嫁に振り回された大家族。 地獄への道は善意で舗装されている


(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
はい。

加藤諦三:
今あ、塩谷先生・・がね、ほんとにいいアドバイス頂いたんですけども、相手の方の親は、離婚させない、よりを戻したいと。

相談者:
ええ。

加藤諦三:
あなたはどうしたいわけ?

相談者:
わたし・・は、嫁よりも、子どもの親権が欲しいだけなんです。

加藤諦三:
親権が欲しいだけで、息子さん・・たちが離婚しようが結婚しようが関係ない?

相談者:
息子は可哀そうなんで、親権が欲しいっていうだけなんです。

加藤諦三:
息子が、可哀そうっていうのは?

相談者:
やはり、自分の子供・・を、嫁に連れて行かれるのが嫌だ、っていつも、言っているんで、

加藤諦三:
うーん。
そうすると、この息子さんはずうっとですね、小さい頃から、もう、父親にずうっと依存して、自分でものごとを決められない息子だった・・

相談者:
あまり決められないですね。

加藤諦三:
で、それがあなたにとって、安心感だったわけ?

相談者:
いや、もう少し、自分でえ・・やりなさいとは、何度も言ってるんですけども、やっぱり、

加藤諦三:
うん、だけど、

相談者:
相談されれば、こうした方がいいんじゃないかとか・・言ってえ、

加藤諦三:
いや、なんかね、ちょっと、息子さんは、あなたに依存して、

相談者:
ええ。

加藤諦三:
あなたも、息子から依存されてることが、嬉しいんじゃないか?、って感じがして、しょうがないんだけど。

相談者:
まあ、自分が子ども(笑)に相談、受ける・・ので、もしかすると、自己満足してるかもしれませんね、

加藤諦三:
そうすると、お互いに、自分の意思で動いてんじゃないんだよねえ?

相談者:
うーん。

加藤諦三:
決断できる人がいないみたい。

相談者:
そう・・うん、そうなんですよ・・(笑)

加藤諦三:
や、ですからね、せっかくいいアドバイスを塩谷先生に、頂いても、

相談者:
ええ。

加藤諦三:
なんとなく、実行出来ないんじゃないか?っていう気がするんですよ。

相談者:
ああ。

加藤諦三:
そんな気がしません?

相談者:
みんなが傷つかないような、方法でなんとかならないかなあ、といつも考えてズルズルってときはありますよね・・

加藤諦三:
みんなが傷つかない方法って無いですよ。
こんだけの問題が起きてるんだから。

相談者:
うーん。

加藤諦三:
みんなが傷つかないように、というのはあなたの善意なんですね。

相談者:
・・

加藤諦三:
そうですよね?、あなた、すごい、善意の人なんですよ。
それは自分でもそう思うでしょ?
みんなが幸せなのがいいんでしょ?

相談者:
自分が少々苦労しても、みんなが良ければってえ・・

加藤諦三:
そう、そう、みんなが良ければ、というあなたの善意なの。
これ、ちょっと、きつい言葉なんだけど、ある精神医学者の言葉なんだけど、要するに、地獄への道は善意で舗装されている、って。
要するに決断できない人がズルズル集まって、最終的に、みんなして地獄行っちゃう、だけど、みんな善意の人だと。

相談者:
・・

加藤諦三:
善意だけじゃね、解決できないでしょう?
もう、ここでは。

相談者:
・・

加藤諦三:
ですから、そこら辺のところをね、もう一度、しっかり考えて、解決に直面してみてください。

相談者:
はい、分りました。

加藤諦三:
よろしいですか?

相談者:
はい。
ありがとうございます。

加藤諦三:
はい、どうも失礼します。

相談者:
はい、失礼します。

加藤諦三:
地獄への道は善意で舗装されている。

(内容ここまで)

嫁のキャラ立ちが凄すぎて www

どうみても、この嫁が台風の目でしょ。

日本人?

いや、だって、キレ具合もそうだけど、
キレる相手もお門違いだし、
その場限りの嘘つくし、
吐いてる論理が、日本人のものじゃない。

どこで拾って来たんだ?、長男さんよ。

いずれにしても、後始末は長男にキッチリやらせんといかん。

離婚する前に、とり合えず別居して様子をみるってのはありだけど、1年8ヶ月で十分だ。

親権を諦めて、離婚し、養育費等の負担を覚悟する。
これが長男が負担しなければならない責任。

自分のケツぐらい自分で拭け。
こう諭すのが、親父である相談者の役割だろ。

親権を取れないなら、このままにしとく?
アホ。
いったい、その先にどんなシナリオを期待してんの?

わたしからは、加藤氏のいつぞやの格言を授けたい。
「避けられないものから、避けようとする姿勢が憂鬱です。」

諦めさえすれば楽になるもんだよ。

 

三世代が一緒に暮らす家で、3人兄弟の長男。
本来、自立心を育みやすい、絶好の環境のはずなんだけど。

温室から出て、初めて深く関わった異質の人種が嫁だったか。

確かに今日の格言は、相談者にとってキツかろう。

「お子さん3人? エラいわねえ」
「40代でお孫さん?、すごいわねえ」
こういうのには慣れっこなんだけどね。

反発してるのか、考えてるのか、返事もしなくなった。
「お、俺が地獄へ導いてるだって?」
そんな感じ。

 

みんな仲良く。

これが、相談者の信念だもんね。
その方針で家族を仕切ってきた。

なにか、問題が起きれば、
喧嘩するな、
話せば分る、
我慢しなさい、
これでたいていのことは治められたんだもん。

成功体験にも裏打ちされているわけだ。

そして、それは、この長男にもしっかりと受け継がれている。
悲しいかな、よりパワーアップしてね。
嫁をここまでのさばらせた大きな原因だ。

ここで、はっきりしたことは、
この親父の信念は、同じ考えを共有できる人間の集まりだからこそ機能するものだということ。

平和だった大家族を襲ったひと時の嵐。(笑)

もし、それだけで済ませるのなら高すぎる代償だ。


コメントはお気軽にどうぞ