夫の代わりに働いて入れた中高一貫進学校。成績はダダ下がりで反抗的


テレフォン人生相談 2020年2月28日 金曜日

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 高橋龍太郎(精神科医)

相談者: 女53歳 夫56歳 一人娘17歳(高2)

今井通子:
もしもしい?テレフォン人生相談です。

相談者:
もしもし?

今井通子:
はい

相談者:
あ、よろしくお願いいたします。

今井通子:
はあい、こちらこそ。今日はどういったご相談ですか?

相談者:
えーと、高校2年生になる娘との、関係え、です。

今井通子:
はい

相談者:
・・中高一貫校の、

今井通子:
はい

相談者:
えーと、進学校に通わせているんですけれども、

今井通子:
はい

相談者:
えー、ま、ずっと成績が下がりっぱなしの中あ、で・・大揉めに揉めまして、

今井通子:
ええ

相談者:
今ですね・・えー、わたしとあまり関わりたくないと・・

今井通子:
はい

相談者:
いう状況で、食事も、ま、一緒にはとってはいません。

今井通子:
ああー
あ・・まず、あなたおいくつ?

相談者:
はい。53です。

今井通子:
53歳

相談者:
はい

今井通子:
ご主人は?

相談者:
56ですね。

今井通子:
56歳

相談者:
はい

今井通子:
お子様は、この・・

相談者:
1人です。

今井通子:
お1人?

相談者:
はい

今井通子:
で・・

相談者:
でえ、その・・わたしが怒っていることというのが・・

今井通子:
はい

相談者:
成績が、ま、非常に悪いんですね。

今井通子:
・・はい

相談者:
学年で・・ビリから5%です。

今井通子:
はい

相談者:
か、3%ぐらいです。もう・・後ろから数えたら、な、数番目です。

今井通子:
はい

相談者:
で、それではやっぱりいけないということなので、

今井通子:
あはい

相談者:
「勉強しっかりするように」ってことで、

今井通子:
はい

相談者:
えーと・・ずうっと言い続けて来たんですけれども、

今井通子:
はい

相談者:
ところが、遊びに行く。

今井通子:
はい

相談者:
で、帰って来るのは11時。

今井通子:
はい

相談者:
その、友達と遊びに行くのに・・自分の・・貯金だということで、そこからお金を出して、

今井通子:
はい

相談者:
3万円のハンドバッグを買って、

今井通子:
はい

相談者:
それを持って行きました。

今井通子:
はい

相談者:
で・・そのことで大喧嘩になったのが、ま、この大揉めに揉める・・一番の、あれかもしれないです。

今井通子:
最初?

相談者:
はい

今井通子:
はい

相談者:
で、その後もその遊びっていうのは止むことはなくて、

今井通子:
はい

相談者:
成績も下がりっぱなし。

今井通子:
はい

相談者:
で・・遊びに行けば、補導されない時間という意味で、11時に帰って来ます。

今井通子:
ああー

相談者:
11時までに帰ればいいというふうに、なってるようです。

今井通子:
なるほど。

相談者:
・・で、毎回・・アイドルを追いかけ・・る、関係で、

今井通子:
はい

相談者:
洋服を毎回お揃いにするために買って。

今井通子:
・・はい

相談者:
遊びに行きます。

今井通子:
はい
これってあれですかね?
あの、級友の方?・・

相談者:
はい

今井通子:
と、一緒?・・それとも1人?

相談者:
学校のお友達で・・

今井通子:
ふん

相談者:
このような遊び方をする子はいないので、

今井通子:
ふん

相談者:
すべてネットで知り合ったお友達です。

今井通子:
あー、なるほどね。

相談者:
はい

今井通子:
じゃ、1人で行くわけじゃあないのね?

相談者:
ないです。

今井通子:
これ、中高一貫校っていうからあ・・結構・・進学校だったり・・しますよね?

相談者:
そうです。進学校で・・ほとん・・あの、就職する子はいません。

今井通子:
うん

相談者:
で、専門学校に行く子もいません。

今井通子:
うん

相談者:
で、本人に、今の成績だと、

今井通子:
うん

相談者:
「就職する気?」と訊いたら、「しない」と。

今井通子:
うん

相談者:
「じゃ、専門に行くの?」ったら・・「大変だから行かない」と。

今井通子:
うん

相談者:
「え?じゃ、どうするの?」・・

今井通子:
うん

相談者:
「一応大学行く」と。

今井通子:
・・うん

相談者:
でも・・行ける大学は・・ま、あるんでしょうけれども・・本人は・・
「一度しかない17歳だから楽しみたい」と。

今井通子:
・・うん

相談者:
「勉強していい学校に入ろうとも、思わないし」・・「いい就職したいとも思ってない」・・「楽しく生きられればいい」と言います。

今井通子:
なるほど。
あのお・・ま・・ご自身で言いにくいでしょうが、かなり裕福な、お宅なのね?

相談者:
違います。

今井通子:
え?

相談者:
全く違います。
(息を吸って)その・・中高一貫校に入れるにあたったときも・・

今井通子:
はい

相談者:
えーと、実はその・・中学の入学のときには主人は失業してまして。

今井通子:
ええ

相談者:
えー、わたしは震えてました。

今井通子:
はい

相談者:
怖くて。

今井通子:
うーん

相談者:
・・必死に働いて(涙声)・・

今井通子:
うん

相談者:
今、正社員になって、

今井通子:
ええ

相談者:
支えてます。
・・主人は・・

今井通子:
はい

相談者:
10年前に勤めてたところを転職してから・・

今井通子:
はい

相談者:
もう・・この10年間で8回ぐらいですかね?

今井通子:
はい

相談者:
仕事変わってます。

今井通子:
あ、そうなんですか。

相談者:
はい。(鼻をすする)なので・・わたしが・・8年ぐらい前に入った会社で、必死になってやって、今正社員で・・主人より稼いでます。

今井通子:
うーん・・で、そういう・・

相談者:
全く・・はい

今井通子:
そういう家庭の状況を・・

相談者:
はい

今井通子:
お嬢さんはいつ頃知ったの?

相談者:
えーっと、もう、中学入るときには知っていました。

今井通子:
うん

相談者:
だから他所の、その、同じ学校の子達はホントに裕福な子なんですね。

今井通子:
でしょうねえ。中高一貫校でね。

相談者:
はい・・

今井通子:
はい

相談者:
だからその子達と比べえ、たときに、「自分がとても・・」っていうことは・・言ってました。

今井通子:
あ、もう中学のときね?

相談者:
はい

今井通子:
はい

相談者:
ま、そりゃそうだと思います。

今井通子:
うん

相談者:
でも・・そうではあったとしても、わたしは、別にあの子に、その・・引け目を感じさせるようなお弁当を持たせたり?

今井通子:
ええ

相談者:
文房具を買い与えないとか、そんなことはしませんでしたし。

今井通子:
うん

相談者:
「遊びに行く」と言えばお金も出していました。

今井通子:
はい

相談者:
・・でも、足りないみたいです。
その端々の言葉は非常にキツい子です。
わたしに対しても・・わたし、ちょっと、難病があるんですけども、

今井通子:
はい

相談者:
「それに罹った」って話をしたときも、

今井通子:
うん

相談者:
「(舌打ち)めんどくさい病気になりやがって」って言いました。

今井通子:
あー、はあ、なる、ん、なるほど。

相談者:
「チェっ」てやりましたね。

今井通子:
ああ

相談者:
はい・・そんな感じですね。

今井通子:
・・そうするとお、あなた自身は・・その難病もあり、

相談者:
はい

今井通子:
で、お子さんがその・・中学の、えー、頃から、勉強が身につかなくなっちゃった?

相談者:
・・はい

今井通子:
高校は、でも・・落第はしてないんでしょ?

相談者:
はい

今井通子:
だから・・こ・・

相談者:
ギリギリです。

今井通子:
あ、ギリギリ(含み笑い)、でも・・ま、い、い、一応高1になり。

相談者:
はい

今井通子:
高2になり。

相談者:
高2になり、はい

今井通子:
うん
要するに、ほ、ご本人が、

相談者:
はい

今井通子:
えー、そのことは意識してないのかな?
それとももう、諦めちゃってんのかな?

相談者:
本人は、落第さえしなきゃあ・・楽して・・

今井通子:
あー、なりそ、なるほど。

相談者:
暮らしたいという。

今井通子:
低空飛行でいいと。

相談者:
全然・・それを恥ずかしいとか、悔しいとか・・

今井通子:
うん

相談者:
向上心とか・・

今井通子:
うん

相談者:
そんな物はカケラもないです。

今井通子:
ふうーん
そうすると今日のご相談はなんですかね?

相談者:
正直もう・・えー・・どうしたらいいか分からないです。
学校を・・なので・・あの・・もう、大揉めに揉めて・・
「だったら学校辞めればいいじゃない」という話になって、

今井通子:
はい

相談者:
本人、学校辞める決心はしたんですね。

今井通子:
はい

相談者:
で、「わたしは通信制に行く」と。

今井通子:
はい

相談者:
で・・ま、わたし、なんとか最後は止めました。
「学校、行きなさい」ということで。

今井通子:
ええ

相談者:
え、そしたら・・今度は・・
「わたしは決心してたのに」・・

今井通子:
うん

相談者:
「止めたのはママでしょ」

今井通子:
うん

相談者:
「行ってあげてる」・・

今井通子:
うん・・なるほど。

相談者:
なので・・わたしが・・悪いのか?

今井通子:
うん

相談者:
・・ええ、もう高校辞めさせてもいいのか?

今井通子:
うん

相談者:
・・も、どうしたらいいのか分からないってことですね。

今井通子:
それがご相談?

相談者:
はい

今井通子:
分かりました。今日はですね、精神科医の高橋龍太郎先生がいらしてますので伺ってみたいと思います。
先生よろしくお願いいたします。

(回答者に交代)


「夫の代わりに働いて入れた中高一貫進学校。成績はダダ下がりで反抗的」への11件のフィードバック

  1. 勉強すれば賢くなる、って思ってるんだろうね。
    (ほとんどの人がそう思ってるのかな?)
    良い大学を受かったというのは、そのレベルの頭の証明だけで、その後頭に色々詰め込んでも実社会にはほとんど活用できない。(研究職・医者以外は)

    ホリエモンも言ってるが、良い大学に行くメリットは、良い情報交換ができる友達が増える事だけ。

    確かに舗装された道路は走りやすいけどね。

    私も中高一貫教育だったけど、学生時代の友達の中で遊んでいる奴でもIQ高かった奴は将来年収も高い、という結果になってる。

    ということから、落第だけさせずに好きにさせれば?

  2. 同じ様な体験をした母親です。放送を聴いていましたが、お母さんの一生懸命さが伝わってきて辛かった。当時、カウンセリングを受けたときに「自分の為に一万円使ってごらんなさい」と言われたのが、私には理解できなかったのでした。
    自分のために、時間とお金を使って力を抜いてごらんなさいという意味だったと、十年たった今は分かります。
    女子は特に、家庭環境や親の経済力の格差を感じて辛いと思います。
    お母さんの肩の力が少し抜けて、笑顔が戻れば、状況も変わるでしょう。
    大学生になれば、お母さんの望むレベルでは無くても、様々な生活レベルの友人が出来て今より楽になれると思います。
    誰が悪かった訳では無いのです。

  3. 私も同じような経験しました。高校に行きたくない娘に、おかあさんの見栄のためにいく高校なんか行きたくない

  4. 自分の人生の仕返し?というんですかね、それを、娘さんの人生でしようとしてるんですね…。

    こんなはずじゃなかった!こうしたかった!これが私の理想の、未来予想図だったの!!
    というこだわりが強い方なんですね。

    こんな転職しまくる、頼りない夫しか、捕まえられなかった自分。
    その夫の悪いところしか見えないで、毎日喧嘩ばかりの家庭。
    必死に働いて、汗水垂らして、やっとの生活で、余裕がない。
    子供にはこんな思いさせたくない!!

    でもね、どんな人生選ぶかは、娘さんの自由ですよ。
    あなたが決めることじゃないの。
    親ができることなんて、ニコニコ仲良くしてる姿を見せたり、自分が楽しんでる姿見せて、大人って楽しいじゃんって思わせてあげることだけなの。

    この人の未来予想図から例を挙げると、中高一貫行ったって、賢く渡り歩いて、いい大学行くのは、全体の20%あるかないか(私は中高一貫の特進コース出身です)。
    そして、いい大学入ったって、その後いい就職ができるかは、ぜーんぜんわかりません(私は正に良い大学行けましたが、大学でうつ病になって、大変でした)。
    そして、中高一貫は、かなーりお金かかりますので、金銭的に余裕ないと、ほんっっとに肩身狭いですよ。

    どんな「素敵」で「いい」未来予想図立てて、その通りのルートを辿っても、突然崖があったりするんですよ。
    その時々、自分のできる範囲で、見栄も張らずに、やれることを楽しむだけ。
    それを家族みんなでやるだけ。
    それだけで家族は十分なんです。

    私が悪かったんです、私が間違ってたんですか?とか、すごく言われてますが、教育ママだったうちの母がよく言ってたセリフですわ。私がうつになった時に。

    むしろ、私のワガママに付き合わせて、いっぱい無理してくれてありがとう、くらい言ってあげて欲しいです。
    あなたの見栄に付き合ってくれた、優しい娘さんです。

    苦労かけてごめんね、嫌なもの(ケンカ)いっぱいみせてごめんね、私も自分のことしか見えてなかったって、本音を言ってあげましょうよ。
    自分の本当の気持ちに向き合いましょう。

    1. こんな母親に育てられたら誰だって逃げたくなる…。母親が重すぎる…。高橋先生のアドバイスが当たってたと思う。果たして難病とは何だったのか…??

  5. 上機嫌で鼻歌を歌いながらおいしい料理を作ったり、「へー、いいね!すごい!」と話を肯定しながら聞いたり、お母さん自身が好きなことに夢中になったり(芸能人や、スポーツ、ペットなど)ほんわかとした家庭だと、たとえ裕福でなくても、明るく優しい娘さんに育つんだろうな、と毒親育ちの私は思います。
    ギスギス般若顔(声から想像)の母親のようにはなりたくない、真逆に生きる!という強い決意が娘さんにあると思います。
    そしてそれを実行してます。
    大学進学と共に物理的&精神的距離を保って、幸せになってほしいです。
    パパ活などではなく、バイトして自分で買った3万円のバッグ、そんなに怒り狂うことではないし、でも母親の金銭的苦労を思うとやっぱり大らかな気持ちではいられないのもわかります。

  6. この人、常連さんだね。
    「東大落ちた」から始まって「父親は子供の前でAV見てた」とか「姑は尊敬してるけど子供が産まれたら実親に会わせたほうがいいか」とか、内容変えていろんな相談してるね。

    趣味なのかしらね(笑)

  7. 憎み合っている此の親子はもうお互いに離れた方がいい。
    物理的に行き来出来ないくらいの距離でね。
    で無いと危害を加えそう。

  8. 我が子全員成人した今思うことは、学歴や経歴に拘って自己肯定出来ない人生を送るより、「毎日楽しい」「働くのが楽しい」「私は毎日充実してる」って人生の方が、絶対幸せです。
    この相談者さんもその事に早く気付いて欲しいな。

  9. この相談者、嫌われオーラの持ち主なんだろうな。自分もそう。学歴あればなんとかなると大学進学して20年後、身に染み着いた負のオーラと氷河期の荒波には勝てなかった。
    娘さんは相談者を反面教師にしてうまくやってるよ。進学校特有のストレスを解消しながら乗り切ってる。女は愛嬌、そしていざというときに股広げる度胸と媚び。この先不景気で女は足切られる風潮が高まるから尚更。娘さんは早晩稼ぐ男掴まえて玉の輿だろう。相談者が逆立ちしてもできなかったことでもある。
    相談者は一回ぐらい爆発しても罰は当たらん。どうせ娘さんからも旦那からも切られるのだから。自力でそこそこ稼げるし。

コメントはお気軽にどうぞ