豹変して「クソばばぁ」シンママが大好きな中1娘には二人きりの秘密の時間を


スポンサードリンク

(回答者に交代)

三石由起子:
はい

相談者:
お願いします。

三石由起子:
こんにちは

相談者:
こんにちは

三石由起子:
わたしも自分の事、言われてるような気が、してましたよ(苦笑)。

相談者:
ハハ(苦笑)

三石由起子:
ンフフフフ(苦笑)、ま、この子はあ・・お母さまの事、大好きな甘ったれなんだね。

柴田理恵:
うん

三石由起子:
きっとね。

柴田理恵:
うん

相談者:
うん

三石由起子:
うん、そうだと思うんですよ。
やっぱり、物を投げるとか・・

相談者:
はい

三石由起子:
大声で叫ぶっていうのは、

相談者:
うん

三石由起子:
ママの反応が欲しいんでしょう。

相談者:
はい

三石由起子:
きっとね。

相談者:
うん

三石由起子:
その時にね、ママがやっぱり・・怒ったりさ、

相談者:
うん

三石由起子:
カーッとなったり、反応お、したら・・やっぱり何度でもしますよ、それは。

相談者:
うん

三石由起子:
わたしはね、やっぱりそういう事された時にはね?

相談者:
はい

三石由起子:
聞こえないフリしたり、

相談者:
うん

三石由起子:
悲しそうな顔をしたり、

相談者:
はい

三石由起子:
それで、終わりにしとくのがいいと思いますね。

相談者:
はい

三石由起子:
うん。わたしあの、自分の娘がね?

相談者:
はい

三石由起子:
やっぱり中学の頃に、

相談者:
はい

三石由起子:
父親に対してね・・

相談者:
うん

三石由起子:
すーごくなんか「それが父親に」い・・「言う言葉か?」って・・

相談者:
うん

三石由起子:
怒った事があるんだけど、

相談者:
うん

三石由起子:
そしたらその、父親がね?・・
「家(うち)だけでやってるんだ」と。

相談者:
はい

三石由起子:
「俺にだけ言ってるんだ」と。

相談者:
うん、うん

三石由起子:
「学校ではきっと言ってない」と。

相談者:
うんうん

三石由起子:
「言わしてやれ」って言うんですよ。

相談者:
うん、うん

三石由起子:
それでへぇーと思って、

相談者:
うん

三石由起子:
まあね、本人が「言わしてやれ」って言うんだったら、

相談者:
うん

三石由起子:
わたしが怒る事もないかと思って、

相談者:
はい

三石由起子:
放っといたんですけど。

相談者:
はい

三石由起子:
だから、わたしが今、ちょっと考えた事はね?

相談者:
はい

三石由起子:
お爺ちゃまとお婆ちゃまがそうやって、なんか、協力して下さるんだったら・・

相談者:
はい

三石由起子:
月に一度でいいから、

相談者:
はい

三石由起子:
このあの、女の子と2人だけで?、出掛けるっていうかさ。

相談者:
うん

三石由起子:
デートする特権・・

相談者:
はい

三石由起子:
これ与えたらいいと思うんですよ。まだほら、心も身体もさ、

相談者:
はい

三石由起子:
やっぱり子どもじゃなーく、なってはいるんだけど・・

相談者:
うん

三石由起子:
大人には全然なり切れてないわけだから、

相談者:
はい

三石由起子:
その時にあの、母親がね?

相談者:
うん

三石由起子:
それを分、分かってるっていう事を、

相談者:
うん

三石由起子:
やっぱ理解、させてやる事が大事で。

相談者:
はい

三石由起子:
であなたの事をね、その、

相談者:
うん

三石由起子:
頼りにしてるんだとかね?

相談者:
うん

三石由起子:
ありがたいと思ってるんだって事をさ、

相談者:
うん

三石由起子:
例えば・・弟の前で言われてもね、

相談者:
うん

三石由起子:
うーん、或いはその・・お爺ちゃまやお婆ちゃまの前で言われても、

相談者:
うん

三石由起子:
素直に反応できませんよ、それは。

相談者:
うん

三石由起子:
だから、2人で出掛けるっていうのをね?

相談者:
はい

三石由起子:
じゃちょっとあの弟に内緒でね?

相談者:
はい

三石由起子:
ね、弟に内緒で、「じゃ、あの辺で待ってて」みたいな。

相談者:
うん

三石由起子:
お爺ちゃまお婆ちゃまにも、口止めしてね?

相談者:
うん

三石由起子:
2ヵ月で1回でいいからさ。

相談者:
はい

三石由起子:
でたっぷり聞いてやったらどうお?

相談者:
うん

三石由起子:
わたしね、特権も大事だと思うんだよね。

相談者:
はい

三石由起子:
で、そういう特権を与えてえ、

相談者:
うん

三石由起子:
そしてあの、いっぱいあのお・・聞いてやってさ。

相談者:
うん

三石由起子:
その汚い言葉はね、わたしはホントに嫌なんだっていう事を、

相談者:
うん

三石由起子:
静かな言葉で伝えて、

相談者:
うん

三石由起子:
その時にバーッと怒らないでさ。

相談者:
はい

三石由起子:
そんなの反応したら、嬉しいだけじゃない?

相談者:
はい

三石由起子:
うーん。反応されてるっていう事が嬉しいんだから。

相談者:
はい

三石由起子:
だからそういう事は、も、聞こえないフリする、んだね。

相談者:
うん

三石由起子:
うん、或いはもうホントに悲しそうな顔を作るんですよ。

相談者:
はい

三石由起子:
うん。そしたらね?やっぱり・・そんな何度もしないって、おんなじ事。効果の無い事しないから、子どもって。

相談者:
はい

三石由起子:
だから効果があるからしてるんですよ。

相談者:
うん

三石由起子:
物を投げたりとかね?

相談者:
うん

三石由起子:
うん。「靴」う、「を外に」、「出す」って言ったじゃない?

相談者:
はい、うん

三石由起子:
それってあなたが片付けてんでしょ?

相談者:
そうですね。

三石由起子:
そうでしょ、放っとくんですよ、そんなもん。そういう子どもじみた事を相手にしないんだっていう事を、

相談者:
うん

三石由起子:
表すのと同時に、

相談者:
はい

三石由起子:
「もうあなたは大人なんだから」っていう特権をやっぱり、あ、与える?

相談者:
うん

三石由起子:
一緒に出掛けて、2人で、食事をして、

相談者:
うん

三石由起子:
まランチでいいですけど。

相談者:
はい

三石由起子:
本屋にでも寄って帰るとか。

相談者:
うん

三石由起子:
うん、美術館に寄って帰るとか。

相談者:
うん

三石由起子:
「ちょっとこの映画観たいから付き合って」と言って映画だけ観て帰るとか。

相談者:
うん

三石由起子:
そして「弟には黙っておきなさいよ」っていう事をちゃんと言うんだね。

相談者:
うん

三石由起子:
うーん。人の前で・・

相談者:
はい

三石由起子:
褒められたリ怒られたりするのは・・ダメだと思う。

相談者:
うん

三石由起子:
あとこの相談所っていうのはね、多分ね、プライド傷付いた思うな、この子。

相談者:
あーん

三石由起子:
「ママは信じてたのに」みたいな事もあると思うんだよね。

相談者:
うん

三石由起子:
だからね・・なんか限度が分かってないのよ。

相談者:
うん

三石由起子:
どこまでやったらあ・・

相談者:
うん

三石由起子:
その、ママがほんっとに心配して、相談所に行っちゃうのかみたいな事は分かってないわけで。

相談者:
うん

三石由起子:
うん、このカーッとなるのもね、わたし一時期だと思う。

相談者:
うん

三石由起子:
うん、やっぱりね・・自分の物でないみたいにニョキニョキ身体も大きくなるしさ。

相談者:
うん

三石由起子:
女の子だって大変なんだよ、きっと。

相談者:
うん

三石由起子:
うん、だから・・一つにはもう特権を与える、これはもうやった方がいい。
でこっそりね、「2ヵ月に1回、こういう事しようね」みたいな事。

相談者:
うん

三石由起子:
それと「あなたの事はホントに頼りにしてるんだよ」っていう事を、

相談者:
うん

三石由起子:
本人がいる時だけに言わないとお・・

相談者:
うん

三石由起子:
分かんないよ、それは。

相談者:
うーん

三石由起子:
うーん

柴田理恵:
フ(苦笑)

三石由起子:
やってみたら?

相談者:
はい

三石由起子:
うん

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

柴田理恵:
あの・・悲しそうな顔されたらキツいな。

三石由起子:
そう、悲しそうな顔をするのが効くと思うなあー。

柴田理恵:
うーん

相談者:
うーん

柴田理恵:
わたしい、小学校の頃に、こんな風に「うるせえ、くそババア」って言って、物投げたり・・

相談者:
うん

柴田理恵:
して、うちはね、倍返しされてたんですよ。フフフ(笑)

三石由起子:
へえー

柴田理恵:
それで段々「あ、これやっちゃあ、大人には敵わないんだな」と思って段々しなくなったんですけど(苦笑)。

相談者:
うん

三石由起子:
いや、わたしはね?・・

柴田理恵:
ハハ(笑)

三石由起子:
憎たらしい事をね?・・あの、母親に言った時に・・母親がニッコリ笑って、

柴田理恵:
うん

三石由起子:
「そんーな憎らしい事が言えるようになったの」って言いました。

柴田理恵:
へえー

三石由起子:
すっごい子ども扱いされて。

柴田理恵:
ハハハハ(笑)

三石由起子:
「ま、そんな言葉が使えるようになったの」って。

柴田理恵:
ふーん

相談者:
うん

三石由起子:
すぐもう止めましたけどね。

柴田理恵:
アハハハ(笑)

三石由起子:
へへへ(苦笑)

柴田理恵:
だから、あれですよ。娘さんが、お母さんの事好きなのはもう、お話聞いてて凄く分かるから。

三石由起子:
うーん

相談者:
はい、うん

柴田理恵:
うん。安心して下さい。

相談者:
はい

柴田理恵:
それと・・お母さん、お仕事、お子さんのために、あんた達食わせるためにやってんだって事も・・

相談者:
はい

柴田理恵:
堂々と言っていいと思います。

相談者:
はい

柴田理恵:
だから、残業してるからつって、「『あーだこーだ』言うんじゃない」っていう事もわたしは言っていいと思います。

相談者:
はい

柴田理恵:
自信持たないと。

相談者:
うん

柴田理恵:
一生懸命、頑張ってらっしゃるんだから。

相談者:
はい

柴田理恵:
ね?、やがてお子さんは・・仕事している、あなたを、絶対に尊敬するようになるから。

相談者:
・・

柴田理恵:
しっかりした人になりますよ、娘さんは。

三石由起子:
あとね、特権ね、このお嬢さんだけ可愛がってるんだっていうようなね?

相談者:
はい

三石由起子:
そういうの見せると、

柴田理恵:
うん

三石由起子:
ちょっと悪いなと思って・・弟可愛がるようになりますよ。

柴田理恵:
そうです、そうです、そうです。

三石由起子:
うん

相談者:
あ、はい

柴田理恵:
そうです、えこひいき、は、していいんです。

三石由起子:
そう、そうそう、そうそう

柴田理恵:
うん

相談者:
うん、分かりました。アハ(苦笑)

柴田理恵:
だから、自信無くさないでいいですよ、大丈夫ですよ。

相談者:
はい、ありがとうございます(涙声)。

柴田理恵:
自信持って下さいね。

三石由起子:
うん

相談者:
はい、ありがとうございました。

柴田理恵:
はい、失礼しまーす。

相談者:
はい、失礼いたしまーす。

柴田理恵:
はい

三石由起子:
どうもどうも。

相談者:
はい


スポンサードリンク



「豹変して「クソばばぁ」シンママが大好きな中1娘には二人きりの秘密の時間を」への3件のフィードバック

  1. お上品でもありヌケてる印象
    例えば下の息子がエロ本を隠す時期が来たのなら
    そこんとこの距離感も取れなさそうなお母さん
    娘にもなにかこうサラッとデリカシーのないこと
    やってそうなんだけど

  2. 小学から中学への環境の変化と、早くに大人としての役割を与えられたストレスから母親に八つ当たりしているのでは。同級生は皆スマホゲームに興じているのに自分は部活と勉強と弟の世話で友人を作る余裕すら無い、とか。相談者含めて特別悪人がいる訳でも無いけど、運命の歯車の噛み合わせが悪かった状況かな。娘当人も自分にのし掛かった責任は分かっているけど感情が追い付いていない、とかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。