大悪妻と小悪夫。妻の横領の尻拭いをさせられた男が告白する自分の盗癖

テレフォン人生相談 2018年10月31日 水曜日

15年前は食品、10年前は掃除機の先っぽ。
いずれも警察に通報されて妻に迎えに来てもらったことがある。
それ以来の万引きを3日前に犯してしまったが自分をどうコントロールすればいいか。
それとは別に、物が放置してあるとそれが必要なくても持ってきてしまう癖がある。
一方、妻は職場で預金を募り2,300万円を着服。
騙された人たちが当時相談者が勤務する金融機関に押しかけて来たものの、会社は相談者に借り入れをさせて、相談者が返金を肩代わりすることで妻は事なきを得て、今だに観劇などを続けている。

パーソナリティ: ドリアン助川
回答者: 高橋龍太郎(精神科医)

相談者: 男76歳 妻

続きを読む 大悪妻と小悪夫。妻の横領の尻拭いをさせられた男が告白する自分の盗癖

離婚協議書の効力。「あのときはメンタルが壊れていた」は通用するか?

テレフォン人生相談 2018年10月30日 火曜日

弁護士を立てて離婚協議書を公正証書にして離婚が成立したものの、夫の独身時代の年金分が支払われていない。
(というより実際はそんな同意は文書化されていない)
当時は精神的に病んでいた。
夫に怒鳴られずに請求するにはどうすれば?

無理スジな要求、
諭す娘、
明け方の動悸、
今も女を苛(さいな)む怒鳴り声、
離婚に踏み切った理由の希薄感、
自宅には夫と娘、
突然の大笑い、
素直

病んでたメンタルが振り切ったのでは?

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 女74歳2年半前に離婚 一人暮らし 元夫79歳 出戻りで元夫と住んでいる長女49歳 次女48歳と三女45歳は結婚している

続きを読む 離婚協議書の効力。「あのときはメンタルが壊れていた」は通用するか?

憧れの看板コンビに心酔の婆さん「今日は最高の一日です」

テレフォン人生相談 2018年10月29日 月曜日

経営者の夫は結婚以来、毎日欠かさず呑む。
シラフでは猫みたいな夫が、酔うとわたしに乱暴な態度。
本人も自覚していて「お前に頼りすぎてる」とか言うが、認知症の薬も飲むようになってきて、もうお酒はやめて欲しい。

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究)

相談者: 女68歳 夫72歳会社社長 二人暮らし 長女40歳 次女35歳

今日の一言: 人間の欲望は抑える事は出来るけれども消える事はありません。

続きを読む 憧れの看板コンビに心酔の婆さん「今日は最高の一日です」

感情は伝わる。叱って叩いて薬は拒否。父親のアルツハイマーを進行させる家族

テレフォン人生相談 2018年10月27日 土曜日

一年ほど前から父親が認知症を患っている。
分かっていながら、叱ったり、時に手を挙げてしまう。
医師からはアルハイマーという診断を受けていて、母親が投薬を断っているもよう。
さらにパーキンソン病と思われる症状があり、食事の際に手を振る。

パーソナリティ: ドリアン助川
回答者: 高橋龍太郎(精神科医)

相談者: 男37歳独身 父75歳 母60代 弟35歳 4人暮らし

続きを読む 感情は伝わる。叱って叩いて薬は拒否。父親のアルツハイマーを進行させる家族

息子と娘がオレを避けるんです‥実は懲役5年食らって‥それ先に言え

テレフォン人生相談 2018年10月26日 金曜日

離婚して5、6年経つが、成人の子どもたちが連絡を取りたがらずに疎遠になっている。
息子は連絡先も分からず、娘はSNS等で相談者からの連絡に3回に一回返事を寄こす程度。
5年服役しており、出所後3年経つ。
(服役中に離婚が成立したことになる)

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: マドモアゼル愛(心についてのエッセイスト)

相談者: 男49歳 離婚して 一人暮らし 息子27歳 娘26歳

今日の一言: 本当の使命は、自分自身の心の中に力を見出す事です。

続きを読む 息子と娘がオレを避けるんです‥実は懲役5年食らって‥それ先に言え

立たない男を転がす女に余裕の古女房。スケベ爺を待つ地獄の退院祝い

テレフォン人生相談 2018年10月25日 木曜日

入院中の夫の携帯と手帳から、3年に渡ってダンスの練習に行くと嘘をつき、31歳の水商売の女に450万円を貢いでることが分かった。
いいように手玉に取られている様子。
子どもたちが怒っている。
どう対処するのがいいか?

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 塩谷崇之(弁護士)

相談者: 女74歳 夫73歳自営 長男50歳家庭持ち 長女47歳 長男家族と二世帯8人暮らし 次男42歳は別居

続きを読む 立たない男を転がす女に余裕の古女房。スケベ爺を待つ地獄の退院祝い

大人になって壊れた特別養子縁組。育ての親の老いを目にして湧き上がる罪悪感

テレフォン人生相談 2018年10月24日 水曜日

子のいなかった夫婦に生後100日で引き取られ、中学のときに事実を知らされる。
社会人になってからも母親の干渉が強く、結婚の際の仲違いで養子関係を解消。
その後も干渉は続き、子どもにまで及ぶようになって絶縁状態に。
養母の兄弟の葬儀に参列した折り、老いた養親の姿を目にし、これでいいのだろうか?と迷っている。
相談者は明言していないものの経緯からして特別養子縁組と思われる。

特別養子縁組:
元の親との親子関係が消滅する養子縁組のこと。

養親と養子は唯一無二の親子関係になる。
通常の養子縁組だと元の親子関係になんら影響を及ぼさない。
なお、特別養子縁組の離縁によって、元の親子関係が復活する。
なので現在、相談者の両親は産みの親である。

パーソナリティ: ドリアン助川
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: 女39歳 夫と娘との3人暮らし 80歳前の養父母と絶縁状態

続きを読む 大人になって壊れた特別養子縁組。育ての親の老いを目にして湧き上がる罪悪感