愛情を貰えてないと思えばあげられない。自分からという一貫姿勢が交流を生む


テレフォン人生相談 2018年12月27日 木曜日

誰からも愛情を貰えていない寂しさをどう解消したらいいか?
子どもの頃からのことを、女は準備したメモを読み始めた。

今年三回目の登場。

1月13日放送
17歳で統失になった予後の女41歳。まだ抜けぬ被害妄想。道行く人が私を笑う

その2ヶ月後
TV観る気力もない無職女ボッチ39。消えてしまいたい。けど三食食べてます

前回はメンタル的にかなり切羽詰まった状態だったが、三石由起子女史のアドバイスを朝散歩で実践していることが分かる。

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 高橋龍太郎(精神科医)

相談者: 女42歳 無職 施設入所中の母80歳 妹は家庭持ちで甥、姪がいる

柴田理恵:
もしもし?、テレフォン人生相談です。

相談者:
こんにちは

柴田理恵:
こんにちは
今日はどんなご相談ですか?

相談者:
あ、えとちょっと、相談ん、の内容を文書に書かせていただいたのでそれを読ませていただいてもよろしいでしょうか?

柴田理恵:
はい

相談者:
わたしが生まれて物心つくまでは、母親の愛情をもらい育てられてたみたいですが、

柴田理恵:
うん

相談者:
物心ついた後は、母親はわたしに愛情の一切もくれませんでした。

柴田理恵:
はい

相談者:
幼稚園児から、高校生までわたしは運悪く、悪口や、机を移動させられたりの陰湿ないじめを受けました。

柴田理恵:
うん

相談者:
身体へのいじめは受けていませんが、

柴田理恵:
うん

相談者:
わたしは幼稚園児の時は、母親に・・隠れて泣きながら登園したり、

柴田理恵:
うん

相談者:
中学生の時は自分のノートに、授業中泣きながら、

柴田理恵:
うん

相談者:
「死にたい」「死にたい」と書いていました。

柴田理恵:
うん

相談者:
わたしは母親に、自分がいじめを受けている事を、話した時期もありましたが、

柴田理恵:
うん

相談者:
母親は、真剣に向き合ってくれませんでした。

柴田理恵:
うん

相談者:
わたしが大人になってからは、わたしの性格や・・

柴田理恵:

相談者:
考えや行動を、すべて批判しました。

柴田理恵:
うん

相談者:
例えば、わたしみたいな繊細で泣き虫で人に言われた事を、すぐ気にするような子どもは、

柴田理恵:
うん

相談者:
「産んだ覚えがない」とか、

柴田理恵:
うーん

相談者:
わたしみたいな顔の子どもを「産んだ覚えがない」とか。

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
母親とわたしの顔が似ているので、

柴田理恵:
うん

相談者:
「外を一緒に歩きたくない」や、

柴田理恵:
うん

相談者:
わたしの動作がのろまな亀で、母親に「あんたを見てるとイライラするわ」と言われたり・・

柴田理恵:
うん

相談者:
で、

柴田理恵:
うん

相談者:
で一番ショックだった事は、

柴田理恵:
うん

相談者:
「子どもは嫌い」とはっきり言われた事です。

柴田理恵:
うん

相談者:
で、母親に、愛情をもらえず、友達にも恵まれず、友達の愛情ももらえず・・親戚には冷たくされて、唯一わたしに愛情を注いでくれていれた父親は、わたしが中学生の時に、病死しました。

柴田理恵:
うん

相談者:
わたしは今あの、彼氏も出来た事がなくて、

柴田理恵:
うん

相談者:
愛情が欲しくて欲しくてたまりません。

柴田理恵:
うーん

相談者:
愛情がたまらなく欲しくて・・出た先で、老若男女問わずに、何かしら全くの他人に、話し掛けてしまったりしい、てしまいます。

柴田理恵:
うーん

相談者:
わたしの愛情がもらえてない、途轍もない寂しさを・・どう解消すれば良いのでしょうか?、とても悩んでおります。

柴田理恵:
あなた今おいくつですか?

相談者:
あ、42歳なんです。

柴田理恵:
今は・・お母さまとは・・一緒に暮らしてらっしゃるんですか?

相談者:
ごく最近、あの、大病しまして、

柴田理恵:
うん

相談者:
退院後お、あの、とても家に帰れる体の状態ではなくなってしまったので、

柴田理恵:
はい

相談者:
あの、施設にお世話になっております。

柴田理恵:
あーそうで、お母さんは今・・

相談者:
はい

柴田理恵:
おいくつなんですか?

相談者:
えっと80歳です。

柴田理恵:
じゃ今、お一人でお暮らしなんですか?

相談者:
あ、はいそうです。

柴田理恵:
うん
あの、お仕事とかはどうなさってるんですか?

相談者:
あ、最近まで、あの働いていたんですが、

柴田理恵:
はい

相談者:
職場あ、の、人間関係に(含み笑い)ちょっと苦労しまして、

柴田理恵:
うん

相談者:
で、今あの・・状態は、あのハッキリ言って無職です。

柴田理恵:
そのお仕事は何年ぐらい、やってらっしゃったんですか?

相談者:
5年、ぐらいですかね?

柴田理恵:
ああ、それまでも何度も、その・・職場変わられたんですかね?

相談者:
そうですね、わたしはちょっと・・

柴田理恵:
うんー

相談者:
人間関係え、を、こ、構築する事がちょっと自分ん、が苦手なもので、

柴田理恵:
うーん

相談者:
色々職場は変わりました。

柴田理恵:
お仕事転々となさったって事なんでしょうか?

相談者:
そうですね、はい・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
恥ずかしながら。

柴田理恵:
どういう関係のお仕事なさってたんですか?

相談者:
あ、あーもう、すべてあの現場関係で、例えば・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
倉庫業とか・・

柴田理恵:
あ、はい

相談者:
ベルトコンベアの流れ作業だったり。

柴田理恵:
ああー

相談者:
あと、あの内職みたいな感じの、仕事だったりです。1人で黙々出来るような、はい

柴田理恵:
うんー、出来る、あーあ

相談者:
はい

柴田理恵:
そ、それでもやっぱりこ・・職場であまり、こう、うま、人間関係上手く行かなくなっちゃうっていう・・

相談者:
はい

柴田理恵:
うんー・・1人ぐらい話し聞いてくれたりとか、なんか・・

相談者:
はい

柴田理恵:
そういう方はいらっしゃるんですか?

相談者:
あの、恥ずかしながら全くいないんです(含み笑い)。

柴田理恵:
じゃ、ほんとに、寂しいですね?

相談者:
あ、はい、寂しいんです(苦笑)、ほんとに寂しいんです。はい

柴田理恵:
うん、あの、ご兄弟はいらっしゃるんですか?

相談者:
あ、あの既婚で子どもがいてる妹が1人います、はい

柴田理恵:
妹さんとは・・交流あるんですか?

相談者:
あの、わたし達小さい時から、常にあの、わたしに対して上から目線でものを言う妹で、

柴田理恵:
ああ

相談者:
いつもわたしが言い負かされて(含み笑い)、

柴田理恵:
ああー

相談者:
あの、はい、姉の面目がない状態というか・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
あの姪っ子と甥っ子がいるので、そのせいで、あの、付き合いはあるんですが、

柴田理恵:
ああー

相談者:
あの、わたし的には、ちょっとあんまり、好ましくない妹だな(苦笑)って思ってて。

柴田理恵:
ああー、例えば、

相談者:
はい

柴田理恵:
ペットとか可愛がるとか・・

相談者:
はい

柴田理恵:
そういう事っていうのあるんですか?

相談者:
ちょっとわたしい、が、あの昔・・あの小学生の時にあのお・・

柴田理恵:
うん

相談者:
野良犬に追いかけられた・・ト、トラウマから(苦笑)・・

柴田理恵:
あー、はあー・・

相談者:
ちょっと、だ、動物が凄い苦手になってしまって(苦笑)。

柴田理恵:
あーあそっか。

相談者:
あ、はい、はい

柴田理恵:
可愛がる対象っていう物があるえ、あればあ・・

相談者:
はい

柴田理恵:
あのお、そこから人間関係も発生して行く事もあるし、

相談者:
はい

柴田理恵:
いいのかなあとちょっと・・素人考えで思ったんですけどねえ。

相談者:
あ、あのわたし今あの・・

柴田理恵:
うん

相談者:
朝散歩を、あの、やってまして、

柴田理恵:
はい

相談者:
毎朝出会う・・何人かの方がおられて、

柴田理恵:
あーはいはいはい

相談者:
その方と後々、なんか喋る仲間になれたらなとは思いながら・・

柴田理恵:
あー

相談者:
散歩してるんですけど(苦笑)。

柴田理恵:
じゃ今日の・・

相談者:
はい

柴田理恵:
ご質問の内容は・・

相談者:
はい。えーわたしの愛情が、もらえてない途轍もない寂しさを・・

柴田理恵:
うん

相談者:
この寂しさを、どう解消すれば良いのかを、あの、お聞きしたいです。

柴田理恵:
はい・・

相談者:
はい

柴田理恵:
分かりました。じゃ先生に聞いてみましょう。

相談者:
あ、はい

柴田理恵:
え、今日の、回答者の先生は、精神科医の高橋龍太郎先生です。

相談者:
あはい

柴田理恵:
先生お願いします。

(回答者に交代)


「愛情を貰えてないと思えばあげられない。自分からという一貫姿勢が交流を生む」への5件のフィードバック

  1. コミュニケーション能力偏重社会が過ぎて、生きにくさを感じる人が増えてますね。私も、人間関係が苦手で職を転々としましたが。
    とは言え、働いて給料もらわないことには飢え死にするのが、人間に生まれた宿命。次の仕事が見つかったら、9時~5時は上司や同僚をうまくやり過ごしながら仕事するようにしてはどうでしょう?仕事が終わったら人間関係から解放されて、1人の時間を楽しみましょう。週末は趣味の教室に通って、講師相手に愚痴ったりして気分転換を図るといいですよ。

  2. いますねこんな人。
    自分では何の努力もしないで、40にもなって親や姉妹のせいにして甘んじて生きてる人、
    誰もが傷つきながら生きてるんですよ。
    生活のために必死で職場でかんばっているというのに誰も優しくしてくれないと、ころころ仕事変われて・・・
    自分は何も与えずもらうことしか考えてない、相談して可哀想にと言ってもらいたかったのでしょうが、高椅先生穏やかに言ってあるけれどイライラ感でてましたよ。

  3. 甥っ子姪っ子と付き合わせてもらっるんじゃないですか、妹さん普通のよりですが?
    甥っ子姪っ子に好かれる叔母さんでいて下さい。そう、努力してですよ。

  4. 8050問題真っ只中。甥姪と仲が良さげに見えて、「私の面倒宜しくね」という布石に過ぎないからね。指一本動かしたくないから、その理由を探し続ける人生。

  5. これもう念仏に頼っていいんじゃないだろうか?
    だって聞く耳もたないでしょ
    柴さんはそっち系だし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。