尊敬もしていた夫が落ちぶれて好きでなくなった女48歳


スポンサードリンク

(回答者に交代)

中川潤:
こんにちは中川です

相談者:
あ、よろしくお願いしますう

中川潤:
あのお、前の会社、そのお、単身赴任、の問題が出る前までの間、

相談者:
はい

中川潤:
これはどれくらい・・の期間があったの?

相談者:
えっとお、3年くらい、ですかねえ・・

中川潤:
うん・・
その間はどうだったんですか?

相談者:
あ◆#$もう、あの、すごく主人を尊敬してましたしい、

中川潤:
はい

相談者:
わたし自身があのお、正規雇用っていう形で働い、てなくて、同じ会社で長いこと働くってことしてなかったのでえ、

中川潤:
はい

相談者:
ま、自分には無いものを持って、るなっていうふうに、

中川潤:
はい

相談者:
とても尊敬してました。
ですから、

中川潤:
尊敬をしておられたの?、はい

相談者:
はい

中川潤:
はい
でも、その尊敬してたのは、

相談者:
はい

中川潤:
実は、ご主人をじゃなくて、ご主人の、

相談者:
はい

中川潤:
社会的な、

相談者:
あっ、はい

中川潤:
立場を尊敬してただけなんじゃないの?

相談者:
そうですね、はい

中川潤:
・・
うん、そ・・

相談者:
そうだったと思います、はい

中川潤:
あ、自分でそう言うの?

相談者:
はい

中川潤:
・・
だとすると、ご主人がそういう、ポジションに就かない限り、あなたは尊敬できないってことになるよね?

相談者:
・・っそおですねえ・・んん

中川潤:
ということはね

相談者:
はい

中川潤:
あなた、ご主人そのものと正面から向き合ってないんですよ、最初っから。

相談者:
あっ、んん、はい

中川潤:
ご主人っていう人を一人の男の人として、

相談者:
はい

中川潤:
どういう人なんだろう?、ね?

相談者:
んん

中川潤:
自分にとって、どういう、男性なんだろう?

相談者:
はい

中川潤:
っていうふうに見てなかったってことだよ?

相談者:
あー・・はい

中川潤:
ご主人のそん時のポストと結婚したんだよ。

相談者:
んん・・そおですねえ・・

中川潤:
そこをもう一度見直して、

相談者:
はい

中川潤:
あなたのそこのお、見方を、考えないと、

相談者:
はい

中川潤:
今の不満っていうのは解消できないすよ?

相談者:
んん・・彼自身を好きになるっていう、ことですかね?、それは。

中川潤:
昔は好きだったの?

相談者:
と思ってました、もお、はい。

中川潤:
今は好きじゃないのね?

相談者:
なんか幻想だったなあって、こんな人だったんだなあって・・なんか情けないなあ、ていうふうに思ってます。

中川潤:
情けない・・

相談者:
はい

中川潤:
何が情けない?

相談者:
ん、なんか自分の道も、こう・・切り開いていけない?
で、結局う、「生活のためや」って吐き捨てて会社に行く?

中川潤:
・・

相談者:
そういうところはすごく、嫌いです。

中川潤:
・・あぁの、あなたが満足できる、

相談者:
はい

中川潤:
状態っていうのは、

相談者:
はい

中川潤:
今のお話聞く限りではご主人が、

相談者:
はい

中川潤:
それ相応の名の通った会社の、

相談者:
はい

中川潤:
それ相応の立場に、ね?
就かない限り、

相談者:
んん

中川潤:
前の尊敬する、ご主人には絶対戻れない・・っていうことになっちゃうんですよ。

相談者:
そおですねえ・・

中川潤:
でも夫婦ってそんなもんかい?

相談者:
んん・・そおですねえ

中川潤:
どお思いますう?

相談者:
・・

中川潤:
あなたも、少なくともパートお、

相談者:
はい

中川潤:
やなんかでお勤めに出られて、

相談者:
はい

中川潤:
その自分の職場でね?

相談者:
はい

中川潤:
周りの、男性やなんかご覧になってみて、

相談者:
はい

中川潤:
お給料もらっ、うってことが、

相談者:
はい

中川潤:
どれほど大変なことかっていうのは、

相談者:
はい、はい

中川潤:
多少はお分かりになるでしょう?

相談者:
はい、はい、はい

中川潤:
で、自分の職場の周りの人たちと、

相談者:
はい

中川潤:
別にね、比べるっていうことは僕はあまり好きなことじゃないんだけども、

相談者:
はい、はい

中川潤:
あなたの場合について言えば、

相談者:
はい

中川潤:
自分が、ご自分がパートに出ておられる、

相談者:
はい

中川潤:
その職場の、

相談者:
はい

中川潤:
周りの男性、なんかと比べても、ご主人てそんなにヒドイの?

相談者:
・・やあ、そお、ではないと思うんですけどお・・

中川潤:
うん
そうではないと思うっていうのは?

相談者:
すごく大人しい人ですしい、

中川潤:
うん

相談者:
真面目ですし、

中川潤:
うん

相談者:
その辺はもう・・そんなに、違わないと思います。

中川潤:
真面目な人で、

相談者:
はい

中川潤:
きちんと、そのお、ご家族のそのね?

相談者:
はい

中川潤:
生活の、

相談者:
はい
してくれて、

中川潤:
ことについては、

相談者:
はい

中川潤:
きちんとしてくれてるし、

相談者:
はい

中川潤:
はい
で、娘さんに対しても普通の対応、なんでしょ?

相談者:
はい、はい、はい

中川潤:
んん・・
あなたにしてみれば、あれかあ?
ご主人が何か落ちぶれたみたいな、そういう・・

相談者:
ん、ズバリそうだと思います。
あとやっぱり、早めに手を打って欲しかったっていうのがあってえ・・

中川潤:
早めに手を打つって何を打つんですか?

相談者:
やっぱりスキルアップとか、あたし自信も、あのお、後々に色んな勉強して今、まで来たのでえ・・
ま、

中川潤:
勉強してどういうふうになりましたか?

相談者:
や、お給料も上がりましたし、仕事も増えましたのでえ、

中川潤:
はい

相談者:
ま、そういう道もあったんじゃないかな◆#$%

中川潤:
や、仕事が増えてあなた、

相談者:
はい

中川潤:
じゃあ、自分でやっていけるんだ?

相談者:
・・
ま、別れたら、やっていくことになります・・

中川潤:
極端な話、

相談者:
はい

中川潤:
別れてさ、

相談者:
はい

中川潤:
ご主人と別れて、

相談者:
はい

中川潤:
お嬢さんと二人で生活していける?

相談者:
・・
し、しよう・・するんだったらしようと思ってます、ただ、

中川潤:
いやいや、違う違う、そのスキルアップされて、今の・・お給料で、やってけんですか?

相談者:
やっていけると思います。

中川潤:
あ、やっていけるの?

相談者:
はい

中川潤:
あ、

相談者:
あのお、お仕事は、仕事を増やさないといけませんので、

中川潤:
はいはい
仕事を増やしたらやっていけんの?

相談者:
仕事増やしたらやっていけると思います。

中川潤:
うん、じゃあもお、あなたあ、さっさと別れてやったら?

相談者:
・・

中川潤:
ちょっとねえ、

相談者:
はい、はい

中川潤:
はっきり言うけどねえ、ご主人可哀そうなんだよ!

相談者:
はい

中川潤:
話聞いてると。

相談者:
はい

中川潤:
・・
だって、あのねえ、可哀・・ちょ、ちょっとそりゃあね、一方的な話しか、ね?
あ、一方的っていうか、ゴメンナサイ、あの、正確に状況見てるわけじゃないから、

相談者:
はい、はい

中川潤:
あの、こういう言い方大変失礼なんだけど、

相談者:
いえいえ、はい

中川潤:
あなたのお話聞いてるとなんか、ご主人の姿が見えなくて、ご主人が纏(まと)ってるね、

相談者:
はい

中川潤:
衣しか見えないんですよお、

相談者:
んん

中川潤:
中身が何にも見えないの。

相談者:
はい

中川潤:
で、それはどうしてかって言うと、

相談者:
はい

中川潤:
あなたの言葉の中からご主人の、実像が全然ね、

相談者:
はい

中川潤:
伝わってこないんですよ。

相談者:
んん

中川潤:
だからその辺のところでねえ、あなたもしね、ご主人と噛み合った話をしようと思えば、

相談者:
はい

中川潤:
あなたが思っておられるそのお、夫婦っていうものの、

相談者:
はい

中川潤:
有り様を、

相談者:
はい

中川潤:
もうちょっとね、お考えになった方が、いいような、

相談者:
あっ

中川潤:
わたしは気に、気がするし、

相談者:
はい

中川潤:
そこがあ、

相談者:
はい

中川潤:
あの、考えられないんだったら、

相談者:
はい

中川潤:
むしろ、別れて差し上げた方が、

相談者:
はい

中川潤:
ん、ご主人、ん、ためにはね?

相談者:
はい
なるほど・・

中川潤:
いいようにも、正直思って、

相談者:
あ、はい

中川潤:
そいで、あなたが1人で、仕事増やして、

相談者:
はい

中川潤:
バリバリやっていけるんであれば、

相談者:
はい

中川潤:
それでやって行かれた方が、あなたの人生、

相談者:
はい

中川潤:
にとって、その方がいいかもしれませんよ?

相談者:
んん

中川潤:
酷な言い方だけど。

相談者:
はい

中川潤:
どうですかね?先生

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
ええ、あのお、今ね、

相談者:
はい

加藤諦三:
中川先生が豊富な、経験に基いて、

相談者:
はい

加藤諦三:
アドバイスしてくださって、

相談者:
ありがとうございます。

加藤諦三:
その通りだと思うんですけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
あの、あなたがね、

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたのご主人について説明した言葉。

相談者:
はい

加藤諦三:
「こんな人だったの」
「自分の道さえも切り開けない」

相談者:
はい

加藤諦三:
「こんな人だったの」っていう言葉は、

相談者:
はい

加藤諦三:
実は

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたが、あなた自身に、持っている感情でしょ?

相談者:
・・
そおでしょうかあ・・んん

加藤諦三:
つまり自分自身に

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたが自分自身に失望してんです。

相談者:
んん

加藤諦三:
だけど、あなた、

相談者:
はい

加藤諦三:
その自分自身への失望を、無意識に追いやって、

相談者:
はい

加藤諦三:
自分自身の失望を隠してるだけです。

相談者:
はい、んん

加藤諦三:
その自分自身への失望を、

相談者:
んん

加藤諦三:
ご主人に、投影して、「こんな人だったのか」「自分の道も切り開けない」

相談者:
はい

加藤諦三:
・・

相談者:
んん

加藤諦三:
これ、あなたの、心の底にある、自分、あなた自身の姿です。

相談者:
はい
・・
そおですねえ

加藤諦三:
ん、やあ、これであなたはもう、救われますよ。
そこまで素直に認めてくれれば。

相談者:
ありがとうございます。
あたしも気がつきませんでした(苦笑)自分に対して言ってたんですねえ。

加藤諦三:
そおなんです。

相談者:
ええ

加藤諦三:
自分自信への失望を隠してたんです。

相談者:
・・

加藤諦三:
・・

相談者:
分かりました(苦笑)なんか・・

加藤諦三:
よろしいでしょうか?

相談者:
はい、どうも、ありがとうございました。

加藤諦三:
はい、どうも失礼します

相談者:
ありがとうございましたあ

加藤諦三:
自分を信頼出来ない人は、人を信頼できません。

スポンサードリンク


「尊敬もしていた夫が落ちぶれて好きでなくなった女48歳」への6件のフィードバック

  1. この女がどれほどスキルアップしたか知らんが、そこまで言うならあんたがメインで働いて、旦那さんに家事担当&パートをしてもらったら良いよ。旦那さんをあんたの扶養に入れてさ。あんたがバリバリ働いてもっともっと切り開けば?  旦那さんに要求せずにさ。

  2. なかなかの本物
    マジで言ってんの?がマジな人
    カマキリはメスがオスを食う
    昆虫を人の感覚でみるべからず
    人には感情や愛情があるが故
    そりゃあんまりだ、むごい、残酷だろ
    と思ってしまうのです
    声の向こうの昆虫女

  3. こういう女大嫌い
    腰掛け程度の社会経験で専業主婦になり、歳だけとった女に多い。
    自分がシビアな仕事したことないから、旦那が会社でしてる苦労がどんな類のものか、想像しても想像すらできないのでしょうね。
    金やステイタスと結婚した女の成れの果て。

  4. youtubeのコメに出てたんですけど、前にも相談して来てたらしい。どの相談なんでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。