50年前の彼女を忘れたい。フラれて半年後に耳にした力づくで奪われていた女の操

テレフォン人生相談 2023年11月30日 木曜日

忘れたいのは思い出すと苦しいから。
いわゆる「慙愧の念に堪えない」(ざんきのねんにたえない)

つまり彼女を忘れたいのではない。
自分の愚かさ、小ささ、冷たさ、恥ずかしさ、優柔不断、計算、うぬぼれ、ジコチュー、チキン、女々しさ、未練がましさ、罪悪感、・・

20代なんて未熟が服着てるようなもんだけどさ。
振る舞いが若者の危なっかしい直球暴投というより、すでに保身に長けた70代。

 

今になってあなたの気持ち
初めてわかるの痛いほど
私だけ愛してたことも
< 駅 詞・曲 竹内まりや >

(*)
別れて2年後の女性の心情。
最後の「私だけ愛してた」には2つの全く違う解釈がある。
一つは字ヅラそのまま。
つまり彼は私を愛してなんかいなかった。
たとえば本当に愛していたのは奥さん。

もう一つは、「私だけ ”を” 愛してた」。
主語は「あなた」で、彼が愛していたのは
私だけだった。

 

女版。
何かを伝えたい、訊いてみたい。
やっぱ忘れたいというのは珍しいみたい。

50年の想いを伝えたい相手とは?訃報欄の元彼を訪ねたい女72にちょっと待った!

 

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 三石由起子(三石メソード主宰、作家・翻訳家)

相談者: 男70代 妻65歳 長男32歳 次男30歳 4人暮らし

柴田理恵:
もしもしい?

相談者:
はい。もしもしい。

柴田理恵:
テレフォン人生相談です。
今日はどんなご相談ですか?

相談者:
と、もう、大昔しですね、

柴田理恵:
はい

相談者:
もう50年経つんですけど。

柴田理恵:
はい

相談者:
ちょっとお付き合いしてた女性えええ、のことが、

柴田理恵:
はい

相談者:
ずっと忘れ、られなくて。

柴田理恵:
はい

相談者:
例えば旅行なんかい・・行っても、

柴田理恵:
はい

相談者:
こう、一緒にいい、来てたらなぁ、とかあ。

柴田理恵:
うん・・

相談者:
そういう、すぐ、こう、思い出しちゃうんですね?

柴田理恵:
はい

相談者:
常に、心の中にあるっつうかね。で、それを、どうふうにしたらあ、

柴田理恵:
うん

相談者:
ええ、忘れられるかと思ってね?

柴田理恵:
あなた今おいくつですか?

相談者:
もう70です。

柴田理恵:
あ、◆#$%□

相談者:
70、代。

柴田理恵:
ああ、なな・・

相談者:
もう、70、超えてますね。

柴田理恵:
はい

相談者:
恥ずかしい話。

柴田理恵:
ご、結婚なさってますか?

相談者:
はい、してます。

柴田理恵:
奥様、おいくつですか?

相談者:
60うう、5、ですね。

柴田理恵:
お子さんいらっしゃいますか?

相談者:
うう、二人います。男が。

柴田理恵:
はい

相談者:
30、2。

柴田理恵:
はい

相談者:
それから、30、です。

柴田理恵:
それぞれもう・・独立なさってますか?

相談者:
独立してないんで、まだ家にいんです・・

柴田理恵:
まだ。

相談者:
ええ

柴田理恵:
じゃあ、四人暮らし、なんですね?

相談者:
そうですね。

柴田理恵:
付き合ってた女性が忘れられないのは、

相談者:
はい

柴田理恵:
ずうっと、ですか?

柴田理恵:
ずうっと、ですね。

柴田理恵:
ということは、結婚・・し、しても、

相談者:
まあ、そういう、大きな、結婚とかあ、

柴田理恵:
うん・・

相談者:
例えば、「ガーッ」て・・熱くなるような女性と付き合ってね?

柴田理恵:
はい(鼻を吸って)

相談者:
そういう時は、一瞬、忘れてるかもわかんないんですけど。ほぼ、心の中あ、に、ありますね。

柴田理恵:
ご結婚は・・ん、何年前に、なさったんですか?

相談者:
34年前ですか?、はい。

柴田理恵:
その時も、あの、その、付き合ってた、女性を、忘れられないまんま、結婚したんですか?

相談者:
いや、そん時はもう、そおれ、どころじゃ。結婚する・・云々で。

柴田理恵:
結婚なさった時は、そういうことはあんまり、思い出してなかったけれども、

相談者:
そうですね。

柴田理恵:
何年ぐらい前から思い出してらっしゃるんですか?

相談者:
もう、ずうっとです。

柴田理恵:
ずっと?

相談者:
ええ。
彼女と別れてから。だからもう、50年?

柴田理恵:
いや、結婚んん、(鼻を吸って)した時は、ちょっと、忘れてたんでしょう?

相談者:
そういう、もう、とんでもないっつうか、多きなあああ、動きがあった時は、忘れ・・一瞬、忘れてるんでしょうね。

柴田理恵:
どうしてえ、その、50年前付き合っていたその・・大好きな彼女と、別れちゃったんですか?

相談者:
仕事お、上で、家業を・・急に継ぐようになって。

柴田理恵:
はい

相談者:
全く、経験がないのに。こんなことで、バタバタしているうちに、

柴田理恵:
うん

相談者:
別れましたね。

柴田理恵:
どうしてわかれたんですか?

相談者:
今考えればあ、

柴田理恵:
うん・・

相談者:
そのお、勇気がなかった?

柴田理恵:
お互い、そのうう、付き合ってて。彼女も、あなたのことが、好きだったんでしょ?

相談者:
そうですね。だと思います。

柴田理恵:
それでえ、

相談者:
ええ

柴田理恵:
その、家業をつく・・継ぐために、そのおお、仕事おお、を、転職なさったわけですね?

相談者:
はい

柴田理恵:
その時に、じゃあどうして、「一緒になろう」って言わなかったんですか?

相談者:
んだから、勇気がなかったんですよ。

柴田理恵:
・・

相談者:
え、その時にですね、

柴田理恵:
うん

相談者:
友お、達、付き合いしてた男の人がいまして。

柴田理恵:
どっちの友達?

相談者:
私のね。

柴田理恵:
あ、はいはい。

相談者:
ええ。
私が、ゴタゴタ、してる・・か、商売のことでね?

柴田理恵:
はい

相談者:
ゴタゴタしてるっつうので、まあ、相談に乗るようう、な、

柴田理恵:
うん

相談者:
スタイルで、

柴田理恵:
はい

相談者:
その、彼女に接して、

柴田理恵:
・・

相談者:
まあ、三角関係になっちゃって。それ、し、もちろん知らなかったんですけどね?
彼女が「もう別れたいから」っていう風に言って、「じゃあ分かった」っつってえ、別れたんですけど。

柴田理恵:
ってことは、彼女は、

相談者:
はい

柴田理恵:
その、あなたの・・友人に、取られたってことですか?

相談者:
半ば、強制みたいな感じでえ。

柴田理恵:
強制?

相談者:
強制つうか、まあ相談にのるような、ことで、呼び出して。

柴田理恵:
ってことは、彼女は、

相談者:
はい

柴田理恵:
その、お友達のことを、好きになったわけですね?

相談者:
いや、好きじゃないですね。はい。

柴田理恵:
彼女とは、結婚の約束をしてたんですか?

相談者:
してないですね。

柴田理恵:
(鼻を吸って)

相談者:
で、でもお、向こうが、いい、一緒にな・・「結婚してね」って言われて。

柴田理恵:
・・

相談者:
私も、そんな、時に、商売上のトラブルがあって。

柴田理恵:
うん・・

相談者:
ちょっと先に伸ばしたんですね?。そのタイミングで、

柴田理恵:
うん・・

相談者:
こう、その、私の友達が、間に入ってきちゃったっていう感じなんですね?

柴田理恵:
・・

相談者:
ほんでその時はもちろん、そのおお、そんなことがあったってことは、私は全然知らなかったんですけど。

柴田理恵:
はい・・

相談者:
後に、ええ、また他の友達から、ちらっと聞いて。

柴田理恵:
うん

相談者:
「ああ」と思って。

柴田理恵:
それさあ、

相談者:
はい

柴田理恵:
その女の人・・嫌な子だね。
だってさ、あなたと「結婚してね」って言ってるくせにさああ、

相談者:
はい

柴田理恵:
横から、す、そのおお、親切ごかしに出てきた男お、と、やっちゃうんですよ?

相談者:
うん。でもお、まあ、半ばあああ、強制、的?、 半分。だと思ってます。

柴田理恵:
どういうことですかあ?。誰が、そう言ったんですか?、半ば強制的だったって。

相談者:
ああ、私の友達が、そういうに、言ってましたね。すごく抵抗したとかなんとかって。そういうことがあった時にね?

柴田理恵:
それで、だから、そういう酷いことをされたから、「別れてくれ」って言われたわけですか?

相談者:
そうですね。

柴田理恵:
あああ・・

相談者:
じゃ、そ、彼女は言いませんよ?、私には。

柴田理恵:
◆#$

相談者:
「ということがあったからあ、別れましょう」、じゃなくて、

柴田理恵:
はい

相談者:
「他に・・好きな人がいるから、別れましょう」っていうふうに、言ってきたからあ。

柴田理恵:
うん・・

相談者:
「あ、ホンジャー、そう・・そうしたほうが、いいね」つって、別れたんですけどお。

柴田理恵:
はい

相談者:
ふんで、後から、ずっと後からあ、

柴田理恵:
うん

相談者:
半年ぐらい経ってからあ、

柴田理恵:
はい

相談者:
他のお、友達からね?、そういうことがあったんだよっていうふうに、聞いたんで。

柴田理恵:
もっと違う友人からあ、

相談者:
はい、そうですね。はい。

柴田理恵:
(鼻を吸って)あのう、「お前の、あいつが」、例えばAだったとすると、

相談者:
ええ

柴田理恵:
「Aが、お前の彼女に、粉かけて、こうことになったからあ」、

相談者:
うん・・

柴田理恵:
「別れるってことになったんだよ」ってことを、教えてもらったんですか?

相談者:
そうですね。

柴田理恵:
その、Aっていう男に対して、

相談者:
はい

柴田理恵:
何か、言いましたか?

相談者:
聞いたのが、もう、半年ぐらい経っててえ。

柴田理恵:
うん

相談者:
殴ってでも(苦笑)やりゃあいいんだけど。

柴田理恵:
うん

相談者:
そういう、勇気がなかったんでしょうね。今、考えるとね。

柴田理恵:
ううんん・・

相談者:
やめ、なんにもしなかったですね。

柴田理恵:
ううんん・・

相談者:
それ以来、もう、その友達とも、「こんちは」「こんばんは」ぐらいのことは言うけど、それ以上の、お付き合いは、なくなりましたね。

柴田理恵:
で、その彼女と、

相談者:
はい

柴田理恵:
その、友達は、

相談者:
ええ

柴田理恵:
付き合っていたんですか?ずっと・・

相談者:
いやあ、全然。付き合ってないですね。一瞬だけですね。

柴田理恵:
んんん・・まあああああ、なるほどねえええええ・・

相談者:
・・

柴田理恵:
半年、も、経って、っておっしゃいますけど。

相談者:
はい

柴田理恵:
わずか半年い、じゃないですか。

相談者:
はい

柴田理恵:
彼女に、言いに行かなかったんですか?。「どうことだったんだ?」ってこと。

相談者:
あのううう、いや、「好きな、人が、いるから」、「その人と、やっていくから」っていうに言われて。

柴田理恵:
ん・・

相談者:
「ああ、幸せになればいいな」と思ったあああ、ぐらいですね。

柴田理恵:
じゃあ、それから彼女とは、全然連絡とって・・

相談者:
全然会ってないです。はい。

柴田理恵:
はあ・・今、どこで、どうしてるか、とか、わかるんですか?

相談者:
わかんないですね。

柴田理恵:
わかんない?

相談者:
ええ

柴田理恵:
おおおおおん・・ううん・・

相談者:
多分、ちゃんと、

柴田理恵:
うん

相談者:
家庭を持ってえ、ね?、もう、もう、おばあちゃんか・・なっているんじゃないですかと思いますけど。◆#$%

柴田理恵:
はい。はい。
で、その彼女のことが、忘れられないわけですか?

相談者:
そうですねえ。うん。

柴田理恵:
あああ・・

相談者:
最初の、もう、ずっとおおお、誕生日とか、そういうときは、電話かけて。

柴田理恵:
うん

相談者:
まあ、出ないかな、とか。たまには、出た、本人が出たのかも、わかんないけど。

柴田理恵:
うん

相談者:
そんなことやったり、してましたね。

柴田理恵:
(鼻を吸って)

相談者:
別れて、10年ぐらいとかね、そのくらいはね。

柴田理恵:
あ、その時には、もう、その電話番号は、わかってたんですか?

相談者:
はあ、も、もちろん、自宅だから、わかってましたよ。

柴田理恵:
で、お話は、なさってたんですか?

相談者:
しない。お話は。

柴田理恵:
・・

相談者:
ただ、声聞いただけで、切ったりなんか、してましたね。

柴田理恵:
向こうにしてみりゃ、なんだか変な電話ですね。

相談者:
そうですねえ。不審者ですよねえ。

柴田理恵:
じゃああ、今日の、

相談者:
はい

柴田理恵:
ご相談というのは、

相談者:
はい

柴田理恵:
その、50年前付き合ってた、女性と・・が、忘れられない。

相談者:
はい

柴田理恵:
どうやったら、付き合えばいいか、とかっていうことじゃないですよね・・

相談者:
じゃなくて、どうやったら、忘れられるか。

柴田理恵:
はい、わかりました。

相談者:
恥ずかしい話です。

柴田理恵:
いえいえ。
では、今日の回答者の先生を、ご紹介します。

相談者:
はい

柴田理恵:
ええ、今日の回答者の先生は、三石メソード主催。作家で翻訳家の、三石由起子先生です。

相談者:
はい

柴田理恵:
先生、よろしくお願いします。

(回答者に交代)


「50年前の彼女を忘れたい。フラれて半年後に耳にした力づくで奪われていた女の操」への34件のフィードバック

  1. なんか、この相談者は柴田さんの質問に対して肝心な部分は曖昧に応えていて、脈絡がなく、聞いていてちょっとイラつきました。
    ほんとは、なにかその忘れられない女性とのの間で話せない出来事があったのではないかとも勘ぐれます。
    どうやったら忘れられるかなんて、最初から答えのないことを聞いていますが、ようは、
    その女性に対して未練タラタラが見え見えです。そりゃ、50年前の彼女は若くて綺麗なままの記憶しかないから、余計に美化してるんでしょうね。
    三石先生も、相談者が高齢者で老先短いと思って情けをかけたのか、珍しく三石砲を炸裂
    させず、忘れないようにしてやってよと、皮肉がこもっているのかどうかわかりませんでしたが、終始優しかった。
    柴田さんが最後に奥さんを大事にして感謝してくださいと言っても、苦笑いで相性悪いんでという始末。
    きっと、今が暇ですることもなく、昔のことばかり考える老人の戯言と言っては失礼か。

    1. 高齢者ってそんなものでは?しかも話してるのが50年も前のことだし。

  2. レイプされたのが本当なら、その彼女は相談者のこと思い出したくもないだろうなぁ。

  3. 回答者は相談者と歳が近いということもあって気持ちがわかるのだろうか、今回は珍しくやけに優しかったな、という印象。
    レイプした男は普通に酷いが今更蒸し返してアノ時こうすればよかったと懐古に浸っても仕方がないよね。
    それに思い出は美しいけど現実はお互いシワシワのジジババ、面と向かったらますます惨めになるだけ。

  4. 「銀河鉄道999」の歌詞「古い夢は置いて行くがいい ふたたび始まるドラマのために」を思い出しながら、今回の内容を読んでしまいました。
    忘れなくてもいいので、心に置いておきながら夫婦仲良く、そして息子二人とできる限り長生きできるよう、精一杯頑張ってくれればと思います。

  5. 相談者の心の中にいる彼女はもはやどこにも存在しない架空の生き物だと思われる。
    当時を美化していると思われるけれど
    実際の別れ際は彼女に相当な不愉快な思いをさせたはず。
    でなけりゃ他に好きな人が出来て振られませんて。
    でもまあ三石先生の言うように老後の楽しみとして取って置くのは良いと思う。暇つぶしに恋愛小説でも書いてみればいいと思う(他人が読んでも面白くないと思うが)。

    だけどいつまでも忘れられないのは結局のところ
    今の奥さんと相性が悪いからなんでしょう。
    昔の彼女と結婚していたらもっと俺に優しくしてくれたはず・・・なんて、奥さんには言うてはダメ、ゼッタイ。

  6. バブルを謳歌した暇でやることの無いじじぃ。下らない事考える暇があれば働け!

    1. 良いんじゃない、こういう自己中純情老人が居ても、別に社会に迷惑かけてる訳でもなし。

  7. 怖い思いをさせられた相手と結婚なんて女性にとってずいぶん辛い時代だったんですね…。

  8. 高齢男性って、本当にシャーナイあほがいるよね。
    一番近くで一番大切にしなければならない女性には「時々」しか感謝しないで、昔の思い出を美化し続けている。あほか。
    家族の平穏をかき乱すから、昔の恋人とかに本気にならんでほしいわ。そんな思いは、誰にも言わずに表に出すんじゃねーよ。
    私は、先日、七十近くのじいさんに「人間いつ死ぬかも知れない。そうなる前に一花咲かせたい。あなたが好きだ」と告られた。あなたを世話してくれる奥さんを大事にしろよ。バカじゃないの、いい年して。こっちが好きになる訳ないじゃん。速攻着信拒否。

  9. 名前変えてまで自演+連投して高齢者叩きが酷いな…
    そんなことしてもバレバレなのに…

  10. あの人はもう思い出だけど
    君を遠くででみつめている
    ジャーニートゥザスター
    松本レイジ先生ありがとう
    そして 
    さようなら

  11. 「彼女はお友達のことを好きになった訳ですね?」「いや、好きじゃないですね」
    即答してたけど、どうしてわかるんだろう。
    プロポーズしてくれない優柔不断な相談者に愛想をつかしたのかもしれないのに。レイプされたって話も友達からの又聞きだし。
    思い込みが強すぎて怖い。
    50年間ずっと忘れず元カノを思い続けてたなんて、奥さん可哀想。

    1. 相談者よりレイプした男を好きになるって確かにAVにありそうな話ではあるけどちょっと現実ではありえないんじゃ無いかな

  12. 相談者は感傷に浸るというより、相手の女性がレイプされたということに対して申し訳ないという気持ちも相混ざって、何もできなかった後悔ゆえ忘れられないのではないかなと感じた

    ただ単にフラれて別れただけならここまで忘れられないなんてことはないでしょう

    だからこそ三石さんもその気持ちはいつまでも忘れないでいいとアドバイスした

    奥さんとの関係が上手く行ってないのも要因としてあるかもしれないが、それは熟年夫婦なら別に珍しくもなんともない話ですからね

    1. ヘタレな自分にくよくよしているのを隠してロマンチストぶってるナルシストと見立てるのが順当で

  13. 50年も前の思い出を大切にしているなんて男性あるあるなんですかね?

    おとといの相談ではお互い気が合って結婚しても、結果ドロ沼で最悪の状態で何十年といるよりはこのように綺麗な思い出のままの方が幸せそうですね。

    1. あなたは何か病んでるのでしょうか。

      全然上から目線な話し方ではなかったですよ^_^
      優しいご老人でした♪

      1. 優しく鷹揚そうに聞こえるけど、悩んでる切実さはない舐めた感じもする

  14. 若い頃の恋愛経験は貴重だと思います。奥さまは人生を共に歩んでいくパートナー。恋愛経験は良き思い出としてください。
    でも三石先生とは真逆ですが会えるなら会っても容姿は別として昔の話など今ならもしかして楽しんで話せるんではないでしょうか。
    facebookなどSNSで探すこともできるかもしれませんよ。チャレンジしてみては。

    1. 50年前に振った男が50年自分に執着していて連絡なんかしてきたら楽しんで話せるどころかホラー。振られた理由を分かってないどころか分かろうともしないからそんなことが言えるんですよ。振った方はいつまたその相手が現れるんじゃないかと怖くて悪夢にうなされていたかも知れないなんて想像したら絶対言えない。

    2. 「若い頃は恋愛経験が重視」とか、結婚市場に直接関わらない老いた立場だから言えるんですよ…。
      校則で「異性交際」禁止され、「勉学しなければ社会に居場所ない」と脅されて必死に勉強してんのに、遊び散らかすキリギリスみたいな爺婆が「若い頃の恋愛が~」と割り込んできたら張り倒したい。
      あと、他の人も書いてるように出会い目的でSNSに登録するの、何気にホラーだから。

    3. ❌若い頃は恋愛経験が重視
      ⭕️若い頃の恋愛経験は貴重

      文書くらいちゃんと読もう

      1. 若い頃の恋愛経験は貴重だろうが重視だろうがSNSで探すのがホラーすぎるのは同じ やめとけやめとけ

      2. 貴重と重視
        全然意味違うよ
        今の時代SNSで出会い探すのも全然おかしく無いし

        1. 若い男女がSNSで出会いを探すのと相談者の場合では全く違うので勧めません。

  15. いやー主さまの解説、秀逸で唸ってしまいました
    いつもありがとうございます

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。