姪の結婚相手は子持ちバツイチ!親族ゴシップで盛り上がる朗らか母と娘


テレフォン人生相談 2020年4月30日 木曜日

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: 女60歳 夫62歳 家庭持ちの娘33歳 母90歳 兄63歳 姪25歳 姪の夫30か31歳でバツイチ

柴田理恵:
もしもし?テレフォン人生相談です。

相談者:
こんにちは、よろしくお願いしまあ、す。はい

柴田理恵:
こんにちはあ
今日はどんなご相談ですか?

相談者:
姪夫婦のことでちょっとお聞きしたいんですけれども。

柴田理恵:
あなたおいくつですか?

相談者:
60になります。

柴田理恵:
はい、旦那さんは?

相談者:
えっと62?

柴田理恵:
ん、あの姪っ子さんってことはあなたの、お姉さん?

相談者:
いえ、兄の子供ですね。

柴田理恵:
お兄さん・・

相談者:
はい、そうです。

柴田理恵:
お兄さんの・・お兄さんおいくつですか?

相談者:
えーと63になります。

柴田理恵:
3。その姪っ子さん、娘さんは?

相談者:
25です。

柴田理恵:
で、その方がご結婚なさったんですね?

相談者:
あの、式はこれからなんですけれども、

柴田理恵:
はい

相談者:
入籍はしております。

柴田理恵:
入籍、はい

相談者:
はい

柴田理恵:
えと、お相手はおいくつですか?

相談者:
たぶん30か、31・・あのお、相談ていうのは、

柴田理恵:
はい

相談者:
あの、姪の相手というのは、

柴田理恵:
はい

相談者:
えーと、再婚なんですけれども、

柴田理恵:
はい

相談者:
姪からも、兄夫婦からもなんですけれども、

柴田理恵:
はい

相談者:
あの、相手が再婚だということは、

柴田理恵:
うん

相談者:
聞かされてないんですね。

柴田理恵:
はい

相談者:
このまんま・・あの、知らないふり?・・

柴田理恵:
うん

相談者:
を、して・・ればいいのか?、切り出して、

柴田理恵:
うん

相談者:
あのちょっと母もすごく心配してるんで、あの・・

柴田理恵:
お母さんおいくつですか?

相談者:
えと90になります。

柴田理恵:
あーそうです・・

相談者:
ええ

柴田理恵:
えと、なんで再婚だって分かったんですか?

相談者:
わたくしの娘とかあ・・で、メールとかLINEとかで、

柴田理恵:
はい

相談者:
いろいろ・・式のこととか、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、もう、娘は結婚してるんでね。

柴田理恵:
はい

相談者:
訊きたいようなことで・・連絡を取ってるときに、なんか・・言ったらしいんですけども、

柴田理恵:
あ・・姪っ子さんと・・

相談者:
と、娘は。

柴田理恵:
あの、娘さんが、結婚式どうやったらいいかみたいな・・

相談者:
連絡を・・ええ、そうですね。

柴田理恵:
は、はあ、ははあ

相談者:
ええ

柴田理恵:
うん

相談者:
ん、ええ、それで娘が、「実はこうなんだ」っていうことを聞きまして、

柴田理恵:
うん

相談者:
入籍をしたときに、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、携帯で?、あの、「婚姻届を」・・「出しました」っていうので、

柴田理恵:
うん

相談者:
あげたときに、婚姻届の欄に、

柴田理恵:
うん

相談者:
再婚っていうことが(含み笑い)、

柴田理恵:
うん

相談者:
写ってるところがバッチシ写ってたので・・

柴田理恵:
うん

相談者:
「確かだよ」っていうことが、

柴田理恵:

相談者:
め、あの、娘からもお、聞いたんですね。

柴田理恵:
うん、うん、うん

相談者:
ええ、でも、あのお、え、本人とお、兄夫婦からもそういう話がないもので、

柴田理恵:
うーん・・あの・・

相談者:
で、切り出していいもの、か?・・

柴田理恵:
ふうーん

相談者:
それで、アパートを今、養育費とか・・

柴田理恵:
うん

相談者:
決まっているのか、ちょっと(含み笑い)・・

柴田理恵:
うん、あの・・

相談者:
ええ、なんかすごく・・

柴田理恵:
えっとその・・

相談者:
心配してるんで・・はい

柴田理恵:
あなたのお母さまも、その再婚だっていうことは・・ご存知なんですか?ご存知じゃないんですか・・

相談者:
え、娘え、と、わたしがいるときに「実はこうなんだ」っていうことは、母に言ったんですけど、

柴田理恵:
あ・・あなたから言ったわけですか?

相談者:
え、娘え・・

柴田理恵:
あー

相談者:
あ、最初娘入って、3人では話したんですね。

柴田理恵:
うん、ふん、ふん

相談者:
それで母もあの・・

柴田理恵:
うん

相談者:
結婚するということで、

柴田理恵:
うん

相談者:
話があったとき、わたしも同席したんですけれども、

柴田理恵:
うん

相談者:
言い出すかな?と思って母も、こう、いろいろ言ったんですけれども、
え、なんにもなかったもので(含み笑い)、

柴田理恵:
うーん

相談者:
言っていいものか?、それとも兄夫婦のほうに、

柴田理恵:
うーん

相談者:
あの「実は、こういうこと」お・・え「知ったんだけれども」っていうこと話して切り出していいものか?(含み笑い)・・

柴田理恵:
あんまり叔母ちゃんがあ・・

相談者:
アハハハ(笑)

柴田理恵:
言ってくとねえ?

相談者:
はあい、叔母ちゃんが・・はあい(笑)

柴田理恵:
叔母ちゃんでしょ?だってほら・・

相談者:
ええ、そうです。

柴田理恵:
姪っ子さんにしてみりゃ叔母ちゃんだからあ。

相談者:
ええ、でもそうなんです。

柴田理恵:
うーん

相談者:
でもなんかあったらね?ま・・離婚

柴田理恵:
あれじゃないんですか?あのお・・

相談者:
はい・・うん

柴田理恵:
あなたの娘さん、だからそのつまり姪っ子さんにとっては従妹・・

相談者:
ええ、そうですね。

柴田理恵:
うん

相談者:
はい

柴田理恵:
従妹の人、と、いろいろ話(はなし)してるからあ・・

相談者:
ええ

柴田理恵:
おいくつでしたっけ?娘さん・・

相談者:
33ですね。

柴田理恵:
そしたら、その・・

相談者:
ええ

柴田理恵:
姪っ子さんからしてみたら、ちょっとお姉ちゃんですよね?

相談者:
はあい

柴田理恵:
お姉ちゃんには、いろいろ・・

相談者:
ええ

柴田理恵:
相談も、してるしい、婚姻届も見せてるわけだから、

相談者:
え、でも、本人は(苦笑)あの・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
見せるつもりじゃなく(苦笑)・・

柴田理恵:
見せるつもりじゃなかったんですか?

相談者:
インスタっていうんですか?なんかあの・・

柴田理恵:
はい、はい

相談者:
それに、「今日出します」という感じで(含み笑い)、

柴田理恵:
うん、うん、うん

相談者:
書いたのに、

柴田理恵:
うん

相談者:
大きく?したら、バッチシ、娘が「写ってるから確かだよ」っていうのが・・

柴田理恵:
あ・・

相談者:
ええ

柴田理恵:
でも、ま・・隠そうと思うんだったらあ、

相談者:
ええ

柴田理恵:
そこ写しませんよね?

相談者:
そうなんですよねえ。

柴田理恵:
うん

相談者:
でも・・そしたらね?あのお、ま、挨拶に来たときにい、

柴田理恵:
うん

相談者:
ええ、わたしはともかく母には、「実はこうなんだ」っていうの言ってもいいんじゃないかな?と思ってえ(苦笑)。

柴田理恵:
いやあ、言わないでしょおーう。

相談者:
母にもですか?、孫・・

柴田理恵:
うん、だって祖母ちゃんになんか余計言わないですよ・・

相談者:
ええ

柴田理恵:
心配だもおん

相談者:
うーん、でも母は・・

柴田理恵:
心配掛けるもん。

相談者:
ええ、母は知・・ってるんでね(含み笑い)なんか・・

柴田理恵:
だって、あなたが言ったからねえ。

相談者:
・・あっ・・そうですね、そうなんですけれども。

柴田理恵:
そうでしょ?、ンフフ(苦笑)

相談者:
でもこのまんま・・

柴田理恵:
うん

相談者:
スルーでいいんですかあ?っていう感じで・・

柴田理恵:
うーん、あの、あのさっき、養育費みたいなことおっしゃいましたよね?

相談者:
ええ

柴田理恵:
結婚したね・・

相談者:
ええ

柴田理恵:
姪っ子さんの旦那さんには・・

相談者:
はい

柴田理恵:
お子さんいらっしゃるんですか?

相談者:
え、いるんですね。

柴田理恵:
どこで分かったんですか?

相談者:
あっ、確かめてないんで分かんないんですけれども、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの娘、と今あの、もう・・住んでるわけですよね?

柴田理恵:
はい

相談者:
その・・

柴田理恵:
むす、うん

相談者:
マンションの家賃なんかは、姪が払ってるんですね。

柴田理恵:
姪っ子さんがね?

相談者:
養育費とは言ってないんですけれども、

柴田理恵:
うん

相談者:
旦那さんの実家の家の、リフォームをしてるお金を、月々入れてるんで、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
出せないって、いうふうにい・・

柴田理恵:
あー

相談者:
ええ、ええ。それとなく母も(含み笑い)、あの、言うかな?と思って、「もらってるの?」なんて、その前に同棲はしてたんで、

柴田理恵:
ふうん

相談者:
「そのときどうなってるの?」・・

柴田理恵:
ふうん

相談者:
なんていう感じで・・

柴田理恵:
うん

相談者:
聞いたとき、
「ううんうん、全然だよ」っていう感じで姪も言ってて、「リフォームのほうに出してるから、もらってないんだあ」って言うんで(含み笑い)、

柴田理恵:
うーん、うん、ふん、ふん

相談者:
そんで母が、「ひょっとしたらそれ養育費じゃないの?」って言うんで(笑いながら)

柴田理恵:
うん、あ、それは、お母さんが・・

相談者:
アハハ(笑)

柴田理恵:
そういうふにおっしゃったわけですね?

相談者:
そうなんですね。ええ

柴田理恵:
なかなか、そのお・・

相談者:
ハハ(笑)

柴田理恵:
プライベートなあ、微妙な問題ですよねえ?

相談者:
そうですねえ。
今までみんな大っぴらに、こちらもいろいろ言ってましたし、

柴田理恵:
ふうーん

相談者:
はあい

柴田理恵:
姪御さんの気持ちを考えるとお・・

相談者:
はあい

柴田理恵:
ご自分ん、の、再婚、の方と・・結婚したけれども・・心配は、掛けたくないなって思いも強いかもしれませんよね?

相談者:
おも・・ありますね。ええ

柴田理恵:
で、そのことがもし、あなたのお兄さま、つまりねえ?

相談者:
ええ

柴田理恵:
その姪御さんのお父さん・・

相談者:
はい

柴田理恵:
が、ちゃんと了解してたら・・

相談者:
も、ええ

柴田理恵:
なかなか言ってく問題でもないかもしれないですよねえ。

相談者:
え、それは分かるんですけれどもね。はい

柴田理恵:
でも、心配なのは、そ、そのお気持ちもよく分かるんですよ。

相談者:
今は、元お、奥さんのほうにい、子供いるう、らしいんですけれども、

柴田理恵:
はい

相談者:
その方が再婚とかなんかした場合・・

柴田理恵:
うん

相談者:
「引き取ってくれ」っていうふうになったりもするわけですかあ?、はい

柴田理恵:
とりあえず噂なんですか?

相談者:
はい?

柴田理恵:
それとも本当に、お子さんは・・

相談者:
ええ・・は、いるのは確かです。

柴田理恵:
ホントにいるんですか?

相談者:
はい

柴田理恵:
いるのは確か?

相談者:
はい、確かです。

柴田理恵:
はい・・分かりました。

相談者:
あの、はい・・はい

柴田理恵:
じゃ、先生に聞いてみましょう。

相談者:
すいません。

柴田理恵:
今日の回答者の先生は弁護士の・・

相談者:
はい

柴田理恵:
中川潤先生です。

(回答者に交代)


「姪の結婚相手は子持ちバツイチ!親族ゴシップで盛り上がる朗らか母と娘」への33件のフィードバック

  1. 読んでて、相談者の人格に
    不愉快になりました。
    人の弱み(?)を知って、
    心配してるフリして、
    あーだこーだ言って盛り上がって喜んでるだけ。
    回答者が諭してても
    「そぉですか?」みたいな感じで、
    ありゃ全然分かってないな。

    人には聞かれたくないこともある、
    ってこと分からないのだろう。
    あえてそこに触れないのが、
    優しさであり、思いやりってことも。

    相談者の兄夫婦も、
    きっと相談者のこと、あまり関わりたくないと思ってるんじゃないかな。

    きっと誰に対しても、
    何でもずけずけ人の領域に
    踏み込んでくる人なんだろう。
    こういう人(相談者)嫌いだわ。

  2. 放送を聴きました。親族の付き合いがあると言いながら、本音は対抗心でいっぱいなのですね。

    ずっとライバル視していた姪っ子の弱み発見!

    すごく嬉しそうで、不愉快でした。

    姪っ子が弱みだと思っていないので、小気味良いわ。

    1. 姪の結婚を素直にお祝いせずケチをつける意地の悪い相談者。柴田さんや先生から叱られても悪びれる様子もない。いるよね、こういう異常者。絶対に関わり合いたくないタイプ。

      姪っこさんは、こんな輩とは縁を切って旦那さまと幸せになってほしいな。

  3. 聞いていてホント不愉快になりました!
    回答者のアドバイスにも楽しそうにケラケラ笑っていて、心配する振りして、面白がっているのがアリアリ。
    厚かましいにも程がある。
    間違っても絶対に友達になりたくないタイプ!

  4. 全く心配なんかしていませんよね?心配してるフリして面白がってるだけではありませんか?
    とてもイヤな感じでした。この人に細かい事を言うと こうなるのが分かっているから、知らせないのでしょう。高齢の母親に わざわざ知らせるとは…これこそ余計なお世話ですね。

  5. とっくに相談者の兄ご夫婦は愛娘の婿殿のバツイチの事実はご存知だと思う。妹の相談者はああいう性格だからとお兄さんも相手にせずあえて話していないのだろう!相談者さん、あなたは《蚊帳の外》扱いされていること、還暦過ぎても気が付かないなんておめでたい人ですね!18の小娘みたいに箸が転んでも可笑しいとみえて、何がおかしいんだろう?ケラケラ笑っていてラジオ聴いていて興ざめした。他人の私さえ相談者の無神経さに呆れたのだから肉親のお兄さんはいちいち相談者に話すわけないだろうが❗良い年こいて90過ぎのお母さんを心配させて、馬鹿すぎる!幼稚。やっぱり箸が転んでも可笑しい精神年齢のままなんだろう!おそらく柴田さんや弁護士先生のアドバイスも理解してないだろう!相談者さんの娘もヤバい母親に似てしまったと見える!

  6. 逆に、姪御さんがすごいお金持ちと結婚したら、嫉妬で妬むんでしょうね。どこの親でも、できたら初婚の人と結婚してほしいと思いますが、ご縁があり、結婚しようとしているのだから、それでいいのではないのでしょうか?すごく意地悪く、直接声を聞いていないのですが、腹立たしいです。

  7. 他の方のコメント読ませて頂いて、
    「嬉しそう」、ほんとそんな風に感じました。
    私は放送聴いてなくて、文字だけからの印象ですが、きっと実際に放送を聴いた方は、もっと不愉快になったことでしょう。

    今は、離婚は珍しくない時代です。
    初婚だろうが、再婚だろうが、
    うまくいく人はいくし、
    いかない人はいかない。
    姪っこさん、幸せになって欲しいです。

    姪の心配より、自分の娘が結婚できるか心配したほうが良いのでは。

    相談者は、マウンティングしたいだけ。

    1. この相談者、最初から最後までヘラヘラして、相談と言うより、人のプライベートな事をもてあそんでるとしか思えん。どうゆう性格してるんだ!!
      全く不愉快。

  8. 味方のフリして実は敵。
    世の中フレネミーが多いからね。
    クワバラクワバラ。

    1. なにがくわばらくわばらじゃ。
      女同士がもめる原因の一番の
      張本人のくせして。被害者づらですか?
      こういうおばさんを増長させとるのは、
      他でもない、あなたのようなワケワカランつれあいじゃ。

      1. それを言うなら「ワケワカラン“つれあい”」ではなく、「“てあい”」じゃないでしょうか?

        1. この相談者の配偶者のことじゃから
          つれあいでオケーじゃ。
          重箱のスミさんのようなことを
          いう相談者の旦那をさしとる。
          まあ旦那さんがそうだとはいっとらんが。

          1. すまぬ。
            重箱のスミさんじゃなくて
            かき捨てさんじゃった。
            許せ。くわばらくわばら

  9. コメ欄見てて いや〜皆さん大人な対応だなーと思いました。
    ワタクシだったら無言で真っ向から相談者ブチ殴って前歯の2、3本圧し折ってるわ!!
    と、言うのがリアタイでラジオ聴いてた俺の感想っす。

    1. 無言で真っ向からぶち殴って前歯の2.3本へし折るなんてどの口がいう?
      何様だよ。
      あなたは相談者をなんだとおもってるんだ。相談者は
      あなたのサンドバッグじゃないんだ。
      とにかくあなたにだけはいわれたくないわ。

    1. 「バカの極み」!
      どうにかこうにか
      相談者に気付かせたい!と思っていったのでしょうが、全く響いてない感じでしたね。

      相談者に言いたい!
      「あなた、(姪の結婚に関して)
      部外者ですからーーー!!!!」

  10. うーん、隣の不幸は鶴の味ってやつかな。寂しい薄っぺらな老女と内心憐れむしかない‥

  11. こういう人がいるから世の中ややこしくなる。
    中川先生前回に続いて大爆発したが、果たして相談者は理解したのだろうか?

  12. まあ聴いててここまで不愉快になった女は久しぶり

    心配するフリしてホントは姪っ子や周りを不幸にしたくて仕方ない気持ち丸出しで、性格悪いにも程がある

  13. 再婚の何がそんなに面白いのかよくわからない。バッチシって久しぶりにきいた。この人なら我慢できずに「再婚?」って訊きそうだね、写真拡大してみてるのバレるし、逆に恥ずかしくないかな?それにしてもこんなにコメントが一気に付いてすごいこの人。

  14. 諦三案件。相談者は重大な心の葛藤を抱えている。夫との関係も表面的なものだと思うし、幼少期にも愛情が満たされていないはず。人をコケにしていないと不安で不満で生きて行けないんだと思う。今こそ自分の心の葛藤と向き合う時。認めれば前に進める。逃げれば地獄行き。

  15. 身近にこういう人が居ます。
    つきあわざるを得ない関係なので、ふだんは軽くいなしてますが、たまに餌を投げ与えるつもりで、ちょっと困った相談事をしてみます。
    その時の反応が相談者さんそっくりで、まさに「大丈夫ぅ~?」と言いながら笑いをこらえるのに必死な感じです。
    ある意味、正直で素直ですよね。私がその立場だったら、深刻な表情を崩さず聞いて内心興味津津です。むしろクズです。

  16. 大原先生の烈火のような怒りで怒鳴られて欲しかった。
    大迫先生に氷のような凍てつく対応で両断されて欲しかった。

  17. 前回(4月29日)の老婦人もそうだったが、
    何で終始、声をあげて笑っているのか?

    本気で困っていて、真面目に相談したいかが
    大変疑わしいし、不快な気分になった。

  18. ウルベ担当だったらどうなっていただろう?おそらく二人で笑いあっていただろう!
    とにかく最低な女だった。姪ごさんはこのおばちゃんをどう思っているんだろう?当然実兄には煙たがれて兄嫁は嫌っていると思うのに従姉妹同士は仲が良さそうなのが不思議。
    結婚式にもできたら呼ばない方が良さそう。ちょっと遠いところで
    披露宴を行うことをご提案したい。このおばちゃんを呼ばない方が賢明。披露宴でペラペラ喋りそうだもの。周りの人々に。笑いながら。

    1. ウルベだったら二人で笑いあってるって、想像したら笑っちゃいました!
      大迫先生や今井先生に、冷たく説教してもらいたかったです。

  19. 本当にビミョーな田舎のご老人は暇で噂話大好きで困ります。(暇すぎだから?)
    うちの母も親戚から聞いたそこの家の嫁さんの悪口とか言うんだわ。
    私が共感しないで無視り
    一度「興味ないから!うちに関係ないし。他人の家の事どうでもいいんだけど。」と冷たくしたら泣いて話し聞いて欲しいだけなんだよってキレました。
    母に前向きな話しして「じゃ~って言ってみれば?」と言うと「他人だし言えないよ」
    です。
    この人も同じなんでしょうね。
    老人って本当に他人の生活気にしすぎ!

コメントはお気軽にどうぞ