「ちょっと何言ってるか分からない」父兄との男女関係を疑う夫に参る専業主婦


(回答者に交代)

高橋龍太郎:
あ、初めまして高橋です。

相談者:
初めまして

高橋龍太郎:
で・・ま、世間の常識からあまりにもかけ離れた・・

相談者:
はい

高橋龍太郎:
こんな男性と、この先、例えばこの問題が解決したとしても、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
またおんなじ事は起きますよ、必ずね。

相談者:
あ・・はい、本人も言ってます。

高橋龍太郎:
ね?

相談者:
はい

高橋龍太郎:
でそんな・・ん、「もう、ケツの穴の小ちゃい奴に、わたしはついてくつもりはないので、」

相談者:
はい

高橋龍太郎:
もう・・まだまだ、自分は若い、若いっていうと(苦笑)ごめんね。

相談者:
はい(苦笑)

高橋龍太郎:
あの、まだ・・まだ十分(苦笑)・・あの、花の咲いている年齢だし、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
も、「子ども達を連れて、出て行くわよ」ぐらいの剣幕で、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
えー、向かって行きたいっていう風に本音では思っているのか?

相談者:
はい

高橋龍太郎:
どうなんですか?あなたのお気持ちは。

相談者:
そうですね、もう・・あの、正直もう・・
「もうダメだね」っていう話を、

高橋龍太郎:
うん

相談者:
あの、先日からしてえ・・

高橋龍太郎:
うん

相談者:
で・・主人の方も、今、結婚指輪も外して・・

高橋龍太郎:
あーそうなの?

相談者:
あの・・「じゃそのつもりでいるの?」って聞いたら・・

高橋龍太郎:
うん

相談者:
・・「でも、お前の事は嫌いじゃない」とか、なんかちょっと・・訳が分からないんですね。

高橋龍太郎:
うん

相談者:
でも、もうわたしとしては・・

高橋龍太郎:
うん

相談者:
あの、いつまでも、子ども達も巻き込んでしまっているので。

高橋龍太郎:
そうですね。うん

相談者:
うん、も、子どものために、

高橋龍太郎:
うん

相談者:
もう、出てもいいかな?っては思ってるんですけれど。

高橋龍太郎:
うん

相談者:
・・でもお・・

高橋龍太郎:
うん

相談者:
あの正直・・もうずっと専業主婦で、

高橋龍太郎:
うん

相談者:
いるので、

高橋龍太郎:
うん

相談者:
あの、娘と息子の将来の事を考えると、

高橋龍太郎:
うん

相談者:
今すぐ出て行くっていうのはちょっと難しいかな?っていうのも・・

高橋龍太郎:
うん

相談者:
あの、現実問題ありまして。

高橋龍太郎:
うん

相談者:
はい。でも、この・・主人の妄想が、

高橋龍太郎:
うん

相談者:
一番直ってくれたら・・

高橋龍太郎:
うん

相談者:
どんなにいいんだろう・・っていうのを?

高橋龍太郎:
うん

相談者:
思いまして、

高橋龍太郎:
うん

相談者:
で・・ちょっと、主人は、

高橋龍太郎:
うん

相談者:
「親兄弟に相談して」って言っても・・

高橋龍太郎:
うん

相談者:
相談してくれないので、

高橋龍太郎:
うん

相談者:
あの、主人の、お姉さんの方に、

高橋龍太郎:
うん

相談者:
あの、相談して、

高橋龍太郎:
うん

相談者:
で、その、あの義理のお兄さんの方から、

高橋龍太郎:
うん

相談者:
この「電話相談があるよ」っていう事を・・

高橋龍太郎:
うん

相談者:
聞いて、

高橋龍太郎:
あ(苦笑)そっかそっか。

相談者:
あの・・そ(苦笑)・・

高橋龍太郎:
ンフフフ(苦笑)

相談者:
電話したっていう・・

高橋龍太郎:
うん

相談者:
経緯がありまして。

高橋龍太郎:
うん、あ、そうなのね?

相談者:
はい

高橋龍太郎:
ま、一番真っ当な・・やっぱり解決法っていうのは、夫婦カウンセリングっていって、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
夫婦が揃って、カウンセラーのところに行って、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
この間(かん)の話、両方の、ギャップみたいな事を、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
きっちり埋めてもらって、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
夫婦っていうのは、一番大事な物は、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
信じ合う事だっていう事を、もう一度、叩き込んでもらうって事が一番大事な事だね?

相談者:
はい

高橋龍太郎:
だから、それについて・・例えば、えー、お姉さまや、それから向こう、先方の家族う、を少し巻き込んで、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
えー、あなただけ説得しても・・
「どうせ言い逃れだろう」とかなんか変な事考えて、邪(よこしま)な考えを抱いちゃうだろうから・・

相談者:
はい

高橋龍太郎:
向こうの家族を巻き込んで、夫婦カウンセリングの場所まで・・

相談者:
はい

高橋龍太郎:
とにかく持ち込むって事が第一じゃないの?

相談者:
あ・・

高橋龍太郎:
そうじゃないと、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
この先・・あなたが別居っていう選択を通常であれば僕もアドバイスしたいけど、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
これだけ、嫉妬心が強いご主人だと・・

相談者:
はい

高橋龍太郎:
も、別居しただけで浮気をするために別居したんだっていう風になって・・

相談者:
うーん

高橋龍太郎:
どんどん加速する一方だから、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
今、みたいな・・状態い、で、とにかくご主人が・・矛おさめてくれる・・っていう・・ことに中々なりそうにないので。

相談者:
うーん

高橋龍太郎:
やっぱり夫婦カウンセリングを是非・・選ばれるって事がまず第一と・・

相談者:
はい

高橋龍太郎:
それが上手く行かなかったらば・・

相談者:
はい

高橋龍太郎:
やっぱり・・専業主婦って、いざとなると、凄く弱いので、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
えーと、下のお子さん、男の子はおいくつ?

相談者:
8歳です。

高橋龍太郎:
あ、まだ8歳か。

相談者:
はい

高橋龍太郎:
じゃあ、そうだね・・えー、下のお子さんが中学生ぐらいになったらば、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
少し働きに出始めて、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
自分の経済的、な、力を少し、蓄え、て・・

相談者:
はい

高橋龍太郎:
あと、対等な関係で、

相談者:
うん

高橋龍太郎:
その夫婦関係について・・

相談者:
はい

高橋龍太郎:
話し合うっていうような第二ステップかな?

相談者:
はい

高橋龍太郎:
だから第一ステップは・・ま、少なくとも今この時点で・・

相談者:
はい

高橋龍太郎:
ご実家に力があって、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
その経済面でね?

相談者:
はい

高橋龍太郎:
あなた方とお子さんを迎えて、別に・・「心配なく」、ゆ、「家(うち)で、ゆっくり」・・え「生活して行きなさい」ってお家だったら・・別に今すぐ別居でも、全然構わないけど、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
そういう余裕がない、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
実家だったば・・

相談者:
はい

高橋龍太郎:
あと4年、第二ステップだよ?、あくまで・・

相談者:
はい

高橋龍太郎:
第二ステップは・・えー、お子さんが少し中学生上がるのを待って、働き始めるっていう・・その時はもう不退転の決意で何言われようと・・

相談者:
はい

高橋龍太郎:
もう、自分ん、の、覚悟として・・

相談者:
うん

高橋龍太郎:
「もう働き始めます」っていう風に伝えて、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
それでえ・・

相談者:
はい

高橋龍太郎:
別居第一段階、第二段階・・離婚っていうようなステップになってくんじゃないのかな?

相談者:
はい

高橋龍太郎:
ただ今は・・とりあえず可能性をし、ある程度信じて、

相談者:
うん

高橋龍太郎:
あなたの事を信じてくれるような人間に・・

相談者:
はい

高橋龍太郎:
生まれ変わるように・・

相談者:
はい

高橋龍太郎:
彼が自分の男性力、うん、男性っていうか、自分の・・男としての力を、もう少し、見直して自分自身を信じるようになるまで、夫婦カウンセリングを続けるっていうのは・・

相談者:
はい

高橋龍太郎:
第一段階だと思うけど。

相談者:
はい

高橋龍太郎:
はい

相談者:
分かりました。

(再びパーソナリティ)

ドリアン助川:
もしもし?

相談者:
はい、もしもしい

ドリアン助川:
あの、まだまだ厳しい道が続くかと思いますけども、

相談者:
はい

ドリアン助川:
自分の感情というのも自分を傷つける・・んですよね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
ですからあの、ある程度、どこかで感情・・を、ん、切り捨てるというか・・そういった工夫も、必要な日があるかもしれませんけども。

相談者:
はい

ドリアン助川:
え、どうぞ頑張って下さい。

相談者:
あ・・は、分かりましたあ。

ドリアン助川:
はい、失礼しまーす。

相談者:
はい、どうもありがとうございました。




「「ちょっと何言ってるか分からない」父兄との男女関係を疑う夫に参る専業主婦」への4件のフィードバック

  1. 疑われるのが嫌なら、送迎は別にするとか、何かしらのアクションをおこせばよいのにな。夫婦で付き添いだって良いんだし。

    旦那さんも神経質なんだろうけど、奥さんも配慮が足りない気がした。

  2. 怖い。この旦那さん、怖いわぁ。
    カウセリングで治るんでしょうか?
    愛情でなく、執着で妻である相談者さんにくっついてるんじゃ。。。
    別れて実家に逃げても、ストーカーになって
    来るんじゃないかと思うと、心底怖い。

  3. 夫がおかしいのは当然だけど
    相談者も最初かなりの年配の方かと思ったくらい
    ボソボソ話して何言ってるのか分からなかった
    ドリアンさんは女性が年上だと物凄い反応するのに
    相談者の年齢やバックボーンはなかなか聞かない
    自営かお勤めか意地でも聞く今井先生と足して二で割ればちょうど良い
    この女性もう少し頭使って考えて行動起こせば良いのに。
    自分ならこんなご主人耐えられない
    経済が不安なら女性センターに相談に行ってでも離れたい

  4. 送迎別々にしようがいずれこうなることは目に見えてて根本の問題じゃないね
    まずは夫婦揃ってカウンセリングで無理なら離婚が妥当でしょ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。