夫婦喧嘩をご近所さんが通報。夫を隠す行政にリスナーも納得する番組中の剣幕

テレフォン人生相談 2020年5月12日 火曜日

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 塩谷崇之(弁護士)

相談者: 女69歳 夫80歳 別に住む息子46歳独身 娘45歳家庭持ち

今井通子:
もしもしい?
今日はどういったご相談ですか?

相談者:
はい。あの実はですね?・・1週間前に、

今井通子:
はい

相談者:
わたし達、夫婦喧嘩をしてしまったんですよ。

今井通子:
はい

相談者:
それで・・次の日に・・夫だけ・・

今井通子:
はい

相談者:
連れて行かれたんです。

今井通子:
え?「連れて行かれた」?、どこへ。

相談者:
連れて行かれたっていうか、おまわりさんが来まして、

今井通子:
あ・・

相談者:
それも・・あのお、どなたかが・・

今井通子:
その夫婦喧嘩で呼ばれちゃった?、あの、誰かに。

相談者:
どなたかが・・

今井通子:
うん

相談者:
通報したんでしょうね。

今井通子:
うーん、うん、はい、はい

相談者:
それで・・「保護します」って、

今井通子:
ええ

相談者:
主人だけ・・まあ、ついてったか・・自分でそういう気で、行ったかちょっと分かんないんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
一緒に行ってしまったんですね。

今井通子:
はい

相談者:
それで、今は・・警察じゃなくって、行政の・・

今井通子:
はい

相談者:
ほうの、施設に入っているようなんですよね。

今井通子:
・・はい

相談者:
それでその、行政のほうの決まりがありまして、

今井通子:
ええ

相談者:
わたしは・・すべて・・何もできない状態なんです。どこに、入っているかも分からないし・・病院に行くのも、一切・・同席できない。
んで、わたしこれから、ま・・お互い年なんで、ま、1日も長く、一緒にいたいと思ってるんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
どのようにして行ったら(涙声)・・いいのか分からなくて・・

今井通子:
あーあ、ちょっと待ってください。
まずあなたおいくつ?

相談者:
69です。

今井通子:
ご主人は?

相談者:
80です。

今井通子:
80歳。お住まいはこのお2人で住んでらしたの?

相談者:
はい、そうです。

今井通子:
あなた達お子さんいらっしゃいますか?

相談者:
はい、はい。娘と、息子がいまして。

今井通子:
はい。お嬢さんおいくつ?

相談者:
40・・5です。

今井通子:
45歳、はい

相談者:
息子が46です。

今井通子:
あの、ご結婚されてる?

相談者:
はい

今井通子:
はい、お2人共。

相談者:
あ、息子はしてないです。(鼻をすする)

今井通子:
普通に連絡を取れる、息子さんとかお嬢さんですか?

相談者:
はい

今井通子:
で、今回のことで、じゃ・・

相談者:
今回のことは、

今井通子:
うん

相談者:
あの、一応わたしは、してます。

今井通子:
両方に?

相談者:
はい

今井通子:
はい
で、お2人、からの、メッセージっていうか、どうするとかいうお話は?

相談者:
「自分たちも」?

今井通子:
うん

相談者:
お父さん、主人の・・

今井通子:
うん

相談者:
子供ですから?

今井通子:
はい

相談者:
なるべく?、一緒に?

今井通子:
うん

相談者:
いたい、っていうことは(涙声)・・言ってます。

今井通子:
・・うん。ていうか、ちょっと待って(苦笑)

相談者:
はい

今井通子:
あなたはあ・・

相談者:
はい

今井通子:
夫婦喧嘩の張本人だから(含み笑い)、

相談者:
はい

今井通子:
えー、パトカー来て・・

相談者:
はい

今井通子:
ご主人が、連れて行かれちゃったんでしょ?

相談者:
はい

今井通子:
で、これは何?暴力的なことをどっちかがしてたから?

相談者:
あの・・今までね?

今井通子:
うん

相談者:
・・わたしがほとんど、ま、生活の、ために働いて・・

今井通子:
はい

相談者:
食べて来たんですよ。

今井通子:
はい

相談者:
それで、その間に・・借金もされたし、その返済もあるんで、わたしは、ずっと働きに行ってたんです。

今井通子:
はい

相談者:
それでそこに来て・・病気を何回もしてまして、それを、さ、最近、「あんたはこういうことしてくれてなかったし、こういう病気もして、ずいぶん大変な思いして来たんだから」って言って、聞かせてたんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
心筋梗塞をやって倒れて、頭がちょっと・・痛んだところがあるみたくて、

今井通子:
あーあ

相談者:
通じないとこもあるみたいなんですよね。

今井通子:
はい、はい

相談者:
それで、わたしも、ま、今までのことがあるから、何回言っても分かんなくても、

今井通子:
はい

相談者:
で、イライラして、手が出ることがあったんです。
そのときも手が出て・・

今井通子:
あなたのほうが手を出した?

相談者:
出しました。
主人のほうも手が返って来ました。

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
先に出したのはあなたのほう?

相談者:
はい、分からないから手が出ました。

今井通子:
ということは・・さっき「保護された」って言われたけど・・

相談者:
はい、はい

今井通子:
要するに、あなたのほうが、加害者で・・ご主人が被害者として保護されたのね?

相談者:
その意味は分からないんです。
ただ、あの「保護しますから」って言われたんです。

今井通子:
息子さんとか・・お嬢さんが、

相談者:
はい

今井通子:
お父さんがどうなっちゃったの?っていうのは、

相談者:
はい

今井通子:
聞きに行っても大丈夫じゃないのかと、思うんだけれど。

相談者:
あ、それはちょっと聞いていないんですけど、たぶん・・ダメだと思います。
「行政の決まりだから」って言われてるんです。
ただね?その支援センターの方は・・「元気にやってます」、「やってます」、「わたし(奥様)とは、一切・・連絡は取れません」・・

今井通子:
うん

相談者:
ては、言われてるんです。

今井通子:
うん

相談者:
今のところは。

今井通子:
・・ちなみにねえ?

相談者:
はい

今井通子:
この、あの、喧嘩ってえ・・

相談者:
はい

今井通子:
たまたまあ、1週間前にしたの?、それとも・・割と・・

相談者:
いや、もうね・・

今井通子:
しょっちゅうしてるの?

相談者:
その、今までのあれがあって、たまたまじゃなくって、

今井通子:
うん

相談者:
ちょこちょこ、こう・・言い聞かせてましたね。
もう分からなくなって来たんで、わたしが言ってることが。
それで・・だんだん・・声が大きくなって。

今井通子:
うん

相談者:
耳も遠くなるでしょ?年取って来ると。

今井通子:
ふうーん

相談者:
それで・・漏れたみたくって・・

今井通子:
うん

相談者:
はい・・はい

今井通子:
そうするとこれご質問としてはまとめると?

相談者:
はい・・え、えーと、だからね・・

今井通子:

相談者:
わたし連絡取れないんで、

今井通子:
うん

相談者:
どのように、対応して行ったら、いいのかなあ?って思ってるんですよ。1日も何しろ・・&#△%早く・・

今井通子:
それが知りたい?

相談者:
暮らしたいと思ってるんでね?

今井通子:
うん、いや、それが知りたいの?

相談者:
はい

今井通子:
はい、分かりました。

相談者:
はい

今井通子:
弁護士の・・塩谷崇之先生が今日いらしてますので、

相談者:
はい、はい

今井通子:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

今井通子:
先生よろしくお願いいたします。

相談者:
よろしくお願いいたします。

(回答者に交代)


「夫婦喧嘩をご近所さんが通報。夫を隠す行政にリスナーも納得する番組中の剣幕」への10件のフィードバック

    1. 子を虐待する親が、児相に保護された子どもを必死で取り返そうとするのと同じ。相談者は、いたぶる対象を手離したくないでは。

  1. もし旦那様が帰宅するようなことがあるとして、やっぱり繰り返してしまうような気がします。
    先生方のアドレスがちゃんと伝わっているでしょうか。

    手が出るし 暴言も吐く。
    夫婦2人きりの空間で、相手がこんな風だったら。
    恐怖でしかないから 帰りたくないと思うのが、普通の感情だと思います。

  2. 折角、今までの復讐をしているのに邪魔するな。
    そう言いたいのだろうな。

  3. 塩谷先生・・・的確なアドバイスさすがです。

    警察が来て保護だから、何回も警察沙汰になってるのかな?
    誰が通報したかだけど近所では有名なんでしょうね。
    子供達もよくわかってるから介入しないでいるのか・・・?
    相談者の声も若いし元気あるし虐める対象者がいないから
    ストレス溜まりまくってますね。

  4. 「過去はいいんです、今貴女がしてることが問題なんです。」
    塩谷弁護士がんばれ‼︎

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。