あなたが居なければうまくいくと諭される相談者


スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

今井通子:
お分かり頂けましたか?

相談者:
勉強します、自分が。

今井通子:
ウフフ。

三石由起子:
してして。

相談者:
まだ成長が足りない。

三石由起子:
そうだ。

相談者:
はい。(笑)

今井通子:
ご自身がちょっと落ち着かれて。
それとあなたは、紹介したから、お嬢さんに負い目を感じてるみたいだけど、それはあなたがそう思っちゃうと、お嬢さんがかわいそうだと思っちゃうと、なおさらお嬢さんをパニくらせる原因になっちゃうから、そのことは考えない方がいい。

お嬢さんがなんか言ってきたら、うんうん、と聞いてあげるのと、さっき三石先生が仰ったように、チラチラと言うことは、直接お婿さんのこととか、直接お嬢さんのことじゃなくて、自分の家庭がどうなのみたいな、例え話みたいな、違う例え話とか、そういうようなので治められると、お嬢さんにも考える時間を与えられることになると思うのね。
分かる?それ。

相談者:
娘を不安にさせているのは私でしたね。

今井通子:
それに気がつかれたら、あとは気楽でしょ?

三石由起子:
そうそう、そうです、そうです。

今井通子:
頑張ってください。

三石由起子:
もう解決したようなものだよ。

相談者:
はい、分かりました。

今井通子:
で、赤ちゃんは、預かれるんだったら、気分良く預かってあげてね。

三石由起子:
出してあげたらいいじゃん、2人でえ。

相談者:
はーい。
ありがとうございました。

スポンサードリンク

(内容ここまで)

終わったと思ったら、また始まって、でまた終わったと思ったらまた・・
女のしゃべくりは尽きませんね。

実家の近さが仇になる例ですね。

娘さん、ここまで夫の言動を母親に話すもんかな、と思って聞いてたら、夫は母親からの紹介だったですね。

というか、ちょっと話に出てましたが、婿が見初めて、母親にアプローチしたみたいですね。

この手の揉め事って、母親にだけは知られたくないって思う人も多いと思うんだけど、どう?

それにしても、相談者、三石さんに、
「あなたが居なければ、うまくいくと思う」
とまで言われて、良く素直に反省できたもんだっと思って、尊敬しました。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。