尊敬する夫では満たされないものを満たす男のフィニッシュはオーラル

テレフォン人生相談 2020年12月14日 月曜日

少なくともここ6年、たぶん番組初見のワード。
オーラル、フィニッシュ

知らぬ間に磨きが掛かった妻の口ワザを夫に使う機会は来るのかしら?

夫 「お、おまえ・・あぅっ」

(笑)

 

マズロー、自己実現・・
相談者は理解できたかしら?

コメントにも指摘されていますが、ちょっと断片的すぎましたね。

以下で少し解説しています。

自己実現を怠った人が40代で出る症状。無気力の本質を探る3択問題

 

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 塩谷崇之(弁護士)

相談者: 女54歳 夫55歳 息子22歳学生 不倫相手39歳独身

今日の一言: 自己実現してる人は矛盾に耐えられる。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
もしもし、はじめまして。

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。
最初に、年齢教えてください。

相談者:
わたくし54歳です。

加藤諦三:
54歳、結婚してます?

相談者:
してます。

加藤諦三:
ご主人何歳ですか?

相談者:
55歳です。

加藤諦三:
55歳、お子さんは?

相談者:
学生で22歳の男の子です。

加藤諦三:
分かりました。それでどんな相談ですか?

相談者:
実は2年、ほど前から・・

加藤諦三:
はい

相談者:
ごくごく、近所の方、男性独身の方と、

加藤諦三:
はい

相談者:
不倫の関係にありまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
苦しんでるんですけれども。

加藤諦三:
はい

相談者:
男性の方の年齢は39歳い・・なんですけれども、独身です。

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、かなりちょっと気難しいところもあったり、
見た目、的にも、服装とかもそんな、カッコいいわけでもなくてだらしがないほうなんですけれども、それでも・・気持ちの上ではわたしのほうが、そちらのほうに惹かれてしまっているんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
ただ、わたし、のほうの生活も・・主人のことが、愛とかそういうよりも&#尊敬してます。子供のことも、よく育ってくれたなと思ってわたしは尊敬しております。

加藤諦三:
うん

相談者:
ひたすら真面目にやって来たんですが、

加藤諦三:
うん

相談者:
なぜ、決していい方ではないのに、そういう人の、のことを想ってしに行ったのか?、以前からその不倫っていうことは、もう絶対ほかの人にあっても、わたしには、絶対ありえないって・・思っていたんですね。でも、

加藤諦三:
ふん

相談者:
なぜ、今の状態をこう、未練がま、しく?、その男の・・

加藤諦三:
うん

相談者:
人に、合わせようとして、その気持ちを、とどめようと、必死になってる自分が・・います。

加藤諦三:
うん。よく分かります・・って言ったら、怒られますけど、よく、分かります。

相談者:
ええ

加藤諦三:
あなたは表面上は、非常お、に、立派。社会的には見事な、適応をして来たんですよ。
だけれども、

相談者:
はい・・はい

加藤諦三:
実は・・本能衝動の防衛というね?・・あなたご自身の中の・・

相談者:
はい

加藤諦三:
女としての欲求・・

相談者:
あ、はい、そうですね。

加藤諦三:
そういうものは、まったく満たされてないんですよ。

相談者:
あ、そうですね。はい。満たされて・・

加藤諦三:
だけど、人げーん(人間)が生きていくのにはね?、社会的には適応しなきゃならない。

相談者:
&#△%

加藤諦三:
だけれども、もう1つ人間っていうのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
本能衝動、があるわけです。

相談者:
そうですね、はい

加藤諦三:
で、この本能衝動を全部・・抑えて・・

相談者:
はい

加藤諦三:
社会的適応、を、してく、人っていうのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
疑似成長という言葉を使うんですけどね?マズローという人が。

相談者:
はい

加藤諦三:
極めて危険な、土台の上に立っていると・・

相談者:
あ、あー、あーあ

加藤諦三:
不倫なんかありえない、とんでもない。

相談者:
はい

加藤諦三:
そういう、生活をしていたんですけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたの本能衝動は・・もっと女としての生々しい欲求があったんです。

相談者:
あー

加藤諦三:
ところがそれをあなたは全部、

相談者:
はい

加藤諦三:
抑えていた。

相談者:
あーあ

加藤諦三:
つまり、本能衝動の防衛とお、

相談者:
はい

加藤諦三:
社会的適応という2つが・・54歳の、あなたの女の中にうまく統合されてなかったんですよ。

相談者:
あーあ、はい

加藤諦三:
だから、非常に危険な土台の上に立ってたんです。

相談者:
・・はい

加藤諦三:
そこに、その、あなたの言葉で言うと、「だらしがない」

相談者:
はい

加藤諦三:
最低ですよ、これ。

相談者:
そうですね。はい・・え

加藤諦三:
「それなのに、なんで断ち切れないか?」って言いますけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
断ち切れません。

相談者:
・・

加藤諦三:
だってあなたは・・

相談者:
はい

加藤諦三:
ロボットじゃないんだもん。

相談者:
・・

加藤諦三:
54歳の女なんです。

相談者:
はあー

加藤諦三:
だけども、あなたはまだ、54歳で大人じゃないんですよ。

相談者:
うーん

加藤諦三:
大人っていうのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
2つの物を・・

相談者:
はい

加藤諦三:
きちんと1つの自分の中に統合できる・・統合、インテグリティ、これが心理的健康の条件です。

相談者:
・・はい

加藤諦三:
社会的にうまく適応してるけれども、尚且つ元気でいられるっていう人。

相談者:
は、はい

加藤諦三:
それが・・大人なんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
だから・・あなたはあ・・今・・社会的適応はしてるけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
その本能衝動の防衛に、うまく行かなくて、振り回されてるんですよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
だけど、極めて危険な土台の上に立っていますから、
あなた処理間違えると・・

相談者:
はい

加藤諦三:
54歳で人生終わりますよ?

相談者:
・・はい
何に気をつけて努力をしていけば、&#△%

加藤諦三:
だから・・こういう・・男に・・

相談者:
はい

加藤諦三:
と不倫をする自分というのは・・

相談者:
あはい

加藤諦三:
もう一方の社会的適応性っていうのが嘘だっていうことです。

相談者:
あ、はい

加藤諦三:
夫を本当には尊敬していません。

相談者:
ん?

加藤諦三:
「ひたすら真面目」っていうけど、ひたすら真面目ではありません。

相談者:
はあー、分かり・・

加藤諦三:
真面目なフリをしていた。要するに全部がフリをして生きてきたんです、今まで。

相談者:
その通りです。
もそれは・・薄々分かっていながら、どうにか、気持ちを、ごまかしながら生きてきたんですね。&#△%

加藤諦三:
それがだから、マズローの疑似成長なんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
成長している振りをしてきたんです。そこでこの変な・・

相談者:
&#△

加藤諦三:
も、男としては・・

相談者:
そうですね・・

加藤諦三:
最低な男ですよね。

相談者:
はい、そうですね、「自分の将来のためにお金くれるんだったら」とかそういうことも言います。はい

加藤諦三:
うん、だからお金と女なんですよ。

相談者:
・・

加藤諦三:
だから・・あなた自身が、こういう男に引っかかるような、女なんです。

相談者:
・・すいません(泣)・・そう、そうず、それが、悔しいなと思いながら・・

加藤諦三:
だからあなたがもし本当に夫を尊敬し、

相談者:
はい・・はい

加藤諦三:
本当に真面目であったら・・

相談者:
はい

加藤諦三:
好きになる男はいます。

相談者:
はい・・&#△%

加藤諦三:
だからこれから54歳で新しい人生生きましょうよ。

相談者:
・・あ、はい

加藤諦三:
本当に、夫を尊敬し、

相談者:
あはい

加藤諦三:
本当に真面目になるためには、

相談者:
はい

加藤諦三:
自分を統合すること。

相談者:
はい

加藤諦三:
だから、社会的に元気で。

相談者:
はい

加藤諦三:
反社会的な行動をしないで・・尚且つ元気でいられるためには・・

相談者:
はい

加藤諦三:
成熟する。

相談者:
はい

加藤諦三:
でそのための方法はただ1つしかないんです。

相談者:
・・はい

加藤諦三:
自己実現。

相談者:
・・はい

加藤諦三:
自分の潜在的な可能性を、精一杯社会の中へ、で、生かして生きる。
これ以外に、

相談者:
はい

加藤諦三:
この2つを統合する方法はないんですよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
この問題は大変深い問題なんですけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
今日はスタジオにですね・・

相談者:
はい

加藤諦三:
弁護士の塩谷崇之先生がいらっしゃってます。

相談者:
はい

加藤諦三:
深いところまで人間性の心を、理解して、アドバイスをくださる・・

相談者:
はい

加藤諦三:
先生です。
では、塩谷崇之先生に、伺って見たいと思います。

(回答者に交代)

「尊敬する夫では満たされないものを満たす男のフィニッシュはオーラル」への20件のフィードバック

  1. 相談者さん、風俗で働いたら?
    クズ男にお金払ってまでクチで抜いてあげる手段でしか若い男の身体に触れられない、それでも女として満たされない足りないのならば、
    いっそのこと仕事にして、
    お金もらった方が満たされると思いますよ。
    男にウンザリするくらいまで
    女を武器にして身体を酷使すればいい。
    それで、
    旦那様への有り難みが増すのか?
    または、女として開花し、稼いだお金を元手に違う人生を歩むのか?
    は分かりませんけどね。
    クズ男との不倫がバレて旦那様に捨てられませんように。

  2. お子さんがまだ小さければもっと生々しい話題なんだけどね。この相談者に今の社会的な自分を捨てるのは無理。尊敬する夫との夜の営みを再開するのも極めて難しそう。不倫相手との別れを急ぐより、こういった下世話な悩みを相談できる相手が必要。性行為を抜きにしても今のところだらしない自分をさらけ出せるのが不倫相手しかいない。どういう形であれ、この相談者の話をセンセーショナルにではなく傾聴してくれる相手が必要。

    年齢的に見てもやっぱカウンセリングしかないっしょ、これは。

  3. 50超えてもセックスしたいんですよ!
    もう何年もセックスレスの夫といまさらしたいなんて誰も思ってない。夫とするくらいならもうしなくてもいい…と思っているのが奥さんのほとんどじゃないでしょうか?

    見つからないように適当にすればいいと思います。そしてセフレがいる事を話せる友達を見つける。
    これがすごく大事です。そうしたらここに電話かけてくることもない。公の場で婚外セックスがいいなんて誰も言うわけないし、ここでも叩かれる。フィニッシュは…って事公共電波で言わなくて済むしこっちも聞かなくて済む。

    性愛は大事です。

  4. そろそろ相談者の中から、加藤・The心理分析and講義大好き・先生に対して、「え?お言葉が難しくて意味が解り兼ねます。すみません、意味から詳しく教えていただければ助かりますのでどうか教えていただけませんでしょうか?」とか言い出す人が現れて欲しい。

    1. あなたがやれば!
      人間だもの何か悩みは必ずあるはず。go to テレ人!

    2. お得意の精神分析での決め付けは、相談者にとっては戸惑いで終わってしまうこともあると思う。きっとそう言い出してもそういう人の相談はボツになってしまうのかも!?

      1. とくめい、さんへの返信ではなくその上の匿名さんへの返信でした。

  5. 加藤先生の話は正しいのだろうけど、難しい心理学用語を使うので分かりにくい。相談者は、もっと具体的に何をしたらいいかを聞きたいのでなないでしょうか。
    今回の「自己実現」だって、ただ「自己実現しなさい」と言われても、どうすればよいのかわからない。
    「自己実現」が自分のやりたいことをやる。目標を達成するという意味なら、「セックスしたい」だって、社会的、倫理的に問題はあるが、「自己実現」の一つといえるんじゃないかな。
    マズローの心理学で言う「自己実現」を引用してこの相談者にアドバイスするなら、いきなり自己実現でなく、生理的欲求、安全欲求、社会的欲求などの下位の欲求を順番に満たしていき、その先に自己実現欲求の達成があることを説明した方が分かりやすいのではないかな。
    その結果、自己実現の目標が「セックス」でも少しもかまわないと思う。
    そんなに詳しく説明する時間もないから、やっぱり「カウンセリングを受けなさい」が一番の回答かもしれない。

  6. そんな男と別れるのは大変そう。
    話しぶりがちょっとお金持ちっぽかったから、密かに写真とか映像撮られて強請られたりするんじゃないかとそっちが心配になりました…

  7. 私も別れる時に強請られそうと思いました。
    しかも、近所なら旦那さんも顔見知りなんだろうし、かなり危険な人と付き合ってしまったな、と。
    この女性は旦那さんには絶対に知られたくないだろうから、強請られたら言いなりにお金を渡してしまいそう。

    もし不倫するなら、近所でもなくもっとまともな人とすれば良かったとは思いますが、この女性も自分でもそんなことは十分わかっているのでしょうね。

  8.  相談者様の原因は、恵まれない家庭環境に育った影響かな。と感じました。愛情不足で成長すると、例え良い旦那さんと周囲から評される男性より。自分を冷たくあしらう相手に惹かれてしまう。。。正に馴染みのある家庭環境を、大人になってから再現しているのですね。そしてその不倫相手を振り向かせることによって、両親からの愛情を再現しようとする。オキシトシンが不足するとどうしても浮気心に火を付けてしまいがちではありますが。

     加藤先生おっしゃるに、そのようなご自分の状況を俯瞰して捉え、今後どのように対処するか。その可能性を探ることが自己実現という言葉で評されているような気が致します。

     人はいつでも、いつからでも変われます!相談者様のお幸せを祈って。

  9. 何年もレス状態だった旦那さんと急に夜の生活を復活させられるのかなぁ?できたとしても沸き起こる性をそれで満足させられるのかしら?お金を渡してまでしゃぶっているとしたら本当によっぽどなんだと思う。女を開花させられないまま歳をとる事に焦りを感じていたのかも…。夫との性生活に満足していないひとって実はかなり多いみたいです。歳下の男に心ならずも引き寄せられ堕ちてしまった。罪悪感や葛藤を感じるのは関係を持ってしまった後。今の生活も捨てたくない。でも中々断ち切れずに関係を続けてしまう。誰にでも起こり得る事のようにも思いました😓

  10. そう悩みながらもズルズルと相手男性から捨てられるまで結局関係を断ち切れないと思う、そのうち夫にバレたら最悪じゃない?こんな相手との関係なのに、理性やプライドも吹っ飛んでしまうとは、メンタル的な問題なのか、年齢的におきる問題なのか、ちょっとだけ相談者が哀れに感じました。

  11. そもそも相談者が男とかかわってしまった最初のきっかけはなんだったんだろう。

    1. 自分を取り巻く環境を大きく変えない限り、自己変革はできない。逆に言えば、絶対に自分は浮気をしないと思っていたとしても、環境によって浮気癖がついてしまうこともある。やめられない悪習慣、浮気しないと決心したところで、急に変われるわけではありません。今の自分をつくりあげた、時間・場所・人の3つの要素をまるっきり変えてみる。すぐには難しいかもしれないけれど、変革しやすい要素からでも意識すれば変化はあるはずです。大切にすべき夫に後ろめたいことをしているのであれば、誰かに甘えず、自分で自分を変えるために意識してみてください。

  12. 社会的に成功した尊敬できる夫を持つ妻が若い愛人と不倫するってフランス文学でもよくあるパターンだけど(ボヴァリー夫人とか)、小説であっても夫への愛が復活してめでたしめでたしハッピーエンドになることはまずないんだよねえ。

  13. 専業主婦とかだと尚さら結婚相手に固執しすぎて思い詰めてしまう人は多い気がします。逆にいえば、男性の場合は唯一の理解者が奥さんだったりする方も多いので、奥さんがあまり受け止めてくれないとレスになりやすいのかもしれません。あんまり深刻になりすぎないのも手かなパートナーへの依存から心身のバランスを崩されている方には、心療内科的には仕事とか趣味とか、他に熱中できて自分に価値を持たせてくれるものでパートナーと余裕を持った関係を続けることをおすすめします。単純ですが運動で発散するのもいいですし、セックスの問題は友人にもなかなか相談しにくいことでレスに限らず、夫婦関係でなにか満たされないものを抱えている方は実は多いと思う。解答者は聞かなかったがこの女性は出会い系だったのかな?

  14. 別れを切り出す勇気はないと思う、その男の性格は悪くてもこの人はSEXがしたいから。まあ思い切って別れを言った所で旦那にばらすと言われるだろう。男の方はやりたい時に都合のいいおばさんくらいにしかみてない。

コメントはお気軽にどうぞ。承認後に掲載されます。

名前欄は必須です。何かハンドルネームを入れてください。