人妻を孕ませても既婚と知らなかったら免責。しかしそれを証明する難しさ


スポンサードリンク

(回答者に交代)

大迫恵美子:
もしもし?

相談者:
はい

大迫恵美子:
はい、こんにちは

相談者:
こんにちはあ

大迫恵美子:
・・まあ厄介な事ですねえ。

相談者:
あ、ヘヘ(苦笑)ええ

大迫恵美子:
こういうご相談ってね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
あのお、まあ、今、とても多いので、

相談者:
はい

大迫恵美子:
えー弁護士も、随分、あのお・・こういう相談をされる事が多いんですけど、

相談者:
はい

大迫恵美子:
・・お、ま、そして裁判になっているものも、非常に多いようです。

相談者:
あー

大迫恵美子:
あの、裁判官も、とてもこの種のものが多くなって、ま、うんざりだ(苦笑)っていうかね、

相談者:
はい

大迫恵美子:
そういう言い方で、聞いた事がありますけど。

相談者:
あーん、はい

大迫恵美子:
ま、理屈はね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
あのお、ま、結婚している人、と不貞、行為を働くと、

相談者:
はい

大迫恵美子:
ま、その、んー、相手の、家庭が壊れるのでね、

相談者:
はい

大迫恵美子:
そういう事をしてはいけないと。

相談者:
はい

大迫恵美子:
だから、そういう事をした人は、あ、損害賠償をしなくちゃいけない。

相談者:
はい

大迫恵美子:
ま、損害賠償というのは、こ、こういう場合は、ま、慰謝料と、いう事ですけどね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
という風に、い、ま、これが、ざっくりした枠組みなんですよ。

相談者:
はい

大迫恵美子:
で、そういう理屈ですので、

相談者:
はい

大迫恵美子:
え、相手が結婚をしているという事を知らなければね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
ま、相手の家庭を壊すっていう認識もないわけですから、

相談者:
はい

大迫恵美子:
ま、損害賠償をする必要はないと。

相談者:
はい

大迫恵美子:
ま、これも大きな枠組みなんですよ。

相談者:
はい

大迫恵美子:
でまあ、その・・この話の中にね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
え、あなたの立場が、どういう風に当てはまるかっていう、そちらの方がずっと大事な事なんですけど、

相談者:
あー、はい

大迫恵美子:
実際に、当てはまるという事と、

相談者:
はい

大迫恵美子:
それを、ちゃんと証明できるっていう事はね・・

相談者:
うんうんうん

大迫恵美子:
若干(含み笑い)違う話なんですよねえ。

相談者:
うーん

大迫恵美子:
それで、

相談者:
はい

大迫恵美子:
え、こういう事態になった時にね、

相談者:
はい

大迫恵美子:
一番多く出て来る言い訳っていうのは、

相談者:
はい

大迫恵美子:
「結婚してるっていう事は知らなかった」っていう話なんですよ。

相談者:
はい

大迫恵美子:
で、えー、じゃどうやってそれを証明するのか?っていうとね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
ま、あなたの場合はその彼女。

相談者:
彼女。

大迫恵美子:
ええ、或いはまあ、ね、あの、別の場合だと・・旦那さんがって事かもしれませんけど、

相談者:
はい

大迫恵美子:
そういうね、その、当事者になってる人。

相談者:
はい

大迫恵美子:
その人が、ま、証言してね、

相談者:
はい

大迫恵美子:
「確かにわたしは」、あー、「この人に、自分が結婚してるという事を隠してました」と。

相談者:
はい

大迫恵美子:
「だから、この人まったく気付かなかったと思います」ってね、

相談者:
はい

大迫恵美子:
まあ、証言すると・・いうような、まあ、ことも考えられますけど、

相談者:
はい

大迫恵美子:
これもですね(含み笑い)、あのお、まあ、偽証がとても多いんですよ。

相談者:
あー、そうなんですね。

大迫恵美子:
うん、だってやっぱりその、かばっちゃうわけですよね。

相談者:
ああ・・はい

大迫恵美子:
で、そういう事が、実際に凄くある中で、

相談者:
はい

大迫恵美子:
裁判官がどういう風にこの、おー問題を見るのか?っていう事に、ね?・・なって来るわけなんですよ。

相談者:
はい

大迫恵美子:
だから、あのお、ま、あなたの言ってる事、嘘だと言ってるわけじゃないんですけど、

相談者:
はい

大迫恵美子:
結構ね、裁判官に納得されるのは難しい話なんですよ。

相談者:
うんうんうんうん

大迫恵美子:
どうやってそれ知らなかったって事を証明するのかね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
なんか中々難しそうな話だな、という風に思うんですけど。

相談者:
はい

大迫恵美子:
あのお、

相談者:
はい

大迫恵美子:
ま、そこを十分、証明しきれるならば、

相談者:
はい

大迫恵美子:
ん、理屈の上では払わなくてもいい、類型って事になるんですよ。

相談者:
はい

大迫恵美子:
だけど、あのお、どんな証拠が出てくんのか分かりませんけど、

相談者:
はい

大迫恵美子:
向こうから、
「いやいやこういう物があって知ってたでしょ?」みたいな事があってね?、裁判官が、もっともだと思っちゃうと・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
おー、負けやすい、立場かもしれませんね。

相談者:
あー・・

大迫恵美子:
まあ、どういうね、その結婚生活を二人が送ってたのか?っていうところが丁寧に、証明できて、

相談者:
はい

大迫恵美子:
で、えー、ま、ホントに、あのお、365日のうち、もう3分の2ぐらいは家(うち)にいなかったみたいな事がね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
まあ、それは、ひ、旦那と、結婚してると言ってもいいのか、どうか分かんないな、みたいな、状況だったり、

相談者:
はい

大迫恵美子:
或いはそのお、彼女が、あのお、結婚してる人がいると思うような・・気付かなくても無理はないなっていう風に思ってもらえる、ような状況だといいんですけどね。

相談者:
・・あー、そういう事ですね。

大迫恵美子:
うーん

相談者:
・・うん、「自分は知らなかったんです」っていう話はちょっと・・

大迫恵美子:
まあ、それをきちんと弁護士に話して、

相談者:
伝えるように。

大迫恵美子:
うん

相談者:
はい

大迫恵美子:
弁護士に、交渉してもらう。
そして交渉が決裂すると裁判になるんですけど、

相談者:
はい

大迫恵美子:
裁判の中で、えー、ま・・立証すると。
立証できなければ失敗、立証で失敗すると、払わせられちゃうかもしれない。

相談者:
なるほど

大迫恵美子:
それで、そ、その事もそうなんだけれども、

相談者:
はい

大迫恵美子:
その、女性との今後をどうするか?を考えないといけないですよ。

相談者:
は、そうですね。

大迫恵美子:
うん、で、それ、お子さんが生まれれば・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
もう、それは、間違いなくあなたのお子さんだという事なんですから、

相談者:
はい

大迫恵美子:
養育費を払って行かなくちゃいけないです。

相談者:
はい

大迫恵美子:
・・ま、あのお、今回の事でその女性を信用できなくなっちゃったっていうんだったら、

相談者:
はい

大迫恵美子:
無理に結婚するのは、またそれも、それで難しいかもしれませんけど。

相談者:
はい

大迫恵美子:
いずれにしろ、子どもに対して責任ある事は、も、まったく間違いのない事なので、

相談者:
はい

大迫恵美子:
その子、を育てるのについてはちゃんと、あのお、責任果たさなくちゃいけないですよ。

相談者:
・・分かりました。

大迫恵美子:
はい

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、もしもし

加藤諦三:
や、ん、よろしいですか?あの・・

相談者:
はい

加藤諦三:
・・えとお、少なくとも、あなたに結婚してるという事を言わないで、

相談者:
はい

加藤諦三:
付き合ってた女性ですよねえ?

相談者:
はい

加藤諦三:
そこら辺のところを、あなたどう考えてんの?、信頼できるの?

相談者:
お、そう、ちょっと信頼・・できないなっていうのは凄く、思いました。

加藤諦三:
ん、ん、ありますよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
それで、あなた自身はあ・・その彼女と付き合い出した時、なんか寂しかったわけ?、一人だったわけ?・・恋人が欲しかったとか。

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
・・そうですよね。

相談者:
はい

加藤諦三:
・・大迫先生が、色々、ご説明して下さいましたようにね?

相談者:
はい

加藤諦三:
のめり込んじゃったから・・

相談者:
はい

加藤諦三:
当然結婚してるっていう事は分かるのにも・・分からなかったんですよ。

相談者:
うーん

加藤諦三:
・・だってホントに好きで、付き合い出してるわけじゃないから。

相談者:
はい

加藤諦三:
あ、そこら辺分かってんの?

相談者:
・・いや、そのお、寂しかったっていうのは凄く・・

加藤諦三:
うん、だから・・

相談者:
はい

加藤諦三:
寂しくて、

相談者:
はい

加藤諦三:
性的不満で、そこで付き合い出したら・・

相談者:
はい・・はい

加藤諦三:
これ現実は見えないですよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
・・だからそもそも、この女性がどういう女性だっていうかってにもあんまり関心がないんですよ。

相談者:
・・あー、じ、わたし自身、がですね?

加藤諦三:
うん・・うん

相談者:
・・

加藤諦三:
普通だったら気が付きます。

相談者:
・・

加藤諦三:
だけどあなたの場合に、

相談者:
はい

加藤諦三:
一番、そのあ、相手の現実を全く見ない恋愛のケースなんですよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
孤独と、性的不満から始まった恋愛ほど・・現実の相手を見ていないんです。

相談者:
あーー

加藤諦三:
・・だから・・彼女も、あなたを見ていないんだよね。

相談者:
・・彼女自身も。

加藤諦三:
うん、彼女自身も、

相談者:
はい

加藤諦三:
夫との関係が上手く行ってないから、

相談者:
はい

加藤諦三:
何かに救いを求めてたの。

相談者:
あー

加藤諦三:
要するに二人とも・・相手が好きではなくて、

相談者:
はい

加藤諦三:
自分の心の・・傷を癒すために・・

相談者:
はい

加藤諦三:
結び合ったんです。

相談者:
・・あー、なんですかね・・

加藤諦三:
それで、こういう事件が起きたと。

相談者:
あー

加藤諦三:
・・二人の心のトラブルが、現れたのが今回の恋愛なんだよ。

相談者:
・・あー・・ホントにそう思います、今ちょっと振り返ってみたら。

加藤諦三:
うんだから、そ、いや、「そう思いますね」と言ってくれると凄く嬉しくてえ・・

相談者:
はい

加藤諦三:
で、これで、あなたが、成長して行くわけです。

相談者:
はい

加藤諦三:
最初っから立派な人なんかいないんだよ。

相談者:
あー、はい

加藤諦三:
色んーなトラブルがあって、そのトラブルを乗り越えながら、みんな成長して行くわけだから。

相談者:
はい

加藤諦三:
・・よろしいでしょうか?

相談者:
あ、分かりました。ありがとうございます。

加藤諦三:
はい、どうも失礼します。

相談者:
失礼しまーす。

加藤諦三:
好きで始まった恋愛と、心のトラブルで始まった恋愛ではまったく違います。

スポンサードリンク


「人妻を孕ませても既婚と知らなかったら免責。しかしそれを証明する難しさ」への3件のフィードバック

  1. そうだけど、妊娠したっていったって、相談者の子か、旦那の子か、はっきりしないじゃん。

    旦那の子だと分かってて、慰謝料目的で、相談者の子って言ってるかもしれない。

    でも、回答者は、その視点はないみたい。

    1. 旦那の子だったとしても、不貞行為があれば慰謝料は発生するから、額には影響があっても支払い義務の有無とは直接関係ない話。

      子供の養育費問題になったときには、本当に相談者の子供なのかどうかの論点が最大の焦点だけれど、それは生まれてきてからの問題。

  2. でも避妊はしなかった
    中学生でも知ってます。困るんで・・
    さあ、本当の人生の始まりだ
    なぜか呑気で避けた生き方の人種には用意されている爆弾
    悔むこと 是即ち 生きた証
    けどまあ、皆同じ。困難は皆同じようにやってくる
    越えるか、いなすか、収めるか
    真面目に立ち向かった経験のあるなし
    悔み、恨むことでしか己を表す手段がない人の多い事、楽な事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。