医師一家お姫様が通した格差婚。娘の命名で守った夫の威厳に払う代償は婿イジメ

テレフォン人生相談 2020年9月15日 火曜日

会社員の夫とは収入格差があったものの、自分が支えていこうと結婚。
自分が壁になって母から夫を守ってきた。

娘の名付けで母と夫が揉めて、結局夫が命名したものの、夫が母からこき使われている。
夫が不満を口にすることはないが、相談者自身が母と連絡をとることすら嫌になった。

 

真夏もぴっちり長袖の女の歯医者さん。

なぜでしょう?

寒!

母との確執は母の意にそぐわない結婚がきっかけと思いきや、明かされる10代。

昼間のお手伝いさんに夜は泊まりのお手伝いさん。
間を埋める家庭教師。

いずれも相談者の拠り所とはほど遠く、働く母に忠実な下僕(しもべ)。

母の理想は娘が家業を継ぐこと。
ところがオツムがついて来ず歯科大。
医師婿に希望を託すも、連れてきたのは現夫。
で、ついに廃業。

いじめたくなる気持ちは分かる。

たしかに命名の攻防は熾烈だったかもしれん。
だからてっきり没交渉を嘆くかと思いきや・・

全然違う。

イジメなんて色眼鏡もいいとこ。

アタシには、なんとか口実を見つけて婿に接触を図ろうとする母にしか見えない。

母親からお風呂掃除すら命じられたことのないアンタの目には「こき使い」に映る。

WORDなんて頼まなければ、コミュニケーションすら取る必要もないの。
この意味分かる?

母は孫娘をなんと呼ぶの?
夫が付けた名前を相性にして呼ぶでしょ?

6年以上も前の出来事に未だにこだわっているのはアンタだけ。
悩みはアンタの一人相撲。

本当に嫌いなタイプなら買い物の送り迎えは頼まないから。

アンタが惚れたように少なくとも外見は多くのご婦人のお眼鏡にかなうレベル。
一緒にいるところを誰に見られようが苦しゅうない。

医者でないだけで、勤務先はそれなり。

 

生まれたときから恵まれた環境にあるアンタは、将来に渡って約束された金銭的余裕から生まれる心理的余裕の威力を分かっていない。

上流家庭の歯科医の女から選ばれし男というラベルからすれば、姑の頼みぐらいなんていうことはない。

 

母の本当の悩みはややこしく育ててしまった娘。
それを人並みにしてくれた婿。

アンタが壁になってたつもりの間、ずっと前から穴を開けて広げる努力をしていたのは夫と母。

同姓、異性に関わらず、進んで二人きりのシチュエーションを作る関係がどういうものかも分からないのね。

「ごめんなさい♪」
「いえいえ(苦笑)」

母と夫が密室で交わす会話の中身をアンタは知らない。

 

相談者: 女42歳歯科医 夫43歳会社員 結婚16年 息子11歳 娘6歳 父80歳 母74歳

パーソナリティ: 今井通子
回答者: マドモアゼル愛(心についてのエッセイスト)

今井通子:
もしもしい?テレフォン人生相談です。

相談者:
もしもし?

今井通子:
はい

相談者:
よろしくお願いします。

今井通子:
はい
今日はどういったご相談ですか?

相談者:
あ・・はい、あの、主人と、わたしの実の母との関係についてお伺いしたいのですが。

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
あなたおいくつ?

相談者:
42歳です。

今井通子:
ご主人は?

相談者:
1つ上で43歳です。

今井通子:
43歳、はい
あなたのほうはご両親、あ、そうするとご健在?

相談者:
はい。元気です。

今井通子:
お父さまおいくつ?

相談者:
80歳です。

今井通子:
お母さまは?

相談者:
えー、74歳

今井通子:
んー、ご結婚何年目?

相談者:
16年、になります。

今井通子:
お子さんはいらっしゃいます?

相談者:
あはい、います。11歳の男の子と、

今井通子:
はい

相談者:
6歳の女の子がいます。

今井通子:
で、あなたのお母さんと・・

相談者:
はい

今井通子:
ご主人が仲悪いのかな(含み笑い)。

相談者:
そうなんですが。

今井通子:
はい

相談者:
少しお金が絡んでいるような、気がしまして。

今井通子:
あ、はい

相談者:
わたしは・・主人と一緒になるときに、金銭面で大きくカバーしたいっていう・・き、ん、ちょっと傲慢な気持ちがあって。
わたしの実家が・・割と・・裕福、なので、主人を助けられる、と思ったんですが、

今井通子:
はい

相談者:
2人目が産まれたときに、少し・・主人が不利にな・・ってしまって、

今井通子:
うん

相談者:
それは・・名前を・・う、わたしの母に決めさせなかったので、そのことによって評価が下がってしまって・・どうしていったらいいのかな?・・と思うのと・・あの、あんまり、おかしい、関係だったら、自分の力で生きて行ったほうがいい、と思うのですが、なかなかそれが・・どうしていったらいいのかな?と思って・・それが悩みなんですが・・

今井通子:
・・えーと、まずですね。
ご主人、ご、ご職業はなんですか?

相談者:
普通の会社員です。

今井通子:
会社員でいらっしゃる。はい

相談者:
&#・・はい

今井通子:
で・・あなたは・・

相談者:
歯科医師です。

今井通子:
あ、歯科医ね?はい

相談者:
はい

今井通子:
なるほど、会社員のご主人より・・

相談者:
はい

今井通子:
初めっからあなたのほうがインカムが多かったっていうこと?

相談者:
そうです。

今井通子:
うん。で、しかも、ご実家のほうは何、をやってらっしゃるの?歯科なの?

相談者:
両方とも、医者で。あの・・

今井通子:
あ、これは、医師なのね?

相談者:
そ、そうです。

今井通子:
はい

相談者:
で、母・・

今井通子:
お母さまも医師なのね?

相談者:
そうです・・

今井通子:
はい

相談者:
開業して・・いたので、

今井通子:
はい

相談者:
すごくう・・余裕は、ありました。

今井通子:
あ・・で、ご主人は普通の会社員だったから、ま、ん、ま、それなりの・・

相談者:
はい、平均年収・・

今井通子:

相談者:
所謂平均年収・・ぐらいで・・

今井通子:
ん、ん、うん・・そうすると

相談者:
で、関係も良かったので・・

今井通子:
うん、で、それで・・ご主人が・・お母さまとまで、普通に、フレンドリーに付き合ってた、ていうこと?

相談者:
いえ、いえ、いえ、わたしが、守ってました。

今井通子:
アハハ(苦笑)

相談者:
&#、わたしが、結婚したかっ、くって。

今井通子:
うん

相談者:
一生懸命、主人を守って、

今井通子:
うん

相談者:
必要最低限しか・・会わないで済むようにして、

今井通子:
うん

相談者:
上手く行っていたような形です。

今井通子:
あーなるほど。
そうするとそれが・・お嬢さんのお名前、あ、元々あれなんですか?そうすると。
産まれたお子さんのお名前は・・実家のお母さまが付けてたの?

相談者:
いいえ違います。1人目は・・

今井通子:
うん

相談者:
もう産まれるだけで嬉しいっていう、空気だったので、

今井通子:
うん

相談者:
決めて良かったんです。
2人目は、

今井通子:
うん

相談者:
「女の子だから、わたしが決めたい」っていうことを言われました。それも、ちょっと、わたしには理解・・できないですけど、女の子っていうことに対する執着がすごかった・・と思います。

今井通子:
ほおお、じゃ「女の子だから、決めさせて」って言われたのを・・それを、決めさて、せてあげなかったのは何?ご主人の意思?

相談者:
主人の意思でした。

今井通子:
あー、ご主人の意、意思なのね?

相談者:
わたしは最初、

今井通子:
うん

相談者:
あの、帝王切開で入院していたし、

今井通子:
うん

相談者:
もう・・ん、母が、すごかったので、

今井通子:
ん、ん

相談者:
このままだと、主人の立場悪くなると思って、

今井通子:
うん

相談者:
「ちょっと名前は諦めてほしい」ってことを言いました。

今井通子:
うん

相談者:
で、主人は、諦められなかったので、1回提出された・・届けを、取り返して、訂正印を押して、自分の、つけたい名前で、再提出、しました。

今井通子:
は、はあ、なるほど、そこまで(含み笑い)、熾烈だったのね(苦笑)。

相談者:
はい、そうする&#△%・・

今井通子:
はい、もう1回、出、出しちゃったのに(含み笑い)、それを訂正したんですね?

相談者:
そうです、「それを訂正する」って、うちの母は言ったけれども・・

今井通子:
うん、ふ・・うん

相談者:
「1回までしか、訂正はできない」って、

今井通子:
うん

相談者:
市役所の方がおっしゃって、

今井通子:
ええ・・はい

相談者:
う、すごく母は怒って、

今井通子:
ん、はあーあー

相談者:
「もう許さない」ってことを、言いましたけど、わたしはもう、産まれてすぐの子を抱いて・・もう真っ白になってしまって、でもそのまま6年・・来てしまってるような気がします。

今井通子:
そうすると・・お嬢さんのお名前は、ご主人の決めたほうのお名前なわけね?

相談者:
そうです、主人が決めたがって、主人が決めた名前になりました。

今井通子:
で、そのまま6年間(含み笑い)・・そうするとお母さまと、ご主人と、の・・関係は、悪化する一方になっちゃったの?

相談者:
・・なんかこう、ちょっと、軽、ま、いじめられ、ているようにわたしの目には見えるんですけど、

今井通子:
うん

相談者:
ちょっと、立場悪くなってる、と思います。なんか小間使いのように、

今井通子:
うん

相談者:
使われたり、「郵便局行って来い」とか・・

今井通子:
うん

相談者:
「ちょっとWordでこれを作れ」とか。

今井通子:
うん、でもご主人は従ってるわけでしょ?

相談者:
・・従ってます。

今井通子:
うん。で・・

相談者:
&#△

今井通子:
あなたには文句を言ってんの?

相談者:
・・言ってないです、一切言わないです。なんか、どっかの町で・・デパート行って「出て来るまで待ってろ」って言われても待ってますし、1時間でも1時間半でも待ってますし、

今井通子:
じゃ、お母さまにとって・・小間使いのような立場であることについて、

相談者:
はい

今井通子:
ご主人は・・従っているわけね?

相談者:
従ってます。

今井通子:
それで、そうすっと、あなたはお母さま、と、どういう関係だったの?

相談者:
監視され、ているような、ずっと見張られているような・・あのいつも誰かがいて、必ず誰かが・・家政婦さんが、帰ると、家庭教師の先生が来て・・家庭教師の先生が帰ると、また家政婦さんが、住み込みの方が来て・・ずうっと親ではない・・誰かがずうっと側で見ていて・・気が休まらないっていうか、もう寝たフリをしてる・・布団の中で本を読むとか・・そういう感じでした。

今井通子:
ということはもう、ホントにお嬢さま育ち。

相談者:
そうなんだと思います。

今井通子:
うん、お姫さまかな?

相談者:
そう言われたことがあります。

今井通子:
ですね。

相談者:
「下界に降りて来てはいけなかった」って。
世間知らずっていうことですよね?きっと。

今井通子:
いや、ん、うん。そのお姫さま育ちだから・・あなた自身が、あなたのご主人を、金銭的な面では、一生守っちゃおうと思ったわけね?

相談者:
はい

今井通子:
ふうん。なるほど。
ま、それはそれでいいんだろうと思いますけれども。
そこでそうすると今日のご相談はなんですか?

相談者:
母からの電話に怖くて出られない、くって・・

今井通子:
誰が?

相談者:
わたしが・・

今井通子:
あ、あなたがね?

相談者:
出られない・・はい

今井通子:
うん

相談者:
些細なやり取りもすごく辛い・・
どういうふうに付き合・・て・・行ったらいいののか?っていう・・

今井通子:
うん。ご主人に対しての不満はないの?あなたには。

相談者:
な、ないです。

今井通子:
うん

相談者:
よくあんな・・いろんな目に遭って、よく、してくれるなと、思ってるぐらいで。

今井通子:
ふん・・なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
で・・そういう、その、お母さんの電話からも出られない、

相談者:
はい

今井通子:
そういうことについて・・どうしたらいいでしょう?っていうのが・・今日の、ご質問ですか?

相談者:
あ、は、はい。そうです。

今井通子:
分かりました、今日はですね、心についてのエッセイストとしてお馴染みの・・マドモアゼル愛先生がいらしてますので伺ってみたいと思います。

相談者:
あ・・はい、ありがとう・・

今井通子:
先生よろしくお願いいたします。

(回答者に交代)


「医師一家お姫様が通した格差婚。娘の命名で守った夫の威厳に払う代償は婿イジメ」への9件のフィードバック

  1. 親が怖いっていう気持ちわかるわ~でもいつか気付いて欲しい。たぶんこの母親は弱いものイジメしかできない

  2. なんだかんだでこの相談者は夫婦の収入の多寡や親の遺産のことばかり言っている様な気がする。
    だいたいリスカするお嬢さまていうのは地雷物件じゃないの。
    それを承知で夫婦になってくれた旦那さんて、余程ピュアなキャラクターが腹黒がどちらかでしょう。

  3. ご主人様耐える必要なんかないのに。
    相談者さんも心のどこかで王子様が自分をさらってくれるのを待っていたのよ~
    相談者さんの心が決まった今が決行の時。
    善は急げ!
    「卒業」って映画が流行ったけど、これからは「卒毒実家」「卒毒親」
    みたいな映画がでてきたら全俺が泣くわ。

  4. 性根が卑しい私は夫が財産のことを意識しているように思えてしゃあない。

  5. この母親も、娘も、そういう風になってしまったんだろうなあ。
    この人らの常識が一般人の常識とかけ離れてしまってて、自分の世界が世の一般だと逆に思ってる。
    (自分の親戚に何人か良く似た人がいるからわかる。)

    あと、ご主人。
    財産狙いじゃないと思うよ。
    妻のため、家族のため、どうすれば一番ベターな方法だろう、って思った末の行動だと思う。

    ご主人から見たら、妻は別世界に生きてきた人。
    そして、その世界の中でリストカットなどやってきて心が傷ついてる、妻は自分で解決できないであろう。
    では、自分が犠牲になって守ってやろう、って思ってると思う。

    一番いいのは、妻が今の状況を理解したのなら、ご主人に本当にありがとう、って感謝を伝え、母親にあなたは狭い世界から物を言ってる、子供みたいな事をうちの主人に言うな!って、母親より大人になって諭すといいのだが。
    そういう世界に育ってきた妻だから、そこまでは出来ないかもしれないが。

  6. な~んか傲慢なんだよな。
    経済力がある両親から、夫を守ってあげてるって意識。
    夫に感謝してると言いながら、夫を傷つけた事を自覚していないとか。

    お嬢様?お姫様?天上界の方?
    そう言われてたって、それ完全に嫌味ですよ。

    恵まれすぎてると鈍感になるんですよ。
    自分がどれだけ夫に守られてるか、自覚してください。

  7. 典型的な毒親に育てられ、未だに紐で繋がれて親の元で生きている感じの娘さんですね。

    もういい加減に自分で紐を切って親から離れてほしいな。
    旦那さんも、奥さんの親の言いなりになってるなんて一体どうしてなの?

    二人で働いてるんだから、そんなに贅沢しなければ十分にいい生活ができるでしょう?
    旦那さんは普通のサラリーマンらしいけど、普通に生活してれば旦那さんの給料だけでやっていけると思う。
    奥さんは旦那さんのことを下に見すぎているのでは?

    親の財産なんて当てにしないで(放棄しなければ普通にもらえるはず)、親からはしっかりと距離をおいて、自分たちの力で自由に生きるべき!

  8. 女医がサラリーマンと結婚するのは珍しいですが、普通想像するサラリーマンではない高級取りですね。そう言う人選ぶ女医は男のプライドに触れないよう気をつけているのが伝わる良い人です。(知ってる3人調べですが100%です。そうじゃないと絶対続かない)

    相談者のお母さんがすごいんだと思うけど。
    代々医者とかの家ってとんでもない考え方してる事あります。
    医者にならせる気満々で、それに応えられなかった娘。よくあるお話しです。

    親戚中医者の男性がOLと結婚して女の子生まれてその子が女医になった時義理の両親が孫が医者になったのを言いふらして自慢しているのを見て
    「自慢してるんだよ!医者ごときで!」と本気で呆れてるのを見たことがあります。
    自慢させてあげて!良いじゃないの!と私が言ったら「そう言うもんか??」だって。
    軽々医者になったんだなとびっくりしました。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。