金持ち初婚リーマンを悩ます定年後の懐を知る妻が娘への援助をねだる驚きの金額

テレフォン人生相談 2023年10月5日 木曜日

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 三石由起子(三石メソード主宰、作家・翻訳家)

相談者: 男61歳 (初婚) 妻55歳(再婚) 前夫との間に息子30歳 娘28歳 孫5歳と0歳

柴田理恵:
もしもしい?、テレフォン人生相談です。今日はどんなご相談ですか?

相談者:
ええとですね、私の、妻の・・相談なんですけども。

柴田理恵:
はいはい。えと、あなた今おいくつですか?

相談者:
え、61です。

柴田理恵:
奥様は、おいくつですか?

相談者:
ええ、55です。

柴田理恵:
お子さんはいらっしゃいますか?

相談者:
妻の、子供が、

柴田理恵:
はい

相談者:
二人、いてます。

柴田理恵:
おいくつとおいくつで?

相談者:
30と、28です。

柴田理恵:
うんうん。

相談者:
で、上が、男で、下が、女です。

柴田理恵:
「奥様の」ってことは、あのう、前の旦那さん、とのお子さんってことですか?

相談者:
そうです。

柴田理恵:
ご結婚はあ・・

相談者:
7年前、ぐらい。

柴田理恵:
奥様は、再婚で。

相談者:
はい

柴田理恵:
あなたは、初婚ですか?

相談者:
そうです。

柴田理恵:
で、奥様の、一体、どういうことが?

相談者:
去年私の方が、

柴田理恵:
はい

相談者:
定年退職しまして。

柴田理恵:
はい

相談者:
それと同時に、

柴田理恵:
はい

相談者:
妻の方が、子供の方、に、ほとんど、入り浸りになってる。月のうち、はん・・半分ぐらいは、行って、泊まってるっちゅうような状態なんです。

柴田理恵:
えっとお、男のお子さんですか?

相談者:
お、女の、女の方です。

柴田理恵:
女の・・はい。

相談者:
はい

柴田理恵:
あのう、お二人共、ご結婚、なさってるんですか?

相談者:
女の方が、してる、してます。
以前は、そうでもなかったん、やけども。

柴田理恵:
うん

相談者:
ちょうど・・退職と同時に、

柴田理恵:
はい

相談者:
その傾向が、多くなってきたんすね。

柴田理恵:
向こうのその娘さんに・・お子さんいらっしゃるとか、そういうことですか?

相談者:
ああ、二人いてます。

柴田理恵:
お子さんいくつぐらいなんですか?

相談者:
5歳と、0歳。

柴田理恵:
ああ、じゃあ、一番、手がかかるぐらいの、お子さんだ・・たちですね?

相談者:
そうですね。

柴田理恵:
うん。それの、お世話に、行ってらっしゃるってことですかね?

相談者:
んん、まあ、それも・・あると思うんやけども。

柴田理恵:
うん

相談者:
ま、そのう、前の・・旦那の方も、

柴田理恵:
うん

相談者:
その、子供の方へ、ちょくちょく、いてるみたいなんですよ。

柴田理恵:
あああ・・なるほど。はい、はい。

相談者:
はい。それがまあ、

柴田理恵:
はい、うん。

相談者:
去年ぐらいから、頻繁に行くようになったんです。
「子供の方に、金銭的な援助も・・してくれやんか?」とか・・そういう、ことも、ちょこちょこ話に出てくるんです。

柴田理恵:
え、それ、奥様の方から、

相談者:
そうです。

柴田理恵:
あなたに、

相談者:
はい

柴田理恵:
あの、「娘たちにも援助してあげて」っていうふうに言うんですか?

相談者:
そういう、そういうことです。はい。

柴田理恵:
でも、娘さんちゃんと、家庭持ってるんでしょ?

相談者:
◆#$持ってますね。

柴田理恵:
そんなに援助しなきゃいけない・・んですか?

相談者:
え、結局そのうううう、家を買ったりい、子供の・・保育所の、費用とか、家のローンとか、

柴田理恵:
うん

相談者:
ああの、奨学金を返したり、してるらしいんです。
それでえ、金銭的に苦しいと。まあ、こういうわけなんですね?

相談者:
はい、はい。

相談者:
それが、◆#$%□&わからんですよ?

柴田理恵:
うん・・

相談者:
ある程度、余裕があってえ、自分の生活が、派手なんで、

柴田理恵:
うん

相談者:
お金が、足らんのかもわからんし。

柴田理恵:
うん・・

相談者:
その辺は、私、よくわからないんだけれども。

柴田理恵:
はい

相談者:
それがまあ、ちょうど退職と同時に顕著になってきたんです。
それでえ、

柴田理恵:
うん

相談者:
どうしたもんかなあ、と思って。

柴田理恵:
私い、今、ちょっと・・聞いてね?

相談者:
うん

柴田理恵:
思うのは、

相談者:
はい

柴田理恵:
どうして、ちゃんと結婚して、

相談者:
はい

柴田理恵:
お子さん二人いて、

相談者:
はい

柴田理恵:
ま、それなりの・・考えがあってね?

相談者:
はい

柴田理恵:
ちゃんと、お子さんも作って。子育てしてるわけでしょ?

相談者:
はい

柴田理恵:
それに・・そんなに、援助が必要なのかどうかが、わからないし。

相談者:
はい

柴田理恵:
それを、「して、あげてよ」っていうお母さんも、わからないし。

相談者:
はい

柴田理恵:
前の旦那さんが、

相談者:
はい

柴田理恵:
そこの娘さんのところに行ってるんなら、そのお父さんに、頼めばいい話じゃないのかな?、と、私は思いますけど。

相談者:
前のお、そのだん、お父さんっていうのが、

柴田理恵:
はいはい。

相談者:
まあ、また、再婚したんですね?

柴田理恵:
はい

相談者:
再婚ん、した相手の間に、子供も・・できてるんです。

柴田理恵:
ああ、はあ、はあ、なるほど。

相談者:
ん、それで、まあ・・費用が、かなりかかってる・・みたいなんです。

柴田理恵:
あはいはいはい。

相談者:
まあ、所得も少ないですし。

柴田理恵:
うんふんふん。

相談者:
娘の方は、ま、結構高額な、まあ、家を買ったわけなんですね?、かなりローン、組んでるわけなんですね。

柴田理恵:
はい

相談者:
それで、ま・・分相応の、家なしに、かなり無理して・・

柴田理恵:
あああ・・ん・・

相談者:
ローン組んでるわけなんです。それでえ、金銭的に苦しいと、

柴田理恵:
うん

相談者:
いうことなんです。

柴田理恵:
で、それで、あなたに、「援助してあげてよ」って、言うわけですか?

相談者:
言う、わけなんです。

柴田理恵:
いくらぐらい援助しろって言ってるんですか?

相談者:
2000万とか、3000万とか。

柴田理恵:
べええええ?!・・そんな、お金・・お持ちなんですか?

相談者:
まあ、今まで働いてたし、退職金もありますし。

柴田理恵:
はああああ・・

相談者:
うんうん。

柴田理恵:
(吸って)・・

相談者:
あの、家も・・親の、家を、そのまま相続してるんで。
住宅ローンとか、全くないような状況なんで。

柴田理恵:
はい、はい。

相談者:
それを、まあ、当てにしてるっていうんが・・思われるんです。
それが、もう、その退職と同時に、そういう傾向が顕著になってきたんです。

柴田理恵:
それでえ、あなたは、何ておっしゃったんですか?

相談者:
いや、それはちょっと・・考え直した方がええんちゃうかい?、って言うたん、ですけどね。

柴田理恵:
あはいはいはいはい。

相談者:
その娘と、そこの子供、は、ほとんど、僕の方には、寄り付かないんです。その、妻の方が、行ってるっちゅうな、状態なんです。

柴田理恵:
あなたのところには、別に、見せに来ないわけですか?、子供たち。

相談者:
んそ、そういうことなんです。

柴田理恵:
ああ、はあ、はあ・・

相談者:
で、その孫はあ、その、前の旦那、の方へ、ま、入り浸りっていうんかな?

柴田理恵:
はああ・・

相談者:
うん。ような状態なんです。

柴田理恵:
うん

相談者:
派手な生活、もしてるし。

柴田理恵:
うん

相談者:
結構、その、遊んだりい。お金をまあ、パンパン・・使うわけなんですね?

柴田理恵:
あなたは、そりゃあ、良くないと思われたんでしょ?。で、それを、奥さんに言ったわけですよね?

相談者:
そうなんすけどね。

柴田理恵:
向こうは何て言ったんですか?

相談者:
それでもまあ・・ことあるごとに、そういうふうに言うんですね?。「出してあげてよ」とか、

柴田理恵:
そりゃあ、おかしいですね。

相談者:
おかしいです。(苦笑)

柴田理恵:
あなた、断ったんですよね?。「それはちょっと違うんじゃいか」と、思われるわけでしょ?

相談者:
そうなんす。それでも・・

柴田理恵:
うん

相談者:
まあ、

柴田理恵:
うん

相談者:
お金、「お金、使うとこ、無いでしょう?」とか、まあ、言うわけです・・

柴田理恵:
だって、これから先、あなたは退職なさって。この先、生活していかなきゃいけないわけですから。

相談者:
そうなんすね・・

柴田理恵:
そしたら、いくらあったって、足らないぐらいだとは思うんで。

相談者:
ええ

柴田理恵:
奥さんって、

相談者:
はい

柴田理恵:
どうやって知り合ったんですか?

相談者:
知人の紹介です。

柴田理恵:
なんかねえ、今のは、話、聞いてるとね?、奥さん・・お金目当てみたいに、ん、なんか、思っちゃうんですけどお。

相談者:
え、そ、そういう、ふうに僕も今・・ああの、思ってるんです。

柴田理恵:
はあ・・

相談者:
以前は、そうではなかったんやけども。

柴田理恵:
(吸って)

相談者:
やっぱり・・あのう、将来、娘の方へ、ええよって行って、娘の方に面倒看てもらって。娘の方へ、寄っていくっていうんかなあ??というな、想像は、してるんですけどね。

柴田理恵:
ええええええ・・
だって、今、実際その、月半分向こうに行ってるわけでしょ?

相談者:
そうです・・

柴田理恵:
で、その、月半分こっちにいるときは、どんな態度ですか?

相談者:
まあ普通っていうんか。

柴田理恵:
はあ。

相談者:
淡々々、と、生活しているっちゅんか・・そういう話になったら、事あるごとに、そういうふうに、頻繁に言うわけなんですよね?

柴田理恵:
うん、ふんふんふん。

相談者:
嫌気が差してきたっちゅうか。

柴田理恵:
だってえ、まだ、61でしょ?、あなたは。

相談者:
はい

柴田理恵:
人生100年だったら、まだ、40年生きなきゃいけませんよ?

相談者:
っそおっすねえ。

柴田理恵:
◆#ば、今日のご相談としては、

相談者:
うん

柴田理恵:
こういうふうに妻が・・「自分の娘のところにもっと、援助してあげて」みたいに言うけども。(吸って)・・どうしたらいいか?ってことなん・・ですか?っそ・・

相談者:
そう、難しいんですけどね?

柴田理恵:
もし、その、断ったら、奥さんが出てっちゃったりすることも、ありうるって・・思ってる?

相談者:
いや、そこの、その辺がちょっと、わからんとこで。

柴田理恵:
はい

相談者:
断ってえ、出て行ったら、自分の生活が、できなくなるっていうんも、あるん・・あるんです。

柴田理恵:
その、奥さんの方のね?

相談者:
そう、す、あのううう、

柴田理恵:
奥さんが、生活・・

相談者:
働いてないんで。生活の糧がないんで。

柴田理恵:
はい。でも、あなたは奥さんと、この先も、長く一緒にいたいですか?

相談者:
その辺が微妙ですね。

柴田理恵:
(吸って)

相談者:
でも・・

柴田理恵:
うん

相談者:
別れようとはしないんですよね。

柴田理恵:
奥様は、別れようとはしない?

相談者:
そうですね。

柴田理恵:
はあ、はあ、はあ、はあ。

相談者:
そういうあれは、見えないんですね。

柴田理恵:
じゃあ、今日のご相談としては、娘のところに半分行ってて、お金を・・援助してよっていう、無心してくる、奥さんなんだけれども、どういうふうにしたらいいか?ってことですかね。

相談者:
そうです。

柴田理恵:
わかりました。じゃ、ちょっと、先生に聞いてみましょう。
今日の回答者の先生は、三井メソード主催、作家で翻訳家の、三石由起子先生です。

(回答者に交代)

「金持ち初婚リーマンを悩ます定年後の懐を知る妻が娘への援助をねだる驚きの金額」への35件のフィードバック

  1. 退職金が出てから無心がエスカレートしてきたという話からも相談者は完全に金づるとしてたかられている気がします

    向こうの家族の家を建てた分まで援助という理屈もわかりません
    しかも何千万なんて桁が違いますよね

    こういうのは一回許すとキリがなくなるので絶対に出してはダメですね
    これ以上ひどくなるようなら離婚も視野に入れた方がいいかもしれません

    相手の方もお金目当てとなると愛情はないでしょうし

  2. ふたりが結婚したとき、娘さんはすでに大人。相談者にとっては全くの赤の他人。奥さんが世間知らずかどうかは知りませんが、いくら世間を知らないからといって そんな娘のために「援助してあげてよ~」と軽く言えるこの奥さんは、とてつもない大物かとてつもなく無神経。話し合いしても無駄かも。

  3. 奥さんが帰ってこなくなったのは、相談者さんが金づるにならなそうと悟ったから。これまでは退職金を当てにしていたけど、もうご奉仕する意味がなくなったんでしょうね。

    1. なるほど結婚自体初めから金づるとして利用することが目的だったのかもしれませんね

  4. 金目当ての結婚ではなかったとしても、倦怠期に入ったんでしょう。だって、この男性一緒にいてもつまらなそうだもん。堅物そうだし、ユーモアも情もなさそうだし、56まで独身だったのも頷ける感じ。
    それでも奥さんが別れようとしないのは、ズバリお金でしょうね。
    三石先生がおっしゃるように、離婚覚悟で話し合いした方がいいですよ。本音をぶつけて離婚なら仕方がない。ずっと金ヅルにされるよりいいでしょう。相談者さんも一度は結婚生活を体験できたんだから、それで良しとすれば?
    最悪なのは、話し合いで言いくるめられちゃうことかな。

  5. そりゃ相手は初めからカネ目当てだとしたら別れようとはしないでしょうね
    別れたら財産分与含め相続の権利を失いますから

  6. 今日のテレ人は伊豆津波速報で途中から切られて聴けませんでした(+_+)

    1. 私もです!ずっとモヤモヤしてたので最後まで聞けて良かったです!(7:50〜あたりからです)

  7. 最初から金目当てに決まってる。
    この女1人で暮らしていけないんだから。金目当て以外何が目当てか?体だってか?精神的な支えってか?他に魅了あるってか?

    さっさと離婚したいところだけど、体調大丈夫?
    薬はちゃんと自分で管理してる?

    やっぱり経済レベル違う人との熟年結婚はやめた方がいいね。

  8. 相談者がきっぱりと、これは俺とお前の老後資金。
    結婚した時点で成人していた子どもには援助する義理はない。(養子縁組したわけでもない)
    娘を助けたいなら、お前が働きに出て稼いだ金を使え…と離婚覚悟で言い渡すしかないでしょう。

  9. 経済力の違う二人が結婚すると当然こういうことになる
    相手はたかる気満々じゃん
    相手が子持ちなら尚更
    相談者もよく考えないと
    離婚して縁を切るしかないでしょ
    そうしないと自己破産まっしぐらでっせ

  10. 典型的な「金の切れ目が縁の切れ目」まっしぐら。
    2000~3000万援助したら、骨までしゃぶられる。

  11. 奥さんは旦那さんの背後にこのアイキャッチが見えてるんだろうな🤣

    相談者さんは早く逃げてー!

  12. お金で最後まで面倒見てもらえると思ってたのは、相談者なんじゃないか?お金を出したくないと、はっきり言うと完全に孤立する未来が見えてるだけに、奥さんもそこまでお金目当てではないけど、結果そんな状況を作ってしまっているよね

      1. 本気でお金が目当てな人が、面と向かって「2000万出して」って言えるのかなと思って。単に、言ってみたっていうニュアンスしかない。それを当然断って良いはずなのに、テレフォン人生相談に電話までしてくる相談者が気の毒

        1. ”本気でお金が目当てな人が、面と向かって「2000万出して」って言えるのかなと思って”

          ちょっとどういう理屈なのかわからないけど
          本気で好きな相手に面と向かって「好きです」って言えるのか?ってこと?
          むしろ本気だからこそ言えるんじゃない?

            1. もし娘がそのように言ったとしても母親が娘に叱るのが普通で、そのまま伝える母親は大バカだよ。

              例えば相談者が仮に所持金10万円なら「3000万円ちょうだい」と言われても冗談と分かるけど💦
              退職金入ったタイミングや身の丈に合わない一軒家の段階で本気でお金狙ってるなと気付くのが一般的な感覚なのでは

              1. 娘に対して離婚した罪悪感があるのかもしれない。確かに、母なら「人の金アテにするな」と言うべきかと思うんですが。そうすれば、相談者も少しは、援助してやるかという気持ちにもなりそうですが

                1. いやいやいやいや、娘が成人した後に離婚してその罪悪感から娘の他人から三千万円あげようなんて全く辻褄合わないよ。

                  しかもこういうのは少しでもあげたら結局はたかられて全てあげないといけなくなるのは相談者も分かっていることだよ。

                  1. 離婚してもしてなくても親は何かしら子供に対して罪悪感があるような気がする。その逆もしかり。今更、残り少ない人生、可愛い孫達に良い思いさせたい(人のお金で)って思ってそう。夫婦のベクトル方向逆すぎ。相談者はとっとと自分の好きなことにお金使ったら良いんじゃないかな、使い道なければ、50万くらいポンとあげて、お礼がなければ、それを理由に「もうあげないよーだ」とか、この相談者には無理か…

        2. 言ってみただけのニュアンスだったら相談者も断れると思うよ。
          でも明らかに言ってみただけのニュアンスで言える金額じゃないから戸惑ってるわけですよ。

          1. なぜ「こんな大金無理!」って一蹴出来ないんだろう?何度断っても言ってくるとどんどん追い詰められそう。いっそ言い合いになった方がまし。

  13. もぉ〜なんかムズムズするんですけど!いい年したオッサンがシャキッとせんかい!だから舐められるんだよ!

  14. 世の中にはこんなド厚かましい人がいるんだという事を
    思い出させてくれる相談でした。
    2000万円ものお金を言われたときに
    退職金もあるし無いことはないなと一瞬でも思ってしまう相談者さん!しっかりしなはれ!
    他所の娘にやる金は一円もない!という事でしょうが!

  15. 2000万円を、なめるなよ!大金だよー‼奥さんが働いて、してあげればいい。

  16. はっきり物申すのは良いですけど捨てられるのは相談者の方
    小心者の割にプライド高い相談者が果たして耐えられるでしょうかね

    1. こんな乞食根性の塊みたいな嫁なら捨てられた方が相談者にとっては本望じゃないでしょうかね。

  17. この旦那さん、本当はもう離婚したいんじゃないのかなぁ。
    背中を押してもらいたかったんじゃないでしょうか。
    50過ぎまで一人でいたのか、他の家族といたのか知らないけど、
    今、一人になるのに抵抗が無さそうな感じがしました。
    知人の紹介で結婚して7年かそこらで血の繋がらない娘なんて赤の他人も同じ。そんな子を「助けてあげて~」なんて随分奥さんも舐めた事言いますよね。結婚して33年ですが自分の親への援助なんて、優しいも言えないですよ、私。

  18. 2000万って大金よ。
    万が一、娘にわたしたら、
    も1人がオレも!ってくるね。

    それだけで終わらない、骨の髄まで…
    怖いわー。

    いっとき前に流行った「後妻業」?
    嫌、この相談者さんは初婚か~

    早く別れたほうがいいと思われます。
    相談者さんがしっかりしているうちに。

  19. やっぱり子連れ婚は難しいなあという感じがしますが、再婚相手の元旦那さんも別な方と再婚されているそうなので、ややこしい状態でしょうか。
    あと、某防虫剤のCMで話題になった「亭主元気で留守がいい。」ではありませんが、奥さんはご相談者さん定年で家に居っぱなしが困るのでは?
    それから、長女でしたか、奨学金返済問題もあれば、早いうちに解決しないと後々が苦しくなるだけに、その影響で退職金をあてにしているのか?
    ところで、ご相談者さん、定年退職後、違う会社に再就職して仕事すればいいのにと思いますが、悠々自適を求めて、再就職が頭になかったのか?

  20. 相手が離婚に応じないようならワンチャン結婚詐欺で訴えたらいいかも
    無心の記録(メールや通話記録)を残しておくといい
    まずは弁護士事務所に相談しては?

  21. 仮に奥さんがお金目当てで、夫側が離婚を申し出たとして、事がスムーズに運ぶか疑問。調停でかなりのお金を払って別れてもらうか、裁判になった場合は「婚姻関係を継続しがたい重要な理由」がないと離婚できない。留守勝ち…というのは弱いと思うのですが。「心を入れかえました」と、帰ってこられたらそれまでですし。妻は夫の遺産を狙って粘るでしょうし。
    別居が長く続けば離婚できるようですが、それまで婚費は払わなければならないし、時間はかかるし。前途多難ですね。

  22. 転勤多かったり、ホテルマンみたいに土日祝日問わない職業従事者には独身者も割りといる。「独身=性格に難あり」とも限らないけどな。
    知人に50過ぎの独身者がいる。ただ、相談者と同じ轍は踏まないと見込んでる。知人は親の借金返済と介護で結婚どころじゃなかったから。人の裏表を散々見てきた反動で、アウトドアが趣味になってる。

コメントはお気軽にどうぞ。承認後に掲載されます。

名前欄は必須です。何かハンドルネームを入れてください。