激昂と優しさ。入籍後の夫62歳の変貌に戸惑う初婚53歳が見抜けなかったワケ

テレフォン人生相談 2020年5月29日 金曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 野島梨恵(弁護士)

相談者: 女53歳 夫62歳バツイチ 結婚半年 二人暮らし 子どもはいない

今日の一言: 外で子羊、家(うち)で狼。最も卑怯な男だとヒルティ(*)が言っています。

(*)カール・ヒルティ
スイスの思想家 キリスト教徒 「幸福論」著 1909年76歳没

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
もしもし

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい、よろしくお願いいたします。

加藤諦三:
はい、最初に年齢教えてください。

相談者:
53歳です。

加藤諦三:
53歳・・

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
はい。しています。

加藤諦三:
えー、ご主人何歳ですか?

相談者:
62歳です。

加藤諦三:
62歳・・

相談者:
はい

加藤諦三:
お子さんは?

相談者:
いません。

加藤諦三:
お2人で暮らしてんですね?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
はい、分かりました。
で、どんな相談ですか?

相談者:
結婚してからですね・・

加藤諦三:
はい

相談者:
ていうか籍を入れた途端に、

加藤諦三:
はい

相談者:
性格が変わったというか(含み笑い)、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、わたしへの対応が変わったというか(ため息混じり)、

加藤諦三:
はい

相談者:
すぐに、何かあると激昂するようになり、

加藤諦三:
はい

相談者:
そのうちに、「男というものは、口では」・・「女性に敵わないから」、

加藤諦三:
うん

相談者:
「暴力でどう、にかするしかないんだ」というふうに・・言い出したかなあと思いましたら、

加藤諦三:
ふん

相談者:
約1ヶ月う、ぐらい前にですね、

加藤諦三:
うん

相談者:
実際に・・警察のほうでは、DVだという、判断・・

加藤諦三:

相談者:
を、取られたような形のことになってしまったんですね。

加藤諦三:
家の中であることが起きて、

相談者:
はい

加藤諦三:
であなたが警察を呼んで、そうすっと警察のほうでは「これはDVだ」と言ったということですか?

相談者:
呼んだというかですね・・

加藤諦三:
はい

相談者:
実際にはあ、夜、逃げて、そのまま交番に行ったんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、そうしましたら交番のほうで「どうしましたか?」ということで、

加藤諦三:
はい

相談者:
事情聴取というんでしょうか、

加藤諦三:
はい

相談者:
ありまして。
交番のほうから警察に連絡が行き、

加藤諦三:
ふん

相談者:
警察のほうでは、もう、「これはDVだから」、

加藤諦三:
うん

相談者:
「警察のほうに、来てください」ということになったわけです。

加藤諦三:
事件が起きたのはいつ頃ですか?

相談者:
1ヶ月前です。

加藤諦三:
1ヶ月前?はい

相談者:
はい

加藤諦三:
これが初めての事件ですね?

相談者:
具体的にそういうー・・形になったのは、

加藤諦三:
うん

相談者:
そうなんですが、

加藤諦三:
うん

相談者:
実際には、一緒に住み始めてからというか・・

加藤諦三:
うん

相談者:
そういうことお、になるんじゃないかと、思うような・・暴言とかですね、

加藤諦三:
うん

相談者:
「もう殴るしかない」みたいなことを言われたりとかして、

加藤諦三:
うん

相談者:
寝てる間に、トイレに、入って・・スマホで・・叔母に、助けを求めたりっていうことは・・何度かあったんです、すでに。

加藤諦三:
はあ、はい、結婚してから、どのぐらい経つんですか?

相談者:
半年ぐらいです。

加藤諦三:
あ・・まだ、結婚したばっかりなんですね?

相談者:
そうなんです。

加藤諦三:
はあ、はあ、は
これは当然、恋愛結婚ですね?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
んで恋愛期間はどのぐらいあったの?

相談者:
半年ぐらいですね。

加藤諦三:
半年ぐらい?

相談者:
ええ

加藤諦三:
であなたの目から見ると・・

相談者:
はい

加藤諦三:
半年の間はあ・・

相談者:
はい

加藤諦三:
DVなんていうことが、考えられもない、も、しない・・

相談者:
え・・はい

加藤諦三:
優しい男性だったわけですね?

相談者:
そうですね。それ以前に、2年ぐらい前に知り合っているんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
他の人たちの中でも、わたしの前でも、

加藤諦三:
はい

相談者:
穏やかあ、で、優しい人という・・

加藤諦三:
うん

相談者:
ことで通ってるというか・・で、実際付き合っていたときも、そうでした。

加藤諦三:
うん・・会社なんかではあ・・

相談者:
はい

加藤諦三:
優しくて責任感が強くて、仕事熱心な、男性ということですか?

相談者:
恐らくそうなのではないかと・・思います。

加藤諦三:
外で子羊、家(うち)で狼っていう言葉が、あるようにね?

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚すると人が変わるっていうのはあ・・

相談者:
ええ

加藤諦三:
相手からすると非常に驚くべきことなんだけれども、

相談者:
ええ

加藤諦三:
あの、世の中では・・どこにでもあることなんですけれども。

相談者:
はあ

加藤諦三:
そのレベルを超えているということですね?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
で、今日の相談というのは、どういうことなんですか?
そのお、逃げ出したときにあなた、暴力が・・大変怖かったということです・・

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
ね?

相談者:
もう、今までも何度もそういう、ことがあったんですけども、

加藤諦三:
うん

相談者:
今日は決定的だと、いうふうに・・そのときは思って逃げたわけなんですよね。

加藤諦三:
うん、うん

相談者:
でも彼のほうは、大変落ち着いていて、
「警察でもなんでも、どこでも、行けばいいじゃないか」と。

加藤諦三:
うん

相談者:
で「訴えるなら、訴えればいい」と。

加藤諦三:
うん
決定的だと、

相談者:
はい

加藤諦三:
思うのは、今までと違ったところがあったんですか?

相談者:
彼がいたところが、お風呂お、の中だったので、

加藤諦三:
はい

相談者:
彼が・・掴む物がなかったから、

加藤諦三:
ええ

相談者:
風呂桶に、

加藤諦三:
はい

相談者:
お湯をたくさん汲んで、お風呂の外にいた、わたしい、に、すごい勢いで、ザバっと掛けたわけです。

加藤諦三:
はい

相談者:
いきなり激昂してですね。

加藤諦三:
はい

相談者:
ちょっとあまりにもひどいというか(ため息混じり)・・

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、今までもとても我慢してきましたし、

加藤諦三:
はい

相談者:
半年ぐらい前は本当に(ため息)、辛くて、

加藤諦三:
うん

相談者:
死んでしまいたいと思ったりとか、

加藤諦三:
うん

相談者:
そこからも、何度か、あったんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
実際にそういう、手元にあったのがお湯だったので、お湯う、を掛けられたわけですが・・もし側に、あったのが、ほかの物だったら、それで殴られていたかもしれないというか・・

加藤諦三:
・・はい、で・・

相談者:
そう考えると・・

加藤諦三:
はい

相談者:
ちょっと、も、決定的だなと自分で思ったというか・・

加藤諦三:
決定的・・ということは今日の相談というのはどういうことですか?

相談者:
離婚のこと・・も視野に入れてるんですが、やはりその前に、

加藤諦三:
はい

相談者:
あとで警察の方から、経過あ、観察のような形で電話が掛かってきたときにですね?

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、「できれば」・・「別居を勧める」というふうにも言われましたし、

加藤諦三:
はい

相談者:
自分でもそのほうがいいのではないかというふうに思っている、ということと、

加藤諦三:
はい

相談者:
今、彼が、じゃあ、どういう態度でわたしと接してるかというと、

加藤諦三:
ええ

相談者:
非常にその、わたしに優しく接してるわけなんですね。
で、「絶対に今後・・別れたくない」と。

加藤諦三:
うん

相談者:
「一緒に、絶対に、いたい」と。

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、そういうようなこと・・を言って来るんですよね。

加藤諦三:
うん

相談者:
ただ、人間ってそんなのに・・60を過ぎてから・・そういう気性が急に変われえ、ないのではないかというふうに、わたしは思っていて、

加藤諦三:
うん

相談者:
その彼・・を信じるのはちょっと難しいなというふうに(含み笑い)?

加藤諦三:
うん

相談者:
思って、いるので、

加藤諦三:
うん

相談者:
実際に、そういう人が、穏やかな生活?

加藤諦三:
うん

相談者:
を送る・・ように、変わって・・生活して行けるの、かな?ということ・・をちょっと、ご相談したいなと思っています。

加藤諦三:
はい分かりました・・

相談者:
はい

加藤諦三:
今日はあの、スタジオに弁護士の・・

相談者:
はい

加藤諦三:
野島梨恵先生がいらしてんので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

(回答者に交代)


「激昂と優しさ。入籍後の夫62歳の変貌に戸惑う初婚53歳が見抜けなかったワケ」への14件のフィードバック

  1. 相談者は専業主婦を夢見て結婚を決め、夫はサンドバッグを求めて結婚を決めた・・高齢者あるある婚。

    ずっと独身で 働くことに疲れ、誰かに養ってもらい、穏やかな老後を・・と思ってした結婚は大外れだったんですね。

    最初に 持って回った言い方で、どんなすごいDVを受けて警察に保護されたのかと思いきや・・
    風呂桶でお湯かけられて・・って(何リットル? 管理人さんのアイキャッチ ナイスね)、そりゃ病院の診断書 は無理だわ。

    どんな些細な事でも、シチュエーションによってはスゴーい暴力には違いないし、暴言だって当然DVではあるけど、今すぐの離婚理由にはならないんですね。 まずは離婚理由の実績を積み上げてという事かな? 年取ってからこんな事になってめんどくさいね~。 

    高齢者の結婚は、籍を入れないに限る。築くべき未来は無いんだから。

    1. 同感です。仮に結婚を前提にするとしても、高齢者であればこそ、まずは同棲からスタートして、お互いの夫として妻としての適性があるのか否かをじっくり見極める期間、言わば夫婦の試用期間が必要なのかも知れません。

  2. DV関連の相談だけど…旦那さんは劣等感が
    過剰なタイプで攻撃性があります…
    加藤先生なので今日は、劣等感の強いタイプでも2種類いると…
    無意識化では心って言われいます本人は自覚は出来ません
    他者と比較する「劣っている」だから仕事は真面目、責任感はある職場でわ
    動機が劣っているから「凄いね、立派な人
    出来る人、頑張り屋」
    この欲求で仕事をしているから…つまり相談者側から見れば職場での旦那さん…
    当然、人当たりも良いし~評価が欲しいから
    暴力的な動機は…弱い自分を他者に見せれない無意識化にいるから些細な事でも
    急激に怒りになる…手がでるに繋がる
    葛藤も過剰にあるからね
    加藤さんが相談者に自分が不在って言う表現で「私が好きになったから結婚した」
    「私の事を相手が好きだから結婚した」
    この違いがあるね~
    つまり相談者は自己不在なのかな?観察する能力が欠如して錯覚もするよね
    だからガラッと変わったって感じたかな
    現実問題の対処は弁護士さんのアドバイスで…一般論ですが法律家の観点から見て
    妥当だと思います
    人間は課題があるからこそ成長、成熟して
    生きる力が湧いて…自分で切り開いて
    相談者さんも人生送って欲しいです

  3. 53歳でやっと幸せを手にしたと思ったら、DV夫だったとは…、相談者が気の毒と思いました。
    加藤先生は、DV夫を見抜けなかった相談者の未熟さを指摘していたけど、DVなんかする人間は、徹底的に完璧に外づらを善人に装うことができる人間なんだから、それを見破れっていう方が無理なんじゃないかと思った。
     回答者のいう通り、DVの証拠集めをして、離婚した方がいい。今はスマホで、音声も録音できるから、常に、ボタンを押せるように気をつけながら、生活してほしい。

  4. 今まで一人で生きて来たのに、高齢者結婚するのは、お互いに打算があるように感じました。
    生活の安定や老後の世話をして欲しいということもあるのでしょうね。

    こんなDV旦那と別れるべきか人に相談する前に別れないのが不思議。その後、どんなに優しくなっても、DVされた記憶や憎しみは、忘れられないし、まして今さら性格が変わるわけありません。
    体調や経済力がないから別れないのでしょうね。
    健康とカネは、大事ですね。
    人の経済力に頼って結婚すると、別れたくても、経済力がないと別れられないでしょうね。
    私は、離婚してからは、経済力など人に人生を委ねないと決めて生きています。
    働くのがしんどい時もあるけど、DVなど嫌な旦那といなくていいので、精神的には良いです!
    私は、打算的な結婚をする人に共感は、出来ないです。
    相談者も、自分で選んだ人生なので、こんな事がある可能性もあるし、仕方ないと思います。
    今の人生に不満があるなら、自分で人生を選んだらいいと思います。

  5. バツ付き男と結婚する前に、バツがついたワケをじっくり調べた方がよかったね。
    バツつき女は男を見る目がない。
    バツつき男は思いやりがない。

    1. バツつきじゃない女も旦那を選んで後悔してる女もいるし、バツつきじゃない男でも思いやりのない男はいる。
      離婚した人に対する偏見だわ。

  6. 警察に相談に行ったらしいけど、その結果保護された?そこも曖昧。
    殴るしかない、って旦那が言ったらしいけど、実際殴られたら殴られた、とこの人の場合言うだろう。
    一度読み直したけど、浴槽の湯を掛けた、以上の表現しか出てなく、それが凄いDVになっている。

    旦那が口では負ける、と言ってるけど、屁理屈を言うからどうにもこうにも埒があかない、という意味じゃないのかな?
    つまり、子供っぽいかな、この人。

    結果的に、警察、回答者の先生、加藤先生、すべてから、じゃあ勝手にすれば?
    と言われてるんだよね。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。