テレフォン人生相談の番組パーソナリティ


冒頭の那須さんのナレーションを除けば、番組の登場人物は、3人
1.相談者
2.回答者
3.パーソナリティ

1.と2.は説明するまでもなく。
3.のパーソナリティとは、番組の最初に登場し、相談者からの相談内容や背景を聞き出して回答者に引き継ぐ役割の人。

なのだが、パーソナリティによってその守備範囲は大きく異なる。

スポンサードリンク

加藤諦三

加藤諦三の相談一覧

番組の顔と言ってもいいでしょう。
ググれば、Wikipediaにもあるし、個人のサイトもお持ちですから、公式な略歴はそちらを参照を。

パーソナリティという役割を超えて、回答者として果たす役割も大きい。
リスナーがそれを期待しているし、番組もそれに応じているともいえる。
回答姿勢としては、(相談者の表面的な)悩みそのものに答えるというよりも、
なぜそれに悩むのか?
に焦点を当てようとする。

必然的に問題の本質を相談者の内面に見出すことが多い。

問題解決の基本は、本当の自分を相談者自身が認めてあげるということ。
(”してあげる”という表現に違和感を持つかもしれないが、誤記ではありません。)
この本当の自分というものが無意識であったりするから、簡単ではないんですが、そのことを意識し、認めることで状況が好転していくというもの。

回答者が通りいっぺんの回答(これは法律相談なんかだとし方がない)をした後に、加藤氏が声をひそめて、

「あなたね、本当は、○×▲□%$& なんですよ。」

と、のたまうところは番組最高の見せ場ともいえる。

本当の自分を認めない、
(自分を)ごまかす、
(自分に)嘘をつく、
(自分と)向き合わない、
(問題に対処する)覚悟がない、
こういう人には非常に厳しい態度を示すのですが、認めた人(多くは泣きます)に対しては優しく励ましてくれます。

また、そうした相談者の傾向性は後天的なものであり、一見悩みとは直接関係ない、幼少期から大人になるまでの家庭環境や、あるいは夫との関係などに求める。

つまり、それまでの人生で、自分に嘘をついてきたのは、本人のせいではなく、生きる上で、そうするしか、し方がなかった。

実は、加藤氏ご本人も、父との確執があったらしく、一度、父親から(父親の感情のはけ口として)厳しく育てられた青年からの相談で嗚咽したことがあります。

頻出キーワードは、依存、敵意、甘え、欲求、幼稚、無意識、ナルシストなど。
本当の自分が抑圧されて、感情的な矛盾を生じ、それが、別の形で、ときにはまったく逆の行動として現われたり、これが悩みの根本原因。

また、回答のときに
「何々と言うんですが、」
という形で、あえて難解な心理学などの専門用語を紹介することも多い。
これは、自身の指摘が決して我見ではないこと、通説となっていること、あるいは、相談者のケースが特異ではないことなどを伝えることによって、説得力や、信憑性を増すことに役に立っていると思われる。
また、リスナーの知的好奇心を満たしてくれる。

しかし、これを日常用語として間違った解釈をしてしまい、的外れな批判をする一部リスナーも見受けられる。

たとえば、加藤氏が「近親相姦」と言った場合、その意味はフロイトの言う近親相姦の現代的解釈なのであるが、これを性行為と短絡的に結びつけられてしまうみたいなこと。

相談者が電話を切った後の番組の最後に、相談内容を総括した一文を言うのがお約束。

身も蓋もない気もするが、これを楽しみにしているリスナーも多い。
リスナーの間では、格言、とか、締めの一言、などと呼ばれる。

加藤氏自身の言葉の場合もあれば、海外の作家や心理学者などからの引用のときもある。

ご本人曰く、予め準備していることはなく、完全なアドリブとのこと。

なので、適当なものを思いつかない回もあるらしく、リスナーが聞き耳を立てて待っているとCMが始まってしまい、ファンとしてはがっかりする瞬間である。

スポンサードリンク

 今井 通子

今井通子の相談一覧

登山家、医師。
この人もWikipediaに紹介されているので、公式な略歴はそちらを参照を。
かつてはパーソナリティではなく、回答者だったらしい。

相談者が1度説明したことを2度聞きするのは、本当に理解できていないからなのか、リスナーのためのつもりなのかは不明。
相談者はお気の毒ですが。

それにしても、毎回、
「あなたおいくつ?」
初対面で、この尋ね方は果たして許されるのだろうか?

回答者の回答が終わった後、補足的にアドバイスすることも多い。
最後は、
「はーい、それじゃぁ、頑張ってねー。」

 

 

勝野洋

勝野洋の相談一覧

俳優。
3人パーソナリティの中では最も新しい。
故児玉清さんのポジションをカバーしてるものと思われる。

特に中年以降の人にとっては、「太陽にほえろ」のテキサス刑事を思い出す人も多いでしょう。
以降は時代劇の脇役なんかよくお見受けしますが、実直な役柄が多いのは、この番組を聴いてると、実は素だったんだという気にもさせられます。

大原敬子さんが回答者のときには、突然話を振られて慌てる様子が見られたりする。

キャシー中島さんの旦那さんとしても知られてますね。

家族関係などの相談の場合、
「あの、僕も一言よろしいでしょか。」
で始まるアドバイスを送ることも多い。

そのとき、自分の家族のことや夫婦関係を引き合いに出すことが多い。

「どんと構えて」(そりゃキャシーさんはね。)

「ハグするんですよ」

「愛をよろしく」(*)

(*)Loveだ。決してマドモアゼル愛のことではない。

相談者が苦笑してしまうこともあるのだが、もちろん勝野さんは大真面目。

最後は、
「では、前向きに」
「是非、前向きに」
「前向きにいきましょう」
と言うのが決まり文句。

しかし、そもそも前向きに解決しようと思って、テレホン人生相談に電話をしている相談者に対して、そのセリフはないんじゃないか、というリスナーの声もある。

 

 

ドリアン助川

ドリアン助川の相談一覧

作家、詩人、道化師、ミュージシャン
2015年4月1日より登場。
この方もWikipediaにあるので、公式なものはそちらを参照を。

これで、2011年4月以来、4年ぶりに4人体制(*)に戻ったと言える。

(*)4人体制:
2011年4月当時は、加藤、今井、市川(故人)、児玉(故人)の4人

もちろん、これはペンネーム。
肩書きには無いけど、ラジオのパーソナリティとして名前が一番売れてる感じがする。

その、かつて、同じくニッポン放送の、若者向けテレフォン人生相談とも呼べる番組での活躍を知る人にとって、今回のキャスティングにはまったく違和感がないはずだ。

ただ、もう10数年前の深夜帯の、世間知らずのティーン相手。
しかも、多くはドリアン助川の信奉者であったため、それとはまったく違う様相の本番組での力は未知数。

あたし的には、当時のまんまは無理だとしても、らしさを出して欲しいところ。

ポジション的には故 市川森一氏をカバーすることになるのかな。
単に職業で決めるのも乱暴だけど。

密かに注目してた、お約束の導入は、

こんにちは、ドリアン助川です。
今がたとえ辛くても、角度を変えて見れば、進むべき道が見えてくるはずです。
選ばれていないときが選ばれているとき。
さあ一緒に、歩き出しましょう。

この、”選ばれていないときが選ばれているとき”
の部分はご本人による解説が必要かもね。

1回目を聞き終えて、相談者からの聞き取りはそつなく。

流れは、今井氏、勝野氏と同様に、相談内容を少し聞いた後で、相談者の年齢、職業、家族構成に関する質問を挟む。
(加藤氏だけが最初に聞いてしまうやり方)

ただ、その項目は回答に必要不可欠な最小限のもの。
とりあえず何でも聞いとけ的な今井さんとは対極。

回答者の回答を受けて、番組の最後に、どういったコメントが聞けるかと期待したけど、1回目は、どうってことない、毒にも薬にもならないものだった。

回答者を尊重して、あえて進行に徹しようとしてるようにも見える。

ま、今後、相談によっては前に出ることもあるでしょう。
この人の力はこんなもんじゃないと思うし。

 

 

柴田理恵

柴田理恵の相談一覧

女優 ワハハ本舗所属
初登場は2015年10月6日火曜日放送

この方もWikipediaにあるので、公式なものはそちらを参照を。
てか、テレビでおなじみ。

公式ブログも覗いたけど、商売っ気がすごくて退散。

勝野氏が番組に姿を見せなくなって2ヶ月余り。
正式なアナウンスはないものの、これでタレント枠が入れ替わったものと思われる。

久本雅美と並び、創価学会員としても有名。
冒頭のナレーションはしっかりとそのカラーを出して来た。


こんにちは、柴田理恵です。
朝の来ない夜はありません。
春の来ない冬はありません。
明日の先には必ず希望があります。
さあ、話してください。

知らない人にとってはなんでもないものかもしれないが、学会員が聴けばすぐに同士だと分かる文言で出来ている。

彼らが敬愛する池田大作氏の言葉であるが、日蓮の言葉を口語体にしたものである。

スポンサードリンク


「テレフォン人生相談の番組パーソナリティ」への1件のフィードバック

  1. 大原敬子氏の言う学問ってどういうことなのかなぁ、とググってここに参りましたラジオ人生相談ファンです

    17歳の男の子に回答しているページとこのページを読んだだけなのですが「読むテレホン人生相談」のファンになりました

    文体がすごいと感じたからです、年季が入っている、自分とは開きがありすぎという圧倒感?です

    番組を聞いていて自分もこういうボランティアをしたいなぁつ常々感じてもいましたので、そうしている方がおられて「肩の荷が下りた」感もりもりです

    こういうところにcommentすることは無いので、特別なreactionが私のうちで生じたことをご理解ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

不倫、相続、借金、家族、子育て、職場、生きるヒントが見つかる読むラジオ

↓