弁護士を避ける不貞カップルの誤解。面倒なダブル不倫賠償のご相談は法律事務所へ


テレフォン人生相談 2019年2月5日 火曜日

夫にLINEを見られて、白状する形で浮気がバレた。
相手とは別れて夫とやり直すつもり。
夫は、まず相手から経緯を聞いて、そして相手の出方を見た上で対応のし方を決めるつもりで、いずれにしても弁護士を立てて進める意向。
浮気相手からは家族にバレるので弁護士に依頼するのはやめて欲しいと言われる。

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 塩谷崇之(弁護士)

相談者: 女44歳 夫44歳 結婚18年 長女15歳 次女11歳 長男10歳

今井通子:
もしもしい?テレフォン人生相談です。

相談者:
よろしくお願いいたします。

今井通子:
はい、こちらこそお、今日はどういったご相談ですか?

相談者:
わたくしの事なんですけれども。

今井通子:
はい

相談者:
結婚ん、は、しているんですが、えと2人の男性とお、不倫ん・・関係え、になってしまいまして。

今井通子:
あなた、おいくつ?

相談者:
40う、4歳です。

今井通子:
ご主人は?

相談者:
44歳です。

今井通子:
44歳。お子さんいらっしゃいます?

相談者:
長女、10う、5歳、次女、11歳、長男10歳です。

今井通子:
ご結婚して何年目?

相談者:
18年です。

今井通子:
不倫ん、を・・

相談者:
はい

今井通子:
2人の人としてるの?

相談者:
一人一人、別々の期間なんですけれども、4年前え、から・・3ヶ月ぐらいだったと思うんですけれども、その方と、終わりました。

今井通子:
はい

相談者:
二番目の方とは、1年ん、前え、ぐらいから、

今井通子:
はい

相談者:
現在・・までですね。

今井通子:
現在まで?

相談者:
はい

今井通子:
はい
この事について・・

相談者:
はい

今井通子:
ま、当然ご主人は知らないですよね?

相談者:
わたしい、の、携帯の・・LINEん、で、相手の方とのやり取りい、のメッセージを残して・・ましたので、

今井通子:
はい

相談者:
見られてしまったので、自白をして、

今井通子:
はい

相談者:
今ちょっと主人と・・ま、揉めているという状況です。

今井通子:
ご主人は何ヶ月前ぐらいに、

相談者:
はい

今井通子:
発見?

相談者:
今月、ですね。3週間前ぐらいです。

今井通子:
で、この3週間前に、

相談者:
はい

今井通子:
分、分かっちゃったのは・・

相談者:
はい

今井通子:
この2件ともなの?

相談者:
1件です。
えとお・・・今・・

今井通子:
じゃ、現在の、

相談者:
そうです。

今井通子:
方だけね?

相談者:
はい
ま、主人は、ま、弁護士を立てて、浮気が発覚した方あ、と、やり取りをお、するという話で、浮気の相手の人からは、
「弁護士を通さないで、何とか治めたい」っていう話を、されてまして。

今井通子:
相手の方は結婚してんの?してないの?

相談者:
あ、してます。

今井通子:
相手の方は・・奥様にはバレてないっていう事?

相談者:
ないです・・

今井通子:
じゃ・・

相談者:
弁護士を立てられてしまうと、

今井通子:
うん

相談者:
家庭にもバレてしまう可能性もあるという事で。

今井通子:
ええ

相談者:
わたし自身も・・ま、出来れば・・ま、弁護士を立てず・・

今井通子:
待って。

相談者:
はい

今井通子:
相手の方の場合には、

相談者:
はい

今井通子:
今後、あなたと付き合わないっていう話?

相談者:
はい、そうです、

今井通子:
で、一方あなたの方は・・

相談者:
はい

今井通子:
あなたとの結婚生活についてはこれ・・

相談者:
はい

今井通子:
どうしようという事?

相談者:
「今は、離婚するのか、しないのか、までは」・・「ちょっと決断は出来ない」という風に言われていて・・

今井通子:
相手の方から慰謝料もらおうみたいな話?

相談者:
相手のこう・・誠実さとかを見て、判断するっていう話、だったんですけれども・・直接やり取りするう、と、感情的にも抑えられないかもしれないし、何するか分からないので・・とりあえず、ま、弁護士を通して、

今井通子:
うん

相談者:
どういう経緯で、

今井通子:
うん

相談者:
こういう関係になったのか?

今井通子:
うん

相談者:
相手の人から聞き出したい。

今井通子:
で、あなたはどう思ってるわけ?

相談者:
まず、主人と・・やり直したいっていう気持ちが、第一にあるので、

今井通子:
はい

相談者:
ま、ただ、主人が言うには、
「それであれば、自分が」こう「弁護士を立てて、相手と接近する事」・・

今井通子:
うん

相談者:
「については、俺に対する誠意でもあるんじゃないのか?」っていう、ことで、その「弁護士を立てる事に対して、止める、ことではない」っていう風に、言われてまして。

今井通子:
はい

相談者:
ただ、わたし、自身も、ま、弁護士立てて・・するのは、ま、避けたいなっていう・・正直な気持ち・・です。
わたしと相手とお、の・・間で、ま、「今後一切会いません」、み、というような、ま、誓約書みたいなのを書いて・・治められたらな、とは、思ったんですが。

今井通子:
そもそもね?、今回も含め2回も、

相談者:
はい

今井通子:
浮気した理由は何なの?

相談者:
子どもが産まれてから、子育て中心ん・・な生活になってしまいまして、

今井通子:
はい

相談者:
主人としては、わたしに対してはずっとこう、女性として見てくれてたり、

今井通子:
はい

相談者:
ま、家事もやってくれたりはしてたんですけれども、とにかく・・

今井通子:
ああー、いいご主人、はい

相談者:
はい
とにかく、こう、自分の事を見て欲しいという主人の、気持ちが強い、かったので、

今井通子:
ええ

相談者:
そこでわたし、が、子育てに、ま、精神的にも体力的にもキツい時期だったので、

今井通子:
あはい

相談者:
その時期は主人、のことは見れないという風に、

今井通子:
はい

相談者:
態度・・に表したり、

今井通子:
はい

相談者:
して、来てしまったんですね。

今井通子:
はい

相談者:
で、そこで・・2人の間に溝が出来て行ってしまいまして、

今井通子:
はい

相談者:
そのうち、わたしが、ま、子育ても一段落して、

今井通子:
はい

相談者:
ま、外に働きに・・出て、

今井通子:
はい

相談者:
で、今フルタイムで・・ま、仕事はしているんですけれども。

今井通子:
あーなるほどなるほど。

相談者:
はい

今井通子:
ちなみに、ごし、ご主人は会社員か、それともあの、自営?

相談者:
会社員です。

今井通子:
会社員?

相談者:
はい、はい

今井通子:
はい
あなた自身も・・

相談者:
子どもがしばらく、大きくなるまでは専業主婦で、

今井通子:
はい

相談者:
ま、その時に主人が、ま、失業した、こともあって、

今井通子:
はい

相談者:
それからわたしが働きに出るようになりまして、
そ、こ、か、らあ・・ですね、段々ちょっと・・夫婦の溝も深まって来てしまったっていうところも・・あります。

今井通子:
ご主人が失業しちゃった事もあるわけね?

相談者:
ありますね。

今井通子:
はい

相談者:
であと、単身赴任生活とかもあったり。

今井通子:
どっちに?

相談者:
主人、がですね。

今井通子:
はい

相談者:
わたしがあ、主人に対して・・更にこう、不満が、ありまして、

今井通子:
はい

相談者:
まあ、夫にもちょっと無関心になってしまったり、してたん、ですよね。
で、まあ、わたしもこう、ちょっと言いたい放題やりたい放題の妻になってしま、いまして、
わたしだけが、家事と育児い、をやっているという・・ま、精神的にもいっぱいいっぱいになってしまっていて。

今井通子:
うん

相談者:
主人も・・わたしに対して、こ、八つ当たりとか・・ま、帰って来ても不機嫌だったりとか。それが・・わたし自身も、
「あ、またなんかイライラしている、やだな」とか・・そういう思いから・・相だーん、になってくれる・・今回の・・

今井通子:
うん

相談者:
浮気の相手の方が居たので。
わたしのこう、不満とかを解消出来る方?

今井通子:
はい

相談者:
だったので・・そういう関係になってしまいました。

今井通子:
子育てと仕事と両方で手一杯になったのに、相手と会うともっと忙しくなるはずだけど。

相談者:
せ、生活・・して行く上で、そんなに相手と会うから、忙しいとかはあ・・無、かった・・会う回数も・・ま、月1回とかだったので・・

今井通子:
月1回ぐらいなのね?

相談者:
そうですね。

今井通子:
うんふん
あなたとしては、

相談者:
はい

今井通子:
ご主人を立てれば相手が立たず、相手を立てなければ(立てれば)ご主人が、立たない?

相談者:
はい

今井通子:
そこでちょっとパニクって、どうしようって話?

相談者:
そ、そうです。
で、わたしは、ま・・やはり主人の意見に従った方が・・いいとは、思って、いるんですけれども。&#△%

今井通子:
要は弁護士さん通す方法に・・

相談者:
はい

今井通子:
相手をどう説得したらいいですか?っていう話?

相談者:
そうですね。

今井通子:
分かりました、今日はですね・・

相談者:
はい

今井通子:
弁護士の塩谷崇之先生がいらしてますので・・

相談者:
はい

今井通子:
伺ってみたいと思います。

(回答者に交代)


「弁護士を避ける不貞カップルの誤解。面倒なダブル不倫賠償のご相談は法律事務所へ」への8件のフィードバック

  1. 子供が3人もいるのに自分の事・話ばかりでイライラする相談者ですね。
    親の浮気・不倫が子供の人生を変えてしまう事もあるということをわかっていない人が多すぎますね。少なくとも僕は変わりました。
    相談者はやった事の責任、そして報いを受けるべきだと思います。逃げるな。

  2. 人の相談してるみたい?
    聴いてて、勘違いしそうになっちゃった
    貴方、当事者ですよね、子ども3人いて2回も不倫した・・・
    2回あることは3回あるってか😱

  3. この相談者は旦那さんのことを第一に考えていないのでしょうか?自己保身のことばかり。そんなに不倫相手と自分の都合しか考えていないのなら、離婚して不倫相手と一緒になったら?恐らく夫婦の危機的状況を認識していないから後始末の相談でしょう。普通は再構築の相談でしょう。そんな考えでは再構築も上手くいかないでしょうね。その内不倫の代償の大きさに気づくでしょう。自業自得。

  4. 相談者は、家事と育児と仕事でいっぱいいっぱい。それが夫との溝ができた原因のひとつ・・と強調。
    今井先生、「子育てと仕事で手一杯なのに浮気相手と会うともっと忙しくなるのでは?」
    相談者「相手と会うから忙しい・・とかはァ、無かった」  (笑)
    そう、浮気相手に会うためなら、どんなに忙しくたってどうにか都合を付けて会いに行くのよね。
    今井先生、ちょっと意地悪で聞きました?

  5. 今回も最悪な女でしたね~。
    どんな面か見たいわ。
    相手の家庭にもバレて、この女も相手の男も、法の成敗を受けな!

  6. 子供さんが1番の被害者両親は
    くっついたり、離れたり出来るけど親は貴方たちだけ、離婚が悪い訳じゃないけど最低の離婚理由で子供たちが可哀想すぎる。どんな理由が有ろうとも母親が1番しちゃいけないこと事だよ

  7. この相談者は話す雰囲気から、自分がしでかした事の重大さを認識していない。
    だから弁護士を使わず、何とか自分達で収めたい。自己保身で罪の意識が欠落している。
    だから軽々しく(主人とやり直したい…)と言えるんだろう。
    今回が2回目の不貞だから、多分3回目4回目も有るだろう。
    当分夫婦関係がギクシャクするだろうから、再犯率が高いのでは?
    夫も再構築を視野に入れてるのなら下記のペナルティを与えては?
    1.離婚届 2.公証役場 3.別居 4.ルール
    1は夫のサインと捺印した離婚届を相談者に渡し、相談者にサインと捺印をさせて夫が預かり次回不審な行動が有ったらその時点で離婚届を提出する予告をする。
    2は相談者を公証役場を連れて行き、その場で公証証書に誓約させる(離婚に応じる、親権を渡す、慰謝料を払う、養育費を払う等)
    3は相談者を家から追い出し、期間限定の別居をさせる。1人になる体験をさせて実感させる。
    4は相談者にルールを設ける。(携帯はロックしない、携帯にGPSを入れる、出掛ける際は細かく詳細を伝える等)
    ペナルティを与えて不服を言ったら、その時点で再構築を諦めて離婚に向けて話し合いが良いのでは?
    本当に反省して心を入れ替えてやり直したいのなら夫の気持ちに寄り添うのでは?
    やり過ぎかもしれないが、罪の大きさを認識させるのも相談者の為では?

コメントはお気軽にどうぞ