母の葬式にも出なかった娘に届いた形見分けのハンドバッグ。今の生活が母からの贈り物


スポンサードリンク

(回答者に交代)

大原敬子:
こんにちは。
苦しいでしょう?

相談者:
苦しいです。

大原敬子:
すごく苦しいですよね。
ちょっと伺っていいですか?
勝野さんと話をしていたときに、メモを読んでいました?

相談者:
お話しなくてはいけないことを箇条書きで書いておりました。

大原敬子:
そうですよね。
それがあなたの性格で、それがあなたを苦しめているんですよね。

一生懸命に生きてきたんですよ、真面目に、真面目に。
一見すると、お母さん亡くなって、八つ裂きしたいくらい憎くてね。
一般の人は驚くかもしれないけれど、あなたの世界は、すべてお母さまの世界に居たんですよね。

相談者:
すべて・・。

大原敬子:
すべて。

すべて、お母さんの世界で、怒りを持ったり、楽しみを持ったり・・、
嫌いでもですよ、嫌いどうし(?)してたものが無くなってしまったり、迷走してるんだと思います。

と申しますのは、「最後に会ったのは、7年前で15分くらいです」、って、
あなた、しっかり、お母さんのことを覚えているんです。

相談者:
はい。

大原敬子:
でも、7年前ってことは、更に3年前、今から10年前ですね、ご主人さまと別れたい、と仰ったとき、いの一番に相談に行ったのが、この家なんです。
そうですね?

相談者:
はい。

大原敬子:
ということは、嫌いだ、嫌いだ、あの母親に苦労したんだ、と思いながら、自分の夫婦関係で雲行きがおかしいときに、まず行ったのが母親の元であったということは、憎しみがあっても、やはり、お母さんに対する依存性があっということですが、いかがですか?

相談者:
仰るとおりです。

大原敬子:
憎んでいながら、この母がいなければ生けていけないこの自分。
この弱い自分が許せなかったけど、それでも母を求めて行った。

そのとき言った言葉が、「今の生活レベルを下げるのが嫌だ」、と言うのを聞いた。

でも、ふと、モノの見方を変えると、あなたみたいな真面目な人が、離婚しなさい、ってなったときに、少なくとも、どういう結果になるかってことは分からないですよね?

今言っているのは、あなたが持ったお母さんのイメージ。
目障りな存在、女として素晴らしい、私は劣等。
もっと言うけれども、もしお母さんの見方を変えたときに、あなた今の感情が続くかな?、って思うんですね。

と申しますのは、お母さん自身がすごい劣等感があった方じゃなかったかと思ったんです。

相談者:
それは初めて伺いました。

大原敬子:
つまり満足していないから、美形とか、云々言うんじゃないんですか?
人間って、こんな美人なのに、なぜこんな不幸なの?、って思ったときは不幸でしょう?

相談者:
はい。

大原敬子:
あなたが、ちょうど10代の頃、自分の夫が浮気しましたよね?
そのときに、お母さんは、自分の中に劣等感があった。
その劣等感を打ち消すには、お父さんに似てるあなたに、感情をぶつける以外になかったんじゃないでしょうか?

とかく女性が、夫に対する不満がすごくあったとき、だけど、自分に劣等感があったとき、
それから、夫に、ある面を見せてはいけない、そういう母親っていうのは子供にいくんですね。

相談者:
はあ。

大原敬子:
徹底的に子供を責めるんです。
で、責めるときに何を言うかというと、自分が感情の苛立ちを、ある理由を付けて怒ることによって、自分の正当性をもってくんです。

母親に言われたときに、あなたの中に大きな挫折を、ダメージかな、受けたと思うんです。
でもお母さんは、あなた以上に、すごくダメージを受けて一生終わったんじゃないでしょうか。

そうすると、お母さんが愛があったら、あなたに対して、夫との関係がうまくいかなかったときに、別れさせることはしないですよね。

ということは、今のあなたの生活の母体を守ったのはお母さんの言葉なんです。
そう思いません?

相談者:
考えたことも(無かった)・・、恐れ入ります・・、意外なお言葉ですので。

大原敬子:
だって、今のあなたの生活の基盤は、その憎き母親の言葉で踏みとどまったと思うんですよね。

すると、すごい財産をあなたに残しましたよね。

あなたは本当に母親を好きだったんです、心から。
心から憎んだんです。

なぜかと言うと、お母さん、好きだから。
お母さんが好きなように頑張った。
だけど、お母さんの言葉は私に入ってこない。

じゃあ、なんで死ぬ前に、「何々ちゃん、お母さんのために頑張ってくれた、ありがとう」、の一言も言わずに逝ってしまったこの母親を、それをあなた、憎むんだと思うんだけど・・、
憎むってことは、それほど好きだったってことです。

好きで好きでたまらなかった。
だけど、好きだって認めてしまったら・・、お母さん、何も私にやってくれなかった、ってあなた思ってるんです、きっと。

お母さんは、すごいもの残してました。
あなたの結婚生活です。

お母さんに憎しみをもっていけるってことは・・、
もっと言えば、「お母さん!、なんでこんな早く死んじゃったのよお」。
「もっともっと言いたかったのにい」、っていう感情もあるんです。

相談者:
あー、それはそうですね。

大原敬子:
つまり、あなた、今、言っているっていうことは、寂しいっていうことです。お母さん、もう一度会いたかった、ということですよね。
でも、それ認めてしまったら、生きていけない、あなたの感情なんです。

相談者:
いやあ、恐れ入ります。
あの・・、彼女が不幸だったって思ったことがないものですから。

彼女は常に賞賛されておりました。
だから、彼女は十分幸せだと思っていたんですが。

大原敬子:
人間はね、100人の人が賞賛してくれても、自分がこの人が、って思う人が賞賛してくれなかったら、これ地獄ですよ。

たった一人、この人が、っていう人が愛してくれたら、あと100人が、ダメだよこの人は、って言っても生きていけるんです。

そう思いませんか?
お母さん、寂しかったと思いますよ。

私、いつも思うんです。
愛ってね、そのときに優しくなくてもいいんです。

最期に、ふっ、と気づいたときに、こんなことを守ってくれた、っていうのが愛だと思うんです。

その瑣末(さまつ)の・・チクチク苛められたことが、くやしくてもね・・、
気づいたら、こんな大きなものを残してくれた、と思ったときに、それを慈悲って言うんじゃないかな、と思うんです。
慈しむ愛っていうのは、表面のキレイごとじゃないような気がするんですね。

私がホッとしたのは、あなたとお母さんの仲に、お互いに、いがみ合っていながら、お互いが求めていて・・、
親子っていうのは、こうして許されるんだな、って。

で、それぞれが旅立って行って、残された者は、今もお母さんを考える・・。
あー、それが愛かなあ、と思って聞いてました。

これからも、いいお母さんと思わなくていいんです。
憎っくき母を思いながら、お墓参りして、お墓参りの中で、
「あなたこれやったでしょ!」、って言ってもいいんじゃないんでしょうか。

そうしながら、でも、お墓参りに行ける、この生活母体、家族があるっていうことです、家庭が、 今。
と思って、お墓参りに帰っているうちに、あなたの中に、すごく大きなもの・・、何かを感じるような気がするんです。

究極は、お母さん世界がいなくなった寂しさだと思います。

相談者:
はい、恐れ入ります。

大原敬子:
ということは、どんなことがあっても、そういう親子で戦ってきた触れ方も幸せですよね。

相談者:
はい。

大原敬子:
幸せは、形は、いろんな形がありますから。

相談者:
はい。
お時間頂戴してありがとうございます。
ごめんくださいませ。

スポンサードリンク

(内容ここまで)

大原さんのアドバイスがどこまで届いたか、それは相談者にしか分かりません。
でも、まったく違う視点を授けられたことは間違いないみたい。
あとは、相談者が感情をどう処理していくかだけど。

あと、父が、葬式へ「来るに及ばず」、と言った件だけど、
「及ばず」というのは、禁止を意味するものではありません。

し方がない、とか、そこまでする必要がない、といったニュアンス。

父は相談者に、「無理しなくてもいいぞ」、と言ったわけです。
娘の感情を理解している父親からの思いやり。

もちろん、この家庭では通常の会話だから、それは相談者も理解しているわけ。

このハンドバック、父が母に贈ったもののような気がするんだけど。
それが、大切にされていたことに、父は改めて母の想いに気づかされたんじゃないのかね?

あえて形見分けをしたのは、
そして、あえてこれを選んだのは、父から娘への無言のメッセージ。

男女と母娘は違うけど、お前にも気づいて欲しいことがある、みたいな。

いくらなんでも、これはストーリーを作り過ぎかな?
でも、お母さんを忘れないで欲しい、ぐらいの想いはあると思います、父として。

 

最初は、違和感があった相談者の語り口だけど、私は聞いてるうちに心地良くなってきました。

純文学の世界てのかな。
母の言葉にしてもそうですが、父の言葉も、そして、それぞれの態度も。

きっと素敵なハンドバック。
いつの日か、相談者が、このハンドバックを持って、お母さんのお墓参りをするときが来ます。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。