問題発言をボカす大男のセクハラに会社は塩谷崇之も唸った玉虫色のオトナ解決

テレフォン人生相談 2023年12月16日 土曜日

会社としては、不愉快な思いをさせたのは事実だからそれは謝りますってことかな。
暗にセクハラ認定はしないけどっていう。

んん・・
セクハラなんて思いもよらなかったというのは分かる。
でも、その原因となった発言の有無をウヤムヤにしたまま反省文まで書かせるかしら。

これだけ大ごとになるにはいくつかの関門がある。
一つは被害者本人の心理的障壁。
フェミは勇気とかいう。
ま、地雷女の可能性はある。

だけど、もう一つの関門が彼女の上司or会社。
わざわざクレーム入れるんだもんねえ。
もちろん、男フェミはいるし、そうでなくても無視すれば矛先が自分たちに向くしな。

 

ちなみに話しかけたのは何度目?
事情聞かれたときに、会話を明らかにするように求められなかった?
意図や解釈でお化粧されてないセリフそのままってことだよ。

相談者 「他の人にも相談したら『全然言ってることが伝わらない』って言われました」

塩谷「よくわかんないんですけれども・・」

感じてることは皆同じ。
厚めのオブラートに包んで話すからじゃないかしら。
それって自覚の裏返し。

 

今井 「あなたとはどういう関係なの?」
相談者「ほぼ、無関係な状態なんです」

(笑)
だめだこりゃ。
おつき合いがあるなんて、だーーーれも思ってないっつうの。
顧客、仕入先、派遣スタッフ、親会社・子会社、営業担当、配送係・・
初対面、顔見知り、挨拶程度・・

尋ねた関係ってこういうの。
要は上下関係、力関係の立ち位置。

いい会社だと言い切る今井女史。

 

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 塩谷崇之(弁護士)

相談者: 男51歳 妻52歳 結婚23年目 子供はいない

今井通子:
もしもしい?、テレフォン人生相談です。

相談者:
こんにちは。

今井通子:
こんにちはあ。
今日のご相談は、何ですか?

相談者:
今からあ、三年前のおお、こと、なんですけれども。

今井通子:
はい

相談者:
僕が前の職場に在籍していた時に?、事実無根のことを言われ、会社から、もう一方的に、悪者扱いにされ、反省文、強要されたことがありました。

今井通子:
はい

相談者:
あるう、女性の方に?、僕があ、当時50前だったので、「もう、最近体が、えらくて・・どうしようもない」っていう風に、言ったんですね?

今井通子:
はい

相談者:
世間話的に。

今井通子:
はい

相談者:
そうしましたら、相手え、は、何も聞いてもいないのに、「私、34です」と言われ・・ちょっと、そこから・・トラブルになってしまい、次の、日に、会社の、上司に、呼ばれ。そのお、ことについて、事情を話したものの。 全然話も聞き入れてくれずに、一方的に「お前が悪い」というふうに決めつけられ?、

今井通子:
えっ?、それって何ですか?
パワハラか、セクハラか?

相談者:
セクハラです。

今井通子:
ああ、セクハラだというふうに、思われたのね?

相談者:
はい

今井通子:
はい

相談者:
(吸って)・・それで、もう、あの、総務の方にも、事情を話したものの、結局は・・話聞くだけ聞いて、僕の言い分も、何も、聞いてくれえ、なかったっていう、ことです。

今井通子:
はい

相談者:
もう、それで、もおお、人と話すのが、もう怖くなりました。それがきっかけで。

今井通子:
これは何なんですか?、まず第一に、それは、部下の女性にしたわけ?

相談者:
外部う、の女性です。

今井通子:
あ、外部?

相談者:
はい

今井通子:
その女性が、あなたのことを、「セクハラだ」と言って、あなたの会社に、訴えたわけ?

相談者:
そうです。はい。

今井通子:
その、外部の女性っていうのは?、あなた、とは、どういう関係なの?

相談者:
まったく、ほぼ、無関係な状態なんですけれども。
ただ、その方とお、ちょっと、世間話したかったあ・・ と思い、話しました。

今井通子:
え、それはどこで?

相談者:
会社ああ、の、中です、けど。

今井通子:
っていうことは外部の方なんだけど、会社に関係する・・

相談者:
はい

今井通子:
取引先ですか?

相談者:
取引先です。

今井通子:
はい。
あなたと、の、関係の仕事での取引先?

相談者:
・・そうです。

今井通子:
で、会話がだけど、通じてないですよね?

相談者:
通じてないです。
もう・・他の人にいい、も、相談したら、「全然、言ってることが伝わらない」っていう風に、言われました。

今井通子:
うん・・

相談者:
(吸って)それで、会社のお・・上司にも、その旨ええ、全部、話したんですね?

今井通子:
うん

相談者:
そうしましたら、女性から、年齢・・の方、言ったってことを僕が、打ち明けたんですね?、そしたら、「女性から、年齢を言うってことは、まずありえやん」・・っていう風に、言われました。

今井通子:
・・

相談者:
それで、その上司は、外部の女性、の方が、なんか僕に、「年齢を聞かれたっていうことで、不快やったわ、怖かったわ」っていうふうなことも話いい、を、聞かされました。

今井通子:
それで、あなた自身は、始末書を書かされたっていうことですね?

相談者:
そうです。

今井通子:
はい。
まず、あなた、おいくつですか?

相談者:
51です。

今井通子:
51歳。
ご結婚されてますか?

相談者:
はい

今井通子:
奥様おいくつ?

相談者:
52です。

今井通子:
52歳。
(吸って)お子さんいらっしゃいますか?

相談者:
わあ、いないです。

今井通子:
いらっしゃんない。
ご結婚何年目?

相談者:
23年です。

今井通子:
23年目。
で・・あなたは、会社の正社員?

相談者:
正社員です。

今井通子:
はい。
で、奥様は?

相談者:
パートです。

今井通子:
あ、パートやってらっしゃる。
で、この話、は、前の職場っていうのは、同じ会社のお、別の部署ってこと?

相談者:
そうです。

今井通子:
で、今でも、その会社には、勤めてらっしゃるのね?

相談者:
勤めてます。

今井通子:
そうすると、あなたとしては、どういうご質問んん・・を、されたいんですか?

相談者:
(吸って)たぶんも・・難しいとは思うんですけれども。

今井通子:
はい

相談者:
会社側から、慰謝料って取るのは難しいかな?っていう・・

今井通子:
ああ、なるほどね?、はい。

相談者:
・・

今井通子:
で、あなた自身はあ、それによってなんか・・お給料さ、が、下がったとか、

相談者:
特に、問題はなかったです。

今井通子:
はい

相談者:
給料は。

今井通子:
なるほど。

相談者:
ただあ・・職場移動、を、命じられました。

今井通子:
あのう、さっきね?、「関係ない・・といえば無関係なんだけれども。取引先い、の、女性で。 話をしてみたかった」って言われましたけどお。

相談者:
はい

今井通子:
要するに、あなたと、何かを・・同じ、仕事の中で、やってる人じゃなかったの?

相談者:
まあ、やってる方だったん ですけれども、それで、ただ単に、世間話がしたかった、それだけのことなんです。
別に、あの、余計な・・いかがわしい会話ではなく。

今井通子:
うん、要するに、「もう最近は疲れてるよ」と、(含み笑い)いうことを、チラッと言っただけっていう意味ですね?

相談者:
そうです。

今井通子:
なあるほどね。(含み笑い)
ええっと、今日はですね、弁護士の、塩谷崇之先生がいらしてますのでえ、

相談者:
はい

今井通子:
伺ってみたいと思うんですが、慰謝料請求できるかどうかということですよね?(含み笑い)

相談者:
ん難しいと思いますが、(含み笑い)はい。

今井通子:
はい。
じゃあ、先生、よろしくお願いいたしまあす。

(回答者に交代)

「問題発言をボカす大男のセクハラに会社は塩谷崇之も唸った玉虫色のオトナ解決」への35件のフィードバック

      1. この誤字と連投と乗り物名のハンドルネーム、自称九州の医療関係者さんかな

        1. 管理人さんのチョイスした写真 秀逸だなぁ どこから選んでいるの?関心&感心しています

  1. 相談者も反省すべきだと思うけど、
    総務が、反省文を「このように書け」と強要するのは、パワハラだと思う。

  2. なんとなくハッキリ言わないから、本当によくわからないことだらけの中、苛立ちもせずに、余計は省き、必要な事だけに絞って回答する塩谷先生は流石だなあ。
    でも、もっとズバッと斬ってくれる方がこの方には入ったのかもしれない。

  3. よくわからない相談。

    仕事上でもほぼ接点のない外部の異性に、いきなり
    「歳のせいか体がしんどい」みたいなこと、常識ある人は話しかけないと思う。
    しかも、勤務時間内?

    それだけで十分変な人になるよ。
    迷惑に思う人、多いと思うな。

    その後言い合い?
    めっちゃ迷惑。
    そもそも話しかけられなければ、そんなことも起きなかったのに、と思われても仕方ないわー。

    「もうあの会社、行きたくないです、誰かと交代してください」
    とか、相手の女性が言ってたら、こういう流れになってもちょっと納得。

  4. 確かにこの人にそんな話されたら気持ち悪いって思ってしまう。
    体が大きくて、IQが低い。
    粘っこい声色で、不潔感が漂う。
    お願いします、ありがとう、そんな挨拶もできない社会性のなさ。

    事務的なやり取りだけならいいけど、プライベートに踏み込んでこられそうになると、強い拒否反応が出るのは女性の本能からくるものだと思う。

  5. 年のせいか体がシンドイの前後の会話内容や長さが分からないので何とも言えないが、給料も下がっていないしクビになったわけでもなくただキツめに怒られた3年前の出来事を今も根に持っているという事なので、やはり相手の女性が怖いと思うような何かがあったのではと思えた。

  6. オジサンが女性に対して話の取っ掛かりで「最近オレ疲れてるんだよね」とかいうときは同情して欲しかったり興味を惹きたかったり、多少なりとも色めかしい下心が有るもんですよ。もう一歩進むと「オレもう歳だから嫁さんとはそういうの無くなってね」とか言って距離を詰めてくるタイプも昔は多かったです。
    相談者は肝心な部分を徹底して濁していましたから断定はできませんが、今井先生が指摘されたとおり昨今の職場で自分を守ろうと思うなら慎しんだ方がいい類の会話をしたんだろうなぁとは感じましたね。

  7. 3年前に終わったことをここで慰謝料請求と言い出すなんて恐怖でしかないです。
    どんな思考回路なんだろ。

    自分がもっと危うい立場になること丸わかりで。

    最近の夫婦再構築の話でもそうだけど、
    この相談者も会社とまだ関係を続けたいなら穏便に済ますべきです。
    関係を続けたいのかやめたいのか分からん相談最近多い。

  8. ドスコイで有名なプロスポーツ選手のことを考えたら、この相談者はまだいい方。
    転職が可能なら、環境を変えたらどうだろう。

    1. 今日、入団会見してたな。Lはせいせいしただろう。Hはアンチ増殖中。

  9. その女性と世間話がしたかった=好意を持ったということでしょう。その好意が顔に出ていて気持ち悪いと思われたんでは?
    はっきり説明できないようなことを3年間も根に持つ粘着質な性格。仕事はちゃんとできてるのかしら。
    一人称が僕なのも残念な感じ。

  10. ハラスメントというか、ジャニーズで起こった性加害問題もそうですが、「被害者は女性」というイメージが今でも根強く残っているんでしょう。
    タイトルだけ見ていると、本来ならば刑事事件ネタになっていた可能性があるだけに、スペシャルウィーク最後は難しい相談だったかと思います。

  11. 今回は相談者も可哀想だったと思う。
    会社側のハラスメントをハラスメントでもって制すというやり方は考えもの。
    反省文の強要の前に会社はもう少し事実確認を調査すべきだった。
    ただ相談者も今更掘り返すべきではないと思うが、昨今ハラスメントに関しては時効という概念が消えつつあるので、時代の流れ的なこともある。
    ハラスメント関連は、言ったもの勝ちというか、どうしても男性対女性となった場合、女性の方が優位に働きがちなところがあるし、会社は面倒ごとを長引かせたくないので詳細な調査を怠る傾向もあり、今後の課題。

  12. 女性が会社に相談するなんて勇気がいるし、よっぽどの事。
    女性の会社は起きた事をしっかり受け止めている。そうでなければわざわざ相手の会社にクレームしないだろう。クレームも勇気がいる。
    相談者がラジオで内容を話せば身バレと自分のやった事を改めて責められるのを恐れたか?
    会社ではっきり言わないのなら警察に入ってもらった方がよかったか?

    そこではっきりさせて相応の処分をされた方が本人にとっては納得できたのか?

    自分のした事をよく振り返って反省しているなら会社を訴えようなんて発想はまず出てこないと思うのだが。

  13. なんだよ、女性から直接抗議があったんじゃなくて相手の会社からか。
    それで会社側としたらメンツのために反省文書かせたけどちゃんと事実確認しないままだったから相談者に謝ったということか。
    最初はなぜ今更って感じだったけどそりゃ後になって訴えたくなる気持ちもわかるわ。後になって謝るくらいならせめてちゃんと調べてって話だよ。まあセクハラ案件ではこういうこと割とあるあるではあるけど。

  14. 会社を使って抗議をさせた相手女性は一枚上手でしたね

    会社としたら大事にしたくないしましてや会社間で訴訟争いなんてしたくないから男側を悪いことにして話そのものを強制的に終わらせようとする

    なぜなら会社はその方が簡単だからに他ならない

    今回は痛い勉強代だと諦めてこのようなことにならないために今後はレコーダーを持ち歩くことをお勧めします

  15. 変に隠し立てをしたり、相手を不快にさせた事に気づけないと大事になるというお話でした
    再び同じようなことを繰り返さないように、また「セクハラ」をされて苦しむ人をなくすために相談者をはじめ、こどもの頃から、高齢者まで「セクハラ」についてしっかり勉強していただきたいものです

  16. 相手が女性ならもうなんも喋らない方がいい。
    全部LINEかメールかチャット、だってテキストにすれば証拠が残るから。
    息苦しいけど自己防衛のため。

    1. 雑な極論だなあ
      そんなの現実的には不可能だし、本当に自己防衛に必要なのは0か100かで考えるんじゃなくて何がセクハラになりうるのか研修でも受けて学ぶことじゃないの?

  17. 取引先の20くらい若い女と仕事と全く関係のない世間話をしたいとか下心以外ないと思うが本人が詳細を話さないで自分が被害者みたいなムーブするのでこの相談意味あるのかって感じ
    人と話すのが怖くなったのは今後無自覚セクハラが減るかも知れないので良いことでは?

  18. >LINEかメールかチャット
    今は流れ的にそうなりつつありますね。
    相談者のように会社が守ってくれるわけじゃないしむしろパワハラで反省文なんて書かせて問題を闇雲にしてしまえという考え。
    しかも後で謝るならちゃんと調査くらいしろって話でした。

  19. 反省文を強制した総務はパワハラ研修を受けたほうが良いと思いました。

コメントはお気軽にどうぞ。承認後に掲載されます。

名前欄は必須です。何かハンドルネームを入れてください。