて。
    子持ち彼女さんも、テキトーな金持みつけて。
    暇なときに、若い過ちたったわ。胸キュンで、たまに思い出してあげれば宜しいのかと。
    愛あるお別れすれば、娘らが1番ほっとすると思うぜ。

    1. 古女房のような居心地の良い相手って、何て甘ったれた都合のいい言い方なんでしょう。
      前夫との間に子供もいる相手と人生を一緒に歩む!という気概が全く感じられない。一生お母さんと二人で暮らせばと思いました。

  11. 迷っているから結論は三石先生が好きだったら結婚しなさいと言えば結婚したのかな?
    押してあげれば自信が付くタイプだと思います。

  12. こりゃー良物件だわ。何でもはいはい男は扱いやすそうだ。嫁姑娘達にatmにされるのが目に見えてる。結婚しても甘えさせてくれる環境じゃないでしょこれ、何夢みてんだろ笑。

  13. 最近相談の途中から回答者が誰ってたいていわかってしまうことが多い。この相談は三石先生にピッタリの相談だった。三石先生は時々いい仕事する!
    なんか、今井先生、ふつうは回答者の人が答えた後なにかした自分の意見を付け加えてアドバイスすること多いけど、まあ、追加でお答えするほどでもない相談だった。

コメントはお気軽にどうぞ。承認後に掲載されます。

名前欄は必須です。何かハンドルネームを入れてください。