弁護士を避ける不貞カップルの誤解。面倒なダブル不倫賠償のご相談は法律事務所へ


(回答者に交代)

塩谷崇之:
はいこんにちは

相談者:
こんにちは、よろしくお願いいたします。

塩谷崇之:
はい
その浮気相手の方は、弁護士が間に入る事を・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
そんなに嫌がってるのは、どうしてなんですかね?

相談者:
ま、会社に知られたくないとか、家庭を壊し、たくないという理由、だと思います。

塩谷崇之:
あなた自身としてはどうなの?

相談者:
ま、出来ればあ・・このまま収束させたいなとは思っ・・正直そういうふうには思っているんですけれども、

塩谷崇之:
うんー、ま、ご主人の立場あ、からすると、やっぱり・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
何らかの形でけじめは付けてもらわないといけないと。

相談者:
そうです、そうですね。はい

塩谷崇之:
で、けじめの付け方としてえ・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー何が適切なのか?

相談者:
はい

塩谷崇之:
それを、ま、弁護士に依頼をして、探りたいという事なんですよね?

相談者:
あ、そうですね。

塩谷崇之:
うん
ま、あなたと、あとその浮気相手の方は、その弁護士が間に入る事によって・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
色々、問題が大きくなっちゃうんじゃないか?という風に考え・・

相談者:
あ、そうです。

塩谷崇之:
うん

相談者:
そこお、ですね、はい

塩谷崇之:
考えておられるようなんだけどね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
じゃ他方で、

相談者:
はい

塩谷崇之:
弁護士が入らなかった場合ね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
だけども・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
ご主人としては、何とかけじめを付けたいと。

相談者:
はい、はい

塩谷崇之:
いう場合にはね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
ま、ご主人が直接、その相手の男性と、ま、会うなりね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
え、連絡を取って、直接何か話をする事になりますよね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
えっと浮気相手の男性の、名前とか連絡先も全部ご主人は知ってるわけね?

相談者:
主人から・・ま、「ほんとに」い、「やり直したい気持ちがあるんであれば」・・

塩谷崇之:
うん

相談者:
「俺が言ったこと」、「は、ちゃんと」、こう、「対応するべきだろ」という風に言われたので、

塩谷崇之:
うん

相談者:
ま、相手は、も「絶対教えないでくれ」という風に・・念を押されてたんですけれども、

塩谷崇之:
うん

相談者:
主人には伝えました。

塩谷崇之:
なるほど。

相談者:
はい

塩谷崇之:
そうすると、ご主人がね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
え、相手の、男性のところに、

相談者:
はい

塩谷崇之:
え、例えば何か手紙を出したり・・勤務先宛に、

相談者:
はい

塩谷崇之:
い、何か、手紙を出したり、

相談者:
はい

塩谷崇之:
ていう、う可能性は・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
やっぱり否定出来ないわけですよね?

相談者:
そうです。

塩谷崇之:
そうすると、ご主人が・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
直接相手の男性にね?、連絡を取ったり・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
働きかけをする・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
方がね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
よっぽど、リスクが、あるんじゃないですかね?

相談者:
なるほど、そうですね。

塩谷崇之:
うん。弁護士であれば、少なくとも、

相談者:
はい

塩谷崇之:
ま、ご主人よりは、何をすべきなのか?

相談者:
はい

塩谷崇之:
或いは、ここまでしちゃいけないんじゃないか?とか。

相談者:
はい

塩谷崇之:
そういう事について、一歩下がったところからね?

相談者:
はい、あ、なるほど。

塩谷崇之:
冷静に、えー考える事は・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
出来るとは思うけれども、

相談者:
はい

塩谷崇之:
ご主人が・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
直接、相手とやり取りをするというのは・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
わたしはそれ結構、危険な・・

相談者:
あ、そうですか、はい

塩谷崇之:
事だと思うんですよ。

相談者:
はい

塩谷崇之:
むしろ・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー弁護士、を通じてね?、話をしてもらった方がいいかもしれない。

相談者:
はい

塩谷崇之:
でね、えーと、一番多分気にしてるのは弁護士からね?・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー、法律事務所の名前で・・相手の、お、家にね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
ま、通知が行くと、奥さんにバレちゃうんじゃないか?とか・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
いう事なんじゃないか?と思うんですよね。

相談者:
そうです。

塩谷崇之:
依頼された弁護士さんは、

相談者:
はい

塩谷崇之:
浮気相手の・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
自宅・・とか会社宛に・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
通知をするしか・・

相談者:
はい・・はい

塩谷崇之:
浮気相手の男性と連絡を取る手段がないから・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
そこに出すわけですよ。

相談者:
はい

塩谷崇之:
うん、だから・・

相談者:
はい、そっか、はい

塩谷崇之:
うん、嫌だ嫌だと思って・・そのまんまにしておくと・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
いきなり自宅宛・・或いは・・

相談者:
あ、はい

塩谷崇之:
あー、職場宛に、通知が来る、ことに、なるんで、

相談者:
そうですね、はい

塩谷崇之:
むしろ、

相談者:
はい

塩谷崇之:
弁護士さんが誰かっていう事が決まったら・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー「ちゃんと話し合いをしたいです」という事で、

相談者:
はい

塩谷崇之:
その浮気相手が・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
自分の方から弁護士さんに連絡を取るっていうね?

相談者:
あ、そうですか。

塩谷崇之:
そういう手段は、ありますよね?

相談者:
あ、そうですか。

塩谷崇之:
うんー、弁護士さんが、あー、ん、の、名前とか・・連絡先が分かったらね?、ご主人の方から・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
あー、そういう通知が行くのに先んじて、

相談者:
はい

塩谷崇之:
あなたの、おー・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
浮気相手の方から・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
弁護士さんに、

相談者:
なるほど

塩谷崇之:
いー連絡が取れる手段を・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
作っておけば、

相談者:
はい

塩谷崇之:
自宅宛に、

相談者:
はい

塩谷崇之:
郵便物が来たりするっていう事は・・

相談者:
あ、ない?

塩谷崇之:
うん、そのリスクは、減らせるかもしれないですよね。

相談者:
減らせる、ということですね。

塩谷崇之:
うん

相談者:
あ、そうですか。

塩谷崇之:
ただ、ま、それを・・今申し上げたような事をするにはね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
なんかあなたが浮気相手に対して、

相談者:
はい

塩谷崇之:
色々サゼ、サゼッションをし、う・・するような形になってしまうと。

相談者:
そうなんです。

塩谷崇之:
それは・・

相談者:
それが・・

塩谷崇之:
うん

相談者:
ちょっと主人は・・い、「もう、連絡は一切取るな」ていう風に、

塩谷崇之:
うん

相談者:
ま、言われているのと、
ただ相手も、戦々恐々としているので、

塩谷崇之:
うん

相談者:
ま・・どういう状況になってるか?っていうのを、

塩谷崇之:
うん

相談者:
もう、常にこう、連絡が・・来るんですけれども、

塩谷崇之:
うん、もしね?・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー、もう浮気相手とは、あ、きっぱり別れるという決心もついていて、浮気相手の方もそれなりの責任を取るというような覚悟も出来ていて・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
ただまあ、浮気相手の方の家庭を、とか・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
あと職場にも影響を及ぼしたくないという事であれば・・

相談者:
え、ええ

塩谷崇之:
もう思い切ってあなたの方からね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー、じゃ、その人と、あの「わたしと」・・

相談者:
はい・・はい

塩谷崇之:
おー、「あなたと」、或いは「あなたの弁護士さんと」・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
「話し合う」・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
「場を設定するんで」、

相談者:
はい

塩谷崇之:
え、「そこで、解決方法について」・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー「話し合いたい」と・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
いう風にあなたの方でそういう場を設定する・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
ぁんー、あなたとしては、そ、なるべくそれはしたくないとは・・

相談者:
えーはい

塩谷崇之:
思うけれども・・

相談者:
&#△も、はい

塩谷崇之:
けじめを付け、且つ・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
周りに影響が及ぼない、及ばないように・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー、するための手段としては・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
当事者が・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
集まって・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
そこで、あのお、話し合いが出来るような場を設けると・・

相談者:
はい・・はい

塩谷崇之:
いうのが、一番、

相談者:
はい

塩谷崇之:
当事者の間だけで・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
話が解決しやすく、なる・・

相談者:
はい、なる・・

塩谷崇之:
んじゃないかなという風に・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
思います。

相談者:
あ、そうですか。

塩谷崇之:
うん

相談者:
はい

塩谷崇之:
で、ま、それでも、ご主人の気持ちが収まらずに・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
訴訟とか調停とかになるような場合にはね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
も、それはそれでもう腹をくくるしかないと思いますけれども。

相談者:
そうですよね。

塩谷崇之:
はい

相談者:
分かりました。

塩谷崇之:
はい

(再びパーソナリティ)

今井通子:
先生だけど、逆を言うと、相手の奥さんが知ったら、相手の奥さんはこっちを訴訟する事出来ますよね?

(再び回答者に交代)

塩谷崇之:
そうですね。はい

今井通子:
ご主人は・・

相談者:
はい

今井通子:
「それでもいい」って言ってんの?

相談者:
「それは」あ・・「どうなるかは分からないけど、慰謝料請求される事も、考えなきゃいけないよね」っていうのは・・言われました。

今井通子:
じゃそこまで考えるからこそお・・

相談者:
はい

今井通子:
弁護士さんに、全部やってもらおうと思ってんのかな?

相談者:
あ、多分そうだと思います、はい

塩谷崇之:
やっぱり弁護士入った方があ・・

相談者:
方が、やはり・・

塩谷崇之:
いいんでしょうね。

相談者:
あ、&#ね、はい

塩谷崇之:
それだけじゃなくてね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
例えば、えー浮気相手が、

相談者:
はい

塩谷崇之:
あー、あなたのご主人に対して・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー、慰謝料を払ったとしますよね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
あなたと、不倫相手の、

相談者:
はい

塩谷崇之:
ま、共同不法行為という形で・・

相談者:
ええ、ええ、はい

塩谷崇之:
ご主人が被害者になってるう、のでね?

相談者:
あ、はい

塩谷崇之:
うん、えーと、相手の男性が払った、例えば、200万払ったら・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
そのうちの半分は・・あなたの方にね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
え、負担をしてくれっていうような請求が来る事だってあり得るわけですよ。

相談者:
あー・・あーなるほど。はい

塩谷崇之:
だから、そういう後始末をね?、あとでそうやって、こうお金がぐるぐる、ぐるぐる、ま、この・・

相談者:
ええ

塩谷崇之:
求償っていう風に言うんですけども・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
この求償関係がぐるぐる回るのを、回らずに済むように、するためにも・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
きちんとした形でね?・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
示談をしておかないと・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
やっぱり問題がどんどん広がってってしまうんで。

相談者:
はい

塩谷崇之:
うん、そういう意味でね?、きちんと交通整理をして・・

相談者:
はい・・はい

塩谷崇之:
冷静に判断をするためにも・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
弁護士が入るという事は、あの・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
決してマイナスではないので。

相談者:
あ、そうですか。

塩谷崇之:
はい

相談者:
分かりました。
ありがとうございました。

今井通子:
はーい失礼しまーす。

相談者:
はい、では、失礼いたします。




「弁護士を避ける不貞カップルの誤解。面倒なダブル不倫賠償のご相談は法律事務所へ」への8件のフィードバック

  1. 子供が3人もいるのに自分の事・話ばかりでイライラする相談者ですね。
    親の浮気・不倫が子供の人生を変えてしまう事もあるということをわかっていない人が多すぎますね。少なくとも僕は変わりました。
    相談者はやった事の責任、そして報いを受けるべきだと思います。逃げるな。

  2. 人の相談してるみたい?
    聴いてて、勘違いしそうになっちゃった
    貴方、当事者ですよね、子ども3人いて2回も不倫した・・・
    2回あることは3回あるってか😱

  3. この相談者は旦那さんのことを第一に考えていないのでしょうか?自己保身のことばかり。そんなに不倫相手と自分の都合しか考えていないのなら、離婚して不倫相手と一緒になったら?恐らく夫婦の危機的状況を認識していないから後始末の相談でしょう。普通は再構築の相談でしょう。そんな考えでは再構築も上手くいかないでしょうね。その内不倫の代償の大きさに気づくでしょう。自業自得。

  4. 相談者は、家事と育児と仕事でいっぱいいっぱい。それが夫との溝ができた原因のひとつ・・と強調。
    今井先生、「子育てと仕事で手一杯なのに浮気相手と会うともっと忙しくなるのでは?」
    相談者「相手と会うから忙しい・・とかはァ、無かった」  (笑)
    そう、浮気相手に会うためなら、どんなに忙しくたってどうにか都合を付けて会いに行くのよね。
    今井先生、ちょっと意地悪で聞きました?

  5. 今回も最悪な女でしたね~。
    どんな面か見たいわ。
    相手の家庭にもバレて、この女も相手の男も、法の成敗を受けな!

  6. 子供さんが1番の被害者両親は
    くっついたり、離れたり出来るけど親は貴方たちだけ、離婚が悪い訳じゃないけど最低の離婚理由で子供たちが可哀想すぎる。どんな理由が有ろうとも母親が1番しちゃいけないこと事だよ

  7. この相談者は話す雰囲気から、自分がしでかした事の重大さを認識していない。
    だから弁護士を使わず、何とか自分達で収めたい。自己保身で罪の意識が欠落している。
    だから軽々しく(主人とやり直したい…)と言えるんだろう。
    今回が2回目の不貞だから、多分3回目4回目も有るだろう。
    当分夫婦関係がギクシャクするだろうから、再犯率が高いのでは?
    夫も再構築を視野に入れてるのなら下記のペナルティを与えては?
    1.離婚届 2.公証役場 3.別居 4.ルール
    1は夫のサインと捺印した離婚届を相談者に渡し、相談者にサインと捺印をさせて夫が預かり次回不審な行動が有ったらその時点で離婚届を提出する予告をする。
    2は相談者を公証役場を連れて行き、その場で公証証書に誓約させる(離婚に応じる、親権を渡す、慰謝料を払う、養育費を払う等)
    3は相談者を家から追い出し、期間限定の別居をさせる。1人になる体験をさせて実感させる。
    4は相談者にルールを設ける。(携帯はロックしない、携帯にGPSを入れる、出掛ける際は細かく詳細を伝える等)
    ペナルティを与えて不服を言ったら、その時点で再構築を諦めて離婚に向けて話し合いが良いのでは?
    本当に反省して心を入れ替えてやり直したいのなら夫の気持ちに寄り添うのでは?
    やり過ぎかもしれないが、罪の大きさを認識させるのも相談者の為では?

コメントはお気軽にどうぞ