父の事故死でタガが外れた母の男好き。身上潰し私の家庭を侵食する恐怖

テレフォン人生相談 2022年4月22日 金曜日

記事タイトルの身上の読みは「しんしょう」。
財産のこと。
口ずさんだ方は通(ツー)。

♪そぉれで身上つぅぶした。はぁ、もっともだぁ、もっともだ

 

今週は特集企画
「お金が災いの元!もがく女性たち」

そのトリ。

相談者誕生 母28歳 父 兄1~3歳
父亡    母34歳 相談者6歳    兄7~9歳
貢ぎ出す  母45歳 相談者17歳 兄18~20歳 ホスト20歳
現在    母60歳 相談者32歳 兄33~35歳 ホスト35歳

 

中川潤 「破産したって免責受けられないですよ、遊興費で使ってんだから」

遊興費でも免責(借金チャラ)されます。
ギャンブルなんて定番だし。

ただしそれは、足を洗っているのが大前提。
ホストと切れてない母親に免責が下りないのは当然。

 

僭越ながら今日の一言にひとこと。

これは相談者の母親の行動を指しているのではなく、相談者自身の行動を指しています。

人は考えて、決めて、行動する。
こういう順序だとしても、振る舞いと思考には相互作用があって、行動が考えを正当化します。
「慣れ」という脳の働きや、習慣を変えることの心理的ハードルとも符合します。

母親の借金返済を援助した実績が、あるいはこのままの関係を続けることが、大学まで行かせてもらった恩に報いるべきだという考え方を強化し、さらにそれに縛られていきます。

今日は悪い作用のし方で紹介されましたが、いい方向で作用するときもあって、この作用自体に良い悪いはありません。

 

意識が過去に縛られているなら、先に行動を変えるのです。

あれから7年。健全に育つ内なる女性を前に被害感情の整理に番組を訪れた26歳

 

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: 女32歳 夫38歳 息子3歳 祖父母と共に近くに住む母60歳 父は6歳のときに他界 兄がいる

今日の一言: 人間の行動は考え方を受け入れてしまいます。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
もしもし?

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
よろしくお願いします。

加藤諦三:
最初に年齢教えてください。

相談者:
32歳です。

加藤諦三:
32歳

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
はい、してます。

加藤諦三:
ご主人何歳ですか?

相談者:
38です。

加藤諦三:
38歳、お子さんは?

相談者:
3歳の息子が1人います。

加藤諦三:
はい、分かりました。で、どんな相談ですか?

相談者:
わたしの実母に、関することなんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
60歳に、なる実母が近くに住んでいるんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
10、5年ぐらいにわたってですね?

加藤諦三:
はい

相談者:
若い男の人にずっと、お金を貢いでおりまして、

加藤諦三:
ええ

相談者:
相手の男性がですね、わたしの、予想ではあるんですけれども、あの、ホストクラブで働いている男性なんですよね。

加藤諦三:
ああー・・す・・

相談者:
今年齢が35歳ぐらい、なんですよね。

加藤諦三:
お母さん、60歳って言いましたよねえ?

相談者:
はい。今、母は60です。

加藤諦三:
そいで相手の男性は35歳ですね?

相談者:
はい・・はい

加藤諦三:
はい、はい、そいで?

相談者:
で、何年にもわたってずっと貢いでたっていうことがありまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
そのことが、ちょっとわたしにとってすごい、ま、ショッキングな出来事だったっていうのと、母、がですね、ちょっと、ま、借金をそのときに同時にしてしまいまして。

加藤諦三:
借金ていうのは、ちゃんと返済はできてるんですか?

相談者:
その返済が、ま、苦しいということで、

加藤諦三:
ええ

相談者:
母から、3年前ぐらいですね、これが分かったのが。

加藤諦三:
はい

相談者:
生活していかれないというふうに母から、あの、ある日、相談されまして。
「え?、どういうこと?」って訊いたら、

加藤諦三:
ええ

相談者:
「すごい借金がある」って言うんですよね。

加藤諦三:
ええ

相談者:
で、問い詰めても、あの、借金の、内訳を教えてくれないものですから、

加藤諦三:
はい

相談者:
母がいない間にですね、ちょっと、ま、通帳の履歴とか、送られて来る、あの、カードの請求書とかを見たところですね、

加藤諦三:
ええ

相談者:
ま、ざっと、900万ぐらいの借金があったのと、

加藤諦三:
はい

相談者:
あと通帳の履歴で、おんなじ特定の男性に、毎月15万ずつ送金してる履歴もありまして・・

加藤諦三:
ふうん。で、お父さんはどうなってんですか?

相談者:
お父さんがですね、わたしが、6歳のときに、

加藤諦三:
はい

相談者:
工事現場で働いてたんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
機械に巻き込まれて、事故で、仕事中に亡くなってしまったんですよね。

加藤諦三:
あー、ああ、ああ

相談者:
で、ま、そのときに、仕事中の事故なので、労災年金、それから遺族年金、

加藤諦三:

相談者:
それから、子供2人いる分の、あの、児童、なんとか手当っていうんですかね?

加藤諦三:
はい、はい

相談者:
それえ、まあ、下りまして。
毎月35万ぐらい、あの、お金だけで、まあ、もらっていたっていうことだったので。

加藤諦三:
ええ

相談者:
で、母もあの、銀行で、パートしてたので、

加藤諦三:
ええ

相談者:
特に生活に困ったっていう感じは、しなかったんですよね。

加藤諦三:
そうすると、その、

相談者:
ええ

加藤諦三:
お母さんが、あなたにとって母親っていう感じではなかったの?

相談者:
影で、男の人とお付き合い、何回か、いろんな人としてるなっていうのは、気づいてたんですけど。
絶対に、家(うち)に連れて来るような人ではなかったんですよね。

加藤諦三:
ああ

相談者:
やっぱり、子供のことは第一に思ってくれる母だったので。

加藤諦三:
あー、あ

相談者:
ただ、あの、ま、週末になると、大体、一泊二日とか、

加藤諦三:
ええ

相談者:
金曜日の夜飲みに行って、朝帰って来て、また土曜日の夜飲みに行って、日曜日、の朝帰って来て、ていう生活ではありましたね。

加藤諦三:
経済的には、あの、困ってはいないけれども、お母さんという、感じの人ではなかった、ですか?

相談者:
うーん、ま、母としての役割は、務めてくれました。ちゃんとご飯も作ってくれて、

加藤諦三:
うん

相談者:
部活もやらせてくれて。
ただ、週末になると飲みに行ってしまうので、わたしと兄はちょっと寂しい思いはしていたかもしれないですね。

加藤諦三:
そいで今日のあなたの相談ていうのはどういうことなんですか?

相談者:
わたしが結婚してからですね?

加藤諦三:
ええ

相談者:
母と、ちょっと、距離離れてたものですから、

加藤諦三:
はい

相談者:
も、母も、もう1人だし、お祖父ちゃんお祖母ちゃん、いるんですけど。

加藤諦三:
はい

相談者:
もう定年も近いしっていうことで、わたしの近くに引っ越して来るってなったんですよね。

加藤諦三:
はい

相談者:
ただ、その近くに引っ越して来たあとにですね、そういったあの、お金のトラブルっていうのが分かりまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
こっちに来ていない段階だったら、もう、お金のトラブルあった時点で・・ちょっとわたしも、ちょっと心の距離を置こうかなって思ってたかもしれないんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
近くにいるものですから、

加藤諦三:
はい

相談者:
今後、介護の問題とか、そういうの出て来たときに、

加藤諦三:
はい

相談者:
どう母と接して行っていいか?、もう、分からないというか。

加藤諦三:
うん、うん

相談者:
も、母を見ると、わたし、正直もう、苛立ちしか出て来ないんですよね。

加藤諦三:
うん

相談者:
ま・・そりゃね?男性に貢ぐっていうのは、ま、母のお金だし、自由、であるとは思うんですけれども、

加藤諦三:
うん、うん

相談者:
どうしてね、元、銀行員なのに、そういう将来設計何一つ、できずに、

加藤諦三:

相談者:
そんな、ホストに貢ぐだなんてそんなことをしてしまったんだっていうのが、

加藤諦三:
うん

相談者:
ちょっと、信じられなくてわたしの中で。

加藤諦三:
感情的にはそうすると・・好きだけれども憎しみが強いということですか?

相談者:
そうですね。ま、育ててもらった、恩も、ある、んと、一方で、軽蔑する感情っていうほうが今はなんかこう強くなって来てしまって、

加藤諦三:
うん

相談者:
正直もう、このことで、わたしも、頭がもうすごく痛くてですね、夜、たまに寝れなくなったりとか・・

加藤諦三:
ええ
だけど・・お子さんもいてですねえ、

相談者:
はい

加藤諦三:
お母さんとの感情があ、矛盾した感情、なってると・・お子さんとの関係もうまく行かないですよね?

相談者:
あー、なるほど。

加藤諦三:
だって・・子供からすれば、まだ3歳ですけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
母親が、心の葛藤を持っている・・
要するに母親が心理的に安定していないっていうことは間違いのないことですよ、これ。

相談者:
はい

加藤諦三:
だからって、今、あなたの中では、お母さんを、見捨てるということもできないわけね?

相談者:
ただもう、兄は、もう、完全見捨ててるんですよね。
でも、わたしは、やっぱり、近くにいちゃうっていうのが、ちょっと引っ掛かってて・・

加藤諦三:
うーん

相談者:
なか・・

加藤諦三:
気持ちの上でどうしても・・こういうことがあって、近くに住んでいるけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
もう、これからは、夫と子供との、生活、を中心にして自分はやって行こうという・・そういうような割り切り方はなかなかできないんですね?

相談者:
うん・・
いや、もう・・きっと誰かに・・
「そうして、いいんじゃない」って・・言われたら(涙声)、きっとなんか、そうできると思うんですよね。

加藤諦三:
ということで、どうしたらいいか?、ということで、電話をくださったということですね?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
はい、分かりました。
今日はあの、スタジオに・・弁護士の中川潤先生がいらしてんので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

(回答者に交代)


「父の事故死でタガが外れた母の男好き。身上潰し私の家庭を侵食する恐怖」への23件のフィードバック

  1. 包括支援センターに相談、祖父母の世帯分離、施設永住も早く考えるべきだと思う。
    ご相談者さんのお兄さんの意向も気になるが、これではお母さん以外危なかしそう。
    ご相談者さん、これからは舅や姑、旦那、長男と仲良く暮らして欲しいものだねえ。
    あとはお母さんの民法上扶養義務があるのも気になるが、それも包括にぜひ相談を。

    1. 扶養義務はあくまで正常な親子関係が前提。弁護士までもが縁を切れと言ってるんだから包括センターに相談の必要などない。縁を切ればいい。

      1. お母さんとの縁切りは否定しないが、心配なのは、祖父母の体調。80歳代だろうと推定すると、今後要介護になった時のことが本当に心配。
        「お母さんが介護する資格は一切ない」と言っていいほどの素行ゆえ、孫兄妹が今後のことを考えなければならないことが厄介だろうと思う。
        すさんの投稿にもあるように、お母さんのような借金癖がある人の禁治産者手続きができないのがちょっと厄介な部分になるかなあとも思う。
        本心としては、お母さんとの縁切りもそうだが、信頼できる第三者に、お母さんに精神科治療を受けさせる相談が出来ればという感じもする。

        1. 祖父母は自分の意思で借金娘の尻を拭い続けることを選択してるので、母親ごと縁切りされるしかないですよ。
          本人達も本望だと思います。

          1. 『修羅場は早く作れ!ツーベリー・デービット』ではないが、包括支援センターに早く相談して、次善策を作るのがいいと思う。
            祖父母やお母さんから虐待呼ばわりされるよりはマシだし、この状況を正直に話して今後の対処を任せるのも相談だろうと思う。
            『動かない事は、軽率よりもなお悪いツーベリー・デービット』ではないが、ただ縁を切るのでは動かないのと同じことだろう。
            相談すればセンターでの記録も残るだろうし、軽率と思われるかもしれないが、動かないよりはマシだし、誠実さも見せられる。
            ひいては『誠実に徹する時、人生において恐れる物は何も無いツーベリー・デービット』に結びつくだろうし、多少安心だろう。
            もちろん、今後祖父母やお母さんは『愚かな時、自然が制裁を加えますツーベリー・デービット』になっていくんでしょうけど。
            最後に、ツーベリー・デービットが乱発だったが、相談しない対症療法と相談する根治療法では、後者の方が後悔しないだろう。

            1. 「子は親の面倒を見るべき」という誠実さだの常識だのに囚われるから毒親や依存症の負の連鎖が止まらないということを北のあなたは理解できないんだね。

              1. だから包括に次善策を作らせるような投稿をしたと思うが、何かあった時、他の親戚に怒られて欲しくないからだろう。
                もちろん、僕も祖父母とお母さんの縁を切ることは否定しないが、北のあなたさん同様、対策を取ってからが良かろう。

                1. 怒ってくる親戚とやらが間違っているのだから相手にする必要も対策も必要なし。

                  1. 怒ってくる親戚とやらが合っているのだから相手にする必要も対策も必要あり。

  2. 同じような経緯で絶縁しましたが、いざ腹を据えて行動に移してからが大変です。
    当事者同士というより、事情を深く理解してない第三者が常識を盾にこちらをねじ伏せようとしてくるので、これに対抗するのが本当に疲れます。親になんてことをするんだ、親のことをわかってやれ、俺が中に入ってやろう云々。。。ウンザリです。

    相談者さんの場合、祖父母が相手に付いているそうなのでとてつもないエネルギーが必要かと思いますが、乗り越えれば必ず幸せが待っています。
    月並みなことしか言えませんがお子さんのためにも頑張っていただきたいと思います。

  3. 昔なら借金癖のある人を禁治産者にすることができましたが今ではそれも出来なくなりました。
    それがかえって親兄弟との絶縁のハードルを低くしたような気がします。

    1. それに加えて、借金内容がホスト貢ぎでは破産宣告が出ること自体考えにくいでしょう。とはいえ、禁治産者ハードル、高いのは大変ですよねえ。

  4. 「相談者の母は可愛がってきた永遠の35歳のホストさんに死ぬまでホストしてもらえばいい。相談者の母がいなくなれば爺さん婆さんは安心して自分達の老後を考えることに専念できる。母を見切ることが出来る兄が正しい。」相談者さんはそれくらいに思っていればいい。

  5. 居るよね、こうゆう親、曰く誰のお陰で大きく成ったんだ、誰のお陰で大学まで出れたんだ、大抵は聞き流せるが、この母親は息子と同世代のホストに入れ込んだ挙げ句、当然のように娘に借金を強要する、親の資格無し、即縁切れー。

  6. アルコールや薬物への依存と同様に捉えるべき問題で、最大の毒はイネイブラーである祖父母でしょう。
    ホストなんてお金がなくなれば相手してくれないのに、際限なく援助を続ける祖父母のせいでいつまでも縁が切れない。

    1. 荷花さんに同感です、元凶はまさにイネーブラーの祖父母ですよね

      夫が労災事故で亡くなったショックからの現実逃避もあっただろう
      補償金とかで望外のお金が舞い込んできて、金銭感覚がマヒしたのもあるだろう
      ただ、子どもたちに金をたかるようになっては末期症状の依存症だ

      そしてそんな相談者母を「ちゃんとしなきゃ」とたしなめるでもなく、
      「可哀相だから」と娘を際限なく甘やかす相談者祖父母
      完全に共依存状態なんだろう、孫たちに迷惑が掛かってることも気に留まらなくなってしまってる

      相談者は全力でイカレた母親から逃げきってほしい
      昔は家族思いだったのかもしれないけど、今はもう真っ当じゃなくなってる依存症者だ
      ご主人とお子さんのために、遠慮なく頭から優しい母親の幻を振り切ってほしい

  7. 荷花さん同感です。この母親はホスト中毒です、この母親の子供の頃から祖父母がイビツな溺愛ぶりで育てたんでしょう、この歳になっても娘への盲愛が生き甲斐になってるんでしょう。

  8. 即縁を切るべきだし切れます。
    扶養義務うんぬんは自分の家庭が扶養できる余裕がある場合であって余裕が無いと言えばそれまでです。よく所得証明を出せとか財産があれば書けとか役所が言ってきますが余裕が無いの一点張りで通用します。頑張って毒親と縁を切ってください。私もそれで縁を切りました。

  9. ご相談者さん、ご自分の家族を、一番に大切に育てて 下さい。
    お兄さんと同じ対応でいいです。
    子供を育てること、親の役割です。当たり前なのです。
    キズが深くなる前に、今でも大きいですが。付き合い巻き込まれると、憎しみが増大します。今のうちに切ることが最善と思います。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。