相談内容よりも耳につく58歳男の発する「お父さん、お母さん」


テレフォン人生相談 2018年2月10日 土曜日

父親の再婚相手である義母は要介護で施設に入所している。
父親も入院することになり、年金だけでは足が出るようになったため、父親の家土地を売却する話も進めている。
最近、義母の実子から電話があり、義母の年金の権利を主張してきたので、取り合わなかったが、それでいいか?

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 男58歳 妻57歳 二人暮らし 子ども3人は独立(女35、女33、男31)
父82歳は入院中 実母は相談者が小さい頃に離婚したきり
父親が32年前に再婚した相手78歳は要介護で施設に入所中
再婚相手には50代の息子と娘がいる
他に相談者には61歳の姉

スポンサードリンク

今井通子:
もしもし?

相談者:
はい

今井通子:
テレフォン人生相談です。

相談者:
はい、お世話になりますうー。

今井通子:
今日はどういったご相談ですかあ?

相談者:
32年ぐらい前にですね、

今井通子:
はい

相談者:
わたしのお、お父さんがあ・・

今井通子:
はい

相談者:
あの、再婚したんですよね。

今井通子:
はい

相談者:
そのお、再婚したお母さんにも・・義理のお母さんにも子どもがおってですね、

今井通子:
はい

相談者:
その子どもさんがあ、その・・自分の実のお母さん(*)の?

(*)自分の実のお母さん:
自分⇒父の再婚相手の子ども
お母さん⇒父の再婚相手

今井通子:
はい

相談者:
年金なり、「いくらか、くれ」(苦笑)ちゅうてですね。

今井通子:
・・はい?

相談者:
年金とかですね・・

今井通子:
ええ

相談者:
・・を、いくらか・・「もらう権利があるので」というような、形で連絡をして来たんですよね。

今井通子:
ちょっと待って。

相談者:
はい

今井通子:
まず最初に・・

相談者:
はい

今井通子:
あなたおいくつ?

相談者:
わたし58です。

今井通子:
58歳

相談者:
はい

今井通子:
お父さま・・

相談者:
はい

今井通子:
今、お話はあなたのお父さま?

相談者:
はい、わたしの、実のお父さんです。

今井通子:
うん。で、お父さま、は、

相談者:
はい

今井通子:
何、最近亡くなったの?

相談者:
いえ、亡くなってません。あのお、5ヵ月前にい・・ちょっと倒れてえ・・緊急入院しまして、今、入院中なんですけど。

今井通子:
あ・・じゃおいくつ?

相談者:
えー82です。

今井通子:
82歳

相談者:
はい

今井通子:
で、お母さま(父親の再婚相手)は?

相談者:
えーっと、要介護4で、も、施設に・・えー、3ん、4年ぐらい前にもう入ってですね。

今井通子:
ええ、で、おい、おいくつ?

相談者:
えー70う、8です。

今井通子:
78歳

相談者:
はい

今井通子:
はい。それで、あなたお兄弟は?

相談者:
えー、わたし姉がおります。

今井通子:
はい

相談者:
で、61です。

今井通子:
61・・弟さん妹さんはいらっしゃんない?

相談者:
いえ、いません。

今井通子:
はい・・ご結婚されてます?あなた自身。

相談者:
はい

今井通子:
はい

相談者:
はい、してます。

今井通子:
奥様おいくつ?

相談者:
57です。

今井通子:
57歳、お子さんいらっしゃる?

相談者:
はい

今井通子:
はい

相談者:
えー上から、女、35。

今井通子:
はい

相談者:
33歳の女。

今井通子:
はい

相談者:
えー長男で、31です。

今井通子:
31歳

相談者:
はい、もう一緒住んでおりません。みなさん独立してます。

今井通子:
はい。
・・で、あなた自身は・・奥様と住んでらっしゃるの?

相談者:
はい、2人です。

今井通子:
お、2人住まいでいらっしゃるのよね?

相談者:
はい

今井通子:
はい。で、お父さまは1人で住まわれてんの?

相談者:
そうですね。

今井通子:
うん

相談者:
もう今、はい、もう1人です。

今井通子:
で、お母さま(父親の再婚相手)は、介護の・・

相談者:
はい

今井通子:
病院に、びょ、あの・・

相談者:
はい。施設の方にもう入所しております。

今井通子:
施設にいらっしゃ、うん

相談者:
はい

今井通子:
いらっしゃんだもんね?

相談者:
はーい

今井通子:
はい。それで?

相談者:
はい

今井通子:
突然言われたんだけれども、

相談者:
はい

今井通子:
その・・お母さま(父親の再婚相手)、あの、義理のお母さんの、

相談者:
はい

今井通子:
娘さん?

相談者:
はい

今井通子:
お父さまが再婚した時い・・

相談者:
はい

今井通子:
子どもの時ですかね?、32年前・・

相談者:
わたしがもう、わたしが20う・・

今井通子:
あ、子どもでもないですね。

相談者:
5、25ぐらいの時ですね。

今井通子:
うん

相談者:
はい

今井通子:
その時に、再婚されてえ、

相談者:
はい

今井通子:
そしてその時にお子さんー、が、えー女の子、男の子?

相談者:
女と男の子2人・・

今井通子:
いて?

相談者:
はい

今井通子:
それ、いくつぐらいの子どもだったの?

相談者:
えー、わたしと同じぐらいみたいですね。55から、50う・・8ぐらい、っていう感じです。わたしまだお会いした事ないんですけど。

今井通子:
・・あ、なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
じゃ、55から58ぐらいの・・お嬢さんと、

相談者:
はい

今井通子:
あの・・

相談者:
長男さん・・

今井通子:
息子さんが・・

相談者:
はい

今井通子:
うん息子さんが、いらっしゃるわけね?

相談者:
はい

今井通子:
はい。
・・で、その、連絡して来たのは、

相談者:
来たのは、息子の方ですね。

今井通子:
あ、息子さんの方が連絡して来たの?

相談者:
はい、はい、はい

今井通子:
そいで、その、その連絡っていうのは・・どういう話が、来たんですか?

相談者:
たまたま自宅におったら電話が入りましてですね、

今井通子:
はい

相談者:
そしたらそのお・・ま、そこで初めて自己紹介とかお互いしながらですね、

今井通子:
ええ

相談者:
たらあ・・
「わたしの、お母さんが」・・その、「施設に入ってるけども、」

今井通子:
ええ

相談者:
そのお・・「年金が、いくらか、ある」と。

今井通子:
ええ

相談者:
その「いくらか」・・ま、「くれないか?」ちゅう事ですよね。

今井通子:
・・うん

相談者:
それで・・実際、もうそのお・・親父の年金と、おふくろ(父親の再婚相手)の、義理のおふくろの年金合わせても実際足らないような状態が今、続いておってですね、

今井通子:
ええ

相談者:
もうその「渡すようなお金ありません」と。

今井通子:
はい

相談者:
たら「わたしは子どもですよ」っていうような、ことを、言われてですね、

今井通子:
はい

相談者:
ま、「そんな事言われるとなら」、ま、わたしも感情的になりまして・・まあ・・
「じゃもう夫婦離婚しますか?」(*)・・「構いませんよ」というような事をですね?

(*)夫婦離婚しますか?:
父親と再婚相手(電話の男の実母)を離婚させましょうか?
という意味。

今井通子:
うん

相談者:
ま、ついつい言ってしまったんですよね。

今井通子:
はい

相談者:
そうしますと・・
(電話の男が)「お母さんは、認知があるからそれはできないやろう」と。

今井通子:
はい

相談者:
しかし、「わたしも、応援するつもりはありません」(*)というような事をですね?

(*)応援するつもりはありません:
相談者が、電話の男を支援するつもりはないという意味。

今井通子:
はい

相談者:
こ、突っぱねたんですよ。

今井通子:
はい

相談者:
それからあ、まあ、連絡はないんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
ちょっと気になってですね?

今井通子:
はい

相談者:
で、ご連絡させていただいたっていうところなんですよね。

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
・・そ、あなた会った事がないっていう事は・・

相談者:
はい

今井通子:
そのお、何だろ、お父さまが、再婚された時・・

相談者:
はい

今井通子:
要はだから、その・・えーあなたにとっては義理のお母さまも・・

相談者:
はい

今井通子:
再婚でしょ?

相談者:
そうです。

今井通子:
うん、で・・その、再婚の時、お義母さまが、子ども連れて来なかったっていう事ですよね?

相談者:
そうです、はい

今井通子:
ていう事は、その、こ、あの・・えー、電話して来た・・

相談者:
はい

今井通子:
男の人・・

相談者:
はい

今井通子:
もしくはその、そのお姉さん?

相談者:
はい

今井通子:
は(わ)、父親側で育てられたって事?

相談者:
ま、そーう、みたいですね。わたしも・・お父さんとはもう、成人になって・・からじゃないとちょっと仕事の関係で、一緒に生活してないもんだからですね・・実のお父さんとはですね。

今井通子:
はい

相談者:
だから、もう、気が付いたら、もう再婚しとったっていうところなんですよね。

今井通子:
あー、なるほどね。

相談者:
はーい

今井通子:
・・あの、お義母さまはもう、ん、かなり認知度が進んでんでしたっけ?

相談者:
はい、はい、要介護、4でもう、わたしい、が行っても、も、全く分からない状態ですね。

今井通子:
・・成年後見人みたいのは付いてないの?

相談者:
いや、ないですねえ・・
ただ、お父さん、も、もう・・も、施設にい、入れるような話をし、も、して、で、ですね。

今井通子:
はい

相談者:
ま、知り合いの方から、
「まだ認知が酷くならないうちにい」・・

今井通子:
うん

相談者:
その、も、「色んな手続きはしとった方がいいよ」というような矢先にこんな事が起こったもんだからですね、

今井通子:
なるほど。

相談者:
はーい。だから、まあ・・お父さんも施設に入れれば、お金掛かるしい・・

今井通子:
ええ

相談者:
実際、お母さんもお金掛かってるしですね。

今井通子:
はい

相談者:
でえ・・ま、お父さんいわく、そのお・・お母さんの分は、そのお・・
「俺の年金で、そこは合わせれば、ギリギリできるから」っていうような・・感じで思ってたみたいなんですよね。

今井通子:
はい

相談者:
・・ところが実際自分がもう、そういうような状況になったからですね、

今井通子:
ええ

相談者:
も、迷惑掛けられないという事でもう・・も施設に、入って、少々お金が掛かってもですね、

今井通子:
はい

相談者:
で、施設に入れてえ、そのま、辛うじてえ・・ひと月い・・ま、2、3万の赤が出てもですね?

今井通子:
ええ

相談者:
わたし達だけでやって行こうかなっていうような感じで、も、実際今進めて、おるんですよね。

今井通子:
・・なるほど。

相談者:
はーい。ただ・・お母さ・・

今井通子:
で、お父さんはでもそのお・・

相談者:
はい

今井通子:
あれでしょ?、意識は、意識はっていうか普通、なんですよね?

相談者:
まあ、普通よりもちょっと悪いけどです(苦笑)ま、普通ですね。

今井通子:
うん

相談者:
はい

今井通子:
で、お父さん自身の、その、財産?

相談者:
はい

今井通子:
ていうのは、その年金以外の・・

相談者:
が、あと家があります。

今井通子:
はい

相談者:
戸建ての家を、もう・・まあ、お父さんとのお・・話の中でですね?

今井通子:
ええ

相談者:
今後の施設の部分のお金が掛かるので・・

今井通子:
ええ

相談者:
もう、売却しようという話も進めてます。

今井通子:
あーははは

相談者:
もうそれも、早い方が、まあ、よかろうねという事でですね。

今井通子:
うーん、でこれ、家って何、土地付き?

相談者:
はい、そうです。

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
じゃ土地と家と・・あとは年金と、

相談者:
はい

今井通子:
で、お父さんができるところまでやって、

相談者:
はい

今井通子:
であとは2万ぐらい、マイナスになっても?

相談者:
はい

今井通子:
あなたが受けちゃう・・っていう事?、そこは。

相談者:
ま、自分の実の親だからですね。

今井通子:
うん

相談者:
で、ま、義理のお母さんでも、わたしの姓になってるんで、

今井通子:
うん

相談者:
もう、ま親父い、が再婚した相手でも、戸籍上はお母さんだからですね。

今井通子:
はい

相談者:
もうわたしが、もちろん、もう・・ん、看なくちゃいけないだろうっていう事は、も、準備はでき、心の準備はしてます。

今井通子:
うん・・あのちなみに確認なんですけど、

相談者:
はい

今井通子:
あなたの本当のお母さまは・・

相談者:
はい

今井通子:
若い時亡くなっちゃったの?

相談者:
いえ、あのお・・

今井通子:
離婚?

相談者:
離婚です。

今井通子:
あー、そうなんですか。

相談者:
はい

今井通子:
ま、離婚理由が何だかは、なんかは分かんないですよね?

相談者:
もうわたしの小さい時なんでよく、顔も覚えてません。

今井通子:
うーん、で、そのお母さまとはあ、全く連絡取れてないの?

相談者:
・・はい

今井通子:
うん、ふん、ふん・・分かりました。

相談者:
はい

今井通子:
そうするとお・・もう1回その、何ていうのかな、質問としては、何っていうのをおっしゃってみて下さる?

相談者:
あのお・・義理のお母さん、のですね?

今井通子:
はい

相談者:
年金をいくらか渡さなく、くちゃいけないのかですね?

今井通子:
はい

相談者:
まあ・・あとは、もしい・・その渡す渡さんで揉めた時に、離婚んー・・とかができるのか?っていう事ですね(苦笑)

今井通子:
(苦笑)なるほど。

相談者:
はい(苦笑)

今井通子:
はい。今日はですね弁護士の、大迫恵美子先生がいらしてますので伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

今井通子:
先生よろしくお願い致します。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


相談内容よりも耳につく58歳男の発する「お父さん、お母さん」」への2件のフィードバック

  1. すごく同意。本解説こそ相談者の人生を左右しますね
    当人、見てるかな~もったいな
    それでもアレな感ビンビンですね。この人
    ピントがズレてる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。