兄に任せて20年。母に対する扱いが不満で自分が介護したい

(内容ここまで)

おい勝野、なんだその切り方。

最後まだ相談者、「モヤモヤが・・」(スッキリしました)、ってお礼言おうとしてんだよ。

自分が興味ないからって、ヒド過ぎるだろ。

 

さて、

死期が近づいた母の遺産目当て?

いくらなんでも、そんな勘ぐりはしないよ。

だって、法定相続分は兄と半々。
母を引き取ったからって、それが増えるわけでもない。
兄任せのままにしてても、減るわけでもない。

寄与分(*)で不利にならないようにするためというのも、引き取る労力と天秤にかければ、理由としては弱い。

(*)寄与分:
遺産の維持、構築に貢献したことを、遺産分割で考慮するもの。
法定相続分を増やすだけでなく、相続人でなくても主張できる。
故人との同居や、看護や介護は、その材料として代表格。
遺産分割協議が揉める要因にもなる。

さらに、母がしっかりしているときなら、点数稼いで、色んなことができるけど、意思表示が難しくなってしまった今となっては無理。

もちろん、相談者も経済的に苦しいので、介護費用として母の財産や家屋敷を当てにはするけど、それぐらいは普通だ。

こう考えると、今日の相談は純粋に母を哀れんでのことだとは思う。

ただねえ、なんだろうねえ・・
この嫌悪感(笑)

うまく言えないけど、20年も家のことを兄に任せっきりで、今さら感っていうかね。

兄のヒドイ仕打ちに見かねて、手を差し伸べる優しい自分。
これをさりげなく、でもしっかりと説明に入れてるしね。

わたしがカチンと来たのは、母が電話を掛けてきたときに、
相談者が母に言ったセリフ。
「(兄に)わがまま言っていいよ」

これ。

いいよねえ、優しさだけを見せてればいい人は。
側で世話してる者にとっちゃ、たまらんよ。

2回目に倒れたときのことなんか、どう考えてんのかな?
施設に居たからこそ、一命を取り留めたんじゃないの?

もしも母の希望通りに自宅に帰してたら、ハイ、サイナラだったんだよ。

そらあね、少しでもいい環境で過ごさせてあげたいさ。

でも、

病院にしたって、
治療方法にしたって、
介護にしたって、

あらゆるものが、金や時間とのトレードオフなの。
妥協の産物。
で、その妥協は罪悪感に変わる。

相談者に兄への感謝の気持ちがあれば、権利なんていう言葉は出てこない。

兄にしてみれば、お前にだけは言われたくないって気持ちじゃないの?

ま、分らんけどね、今日の話だけじゃ。

勝野さんって、はい、はい、って聞くだけで、
自分からは何にも質問しようとしないだもん。

もっと、相談内容に興味持とうよ。

相談者が、「兄と仲たがいしてる」
って言ったら、

「どうしてですか?」
って普通聞かない?

会話しようよ、会話。
台本ないと無理かしら。


コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。