「御座います」妻のカネ抜く中1に腰が引けたオヤジの説教は効き目無く


(回答者に交代)

三石由起子:
はい、こんにちは

相談者:
あ、こんにちは、よろしくお願い致します。

三石由起子:
はい、えーとねえ・・

相談者:
はい

三石由起子:
親の出来る事から、ま、考えた方がいいと思うんですけど。

相談者:
はい

三石由起子:
あの、まず、親が出来る事って、ま、財布を置かないっていうのは1つですよね(含み笑い)。

相談者:
はいええ

三石由起子:
取れないっていう事ね?

相談者:
はい

三石由起子:
それはもう大丈夫ですよね?

相談者:
あ、もう今は、きっちり・・

三石由起子:
はい

相談者:
あの・・中に・・額面も・・もう・・

三石由起子:
はい

相談者:
多額入れないという事と・・

三石由起子:
はいはい

相談者:
絶対に目に見えるとこには置かないっていう風にしました。

三石由起子:
はいはいはい、はいそれ、1つですよね。

相談者:
はい

三石由起子:
で、2つ目はね?

相談者:
はい

三石由起子:
あの、部屋の片付けなんですけど、

相談者:
はい

三石由起子:
これ一緒にい、やら、やってやらないとダメですよ。

相談者:
・・なるほど、はい

三石由起子:
「んじゃあ、お父さんと一緒にやろ」って言って、一緒にやった時に、

相談者:
はい

三石由起子:
そのオモチャをね?

相談者:
はい

三石由起子:
やっぱりあの、あなたが大事に扱って、

相談者:
はい

三石由起子:
あなたがやっぱりこう「買ったこれ、中々いいじゃない」みたいな褒め方をしてね?

相談者:
はい

三石由起子:
うん。やっぱりあなたがその・・息子が買って来たオモチャをやっぱり大事にするっていう事で・・

相談者:
はい

三石由起子:
あの、ん、息子のお、自尊心じゃないですけども、うん、全然分かんないわけじゃないっていう・・ことを表しながらあ・・

相談者:
はい

三石由起子:
言いたい事っていうか、1つ言って欲しい事があってね?

相談者:
はい

三石由起子:
「実はね?」・・「お父さん、家(うち)のお金で」え・・

相談者:
はい

三石由起子:
「ホッとしてんだ」と。

相談者:
ええー

三石由起子:
え、「他所から取ってくれなくて良かった」っていう事をね?

相談者:
んはい、そうですね、はい

三石由起子:
うんそれをねえ?

相談者:
はい

三石由起子:
素直に言・・ったらいいと思うんですよ。

相談者:
なるほど、はい

三石由起子:
うんそれでね?・・その・・

相談者:
はい

三石由起子:
「どおしても欲しい物なら言いなさい」と。

相談者:
はい

三石由起子:
「どおしても欲しい物なら」・・

相談者:
はい

三石由起子:
うん、あのお・・
「お父さんの、お小遣い」減ら、「減らしてでも買ってあげようじゃないか」と。

相談者:
はい

三石由起子:
え「でも他所の物には手をつけてくれるなよ」ってそれだけはね?

相談者:
はい

三石由起子:
あの「ホントにホッとしてるんだ」っていうところまで言っちゃっていいと思うんだよね。

相談者:
はい

三石由起子:
うーん、それとね?

相談者:
はい

三石由起子:
言わなきゃいけない、としたらね?

相談者:
はい

三石由起子:
このお、盗むという行為がね?

相談者:
はい

三石由起子:
非常に卑しい行為なんだよ。

相談者:
はい

三石由起子:
でしょ?
それが嫌だっていう事は伝えていいと思うんだ。

相談者:
はい

三石由起子:
うん。そ、「人に隠れて」ね?

相談者:
はい

三石由起子:
「こそこそとするような事っていうのは」・・

相談者:
はい

三石由起子:
「本当にわたしは嫌なんだ」っていう事を・・

相談者:
はい

三石由起子:
父親として息子に・・

相談者:
はい

三石由起子:
その、お金が無くなるとかそういう事じゃなくてえ・・

相談者:
はい

三石由起子:
そのお、ね?、疚(やま)しい・・心が卑しくなるから・・

相談者:
はい

三石由起子:
「そういう事はしないで欲しいんだ」っていう事、それはね?もう、頭ごなしでも何でもね、「これが一番嫌なんだ」って事を・・あのね?・・

相談者:
はい

三石由起子:
子どもってね?

相談者:
はい

三石由起子:
親がホントに嫌な事ってしないんだよ。

相談者:
・・はあ

三石由起子:
うーん、で、何が嫌なのか?っていう事が分からないんだと思うんだよね。
だからその、

相談者:
ああーはい

三石由起子:
うん・・卑しいんだって、そういうあの「卑しい心が」ね?

相談者:
はい

三石由起子:
もう、「家(うち)の中に居るのが嫌なんだ」と。

相談者:
はい

三石由起子:
これ、や、「それだけはもう止めてくれ」と、「我慢出来ないんだ」っていう事を・・

相談者:
はい

三石由起子:
きっちり伝ええ、たらいいと思うんだけど。

相談者:
はい

三石由起子:
それはね?

相談者:
はい

三石由起子:
それはね?

相談者:
はい

三石由起子:
部屋の片付けをしながらだよ?、あくまでも。

相談者:
あ、なるほど。

三石由起子:
一緒に部屋のし、片付けをしながら・・で、たまにほら、「あーこんなのがあったの、これカッコいいね」とか。

相談者:
はい

三石由起子:
「これ中々いいじゃない」とか言いながらの話ですよ?

相談者:
はい

三石由起子:
それを1日やった、方がいい、いいと思います。

相談者:
はい

三石由起子:
でね?・・

相談者:
はい

三石由起子:
あたしあなたに言ってあげられる事は、

相談者:
はい

三石由起子:
あのお、こういう子が将来ね?・・

相談者:
はい

三石由起子:
あのお、犯罪を犯すんじゃないか?とか。

相談者:
はい、はい、ええ

三石由起子:
それは思わなくていいですから。

相談者:
&#△%

三石由起子:
ホントにいいですから。
可愛がってたら、も、絶対大丈夫なんで。

相談者:
そうですか。

三石由起子:
そういうのっていうのは伝わるから。

相談者:
はい

三石由起子:
あなたはホントに心配してね、電話相談まで掛けて来るパパなんだから(含み笑い)。

相談者:
はい

三石由起子:
子どもは絶対分かります。

相談者:
はあ

三石由起子:
それとね?

相談者:
はい

三石由起子:
今、中学1年じゃないですか?

相談者:
はい

三石由起子:
で、今から高校入試あるんだよね。

相談者:
えええ、はい

三石由起子:
高校入試があったらね、こんな事やっちゃいられないのよ。

相談者:
はあ

三石由起子:
うん、だからたまにはね?

相談者:
はい

三石由起子:
えっと、あなたの得意な科目をちょっと見てやるとかさ(苦笑)。

相談者:
あ、なるほどなるほど、ええ

三石由起子:
うーん、あの、なんか得意な科目ありますう?

相談者:
ま、算、数学とか、はい

三石由起子:
あら、そうですか。そしたら・・

相談者:
はあ

三石由起子:
ちょ、「ちょっと見てあげようか?」とか。

相談者:
はい

三石由起子:
「ちょっと一緒にやってみようか?」とか。
「どんな事やってるかちょっと教えて」とか。

相談者:
ええ、ええ

三石由起子:
うん、そんな事で・・あのお、忙しくなるから。

相談者:
はい

三石由起子:
でね?、あの、実はね?

相談者:
はい

三石由起子:
えっとお、他所からあ、

相談者:
はい

三石由起子:
「他所のお金を取る子だとは、お父さん絶対思って」な、「なかった」と。

相談者:
はい

三石由起子:
うん。いう事も言ってやっていいと思う。

相談者:
はい

三石由起子:
うーん
信用してるんだっていう事ね。
それ、

相談者:
はい・・はい

三石由起子:
うん。それとあの、ホントに将来の事は心配しなくていいですから。

相談者:
はい

三石由起子:
大丈夫です。

相談者:
はあー、そうですか・・&#△%

三石由起子:
&#、うん、「愛してる」っていう事だけはね?やっぱりね、伝えてやんないとダメなのよ、ストレートに。

相談者:
はい

三石由起子:
だからこう、棚に、おもちゃを一個ずつう・・こう、ん、ね?、整理しながらさ、

相談者:
はい

三石由起子:
「こおれカッコいいね」とか、「これは何ていう名前?」とかさ。

相談者:
はい

三石由起子:
「これはどういう機能?」とかさ。

相談者:
はい

三石由起子:
「ほおー」とかさ。

相談者:
なるほど。

三石由起子:
そういう事が大事なんですよ。

相談者:
はい

三石由起子:
そしたらあの、子どもね?、喋りたいから喋って来るから。

相談者:
はい

三石由起子:
うーん
そういう、こともたくさん置かないと、

相談者:
はい

三石由起子:
気持ちってさ、向こうも伝えられないし。

相談者:
&#△%

三石由起子:
あとね?

相談者:
はい

三石由起子:
「次は許されませんよ!」っていう事は・・

相談者:
はい

三石由起子:
あの、片付けの時には言った方がいい。

相談者:
ん、分かりました。

三石由起子:
うん、3度目は許されませんよっていう事は。

相談者:
はい

三石由起子:
でも「どうしても欲しい物は、あたしに言いなさい」と。

相談者:
はい

三石由起子:
「お父さんに言いなさい」って、言ってあげて。

相談者:
分かりました。

三石由起子:
うん。もう何の心配もいりません、この子。

相談者:
あー、ありがとうございます、ホントに。

三石由起子:
はい

相談者:
すごく楽になりました。

三石由起子:
あー良かった。

今井通子:
んふふふ(笑)

(再びパーソナリティ)

今井通子:
お分かりいただけましたか?

相談者:
あはい、あーホントにありがとうございます。

今井通子:
んで、ちょっと待って下さいね?

相談者:
はい

今井通子:
ところで三石先生ね?

三石由起子:
はい

今井通子:
この人なんか、物を見せたり、

三石由起子:
うん

今井通子:
あげたりして友だち関係作ってる、けど・・

三石由起子:
うん、うん

今井通子:
これえ、これからはそれが、出来なくなって・・

三石由起子:
無いですよ、無いですよ。
あのだって中学1年だから。

今井通子:
うん

三石由起子:
そういう幼稚な、ところで、友だちを引き付、けられる最後のチャンスですから。

今井通子:
うん

三石由起子:
も、今からはさ。
ちょっとでも数学出来る奴とか、ちょっとでも模擬試験、の、高い、のとか、

今井通子:
うん

三石由起子:
一生懸命、こ、スポーツやってるのとか、そっちをカッコいいっていう風に・・友だち自身が、あのお、成長して行きますから。

今井通子:
うん

三石由起子:
分かりますから。

今井通子:
うん

三石由起子:
あの、本人も。

今井通子:
うん

三石由起子:
あ、こっち、こっち、こうした方がカッコいいとか。

今井通子:

三石由起子:
オモチャじゃ釣れないっていう事がもう、ピシっと分かる、もう年なんで。
今から大丈夫だと思います。わたしは。

相談者:
はあーなるほどお・・はあー

今井通子:
大丈夫ですね?じゃ。

相談者:
んえ、今・・安心しました、それを聞いて。はい

今井通子:
うん
でえ・・友だち関係があんまりまだ上手く行かないようだったら最初はお父さん友だち感覚で・・

相談者:
はい

今井通子:
付き合って・・

三石由起子:
うん

今井通子:
あげているうちに、

相談者:
はい

今井通子:
段々、あの、自立心っていうか、自分を取り戻せると思います。

相談者:
あ、分かりました。

今井通子:
はい
じゃそういう事で。

相談者:
あ、ホントにありがとうございました。

今井通子:
はい、失礼しまーす。

相談者:
どうも、失礼致します。

三石由起子:
お部屋片付けてねえー。

相談者:
ま、ありがとうございます。

三石由起子:
一緒に(苦笑)

相談者:
やります。

三石由起子:
はい

相談者:
はい、失礼致します。

今井通子:
はい

三石由起子:
うん




「「御座います」妻のカネ抜く中1に腰が引けたオヤジの説教は効き目無く」への5件のフィードバック

  1. 相談を聞いて、まず頭に浮かんだのが、おもちゃを理由に、お友だちに利用されているのではないか…と言うこと。

    相談者がまず、それを心配しないことが不思議。母親は何を感じているのかしら。

    夫婦の会話が浮かんでこないだけど。

  2. 依存症ということで、自己肯定感が低いお子さんなんですよね。
    だから三石先生は相談者に繰り返し、子どもと一緒に何かして、褒めることをすすめたのよ。
    でも、この相談者さん、柔軟性なさそうだから出来るのかなぁ。
    子どもの前で泣いたりしてそう。

  3. 怒らない人と
    怒れない人とは違う
    言葉でなく伝わる
    良い方も、悪い方も
    うまくいくかな?
    遠からずグレる。方に倍プッジュするよ私は
    こんなんが日常会話だったら
    盗んだバイクで走りだしたくなるな

コメントはお気軽にどうぞ