塩谷崇之「折れたのはソコじゃない」熟年再婚夫婦に仇となった思いやりのED薬

テレフォン人生相談 2022年6月2日 木曜日

潤いは簡単に補うことができる。
対して勃起はそれ自体がそうならない限りどうしようもない。

女性には終わりがないと言われる理由でもあり、女性向け風俗が盛り上がらない理由でもある。

女は性欲の減衰で行為から遠ざかり、男は機能の衰えで行為の終焉を迎えるわけだ。

たとえば男がゼリーの使用を提案したら、女はその優しさに感謝する。

妻は同じことをしただけなのに夫は傷ついたらしい。

別に天狗のお面を渡したわけでもあるまい。

 

58歳と62歳。
”高齢者の性”というタグを貼るにはまだ気が引ける。

勃起しない、勃起しない、泣いて訴える70歳の男

誘う女と妻との間で揺れる挿入命の現役75歳

同い年の彼女の機嫌を損ねてしまう現役74歳。言葉と裏腹な女心とは?

 

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 塩谷崇之(弁護士)

相談者: 女58歳 夫62歳 バツイチ同士で結婚5年 女の子供(長女30歳 長男27歳 次男24歳) 夫の子供(長女35歳 長男28歳ぐらい)

柴田理恵:
もしもし?

相談者:
あ・・

柴田理恵:
テレフォン人生相談です。

相談者:
こんにちは、よろしくお願いします。

柴田理恵:
こんにちはあ・・はい
今日はどんなご相談ですか?

相談者:
ちょっと夫の、体調のことなんですけれども、

柴田理恵:
はい、はい、はい

相談者:
うーん、男性更年期じゃないかなあ?と思うんですが、

柴田理恵:
あーあーあ

相談者:
あの、どういうふうに、こう、対処していったらいいのかなあ?と思ってお尋ねしたくて。

柴田理恵:
あ、はい、あなた、い、おいくつですか?

相談者:
わたしは58歳です。

柴田理恵:
はい
えっと、旦那さんおいくつですか?

相談者:
62歳です。

柴田理恵:
はい、お子さんいらっしゃいますか?

相談者:
えっと、わたし達はそれぞれ再婚で、

柴田理恵:
はい

相談者:
で、それぞれに成人した子供たちがいます。

柴田理恵:
あなた、の、お子さんはじゃあ、おいくつう、でいらっしゃるんですか?

相談者:
えっと、わたしの子供は30と、

柴田理恵:
うん

相談者:
えっと27です。
えっと、男と女と、もう1つ下に24もいます。女男男の順です。

柴田理恵:
向こうの、旦那さんのほうには・・

相談者:
35お、の女の子と、

柴田理恵:
はい

相談者:
んん、28ぐらいの男の子、じゃないかなと思います。

柴田理恵:

相談者:
うん

柴田理恵:
結婚して何年ぐらいですか?

相談者:
5年です。

柴田理恵:
男性の更年期かもしれないっていうことなんですけれども、

相談者:
はい

柴田理恵:
どういうことが起きてるんですか?

相談者:
なんか、も、すごいなんか恥ずかしい話で、ちょっとほかの人には喋れないんですけど、

柴田理恵:
はい

相談者:
夜の生活う・・

柴田理恵:
はい

相談者:
が、

柴田理恵:
はい

相談者:
うんと、ま、ダメになって来たんですね。
うんと、わたしは、も、こういう、年な、なので、

柴田理恵:
うん

相談者:
そういうことは全然なくてもいいかなとは思うん、ですけど、

柴田理恵:
はい、はい

相談者:
やっぱ、こう、うーん、うちのお、主人にしてみると・・うん、なんか気になるのかなと思う、ところがあって、

柴田理恵:
はい

相談者:
んで、半年ぐらい前から、

柴田理恵:
うん

相談者:
ま、ほとんど、機能しないというか、

柴田理恵:
はい、はい

相談者:
あの、途中で、ダメになったりとかみたいな感じ・・

柴田理恵:
はい・・

相談者:
で。

柴田理恵:
はい、はい

相談者:
その度に、こ、すごく、こ、言い訳をするんですね。

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
こ、「仕事のストレスだ」とか、

柴田理恵:
うん

相談者:
「薬変えたからかな」とか。

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
で・・え、別に、あの、それはそれで、全然わたしは、こ、責めているわけではなくって、

柴田理恵:
うん・・うん

相談者:
で、それはそれでいいなと思うんです、けど、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
あまりにもこう、夫が、気にするので、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの・・そういう薬をわたしが買ったんですよ。

柴田理恵:
・・

相談者:
あの、EDの薬を。

柴田理恵:
あ、はい、はい、はい、はい

相談者:
ほいで、それで、それを、買うと喜ぶのかなあと思って、

柴田理恵:
うん

相談者:
で・・「買ったよ」って言ったら、すごく、

柴田理恵:
うん

相談者:
その、主人がショックを受けて、

柴田理恵:
あー、あ、はい・・うん

相談者:
で・・まだ・・そういう物を使う気持ちにはなれないと。

柴田理恵:
うん

相談者:
でえ・・なんかすごく、こ、傷つけてしまったというか、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
でえ、こう、どう対応していいのかなっていう感じ、なんですね。

柴田理恵:
うん・・うん、うん

相談者:
で、こ、女性更年期の場合は、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、時間が経つと、

柴田理恵:
うん

相談者:
ホルモンもこう治ま、ったりとかするけれども、

柴田理恵:
はい、はい、はい

相談者:
男性更年期っていうのは、

(チリンチリンチリン・・)

柴田理恵:
はい

相談者:
これを、放っておいて、いいのかどうか?っていうことと・・

柴田理恵:
ああ、はあ、はあ

相談者:
あとその、これからこう、体も、心も弱っている感じなので、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
こ、どういうふうに、わたしは対応していけばいいのかなあ?ということを、お尋ねしたかったんです。

柴田理恵:
はあ、はあ、はあ
お医者さんとかに、行かれたことあるんですか?

相談者:
ん、ないと思います。

柴田理恵:
うん

相談者:
で、ネットで、ま、わ、たしは、調べるんですけど、

柴田理恵:
はい

相談者:
あの、主人は、時間がくれば解決すると思っているのか?

柴田理恵:
うん

相談者:
自分は単にストレスが溜まっているだけだと思っているのか?

柴田理恵:
ん、うん、うん

相談者:
とにかく「今は、リハビリ中だから」とか「メンテナンス中だから」とか言って、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、別にこう、わたしが求めているわけでもない、のに、

柴田理恵:
うん

相談者:
すごい、いろんな言い訳を、するうんですね。

柴田理恵:
うん

相談者:
で、それも、なんかこ、気い使わせて申し訳ないなっていう感じなんですよね。

柴田理恵:
あーあ

相談者:
あの、なんの不満もないですし、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、日常生活もとっても優しい人で、

柴田理恵:
うーん

相談者:
で、別に、そのお・・す、夜の生活なんてなくてもわたしは全然、いいのに、

柴田理恵:
うん・・うん

相談者:
責任感があるのかよく分からないんですけど、

柴田理恵:
うん

相談者:
なんかすごい気に、するんですよね。

柴田理恵:
そういうことを・・

相談者:
うーん

柴田理恵:
あの、旦那さんにおっしゃいましたか?

相談者:
してないです。なんかこう・・

柴田理恵:
「いいのよお♪」って。

相談者:
「しなくていいよ」って言っても、
「これでも幸せだから」って言っても・・なんか傷つけるような気がして、

柴田理恵:
あーあーあー

相談者:
なんか・・逆に・・なんにも、声を掛けられない、ですよね。

柴田理恵:
うーん

相談者:
別に子供作るわけでもないし、

柴田理恵:
うーん

相談者:
で、その、例えば、行為の途中で・・

柴田理恵:
はい

相談者:
ダメに、なると、やっぱすごい落ち込むんですよね。

柴田理恵:
はい、はい

相談者:
向こうが。
で、それで、「気持ちよかったね♪、このまま寝ようね」って言って、

柴田理恵:
うん

相談者:
こ、手を繋いで寝たりとかするんですけど、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
まあ、そんな、感じ・・なんです。

柴田理恵:
うん、そういう・・

相談者:
で、あと・・

柴田理恵:
対処・・ですよねえ・・

相談者:
向こうが勝手に、落ち込んでいるんです(苦笑)
これは治療するべきなのかあ?

柴田理恵:
あー

相談者:
それとも、このまま、こう、なんか、な、時の流れえ、

柴田理恵:
うーん

相談者:
が、過ぎて行くのを・・

柴田理恵:
うん

相談者:
待って、こ、普通に、こ、枯れた夫婦というか、

柴田理恵:
うん

相談者:
になって、行ったほうがいいのかなとかって、それが、こ、まだ、半年ぐらい、のことなので、ここ・・

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
え、そこをどう対応するのがいいのかなあ?と思うんですよね。
ま、元々・・温厚な、人なので、

柴田理恵:
うーん

相談者:
あの、特に、元気がないとかっていうわけではないと思うんですよねえ・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
こう、生活にはなんの支障も不満もないです。

柴田理恵:
ご主人んんん・・

相談者:
うん

柴田理恵:
と、は、お話なさるのが・・いいなあとは思いますけれども・・

相談者:
や、あの・・主人は、その、夜の、

柴田理恵:
うん

相談者:
生活が、

柴田理恵:
うん

相談者:
うまく行かないのは、

柴田理恵:
うん

相談者:
一時的なもので、

柴田理恵:
うん

相談者:
で、これは、回復するからって思ってるんですね。

柴田理恵:
うん、うん、うん

相談者:
で、んで、あ、そうなのねって、

柴田理恵:
うん

相談者:
わたしはただそれを聞いているだけで。

柴田理恵:
うん、ん、うん

相談者:
だけど、本当に、その、ホルモンが、こ、どんどん、どんどん下がって行くときに、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、何もしないで、こ、こまねいていて?、手を?、いいのかなと。

柴田理恵:
うーん

相談者:
ん、ん、なんか、ん、ん、何をしてあげればいいのかなと。

柴田理恵:
うん、うん、うん、うん

相談者:
で、あと、やっぱりその、EDの薬を買ってしまったっていうことが、

柴田理恵:
うん

相談者:
すごく・・傷つけたので、

柴田理恵:
うん

相談者:
なんか、そこも悪かったなって思うんですよね。

柴田理恵:
そこ、は、謝られましたか?

相談者:
「ごめんね」って言いました。
主人にしてみると、わたしがそこまで・・

柴田理恵:
うん

相談者:
真剣に・・考えているというか、

柴田理恵:
うーん

相談者:
悩んでいるというか、

柴田理恵:
うーん

相談者:
とは思っていなかったみたいで、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
で、なんか、びっくりして、

柴田理恵:
うん

相談者:
傷ついてみたいな。

柴田理恵:
あーあ

相談者:
そんな、様子・・でした。

柴田理恵:
もちろん旦那さんは働いてらっしゃ・・

相談者:
はい

柴田理恵:
いますでしょ?

相談者:
はい、はい

柴田理恵:
あなたも、お仕事なさってるんですか?

相談者:
わたしは主婦です。うーん、そうですね、山に登ったりとかあ、

柴田理恵:
うん、うん、うん

相談者:
あとは釣りに行ったりとかあ、

柴田理恵:
うん

相談者:
あとは、映画を観たりとか、

柴田理恵:
あ、な・・

相談者:
美術館に行ったりとか・・

柴田理恵:
仲良いですね。

相談者:
&#、すごく仲良いと思います。

柴田理恵:
あ・・

相談者:
わたしは自分で。

柴田理恵:
じゃあ、もう、全然・・いいなあと思いますよ。

相談者:
そうなんです。

柴田理恵:
ほんとに羨ましいぐらい。

相談者:
そう、そうなんですよ。こう、なんか、年取ってからの夫婦なのでえ、

柴田理恵:
うん

相談者:
もう、なんかほんとに、こういう人が、現れてくれて良かったなって思います。

柴田理恵:
うーん

相談者:
うーん
ま、ほんとに、こう何もしないで、

柴田理恵:
うん

相談者:
ただ、このまま・・いていいのかあ・・

柴田理恵:
うん

相談者:
な?って、それとも、こう、なんか・・主人が何か、なんていうか、こ、復活したいと思っている、ので、

柴田理恵:
うん

相談者:
それを・・助言してあげたりとか?

柴田理恵:
あーあ

相談者:
したほうが、いいのかなと。その、お金の不安があるわけでもないし、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
あと、健康の不安があるわけでもないですし・・

柴田理恵:
うん、ん
じゃあ、ちょっと先生に訊いてみましょう。

相談者:
すみませえん。

柴田理恵:
はい

相談者:
こんなことで。

柴田理恵:
いいえ
今日の回答者の先生は、

相談者:
はい

柴田理恵:
弁護士の塩谷崇之先生です。

相談者:
あー、はい、ありがとうございます。

柴田理恵:
先生よろしくお願いします。はい

相談者:
すいません

柴田理恵:
はい

(回答者に交代)

「塩谷崇之「折れたのはソコじゃない」熟年再婚夫婦に仇となった思いやりのED薬」への42件のフィードバック

  1. コミュニケーションって難しいなぁ、と。
    相談者は良かれと思って薬?を調達したけど、結果的に夫氏の「雄のプライド」を痛く傷付けてしまった。
    自分はもう肉体の触れ合いに執着しない、というのが本音なら年齢なりの夫氏を受け入れる気持ちがあることをもっと強く伝えた方が良かった気がする。(執着していないという相談者の弁には個人的には懐疑的。むしろ強烈な執着があるような気がする)
    もし仮にイラつきがちになった相談者を見兼ねて夫氏が独断で更年期障害の薬を調達してきたら、相談者はなんて優しい夫なのかと感動するだろうか?イライラしている私にそれほど嫌悪感を持っているのかと落胆しないだろうか?ちょっと興味がある。

    1. 同感ですなぁ〜

      相談者の方が、夜の生活がうまくいかないので寂しいのではないか・・・そう聞こえた。知らんけど

      1. 確かに難しい話ですが、柴田さんや塩谷弁護士の年齢がご相談者さんの年齢と近いことにはもっと驚いてしまったというのが正直な感想です。
        あと、再婚同士で子供が5人というのも驚いてしまいました。少子化で1・2人が当たり前のご時世ですから、やはり多いなあと思いました。

        1. 男女の愛情の機微はあなたには難し過ぎてわからないでしょうね。そこは素直で結構。
          解答陣の年齢でそんなに驚きますか?別におかしくないですけど。
          子供が多いなあ、なんて余計なお世話ですよ。それぞれ前の家庭でのことだから相談の中身と直接的には無関係です。
          無理矢理一言足さなくてよろしい。

        2. 子供5人は多いって?ひょっとして再婚後に5人出来たと思ってますか?違いますよ。よく聴いて読んでからコメントしましょうね。

          1. 再婚でそうなったとはいえ、5人は多いという意味でそのような発言が出たのではないか?本来の子だくさんとは違うのですが。
            とはいえ、再婚になっても、少子化のご時世で(子供が)多くて2・3人と想定していたので、多いかなあという感じはします。

            1. 別人を装って擁護コメント入れても文体でバレバレなんだからいい加減やめなさいよw
              あのね、前の結婚時にそれぞれ2人と3人で計5人ですよ?どうしてもそこがわからないのですか?
              あなた少子化の現代で一般家庭の子供は2、3人と想定すると言ってるじゃないですか。だからあなたの想定どおりで普通なんですよ。2+3で5なんですよ。
              何が「多いなあ」ですか。頭おかしいんじゃないの?

              1. 別人を装っておらず擁護コメント入れても文体でバレバレないんだからいい加減続けなさいよw
                あのね、前の結婚時にそれぞれ2人と3人で計5人ですよ?どうしてもそこがわかるのですか?
                あなた少子化の現代で一般家庭の子供は2、3人と想定すると言ってるじゃないですか。だからあなたの想定どおりで普通なんですよ。2+3で5なんですよ。
                何が「多いなあ」ですか。頭おかしくないんじゃないの?

  2. 男の人の性器、どこか、不気味。子供を持つ手段として、触れました。今、50歳ですが、触れたくないです。小さく折れて、安心。起きてる時に、笑って。これで、良いです。50代後半で、挿入を求める。そこまで、sexしていたら、これも、不気味です。

        1. 私も昔は毎回コメントしていたけど、治安悪くなったから最近は時折閲覧するに留まってる。これでも2020年くらい迄は荒らしが居ても悪目立ちしてなかったし、まともなコメントが多かった。今は見なくなったハンネも多々あるし、反比例して頓珍漢なコメントが常駐する上に真っ先に荒らしに来る。ここが噂になってるなら、それはそれで良い。いっそもっと荒れてしまえと思う。社会不適合者の吹き溜まりを檻の外から見るようなサイトとして割りきってる。しょっちゅう見るもんじゃないけど。

          1. コメントがまともだとか頓珍漢だとか自分だけの正義を振りかざしや価値観に縛られて生きてるとさぞかし疲れるでしょう?
            少し力抜いた方がいいですよ?
            見も知らぬ他人を捕まえて社会不適合者だなんて思い上がりも甚だしいですね。たかがネットの掲示板で善人ぶって気持ちいいですか?
            檻の外から眺めているつもりで実は檻の中にいるのは貴方かもしれませんよ?

            1. 同感です。勝手に他人のコメント欄に住み着いて文句垂れ流して「いっそもっと荒れてしまえ」なんてよく言えるわ。自分でブログ立ち上げて気に入らないコメント消しまくればスッキリするかもしれませんよ。

              1. 先の「確かに」です。まー、こんな揚げ足取りコメントが来るのは予想していた。私のは目くじら立てるのに、北男の頓珍漢コメントは気にしないのか…。それとも北男本人?
                先に書いた通りに今は稀にしか来てません。愛着があったのは本当ですが、それも過去のモノです。愛読する(していた)ブログにコメント残すのは「執着」なのか…。「居座る」「正義感かざす」はそっくりそのままお返ししますよ。これ以上は書き込みません。やっぱりここは北男始め社会的不適合者の吹き溜まりに堕ちましたね。これでも昔は各人各様の体験談とか管理人さんの蘊蓄とか楽しんでたのですがね。そちらこそ、ネットで憂さ晴らしするくらいなら病院行くのをお勧めします。それか、ネットの片隅で事情通をいつまでも気取って下さい。他人の足を引っ張るしか能が無いし、貴殿方がどう転落しようと貴殿方が困るだけで此方は知ったことではないから。

                1. 「昔のほうが好きだったなあ。今はコメ欄が荒れててあんまり見なくなっちゃった。残念」で済む話ですよね。
                  他人の作ったサイト、他人のつけるコメントが「自分の思い通りにならない」「自分にとって面白くないものに変化する」のは当たり前のことです。
                  それを社会不適合者だの吹き溜まりだの転落だのあえて攻撃的な言葉で表現している。
                  場が荒れていること自体が問題なのではなく、あなたの他責傾向やコントロールできないものへのイライラが問題なんです。テレ人で頻出の「息子夫婦に口出しする姑」と同じ構図ですね。
                  三石先生なら「人生に楽しみを見つけろ」と仰るでしょうし、加藤大原先生なら家族との関係性や成育歴に言及されるでしょう。

                2. お前らがどうなろうが知ったことじゃないとまでカッコつけるのなら最初から大上段に振りかぶって批判しなければいいのに。2回目のコメントはどう見ても尻尾を巻いて逃げながら言う負け惜しみですよ。
                  頭から湯気出して怒ってるんでしょうけど、自分が他人の考え方を変えたくてコントロールしたくて堪らない人間だということはお認めになった方がよい。
                  他人と過去は変えられないっていうじゃないですか。ヘビーリスナーを気取って一体何を学んできたのやら…

                3. 正論ぶった同じ穴のムジナってヤツだね。
                  黙って常識的なコメントを投稿することでしか浄化されないのに荒らしを荒らしだと声高に糾弾することで結果的に自分も荒らす側に加担してしまってる。
                  誰とは言いたくもないが、特定の基地外に粘着して反応してるヤツも一緒。いい加減にスルーする余裕を持とうよ。

        2. 「ここは酷いインターネットですね」を間に受けてる人がいますね。このワードで検索してみてください。これネットスラングってやつですよ。
          意味は色々解釈されるようですが、荒れ具合を批判するというより「盛り上がってるな!いいぞもっとやれ!」ってニュアンスが強いです。
          乗せられたら負けです。

    1. 旦那さんも貴方の女性器をグロテスクで臭いなぁと思いながら子孫を残すためだけに我慢してたんだからお互い様だと思いますよ?
      貴方が旦那さんを拒否している分どこかで受け入れてくれている女性がいらっしゃるはずなのでありがたいことだと感謝しながら余生を送ってくださいね。

    2. アンタが旦那を嫌いなのは仕方ないけど、総論化してチンコが不気味とか余計な話。一度自分のマンコを鏡でじっくり観察してからモノを言いなさい。
      50代でセックスしてたら不気味とかも失礼だし要らぬ世話だ。世の中には50代やもっと上でも夫婦でセックスを楽しんでる夫婦はいる。アンタがセックスの悦びを知らないまま寂しく歳を重ねただけのこと。
      そもそもなぜこの相談にわざわざそんなコメント入れた?チンコ気持ち悪いとか言いながら本当は満たされていないことが寂しいんじゃないの?セックスなんか要らないと言いながら旦那に精力剤渡して奮起を促す相談者にどこかで共感したんじゃないのか?

  3. バナナて…www
    ワタクシだったら、
    今日は寝かせないぜ~とか言いながら
    ウハウハで薬つかうけども。

  4. 「薬をわたしが買った」「放っておいていいのか」「助言してあげたり」「治療すべきなのか」「何をしてあげればいいのか」って、本人に自覚はなさそうだけれど、すいぶんとご主人を追い詰める言い方をする人ですね。

    単に無神経な人なのか。それとも深層心理として実はご自身が夜の生活にこだわっているからなのか。
    「私は夜の生活なんてなくても構わない」とあまりにも強調するので、おそらく後者かな。強調しすぎて逆に執着を感じます。

    1. 全く同感ですね。
      相談者さんは私はもうなくても構わないと強調されていましたが、いざ旦那さんに求められれば「どうせやるのなら挿入してそれなりのフィニッシュを」と形に拘っているんじゃないかと思うんです。逆に言えば、それが叶わないセックスは無意味だという雰囲気を露骨に出しているんじゃないかと。
      そんな状況でED薬を差し出された旦那さんの心境は察して余りあります。

  5. バイアグラとかシアリスってED薬は処方薬ですから本人が医師の診察(ごく簡単ですが)受けないと買えません。
    相談者が勝手に買ってこれるって違法な通販か怪しい精力剤の類では…?

    1. 個人輸入は自己責任ですが、違法ではありません。
      ジェネリックで10分の1の価格で入手できれば
      OKじゃないかな。

  6. 知り合いの裕福な60代男性3人は、そういう薬は常備してます。男の嗜みです。と皆さん笑って真昼間食後のコーヒーを飲みながらおっしゃってました。もうそういう時代なんだとしみじみ思いました。多分奥様でない人とのためだと感じましたが、細かく聞きませんでした。

    もちろん奥さんから薬出されるのとはわけが違うとは思います。

    セックスはコミュニケーションとしみけんさんが言ってました。気持ちよくなるためには本当の気持ち言わないと。そして2人とも。セックスは頭でするらしいですから。
    勉強になります。是非相談者さんに見て欲しいです。

    1. 覚醒剤でボロボロの清水健太郎さんがそんなこと言ってたんですね。
      失恋レストランって流行りましたねぇ

        1. あぁ、違うのかいな?
          ほなアレか?褌にサングラス掛けてチャーって言うてた焼肉屋のオーナーのことかいな?

  7. 二人で暮らした年月が短い分
    相談者の不安は大きく夫に気をつかいすぎた。

    旦那にとっては相談者に会うずっと前の若い頃から自分の大切な一部として苦楽を共にしてきたから他人には分からない思い入れもあるんだろう。もうそっとしてあげよう。

    また、旦那も男なら諦めも肝心。身軽になれると潔く老いを迎え入れよう。

    その分お互いに「愛してる」と心から言い続けていたら第二の春の形はそれぞれの夫婦の数だけありそうだ。

    管理人さんのコメント面白いです。いつもありがとうございます。

  8. この手の相談て興味を引かれるのかな?
    何かいつもと違う方々がコメント寄せてる感じした

  9. sexの途中で駄目になってしまうなら、男性主動から女性主動に変えてお口でしてあげると途中で駄目になっても男性は気にならないと思います。
    夫が夜の生活が好きでいるなら是非相談者が受け身にならず積極的にいろいな手を尽くしてサービスしてください。フェラチオしてあげると男性変わると思いますよ。

    1. 男のセックスに不満を言う女に限ってマグロ!
      2夜連続!ご期待ください!

コメントはお気軽にどうぞ。承認後に掲載されます。

名前欄は必須です。何かハンドルネームを入れてください。