料理人の彼女との結婚に大反対の高学歴体罰両親「お前のブランドが目当て」

(回答者に交代)

大原敬子:
こんにちは

相談者:
あ、こんにちは、はい

大原敬子:
このお母さんに、物凄い問題があるんです。実は。

相談者:
・・あーはい

大原敬子:
で、ちょっと訊きますけれども、叩くっていうのは・・

相談者:
はい

大原敬子:
いつ頃からありました?

相談者:
初めてというか、

大原敬子:
うん

相談者:
叩かれたなと思ったのは、高校生のときですかね?

大原敬子:
そのとき、あなたの身長と、お母さんの身長違いますよね?

相談者:
はい

大原敬子:
それなのに叩いたのは、突然叩くんですか?

相談者:
ま、僕もその、反抗期というか、その、言いたいこととかがあったので。

大原敬子:
うん、いい、そうで・・

相談者:
その、言い合いの中で、

大原敬子:
はい、言い合いする、うん

相談者:
&#△%

大原敬子:
でもあなた自身が、

相談者:
はい

大原敬子:
来るな、ってのは大体経験から分かって来ます?

相談者:
そうですね。前に、帰ったときに、

大原敬子:
うん

相談者:
来そうだなっていうのはちょっと思ってました。

大原敬子:
怒鳴るっておっしゃってましたね?

相談者:
はい

大原敬子:
これ、お母さん、お父さんどっち?

相談者:
ま、両方ですね。

大原敬子:
どちらが多いですか?

相談者:
んー、父親です。

大原敬子:
そして、叩くのはお母さんだけ?

相談者:
はい、そうです。

大原敬子:
で、あなたの中にお父さんとお母さんの&#△%の、要するに・・学歴に対してる・・ものに対しては・・

相談者:
あーはい

大原敬子:
非常に・・偏ってるんですね。
で、叔母さんが・・あなたのうちの、お父さん達にすると、「学歴がないね」って言ってるわけですよね?

相談者:
そうですね。

大原敬子:
すと、お母さんそれ劣等感ですよね?すごく。

相談者:
ああー

大原敬子:
それでこれだけ強いんですよ?、お母さん(苦笑)

相談者:
あはは(苦笑)はい

大原敬子:
ね?、ていうことは家の中で、お母さんが、仕切ってるんだなと思ってました。
で、訊き、ます。

相談者:
あ・・はい

大原敬子:
叩くお母さん・・

相談者:
はい

大原敬子:
怒鳴るお父さん・・

相談者:
はい

大原敬子:
怒鳴るお父さんはどんなことで怒鳴りますか?

相談者:
・・父親がもう、こうするもんだっていうときとかは、かなり、こう、語気が強くなる感じが・・

大原敬子:
で、あなたがこれだけビクビクしてますから・・

相談者:
はい

大原敬子:
そんなに酷い反抗はないんですね。
叩くって言うけれども・・

相談者:
はい

大原敬子:
どのぐらいの強さなんですか?

相談者:
・・母としてはたぶん思いっきり叩いてるんだと思います。&#△%

大原敬子:
あの、抓(つね)と、叩くと、

相談者:
はい

大原敬子:
殴るってあるんですね。

相談者:
・・はい

大原敬子:
叩くは、本当に許せないときに叩くんです、人間っていうのは。

相談者:
あー、はい・・はい

大原敬子:
で、次にですね、わたしよく食事のこと言うんです。

相談者:
はい

大原敬子:
なぜ言うかというと・・食事っていうのは、心の中の感情・・

相談者:
はい

大原敬子:
怒りとか憎しみとか・・が、全部味覚に通じるんです。

相談者:
あー、はい

大原敬子:
あなた自身が、

相談者:
はい

大原敬子:
お母さんにバシって叩かれたときに、

相談者:
はい・・&#△%

大原敬子:
味は分かりますか?

相談者:
あ、全然分かんなかったかんじ・・

大原敬子:
そのときどうします?お塩振ったり、味覚に、しっかりと・・

相談者:
はい

大原敬子:
感じる物かけちゃいます?

相談者:
家では、

大原敬子:
うん

相談者:
そういうことあんまりしない、ですけど。

大原敬子:
うん

相談者:
いちおう、もう、一気に食べちゃっ・・

大原敬子:
うん、食べちゃって。

相談者:
て・・今の、一人暮らしの家に帰・・

大原敬子:
うん、うん

相談者:
てからは、

大原敬子:
うん

相談者:
ま、結構、揚げ物とか、味の濃い物今、食べがちだなっていうのは今・・感じます。&#△%

大原敬子:
結局そこで空虚で虚しい物を、怒りの物を、埋め尽くすのに・・こってりした物とか・・

相談者:
はい、食べてました。

大原敬子:
すごく甘い物とか・・

相談者:
はい

大原敬子:
お腹に入りましたよっていう物を、食べるってことよね?

相談者:
そうですね、はい

大原敬子:
それが抑圧です、あなた。

相談者:
・・あー

大原敬子:
だからほんとに家では・・何を食べてるか、味も分からない。

相談者:
はい

大原敬子:
それは・・お父さんお母さんに対する恐れです。

相談者:
・・あー

大原敬子:
でね?・・あなた自身が、「あれ、僕抑圧があるかな?」って分かるのは・・今日すごくこってりした物食べたいなとか・・しょっぱい物とか。

相談者:
はい

大原敬子:
辛あーい物がやけに欲しいなと思ったときは、

相談者:
はい

大原敬子:
あ・・きっと、何か我慢してるんだなと・・

相談者:
はい

大原敬子:
怒りが溜めてるんだなと、自分を知ると・・結構納得するんです。

相談者:
・・はい

大原敬子:
で、次にお母さんです。
叩くとか・・怒鳴るっていう人は、

相談者:
はい

大原敬子:
あなたがいるから怒鳴れるんです。あなたがいるから叩けるんです。

相談者:
・・はい

大原敬子:
つまり、お父さんとお母さんは、あなたっていう、存在があるからこそ、今、バランス保ってんです。

相談者:
・・あ、はい

大原敬子:
そして絶対にこの子は・・反撃しないって思ってるんです。

相談者:
うん

大原敬子:
これはもう、お父さんお母さんは、変わらないです絶対に。
ただ、あなたが変わる以外ないんです。

相談者:
はい

大原敬子:
あなたはお父さんを・・ゴリラとか・・

相談者:
はい

大原敬子:
ライオンとかに思ってるでしょ?

相談者:
うん、そういう・・

大原敬子:
イメージで言えば。

相談者:
イメージで言えばそうですね。はい

大原敬子:
実際は、リスですよ?

相談者:
うん

大原敬子:
お母さんは、動物では何に見えました?

相談者:
蛇かもしれないですね(含み笑い)。

大原敬子:
しつこいんだ?

相談者:
うん、そうだと思います。

大原敬子:
で、ずうっと鎌首上げて、ジーッとあなた見て・・言うこと聞かないと、カーッてかぶっちゃうんでしょ?

相談者:
あ、そうですね、はい(苦笑)

大原敬子:
お母さん蛇じゃなくてミミズです。

相談者:
・・うん

大原敬子:
それを・・劣等感があるから。
いつも、お父さんは、ライオンっていう、ぬいぐるみ。

相談者:
はい

大原敬子:
お母さんミミズなのに、蛇というぬいぐるみで生きてるの。

相談者:
はい

大原敬子:
で、あなたはそれを、蛇だとか・・ライオンって思ってるけど、絶対に違います、これは。

相談者:
・・はい

大原敬子:
じゃあ、どうするか?
あなたが賢くなることです。

相談者:
・・

大原敬子:
もしあなたが、お母さんミミズのような存在だったらどうしますか?、この、女の子との関係。

相談者:
今まで傷つけられてるのが事実なので、

大原敬子:
うん

相談者:
会わせたくはないと思ってるし・・

大原敬子:
そうです。会わないほうがいいです、これ。

相談者:
うん。はい

大原敬子:
そして次どうする?

相談者:
僕自身が、

大原敬子:
うん

相談者:
親から・・なんだろ?

大原敬子:
そう、しばらく離れて、

相談者:
はい

大原敬子:
会わないことです。

相談者:
・・はい

大原敬子:
こういう方っていうのは、会わなくなると不安なるんです。

相談者:
・・あはい

大原敬子:
それで電話とか来ます。
そのときに絶対に迎合の言葉を出しちゃいけない。
「あ、忙しいからね」って。
非常にね、抑揚を出さないで、「あ、分かったよ」って。
「元気でね」って感じ。分かります?

相談者:
・・はい

大原敬子:
シャットアウトしちゃダメなの。

相談者:
・・

大原敬子:
ただし、メールかなんかが来たときは、全部無視。

相談者:
あー

大原敬子:
動かない。

相談者:
・・はい

大原敬子:
で、あなたからの言動はしない。

相談者:
・・はい

大原敬子:
あなたから言った言葉で揚げ足取られたらおしまいです。

相談者:
・・

大原敬子:
ミミズが、蛇になりますから。

相談者:
はい

大原敬子:
ミミズがミミズになるのは・・あれ?あの子何か分かったのかな?と思ったときミミズに戻っちゃうんです。

相談者:
あーあ

大原敬子:
ほんとの強さっていうのは、相手を見たときに・・

相談者:
はい

大原敬子:
動かない。

相談者:
・・はい

大原敬子:
それから、自分の行動を一貫しておく。

相談者:
・・

大原敬子:
例えばですよ、感情ですね。

相談者:
はい

大原敬子:
あなたがお母さん可哀想だなと思ったときに、「あら・・やっぱりわたしの子どもだったわ」、って思ったときに、

相談者:
はい

大原敬子:
蛇になっちゃうんです。

相談者:
うん

大原敬子:
悲しいかな、この両親の場合には・・時間をあける。

相談者:
・・はい

大原敬子:
そうすっとだんだん年取って来ますよね?

相談者:
ん、そうですね。

大原敬子:
大人しくなります。

相談者:
・・うん

大原敬子:
決してお母さんは蛇ではなくてミミズです。分かりますかね?

相談者:
はい。分、かります。はい

大原敬子:
分かります?

相談者:
はい

大原敬子:
まず、まとめますと、あなた自身が、わたしの言ってる抑圧は分かりましたよね?わたくしが言ったことが。

相談者:
はい

大原敬子:
てことは、本当に・・好きだけど嫌いです、きっと。

相談者:
はい

大原敬子:
気になるのは怖さですよね?

相談者:
・・ん、そうだと思います。はい

大原敬子:
で、親孝行ですから、今は、わたし、あなたが幸せになって欲しいので・・絶対に連絡を取らない。

相談者:
はい

大原敬子:
行かない。

相談者:
はい

大原敬子:
で、彼女との結婚は・・まだ・・26歳ですよね?

相談者:
はい

大原敬子:
そうですね。半年ぐらい我慢できるでしょ?

相談者:
はい

大原敬子:
もう、ここは・・絶対に今籍入れないでね?
じゃないと、抑圧で、溺れてる人は、必ず似たような環境の人、選んじゃうんです。

相談者:
あーあ、彼女に対して・・

大原敬子:
うん

相談者:
同じような感情を、

大原敬子:
そうです。

相談者:
抱いてしまうってことですか?

大原敬子:
そう

相談者:
はい

大原敬子:
自分が育って来た環境と、似たような環境の人選んでしまう可能性がありますので、

相談者:
はい

大原敬子:
あなたが、そっから脱皮して、

相談者:
はい

大原敬子:
自分の、両親との、対峙すること?

相談者:
・・

大原敬子:
どんなことがあっても感情、一貫・・

相談者:
はい

大原敬子:
しばらくの間・・連絡は・・絶つこと。

相談者:
はい

大原敬子:
会わないこと。

相談者:
はい

大原敬子:
これだけ。

相談者:
・・はい

大原敬子:
で、彼女の場合は・・しばらく様子を置くこと

相談者:
はい

大原敬子:
これはわたしの案ですよ?

相談者:
はい

大原敬子:
で、その中で、あ、これは使えるなと&#、使ってください。

相談者:
はい

大原敬子:
今、加藤先生に伺いますね。

(再びパーソナリティ)


「料理人の彼女との結婚に大反対の高学歴体罰両親「お前のブランドが目当て」」への44件のフィードバック

  1. 学歴を重視する人はたくさんいます。
    それが理由で親が反対しているからと言って
    貴方が迷うぐらいなら、彼女と別れた方がいいです。
    結婚とは、本来貴方と彼女の合意のみで
    お互いがお互いの事を本気で愛しあっているのなら
    反対を押し切っても結婚するはずです。

  2. 結婚に親の許可は要らない。親から距離をとって思い通りにすればいい。
    ヘビだのミミズだの、ワケわからんアドバイスは気にしなくていいからw

      1. そういうおたくはいつもの大原信者?
        自分の崇拝対象を少しでも悪く言われるとカッとするね。あんた、カウンセリング受けたほうがいいよ。
        5ちゃんねるやYouTubeコメ欄見なさい。この程度で怒るヤツいないよ

        1. 分かりやすいたとえをイヤわけわからなくはないでしょとつっこむと信者扱い&カウンセリングってすごい飛躍ですね。
          ここは5chでもyoutubeでもないので…

      2. それに、大原先生って、占い師の手口そのものじゃん。選択肢を示して相談者に選ばせて誘導尋問。どこが素晴らしいアドバイスなの?

        1. 今までの幼児研究で見てきた家庭のうちどんなパターンに当てはまるのか、相談者にいくつか聞いて解答につなげてるだけだと思いますよ

  3. 今日の加藤先生、大原先生のアドバイスはよかったです。大原先生のアドバイスはわかりやすくて私にもわかりました。少し時間をあけて、結婚はきめればいいですね、女性の方も私にはいい方に感じました。

  4. 料理人の彼女‼最高じゃないですか。
    家族に料理人、看護師、理美容師がいたり
    それが勢ぞろいしてたらもう怖いものなし!

    それにしても相談者さん、声が暗い。
    ご結婚は
    明るい声が出せるようになったら
    されたら良いと思いました。

  5. 今日の相談者さんが、大原先生に母親をたとえたら?と聞いたら「蛇」すごい答えが返ってきました。大原先生のコメントは、大変わかりやすくて参考になりました。今日は大原先生でよかったって思いました。女性はいい方に感じました。結婚相手が女性の料理人は最高だと思います。

  6. 自分が理解できないものをクダラナイと貶めるバカはいつの時代でも。
    『すぐ決めつけるバカ、まず受け止める知的な人』

    ほっとったらいいよ
    私はいつも哀れんでる。
    だってアンチになるほど大好きなのに理解できないなんて惨めだ。

    たしかに抽象性の高い解説だけど、それを理解するのは今まで
    どれだけ本を読んだか、どれだけ自分で考えたかの積み重ねが
    問われてるだけ。
    少なくとも母国語で説明されてるのにねー

    ワカラナイことを認めて他人に尋ねることができる柔軟性
    もゼロ!
    どんだけボケーっと生きてきたんだか

    1. 相談者は混乱してました?納得してたように聞こえましたが。シンプルな比喩だし。

      1. 本人も、他にもっと自分に「釣り合った」素敵な女性がいるんじゃないか?って思ってそう。

  7. 自分が混乱してるのに、主語を他人にかえて親切心を装って
    貶めるという高等ワザ発見

    足引っ張りも進化する模様

  8. あのさあ、占い師のセリフに毛のはえたのを最高のアドバイスと有り難がるなんて、アホじゃないの?タイゾーも大敬も番組開始当初から50年以上やってきてるから、まだらボケになってても不思議じゃないわね。信者も一緒に年取って自分もボケてるから、2人の言動がおかしくても気づかないんだね。若いリスナーは、あいつら、何言ってるんだ?とキョトンとしてるよ

    1. 若いから?読解力が今一つなんですね。(ついでに貶し方も同じことしか書けてないのが悲しいですね)
      聞き続けるうちにきっと国語力も伸びていきますよ、大丈夫。

      1. 占い師まがいの戯言を後生大事に有り難がるおまえらみてえなボケ老人になんか、なりたかねえよ!
        老害が居座ると、どこもろくなことにならない。
        ひろゆき氏のような若くて歯切れのいい論客に入れ換えてもらいたい

        1. 某掲示板で真っ赤になるくらい書き込んでも
          だーれも相手にしてくれなくて可哀想
          それこそ貴方お得意のきめつけ

  9. 劣等感とか敵意とか、誰に対しても同じ言葉で無理筋を通そうとする手口は、新興宗教と似てる

  10. そういや、大敬はちょうちょとかうさぎを引き合いに出してたこともあったな。カステラとかせんべいから選ばせたこともあったっけ。相談者も暗示にかかっちゃうのかね?

    1. 君もひろゆきもそのうち老害になるんやで
      君がひろゆきの直接的な物言いを気に入ってるように、回答者の抽象的な物言いを気に入ってる人がいるだけ
      君は5chで、テレ人回答者ファンはこちらの掲示板で、棲み分けしたらいいだけよ

  11. 自分の人生の選択に自信を持てない、責任を取りたくないだけ。
    相談者は一生結婚出来ない。

  12. 俺がもしテレ人に電話してタイゾーと大敬をあてがわれたら、他の人が担当の日に折り返してくださいと頼みたいけど、可能かな?

    1. 先生方をタイゾーや大原、最低限のコメントができない方は、自分の教養、性格、生き方を疑われます。あなたがかわいそうに感じました。毎日のストレスをこんな形でしか、発散できないなんて、、、大変でしょうね。

  13. 俺は忙しいんでね、タイゾーや大敬のようなまどろっこしい説明聞いてる暇ねーんだよ!ウルベも似たようなもんだけどな

  14. 大原先生や加藤諦三氏は占い師ではなくて、MIですね。
    motivational interviewing、動機づけ面接の技法です。

  15. みなさん、料理人の彼女いいじゃん!
    と思われるかもしれませんが、
    ウチの旦那は料理人でも、家では一切作らず、口は出す。。
    あ、、関係ない話ですみません。つい。

  16. 確か出来ないはずです、パーソナリティやご相談相手を指名出来ないルールなので。
    僕も加藤さんは好きではないので、何とも言えませんが、心理学者なんですよねえ。
    大学教授だったので、今でも番組に来た相談を研究、時には本にしているようです。
    ただ、今回の相談、吉本興業が舞台だった朝ドラ『わろてんか』を思い出しました。

  17. 高校生にもなって母親に叩かれて萎縮し反抗期を経験しなったからか。
    未だに自分の人生と結婚を自分で選択できないお子ちゃまなんだねぇ。
    そんなんじゃ、結婚なんて無理無理。
    親から自立して大人になる事の方が先でしょう。

    1. YouTubeのコメ欄でよく見かけるよ。回答者の批判にイチャモンつけるヤツはいないから、みんなイキイキとコメントを楽しんでる。違法アップロードとかで、もうすぐ閉鎖されるのが残念。
      こちらでも、嫌いな回答者の批判など自由にさせてね

  18. コメント数が伸びてると思ったら、半分は場外乱闘。なんかこのサイトも荒れるようになったな。昔はコメント欄もまともで、管理人さんのコメント楽しみに来ていたけど。荒らしが入れ替わり立ち替わりに出没して、今や「回答者アンチ」「弱者は消えろ論者」「精神疾患は詐称論者」が乱入する。自分の持論、それも極論を撒き散らかして。テレ人の公式本が出版されて書き起こしサイトが著作権違反に問われる可能性が浮上しているが、むしろ公式に引導渡される方が潔い気もしてきた。ここでもいろんな人がいる、様々な事情があると勉強させてもらった。荒らしの繁栄は、テレ人卒業のタイミングが来たことのサインなのだろう。

      1. 返信があったので一言。管理人さんは原則コメント欄もコメントも手入れされない方針の模様。例外は相談者当人がコメントされた時くらい。なので、これからもコメント欄は開放される。「なりすまし事件」が起きた時は注意喚起されたが、コメント欄は開いたままだった。騙りも煽りも荒らしも「人間の有り様」として受け入れる方針だと見ている。でも、昔の雰囲気が好きだった者として現況は残念に思う。下コメントで「所属性の欠如w」って煽りコメあるけど、長年見てたら、たとえ匿名掲示板でも愛着は湧く。管理人さんがほぼ毎日更新されているので、見る側も思う所はある。荒らしや煽りに気を配りながらコメントしていたけど、気遣いしながらコメントすることに違和感が止まらなくなった。管理人さんの意図があって現況ならば受け入れるしかない。でも支持はできないので、退き時だと思った。

  19. 本相談については、加藤先生の通り、一息おいて自分の事を理解してから決めればよいと思いました。
    荒らしについては、上記潮時さんの通りと思います。相談に対する自分の意見も言わず、回答者や、自分と意見の異なる書き込みの非難イチャモンつけに終始。こういう輩は、現実世界の会議など発言する場で、「質問意見ある人、手を挙げて」と言われても手あげないタイプ。で、匿名のネットに来てイキる。ちゃんと現実世界で意見発散してほしい。
    見づらくてしょうがない

    1. え、じゃあアナタのコメントは内容に対する感想なんですかぁ?

      ちがいますよね 

      精神疾患は詐称って実際にそれで現場困ってんだよ
      上辺だけの良い人の方が社会には有害。
      自分が見づらいからって排除しようとする方が見識狭くないの

      なんかさコメントいくつもバンバン入れてるわけでもなく
      多少嫌味返してるけど、そこまで見づらくしてはないと思う。
      ちょっと敏感すぎないか?
      もしかしてここが唯一の所属できる場所?
      所属感の欠如ですか

    2. コメントは自由。
      自分にとって嫌なコメントは無視すればいい。
      返信もしない。
      同意するコメントにだけ返信する。
      日本国に生きてる者として言論の自由、表現の自由を最後まで守りたい

  20. 潮時さんの続きコメントに再度同感です。自分もコメしたら1時間もしないうちに、その通り、煽りコメあり、暇なのか…
    全てとは言いませんが、やはり現実世界では発言できない人のようですね。現実世界で、「現場困ってる」だの「上辺だけの社会に有害な人」に対峙した時、正しく意見発散やファイトバックすればよいと思う。それをせず、加藤先生がいう日頃の「怒りが変装」。自らの意見、正当性を疑わず、ネット匿名で絡む。
    当の本人はコメントしづらい土壌を作っている事に気づかない。それこそ有害

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。