勉強嫌いで成績悪くて不登校。毎日30分の勉強を母と娘だけのひと時に


スポンサードリンク

(回答者に交代)

三石由起子:
はい、こんにちはあ

相談者:
はい・・こんにちは

三石由起子:
えーとお、

相談者:
はい

三石由起子:
あなたあ、もお、よく分かっているのだと思うんですけれども、

相談者:
はい、はい

三石由起子:
結局、この不登校の原因って学力じゃないですか。

相談者:
はい

三石由起子:
ねえ、

相談者:
はい

三石由起子:
それを、分かってるわけですよね。

相談者:
はい

三石由起子:
子どもも分かってるし、親も分かってる。

相談者:
はい、はい

三石由起子:
そして、このお嬢さんとしてはね、

相談者:
はい

三石由起子:
中学に入ったとたんにい、

相談者:
はい

三石由起子:
自分だけがなんかあ、何か乗り物に乗り遅れてね?

相談者:
はい

三石由起子:
そして、もはや、追いつけないんだっていう、そういう気持ちでいるわけですよ。

相談者:
はい

三石由起子:
うん、でそれで、

相談者:
うーん

三石由起子:
もう行きたくなくなっちゃってるわけですからあ、

相談者:
はい

三石由起子:
あの学力って一番簡単なことなんだよね、お悩みの中で。

相談者:
あー

三石由起子:
うーん

相談者:
はい

三石由起子:
だから、これはねえ、

相談者:
はい

三石由起子:
あのお・・母親があ・・ちょっと手伝ってあげないといけないと思うんだけど、

相談者:
あー

三石由起子:
あのね、その、

相談者:
うーん

三石由起子:
先生がいくらプリントをくだすってもね、

相談者:
はい

三石由起子:
勉強が嫌いな子があ、

相談者:
うーん

三石由起子:
そのプリントを活用できるはずがないんですよ。

相談者:
そうですね。はい

三石由起子:
うん、やっぱりね、一日30分でいいからあ、

相談者:
うん・・うん

三石由起子:
母親が、一緒に、こう、

相談者:
はい

三石由起子:
机に向かってですねえ、

相談者:
はいはい

三石由起子:
消しゴムと鉛筆を持ってえ、

相談者:
うーん

三石由起子:
隣りに座ってえ、

相談者:
はい

三石由起子:
そして、あの、母親ができる必要がないですからね。

相談者:
はい

三石由起子:
うん、一緒にい、読んでえ、

相談者:
うん、うん

三石由起子:
一緒に理解してえ、

相談者:
あー

三石由起子:
教えようと思わなくていいですからあ、

相談者:
はい

三石由起子:
うん、多分あのお・・お母さまもお・・

相談者:
うん

三石由起子:
そんなに勉強が好きだったってわけじゃ、ないんでしょう?

相談者:
あ全く好きじゃないです。

三石由起子:
そうですよねえ。

相談者:
はい

三石由起子:
それだったらあ、やっぱりそのお、子どもの気持ち分かるじゃないですか。

相談者:
はい

三石由起子:
でね、「勉強しなさい」っていう風に言われることはね、

相談者:
うん

三石由起子:
やっぱり「一人い、にい、なれ」って言われてる事と一緒でしょ、子どもにとっては。

相談者:
あー

三石由起子:
で勉強できない子にとっては、特にそうでね。

相談者:
うん。あーはい

三石由起子:
なんか一人だけえ、違う部屋に追いやられてさ。

相談者:
うん・・・はい

三石由起子:
みんなが楽しそうにしてんのに、

相談者:
うんうん、うん

三石由起子:
だ、すーんごくつまんないことなんですよ。

相談者:
あー

三石由起子:
だからね、

相談者:
うん

三石由起子:
その「勉強しなさい」っていう時間をお

相談者:
はい

三石由起子:
例えばあ、ママと二人だけになれる時間、みたいにい、

相談者:
うーん

三石由起子:
錯覚させてやればいいんで、

相談者:
ああ

三石由起子:
うん、それでね、何をやるか分からなかったね、

相談者:
うん

三石由起子:
あのお・・市販のドリルう、

相談者:
うんうん

三石由起子:
でいいと思うんだけど、

相談者:
うんうんうんうん

三石由起子:
うん・・あのお、それを一日時間を決めて、

相談者:
はい

三石由起子:
「じゃ、2枚やろう」とか、

相談者:
うーん

三石由起子:
「3枚やろう」とか。ね、そうするとね、あの、

相談者:
はい

三石由起子:
生活のお、

相談者:
うん

三石由起子:
リズムも付くし、

相談者:
あー

三石由起子:
うん。あのお、自分で進度も分かるし、

相談者:
はい

三石由起子:
うん。そう、復習することによって、力も付くしね。

相談者:
うん、うん

三石由起子:
そしてあのま、懇切丁寧に、こう・・指導をされるようなテキストですから。

相談者:
はい

三石由起子:
う、ね。

相談者:
うんうん

三石由起子:
だからそれに乗っかって行けばねえ、

相談者:
あー

三石由起子:
あの・・母親も面白くなると思うんですよ。だからそん時にね、

相談者:
そうですか(苦笑)

三石由起子:
もし、もし面白くならなくてもさ、

相談者:
はい、はい、#$%◆

三石由起子:
面白くならなくてもね、

相談者:
はいはい

三石由起子:
面白くなったような振りして見せるの。

相談者:
あー、はい

三石由起子:
そのくらいは母親できるじゃない。

相談者:
そうですね。

三石由起子:
うん

相談者:
はい、うーん

三石由起子:
そしたらね、もう、一年ん、たった一年のことだからさ、

相談者:
うん

三石由起子:
中学1年・・まだあ

相談者:
はい、うん

三石由起子:
追いつけるんですよ。追いつくつったってねえ・・何も、一番になろうと思ってるわけじゃない。

相談者:
うんうんうん

三石由起子:
ねえ、ん真ん中よりちょっと下くらいでいいわけでしょうが。

相談者:
はいはいはい

三石由起子:
うーん

相談者:
あー

三石由起子:
それで、楽しくう、

相談者:
うん

三石由起子:
学校に行ってくれればいいわけだからあ、

相談者:
そうですね、うん

三石由起子:
やっぱそこまでは、手伝ってあげましょうよ。

相談者:
はい

三石由起子:
そこまで手伝うっていうことは、やっぱり一緒に座るってことなのよ。

相談者:
はい

三石由起子:
で座った時に、

相談者:
うんうん

三石由起子:
「これ1枚やっときなさい」って言ってえ、

相談者:
うんうんうん

三石由起子:
あの、食器洗いに立ったりね、

相談者:
うんうん

三石由起子:
洗濯物たたみに立ったりしないことよ。

相談者:
うんうん

三石由起子:
うーん、あのそりゃあね、1枚娘がやってる間にね、

相談者:
うんうんうん

三石由起子:
これができる、あれができるってこともあるでしょうけれどもお、

相談者:
はい、はい、うーん

三石由起子:
もうそれは諦めて、

相談者:
はい

三石由起子:
たった30分ですから。

相談者:
はい

三石由起子:
ね。一緒に、ま鉛筆と消しゴムを持つんだよ。

相談者:
うーん、あ、うーん

三石由起子:
うーん、それでえ、えーと、「読んでごらん」じゃなくて、読んでやればいいと思うの、問題を。

相談者:
あ、はい

三石由起子:
うーん。「はい、読んで読んで」なんて言ってる間に読めちゃうから。

相談者:
うーん

三石由起子:
問題なんて。

相談者:
うーん

三石由起子:
うーん。例えばね、30分て最初決めたら30分。

相談者:
うん

三石由起子:
その次に例えば5枚って決めたら、5枚。

相談者:
うん

三石由起子:
5枚って決めた時にい、25分で終わったからといってえ、

相談者:
はいはい

三石由起子:
もう1枚ってやらないのね。

相談者:
うーん

三石由起子:
ね、で、30分って決めた時にはあ、

相談者:
うん

三石由起子:
5枚に、にい、ちょっと届かなくても、

相談者:
うん

三石由起子:
そこでやっぱり切るんですよ。

相談者:
ああ

三石由起子:
うーん、それでえ、

相談者:
うんうんうんうん

三石由起子:
まあ母親があ、嬉しくさ、

相談者:
うん

三石由起子:
二人だけの時間を楽しんでやれて、いう、感じで誘うのよ。

相談者:
はい

三石由起子:
ん、うん、「何々ちゃーん、わたしも、わたしとお、勉強しよ」とかあ、

相談者:
うんうんうん

三石由起子:
うーん。「わたしもこんなの忘れちゃってるから、一緒にやろう」とか。

相談者:
うん、うん

三石由起子:
「あ、ちょうど良かったわ」とか。

相談者:
うーんうん

三石由起子:
ね、

相談者:
あー

三石由起子:
あの、うーん

相談者:
・・うん

三石由起子:
もうだって、学力だって分かってるわけだから。

相談者:
うーん

三石由起子:
ホントにねえ、あのお・・他の悩みってねえ、

相談者:
うーん

三石由起子:
どうやって解決したら分からない・・ようなこともいっぱいあるじゃない。

相談者:
はいあります、はい

三石由起子:
学力は簡単ですよ。

相談者:
あー

三石由起子:
うーん

相談者:
はい

三石由起子:
そんな天才児を作ろうってえ、いうんじゃなければね、

相談者:
うんうんうん、うんうんうん

三石由起子:
うーん、だからあなたが、嬉しくう、

相談者:
うん

三石由起子:
机に向かう。

相談者:
うん

三石由起子:
でその時間を、大事にするっていうことをお、

相談者:
うん

三石由起子:
できるから。

相談者:
はい

三石由起子:
ね、やってみて下さい。

相談者:
学校い・・行ってくれますかね。

三石由起子:
そーりゃそうでしょうだってえ・・悩みがあ、そこなんだから。もう乗り遅れて、おい、追いつけないっていう、気持ち?

相談者:
はい

三石由起子:
で学力う、う、じゃないですか、みんなにこう、

相談者:
うーん、うんうん、うん、うん

三石由起子:
苛められたりい、なんかされたのも。

相談者:
うんうん

三石由起子:
簡単ですよ、だからあれもこれもね、

相談者:
うんうん

三石由起子:
欲をかかないでえ、

相談者:
はい

三石由起子:
例えばですけどね、

相談者:
はい

三石由起子:
も決めちゃうんですよ、英語だけって。

相談者:
あー

三石由起子:
うーん、ね

相談者:
うん

三石由起子:
数学だけでもいいよ(笑)

相談者:
はい

三石由起子:
数学だけでもいい(笑)

相談者:
うん

三石由起子:
でもね、あれもこれもじゃなくて、社会もやんなくちゃ、国語もやんなくちゃ、漢字もやんなくちゃじゃ、

相談者:
うん、うん・・うんうん

三石由起子:
なくてさ。

相談者:
はい

三石由起子:
うーん。一個だけ決めちゃうんですよ。

相談者:
うんうん

三石由起子:
うーん。それが一番早い。でそれができればね、

相談者:
・・分かりました。

三石由起子:
またあ、

相談者:
うん

三石由起子:
あのお、勉強の仕方が、

相談者:
うん、うん

三石由起子:
本人も分かって来るから。

相談者:
あーあーあーあー

三石由起子:
うーん、そしたらまあ、任せてもいいっていう時期は、必ず来るからね。

相談者:
はい

三石由起子:
うん。できるからあ、やって下さいよ。

相談者:
そうですね。

三石由起子:
うーん

相談者:
今までそういうことなかったので、

三石由起子:
なかったでしょう、

相談者:
はい

三石由起子:
だから楽しいよ、きっとやってみると。

相談者:
うん

三石由起子:
うーん

相談者:
分かりました。

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

今井通子:
お分かりいただけました?

相談者:
はい、分かりました。

今井通子:
はい

相談者:
凄く良かったです。

今井通子:
うん

相談者:
はい

今井通子:
で、あのお・・大体ね、

相談者:
うん

今井通子:
問題とかは、

相談者:
はい

今井通子:
目で見るだけよりもお、

相談者:
うん

今井通子:
耳い、で、聞く、だから読んであげると、

相談者:
うんうん

今井通子:
倍ぐらい、理解力早くなる。

相談者:
ああ、

今井通子:
うん

相談者:
そうですか。

今井通子:
だって・・

相談者:
うん

今井通子:
受け取る側が、

相談者:
うん

今井通子:
二つの感覚使えるんだから。

相談者:
あー

今井通子:
なので、

相談者:
はい

今井通子:
始めのうちは読んであげるんだけど、

相談者:
うんうんうん

今井通子:
そのうち、「あ、お母さん疲れたから、読んでー」って言って、

相談者:
うんうんうん

今井通子:
本人に読ましてもお、やっぱり、

相談者:
うん

今井通子:
声出して読むのとお、

相談者:
うんうんうん

今井通子:
目で追うのではあ、

相談者:
うん

今井通子:
声出して読む方が、よく分かる。

相談者:
うん、ああ

今井通子:
それと声出してよ、読んだ方が、覚えてる。

相談者:
うーんうーん

今井通子:
それだけ脳が働いてるから。

相談者:
あ、はい

今井通子:
ということで、

相談者:
はい

今井通子:
うん、おた、お互いに、

相談者:
うんうん

今井通子:
大きな声で、

相談者:
はい

今井通子:
問題読みながら、

相談者:
うん

今井通子:
うん、一緒に答えを考えて(笑)

相談者:
はい

今井通子:
30分過ごしてください。

相談者:
あ、はい、分かりました。

今井通子:
はい

三石由起子:
大丈夫です。

相談者:
今からもう、本屋さん行って来ます。

今井通子:
はい

三石由起子:
あー、行ってらっしゃい、行ってらっしゃい。

相談者:
はい、行って来ます。

今井通子:
うん、それじゃあ失礼しまーす。

相談者:
はい、すいません、ありがとうございましたあ。

今井通子:
はいどうもー

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。