二十歳の娘を孕ませたバツイチ男「娘さんと同棲させてください」


テレフォン人生相談 2017年6月15日 木曜日

養育費を払っているバツイチの子を妊娠した娘。中絶を勧めたら家を出て行ったしまった。関係を修復するには?

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 大原敬子(幼児教育研究)

相談者: 男48歳 妻48歳 娘20歳

スポンサードリンク

柴田理恵:
もしもし、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、もしもし

柴田理恵:
はい。今日はどんなご相談ですか?

相談者:
えっと、娘のことでえ。

柴田理恵:
はい

相談者:
ちょっと相談なんですけど。

柴田理恵:
はい。・・んと、娘さんはおいくつですか?

相談者:
えー二十歳です。

柴田理恵:
にじゅっさい、えー、あなたはおいくつでしょうか?

相談者:
えっと48です。

柴田理恵:
48・・じゃ奥様は?

相談者:
一緒で48です。

柴田理恵:
48歳、はい、分かりました。で、どういう・・ご相談でしょうか?

相談者:
えーちょっと・・妊娠しまして(苦笑)

柴田理恵:
はいはい

相談者:
妊娠してえ、

柴田理恵:
うん

相談者:
その相手の、彼氏、というか・・

柴田理恵:
うん

相談者:
があ・・えっと・・離婚歴があ・・ったんですね。

柴田理恵:
うんうんうん、い・・

相談者:
まあ娘の方は・・

柴田理恵:
うん

相談者:
高校時代から付き合ってたみたいでえ。

柴田理恵:
彼氏はいくつですか?

相談者:
あ、25歳です。

柴田理恵:
25歳、はい

相談者:
でーわたしも知ったのが、んー付き合って1年目ぐらいなのかなあ

柴田理恵:
うん

相談者:
18ぐらいの時ですかね。

柴田理恵:
はあ

相談者:
え、「付き合ってる」って言って紹介されて。

柴田理恵:
はい

相談者:
ま、家、にい、も、ちょっと来てたりとかもしてて。

柴田理恵:
はい

相談者:
でー、就職して、本人も、

柴田理恵:
はい

相談者:
あの、高校卒業して。

柴田理恵:
はい

相談者:
・・でえ、向こうも・・一人暮らしい、を、して、て、卒業したぐらいからあ

柴田理恵:
はい

相談者:
泊まりに行きたいとかって話、ちょっと揉めた事があってえ、

柴田理恵:
うーん

相談者:
でえ・・ま、僕はあんまり(苦笑)い、良い・・気持ちはしなかったんですけどお、

柴田理恵:
うんうーん

相談者:
まあ、行き来するように、なったんですね。

柴田理恵:
子ども・・たちにしてみればあ・・その・・親あ、公認の、仲だ、みたいな、

相談者:
はい

柴田理恵:
気持ちになってますか?

相談者:
うーん、そうですね。

柴田理恵:
うんうん

相談者:
・・で、まあ、2ヵ月ぐらい前ですかね、

柴田理恵:
ふん

相談者:
と、妊娠が分かりまして、

柴田理恵:
うん

相談者:
・・嫁とも、うーん・・しょうがない、かなというかあ、

柴田理恵:
う、うん

相談者:
どうする・・なんか、ほ、本人もう、産みたいような話い、を、

柴田理恵:
うん

相談者:
してて、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
そんなこと言ってたらあ

柴田理恵:
うん

相談者:
後からあ(苦笑)

柴田理恵:
うん

相談者:
・・「実は、離婚歴があります」と(苦笑)

柴田理恵:
あー

相談者:
で、「4歳の娘がいて養育費払ってます」と(苦笑)

柴田理恵:
あー・・なるほど。
その彼氏の子どももいるんですね?

相談者:
はあ

柴田理恵:
ふーん

相談者:
で、自分の娘に聞いたら、それは付き合って、なんか、半年だか1年ぐらいの時、聞いてたとか、い、いう話・・で、

柴田理恵:
うーん、そこ隠してたんですね。

相談者:
はいはい

柴田理恵:
うんうん

相談者:
で、こっちは「ちょっと待て」と。

柴田理恵:
うんうん

相談者:
(苦笑)で、逆算すると、その子は・・産まれてすぐ?、離婚をしたらしいんですけど、

柴田理恵:
うん

相談者:
うん、だから・・そんな時に、娘と付き合ってえ・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
そんな、ことをよくやってるなと。

柴田理恵:
うーん

相談者:
こっちとしては。

柴田理恵:
うーん

相談者:
でえ・・呼んだんですね、それで。

柴田理恵:
うんうん

相談者:
で、もう一度話してえ。

柴田理恵:
うん

相談者:
・・堕ろすということに、なったんですよ。

柴田理恵:
うんうん

相談者:
ちょっとま、だから、そこで、んーまずは・・
「二人の将来」

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
「それから考えろ」っていう話をして、

柴田理恵:
うん

相談者:
そしたら、

柴田理恵:
うん

相談者:
「分かりました」っていう話になって、

柴田理恵:
うんうん

相談者:
なったら・・も、知らない、あい、間に(苦笑)

柴田理恵:
うん

相談者:
家(うち)い、から荷物を運び出してたんですね。んで・・

柴田理恵:
勝手に出て行っちゃったんですね?、お、あのお、娘さんは。

相談者:
あ、出て行・・こうと、考えてたみたいです。
「どうしても産むから」って。

柴田理恵:
う、うん

相談者:
一応、同意っていうか、同意はして・・

柴田理恵:
要するに・・

相談者:
わたしとお・・

柴田理恵:
堕ろすことには納得してなかったんですね?

相談者:
うんまあ、たぶん・・

柴田理恵:
うん

相談者:
そうですね。

柴田理恵:
うん

相談者:
それで、

柴田理恵:
うん

相談者:
向こうの親もやっぱり、い、呼べということで。
で、話して、

柴田理恵:
うん

相談者:
で、彼氏の方が、

柴田理恵:
うん

相談者:
わ、わたしに対してちゃんとこうするんだ、なんか、ほんとは、

柴田理恵:
うん

相談者:
「産ましてあげてください」っていう風に、来たらしいんですよ。実は(苦笑)

柴田理恵:
うーん

相談者:
で、「同棲さしてくれ」みたいなこと言い出して、また(苦笑)

柴田理恵:
うん

相談者:
ちょっとわたしもカッとなって、
「ふざけんな」つって、

柴田理恵:
うん

相談者:
揉み合いになったんですけどお、

柴田理恵:
うーんうんうん

相談者:
娘とかも泣いてたーんですけど、

柴田理恵:
うん

相談者:
そんなのを見ててえ。

柴田理恵:
うーん・・え、じゃ・・

相談者:
#$%◆

柴田理恵:
今は・・結局は堕ろさなかったわけですか?

相談者:
あ、結局、それで、そこは、で・・堕ろしたんですよ。

柴田理恵:
ああ、はあ、はあ、はあ、はあ

相談者:
あ、はい

柴田理恵:
はあ、はあ、はあ

相談者:
で、堕ろして、

柴田理恵:
うん

相談者:
でえ、で、少し落ち着くかなと思って、家で。

柴田理恵:
うん

相談者:
・・でま、仕事も行き出して、

柴田理恵:
ふん

相談者:
でまあ・・あんまりもう、し、そこ、で、ちょっと関係が悪くなってるからあ、

柴田理恵:
うん

相談者:
放っと、くしかないのかなと思ってたらあ、

柴田理恵:
うん

相談者:
・・こお、2週間ぐらい経ったら、もう、帰って来なくなっちゃって。

柴田理恵:
あー・・それは彼氏んところにいるんですね?

相談者:
ええ、ええ

柴田理恵:
連絡は取れないんですか?

相談者:
ん、取れてないですね、今は。はい

柴田理恵:
あ、取れてないんですね?

相談者:
はい

柴田理恵:
・・はあ・・で・・その、家にい・・

相談者:
はい

柴田理恵:
いる間ね、その、堕ろしてから家にいる間、

相談者:
はい

柴田理恵:
娘さんとは何もお話はなさってないんですか?

相談者:
あー、一応
「体大丈夫?」とかあ・・は、

柴田理恵:
うんあー

相談者:
お、声掛けはしましたけどお、

柴田理恵:
うーん

相談者:
まあ、、ま、こ、心開かないっていうか。

柴田理恵:
なるほどねえ。

相談者:
は、は、はい・・はい。
で、今日の相談は、

柴田理恵:
はい

相談者:
本音は帰って来て欲しいんですけどお、

柴田理恵:
はい

相談者:
・・あのお、なんか、娘との関係を修復したいというか。

柴田理恵:
うんうんうんうんうん

相談者:
ま、あのお、連絡を、取れるようにだけしてほしい。

柴田理恵:
うーん、分かりました。

相談者:
はい

柴田理恵:
じゃ、あのお、先生に聞いてみましょうね。

相談者:
はい

柴田理恵:
はい。今日の回答者の先生は、幼児教育研究の、大原敬子先生です。

相談者:
はい、はい

柴田理恵:
先生、よろしくお願いします。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「二十歳の娘を孕ませたバツイチ男「娘さんと同棲させてください」」への5件のフィードバック

  1. 妊娠して、
    男の方が。
    「産ませてやってください。
     同棲させて下さい」
    ということは、
    「結婚させて下さい」とは、言ってないってことだろうか。

    男の方の、なんか頼りない、無責任な雰囲気は伝わってくるから、
    相談者の親としての気持ちは良くわかる。

    でも、こういう時、やっぱり本人の意志を尊重したほうがいい気がする。

    娘にしたら、
    「中絶させられた」という気持ちだろうし、後悔や親に対する憎しみ,それは一生消えないと思う。

    中絶してしまったら、当たり前だが
    子どもも戻ってこない。

    もし、産まれていたら、
    そこに新しい命が確実にあるわけで、
    反対していた相談者夫婦だって、
    孫を溺愛していたに決まっている。

    中絶させられた娘の親に対する恨みは、 簡単にはなくなることはないだろう。

    回答者の言うとおり、
    相談者にできることは
    待つことのみ。

  2. 親が中絶を勧めても、成人しているんだから自分の意志で産めばよい。彼氏と別れるつもりがないなら、なおさら。
    親を恨むようでは子どもだね。そもそも子どもを産む資格なんてない。

    娘も彼氏も、自分で責任取りたくないだけ。
    問題視するなら、前妻の子の養育料云々よりそこだと思う。

  3. 彼氏も彼氏でクソだけど、父親も娘の気持ちを見ていない。いつまでも娘が子どもで、自分のものだと思わないことだね。

ねむこ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。