ローン減税と繰上げ返済はどっちが得?給料が減る息子の計画に口も金も出す母


スポンサードリンク

(回答者に交代)

大迫恵美子:
もしもし?

相談者:
はい、お願いします。

大迫恵美子:
はい、こんにちは・・
(苦笑)えーとですね・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
あのお、ま、どうなんでしょうね?、あの・・そのお、36歳、ですよね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
で、ま、あのお、先程からね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
伺ってると、

相談者:
はい

大迫恵美子:
おー、ま、多分あなたはね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
えー、この、お子さんを、

相談者:
はい

大迫恵美子:
ま、自分の思う通りに動かしたいと思ってるんだなっていう事がね?・・

相談者:
うーん、そ、そうかもしれません、はい

大迫恵美子:
あの、凄く、伝わって来るんですけど、

相談者:
はい

大迫恵美子:
ま、これはあのお、もう・・あのお・・もう、二十歳を過ぎたら、ダメですよ。

相談者:
はい

大迫恵美子:
だから・・「どう接したらいいのか?」っていうご質問もね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの、「どう接したら」・・「自分の思う通りに動かせるんでしょうか」っていう・・意味も含んでるん、のかどうかね?

相談者:
あー、そうじゃないです。

大迫恵美子:
ああ

相談者:
あの、どういう風に・・声掛けをしたら・・あのお、ネガティブにならずに・・

大迫恵美子:
うん。あのね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
まあ、ネガティブになるのはね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
これはもう、あの、母親の・・おー、常ですよ。

相談者:
あーあ

大迫恵美子:
も、どの母親もみんな・・あの、悪い事ばっかり考えてるんですよ。

相談者:
あ、はい

大迫恵美子:
も、小さい時からずっと心配してるでしょ?

相談者:
はい

大迫恵美子:
それは、ま、大体、そんなに珍しい事じゃなくて、

相談者:
はい

大迫恵美子:
あなた、が特別にどうって事じゃないんですよ。

相談者:
あっ、あ、そうですか、はい

大迫恵美子:
でま、大体どこの(苦笑)、あの多くの、ふ、ご夫婦がね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
まー、それ、もちろん人間ですからそれぞれ個性があるんですけど、

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの、お母さんが、凄く細かく心配していて、

相談者:
はい

大迫恵美子:
えー、お父さんの方が・・あーちょっと、ね?、あの、ま、女性から見ると・・抜けてるなと思うぐらい、あっけらかんとしてるっていう方が・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
多いと思いますよ。

相談者:
はい、はい

大迫恵美子:
で、それは別にそんなに珍しい事でもなくてね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
違いがあって・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
そして、ま、要するに違う人が2人いるから・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
上手く子育てが出来るっていう風になってるわけですからね。

相談者:
あ、はい

大迫恵美子:
だから、あなたが色んな事を考えてしまうのは、それは、も、しょうがないと思いますよ。

相談者:
あーはい

大迫恵美子:
で・・あの、「どういう風に話し掛けたらいいでしょう?」って、もちろんそれはね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの・・今回言った事で怒ったんでしょう?

相談者:
はい

大迫恵美子:
で、そんな、「じゃ、もう死ぬしかない」なんてね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
それは、ま、多分、嫌がらせだと思いますけどね(苦笑)

相談者:
アハハ(苦笑)はい

大迫恵美子:
お母さん、が一番堪えるだろうと・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
思って言ってると思いますけど。

相談者:
はい

大迫恵美子:
ま・・親子ですからね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
え、時間が経てば・・ま、そういう、そんな事も、あってもまた・・元に戻って、また話をするっていう風になるのが普通だと思いますよ。

相談者:
あ、はい

大迫恵美子:
だから、そこでまたね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの、話し掛けて来たのをいい事に、前とおんなじ事を言えばね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
また喧嘩になるに決まってますよね?

相談者:
はい、はい、はい

大迫恵美子:
だから、ま、それは・・あのお、怒られたんだから、

相談者:
はい

大迫恵美子:
その事をそんなに、あの、主張してもしょうがないのでね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
ま、黙ってたらどうですか?

相談者:
あ、分かりました。

大迫恵美子:
で、その・・お家、ですよね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
これはも、ホントにね、難しい、話なので、

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの、お母さんはその、自分が援助してあげて、早く返してね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの、借金はない方が・・どれだけ有り難いかって思ってるかもしれませんけど、

相談者:
はい・・はい

大迫恵美子:
結局その、援助はね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの、あげるっていう事なんですか?

相談者:
・・そうです。

大迫恵美子:
あの「返して」って事じゃないんですね?

相談者:
そうです。

大迫恵美子:
んん、だけど、ま、このお金はね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
今、お母さんの、手元にあるわけだけど、

相談者:
はい

大迫恵美子:
あー、ま、それも大切なお金ですからね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
一番、あの・・ま、な、どういう風に使って行くのが・・あの、何かと、いい事なのかね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
例えば今回この、住宅の事では・・あの、たくさんの借金が息子さんにあって、

相談者:
はい

大迫恵美子:
今、一番、お母さんにとって心配なのかもしれませんけど、

相談者:
はい

大迫恵美子:
ま、これから先々ね?、何があって、

相談者:
はい

大迫恵美子:
どんな時にどういう援助が必要か?なんて分からないじゃないですか?

相談者:
はい、はい

大迫恵美子:
それからまた、逆にあなたの方がね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
お金が必要になって、

相談者:
はい

大迫恵美子:
今、このお金を全部、その、ま、全部っていうかね?、その、大半を、息子さんに使った後で、

相談者:
はい

大迫恵美子:
今度は逆に息子さんに、あのお、助けてもらわなきゃいけなくなっちゃうとかね?

相談者:
あー、はい

大迫恵美子:
そういう事も、あり得るわけですから、

相談者:
はい、はい

大迫恵美子:
そうすると、あの時、そんな、無理してえ、繰り上げ返済なんかしたけど、

相談者:
うん

大迫恵美子:
今、ここで、自分から持ち出してお母さんを助けなきゃいけないんだったら・・あ、どっちが良かったかなんてね?

相談者:
あーはい

大迫恵美子:
そんな将来の事、分からないじゃないですか。

相談者:
はい、はい

大迫恵美子:
だから、それ、あの、ね?、例えば、あなたの判断の方が、後から良かったという事になるのかもしれないし、

相談者:
はい

大迫恵美子:
やっぱり息子の言う通りにした方が良かった・・

相談者:
あ、はい

大迫恵美子:
という事になったの、なるのかもしれないし、

相談者:
はい、はい

大迫恵美子:
そればっかりはもう、今の段階では誰にも分かりませんのでね?

相談者:
はい、はい

大迫恵美子:
あ、もう、今、あの息子さんが「こう決める」って言うんだったら・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
それに従うしかないし、

相談者:
あ、はい分かりました。

大迫恵美子:
うん。でそれで、あの・・いつまでもね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
「ほら、わたしの言う通りにしないから」とかね?

相談者:
あ、はい

大迫恵美子:
「大丈夫なの?」とか、ずっと言、い続けるっていうのが・・

相談者:
あ・・

大迫恵美子:
最悪のやり方で(苦笑)。

相談者:
分かりました、はい、はい

大迫恵美子:
もう・・

相談者:
気を付けます、はい

大迫恵美子:
うん。そーれ(苦笑)あの、もう、とにかくね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
息子さんが自分で決めるんだという事を、

相談者:
はい

大迫恵美子:
もう、決めて、

相談者:
分かりました。

大迫恵美子:
それはもう、心配するのは心配すると思いますけど(苦笑)、

相談者:
は、はい

大迫恵美子:
心配してもね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
言ってもしょうがないと。

相談者:
はい

大迫恵美子:
そういう風に、もう、あの、心の中ではもう、それは不安が湧いて来るのは分かりますけど、

相談者:
ハハハ(苦笑)はい

大迫恵美子:
湧いたものを全部言わなくてもいいと。

相談者:
あ、はい、分かりました。

大迫恵美子:
そういう事で行くしかないんじゃないですか?

相談者:
はい、ありがとうございます。#$%◆

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

今井通子:
お分かりいただけました?

相談者:
はい、はい

今井通子:
やっぱり・・お話伺っててもせっかちですね。

相談者:
あー、そうですか(苦笑)

今井通子:
なんかもう・・

相談者:
はい

今井通子:
大迫先生がおっしゃる前から、
「はい、分かりました」、「分かりました」っておっしゃって。

大迫恵美子:
(笑)

相談者:
(笑)

今井通子:
あのお・・息子さんが将来・・

相談者:
はい

今井通子:
にっちもさっちも行かなくなった時、

相談者:
はい

今井通子:
ま、今、お母さんポンと、1500万ぐらい出せるらしいから、

相談者:
はい

今井通子:
相当お金持ちらしいので、

相談者:
いやいや、そのお・・ん、息子のために・・

今井通子:
うん、そういう時に、

相談者:
はい

今井通子:
残しといてあげればいいじゃない?

相談者:
あ、はい、分かりました。

今井通子:
うん

相談者:
はい

今井通子:
で、なんか息子さんが、もうダメってなった時に、

相談者:
はい・・はい

今井通子:
手を差し伸べてあげた方がいい。

相談者:
はい、分かりました。

今井通子:
だけど・・その時、電話でなんか泣き声かなんかで言って来たのを真に受けたりしないで下さいね。

相談者:
はい、分かりました。

今井通子:
な、「はい」って何故、何、何言ってるか分かります?

相談者:
・・あ、はい?

相談者:
オレオレ詐欺ですよ。

相談者:
あー、あ、そうですね、ホントですね、ンフフフ(苦笑)。

今井通子:
うーん、そういう事にならないようにね。

相談者:
はい、はい、分かりました。

今井通子:
はーい、じゃ・・

相談者:
はい、ありがとうございました。

今井通子:
はい、失礼しまーす。

相談者:
はい、失礼します。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。