私生児兄弟。一億の借金で母から家土地を奪った羽振り良さげな兄の勝ち

テレフォン人生相談 2023年10月21日 土曜日

相談が訴訟前提だったから坂井眞弁護士もああ言うしかなかったということかしら。
でも相談者に望みが全くないわけじゃない。

一つは、わずかでも返済したり、債務を認めるような言動があれば、そこで時効がリセットされること。
母親とは疎遠らしいが、これくらいは確認した方がいいかもしれん。

さらにだ、
それは時効が完成した後でも機能するということ。
つまり上記のような時効の中断ではなく、消滅時効そのものを無効化できる。

債務者が消滅時効を主張することを「消滅時効の援用」と呼ぶらしいが、相談者が目指すのが「援用権の喪失」。

順番が大切で、消滅時効の援用がなされたらそこでチョン。
相談者はその前に慎重に動かなければならない。

だから訴訟なんて最悪手。

相談者はフレンドリーに兄に近づき、
兄の成功を喜び、称え、
母の窮状を話し、
下手(したて)に、
お願い調で、
2、3百万だろうが、一億だろうが、総額を確認し合った上で、そのうちのほんの一部のわずかな返済を促す。

返済が実行されれば援用権の喪失だ。(*)

(*)ただし強引に援用権の喪失を狙った行為に対しては消滅時効が認められた判例もある。

 

かつて助けてもらった兄から消滅時効で逃れようとする相談者に中川潤弁護士が注意を促した援用権の喪失。

徹底した恩知らずにこそ法は優しい。

40年前の兄の恩。消滅時効で踏み倒す気満々の女74歳

 

パーソナリティ:  今井通子
回答者: 坂井眞(弁護士)

相談者: 男49歳 一人暮らし 母(未婚)85か、86歳 兄55歳 兄嫁60歳くらい 兄嫁連れ子30代

今井通子:
もしもしい、

相談者:
はい

今井通子:
テレフォン人生相談です。

相談者:
初めまして。

今井通子:
今日は、どういったご相談ですか?

相談者:
相続についての、お話なんですけどお。

今井通子:
ああ、なるほど。
まず、あなたは、おいくつ?

相談者:
49です。

今井通子:
49歳。
奥様は?

相談者:
いや、一人暮らしです。

今井通子:
そうすると・・相続の関係で、す、か、ら、親御さん、の、お話になりますかね?

相談者:
そうですね。

今井通子:
あのう、お父様、おいくつ?

相談者:
私、愛人の子なんで。いないです。

今井通子:
あ、お父様はいらっしゃんない?

相談者:
はい

今井通子:
じゃあ、お母様は?

相談者:
80、5、6だと思います。

今井通子:
で、あなたは一人っ子?

相談者:
兄貴がいます。

今井通子:
あ、お兄様いらっしゃる。はい。
お兄さんも・・このお母さんの、お子さん?

相談者:
そうです。

今井通子:
うん。ええ、お兄さんおいくつ?

相談者:
55です。

今井通子:
はい。
お兄さんも、一人もの?

相談者:
結婚してまあす。

今井通子:
奥さんいくつぐらいかわかる?

相談者:
えっと、60ぐらいだと思うんですけど。

今井通子:
姉さん女房?

相談者:
そうです。

今井通子:
で、お子さんは?

相談者:
いますね、多分。

今井通子:
ヘッヘ・・(苦笑)多分ね・・

相談者:
はい

今井通子:
はい。男女と、年齢、大体・・

相談者:
男、の子、で、

今井通子:
うん

相談者:
30代になると思うんですよ。

今井通子:
30代、はい。

相談者:
一人?

相談者:
お嫁さんの方も、バツ1なんでえ。

今井通子:
・・そうすると、

相談者:
バツ1同士で結婚した・・らしいんですよ。

今井通子:
ええ

相談者:
で・・その、別れた方の旦那さんの方に、2、3人、いたらしくて。その中の一人を引き取ったっていう、話らしいんですけど。

今井通子:
ああああ、なるほどね。
それでそのううう、相続の問題ということなんですがあ、どういう、問題ですか?

相談者:
そろそろ・・お袋が危ないらしいという話を聞いたんですけれど。

今井通子:
それは誰から?

相談者:
調べたんですよ。

今井通子:
お母様とは、連絡取れてないの?

相談者:
もう、10年ぐらい・・取ってないです。

今井通子:
ええ、そもそもじゃあ、あなた自身はあ、親御さん、とは全然離れた位置にいて。でえ、お母様自身は、あなたたちが、生まれた家に、いるの?

相談者:
家も、土地も、全部、奪われちゃいました。

今井通子:
奪われた?

相談者:
はい。兄貴がこさえた借金で。

今井通子:
・・ちょっと待って。
(吸って)現在、お母様は、どこに住んでんの?

相談者:
私い、とおおお、距離にして、50キロぐらい離れたところに住んでます。

今井通子:
で、それは、借家?

相談者:
そうですね。借家です。

今井通子:
それで、お兄さんは、別なところに住んでんの?

相談者:
400キロぐらい離れてるところです。

今井通子:
こちらもそうすると、借家?

相談者:
タワーマンションに住んでるらしくてえ。

今井通子:
お父さんとお母さんが結婚して、あなたたちが生まれた頃には、

相談者:
はい

今井通子:
どこかに、

相談者:
はい

今井通子:
あなたたちの、おうち(家)があったの?

相談者:
一軒家で、うち(家)がありました。

今井通子:
え・・家があったのね?で、その家は・・

相談者:
はい。土地もありました。

今井通子:
(苦笑)あ、土地もあったのね?

相談者:
はい

今井通子:
それ、の、土地と家っていうのは、お父様、と、お母様の代で、築いたものなの?

相談者:
いえ、違います。

今井通子:
おばあさんがくれたの?、お金。

相談者:
そうです。くれました。

今井通子:
で、お父さんお母さんが、建てた家なのね?

相談者:
・・そうですね。

今井通子:
ところが、それを・・お兄さんが何か、事業に失敗したかなんか?

相談者:
先物か何かに手を出したらしくって。

今井通子:
うん

相談者:
1億もの借金をこさえて、

今井通子:
うん

相談者:
逃げていきました。

今井通子:
ウッフフ・・(苦笑)逃げていきましたっていうか・・その1億の借金を、返すためにい、お父さん、もしくはお母さん?、たちが、家を、提供しちゃったってこと?

相談者:
そうです。

今井通子:
うん

相談者:
私個人的にも、200万か300万ぐらいは、貸してるはずなんですよ。

今井通子:
え・・はずって、どういうこと?

相談者:
一筆、も、書いてな・・もらってないのでえ。

今井通子:
だけどお、

相談者:
か・・

今井通子:
貸した、覚えがあるの?

相談者:
覚えがあります。

今井通子:
200万?

相談者:
現金で。
それとお、僕が、受け継ぐはずだった、家と土地の、分ですね。

今井通子:
もう、だって、家やなんか売っちゃってあるから、ないわけでしょ?

相談者:
そうですねえ・・

今井通子:
うん。で・・お母様は、今?、そうすると、住んでらっしゃるとこは、借家でしょ?

相談者:
そうです。

今井通子:
じゃあ、お母様が、まだ現金いっぱい持ってるわけ?

相談者:
兄貴が持ってるんですよ。
1億もの借金を、こさえてえ、

今井通子:
うん

相談者:
逃げてるんですけどお。

今井通子:
うん

相談者:
(吸って)とある幼稚園を、開園したっていう話を聞いて。調べたらあ、あのう、スマートフォンでも見れるような、

今井通子:
うん

相談者:
ホームページを作ってるぐらいなんで。

今井通子:
あ、じ、

相談者:
お金はあるはずなんですよ。

今井通子:
立派な幼稚園を作っちゃって、経営して、は、いるのね?

相談者:
そうです、はい。

今井通子:
うん。・・それで?

相談者:
嫁さんの、お父さんが、亡くなっていると思うんですよ、もう。

今井通子:
・・

相談者:
そのお金で、タワーマンションに住んでたりい、幼稚園を経営してたり、して・・

今井通子:
ああ、じゃあ、お嫁さんの方の力が、が、働いてるわけね?、ここに。

相談者:
そうですね、はい。

今井通子:
うん。そうすると?、何をどう言いたいのかな。

相談者:
訴訟を起こしたいんですけれど。こういう場合、どうしたらいいのかっちゅう、ことなんですけどお。

今井通子:
お母さんが亡くなった場合を、想定し。で、元々のそのうう、1億の、借金は、返して無いらしいと。想定してんじゃないの?、お母さんに。

相談者:
そうですね、はい。
どこかにプールしてあるんじゃないか?っていう話を、聞いたんで。

今井通子:
それは、お兄さんが?

相談者:
ちょっと知り合いに、探偵を、が、いるもんですから。それで調べてもらったら、そういう話だったっていう、話なんですけど・・

今井通子:
それは何?、お母さんが、プールしてんの?、お兄さんが、プールしてんの?

相談者:
兄貴です。

今井通子:
あ、お兄さんが、借金した分払うために、お母さんが払っちゃったお金っていうのは・・それは、お兄さんから、お母さんに返すはずっていうのはあるけれど。お母さんのとこに、プールできてなかったら、

相談者:
はい

今井通子:
今回、お母さんが亡くなったことによって?、相続、が、云々っていうのは、発生するのかな?・・

相談者:
・・
嫁さんの・・親父さんが、亡くなってえ、受け継いだ、金額ですよね、生命保険かなんか、入って、た、と思うんですけど。

今井通子:
はい

相談者:
それの分で、兄貴に対して、訴訟を起こしてえ。貸した財産・・ですよね?、家と土地と、現金。この三つを取り返したいんですよ。

今井通子:
お母様が、亡くなる前にってことですよね?

相談者:
そうですね、はい。

今井通子:
で、その方法を、知りたいの?

相談者:
そうですね、はい。

今井通子:
(吸って)わかりました。今日はですね、

相談者:
はい

今井通子:
弁護士の、坂井眞先生がいらしてますので、

相談者:
はい

今井通子:
伺ってみたいと思います。

(回答者に交代)


「私生児兄弟。一億の借金で母から家土地を奪った羽振り良さげな兄の勝ち」への12件のフィードバック

  1. これだけ金遣いの荒そうな兄が、今も大きなお金持ってるかな?と思う。この先また借金作りそう。それより母親名義の借金が残っていないか確認を急がないと、亡くなった後を想像すると怖い

  2. 憎き兄や母に対して事件など起こさず、相談者さんには幸せに生きてほしいです。
    坂井先生には、深刻な相談には鼻で笑いながら説明しないでほしいです。

  3. 「あなた、お兄さんとお母さん対してかなりの怒りと憎しみがあるんですね。それから、今、幸せじゃないでしょう。それをお兄さんにぷつけているんですよ。お金の問題じゃないんじゃない?」と、加藤先生なら言いそう。
    でも 確かに怒っているよね。探偵まで使って探るなんて。お兄さんも酷いと思うけど、要領がいいとも言える。
    お兄さんにはお兄さんの事情があるかもしれない。婿養子で財布をがっちり奥さんに握られていて 自由になるお金がないとか? いや、それにしても少しは返せるでしょう。やっぱり誠意がないですね。

  4. 今回はまるで2時間ドラマに出てきそうな話で、本当に難しいですねえ。本音は何とか前を向いて生きて欲しいですが、やっぱり難しいのかなあ?

  5. 時効があるなんて…知らなかったんだろうし。気の毒だったなあ…と思ってたらなんと!
    管理人さん、凄すぎぃ💦
    コメント読んだけど、「採用権の損失」っていうのがあるんですね。
    相談者さん、読んでくれてたらいいな。
    無理かもしれんけど。
    全く道が無い訳では無いってことですね。

  6. 悲しい相談だ、兄はまるで勝ち組のように言ってるけど、自分の尺度で兄を見ると色々間違うと思う。探偵だなんて、身近に探偵いるのがすごいです、結局ひとりなんだなって思う。
    思い切って兄に仕事を紹介して貰うってのはどうだろう。でも期待に応える自信どころか、一蹴される自信しかないよね、怒りの渦中にいると。

  7. 途中からバックで聞こえる音楽は何だ?
    期待してる回答じゃないから飽きてだんだんボリューム大きくしていってるような…(笑)

  8. タイトルに結果が書いてあると
    つまらなくて飛ばしてしまうのでご配慮頂けたらありがたいです
    いつも読ませていただきありがとうございます

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。