拒食で体重30キロの娘は筆談で迫る「読め」。逃げる父親は外で時間を潰す


(回答者に交代)

マドモアゼル愛:
それまでは普通に暮ら、ね?

相談者:
そうです。

マドモアゼル愛:
成長して来てたお嬢さんが・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
3年ぐらい前からですよね?

相談者:
え、少しずつ・・

マドモアゼル愛:
ね?、ね?なって来て・・

相談者:
少しずつそんな状態になって来て、今現在は・・

マドモアゼル愛:
その、なって・・なって来た時に何か絶対にきっかけがあったと思うんですよ。

相談者:
いや、だから今思えばですね?

マドモアゼル愛:
うーん

相談者:
その母ちゃんの弟が・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
病気になったから1ヶ月とか、そこそこ・・空けたりしたんです家の方を。
あ、ん、で、あ、ま、ご飯を作ってくれるんですけど、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
わたしはやっぱし、食べたり食べなかったり・・仕事の・・

マドモアゼル愛:
それはなんで食べたり食べなかったりになったわけ?

相談者:
いや、仕事、帰りが遅いから、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
ん、だから途中で食べて帰ったりする時はあったんです。

マドモアゼル愛:
あー、なるほどねえ。あ、そっかそっか。

相談者:
だから家で食べなかったりしたんですよ。

マドモアゼル愛:
うーん、うーん

相談者:
で、そういう、あれがあってからかな?っていうん・・気もすんですけど・・

マドモアゼル愛:
うーん、うん

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
お父さんのこと関係してんじゃないの?これ。

相談者:
・・わたしがですかね?

マドモアゼル愛:
うーん
どうしたらいいか?、っていうと、お父さんもどうしたらいいか?やってるのよ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
逃げてるから。
それで、お嬢さんはあ・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
「これ読め」って言って・・

相談者:
そうです。

マドモアゼル愛:
少なくともコミュケーションを・・

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
実は取ろうとしてるのよ。
そいで、益々ひどくなって来たら、お父さんはいつもいないと。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
やっぱ、お父さんがキーになってると思うよ?
お嬢さん、だからお父さんに・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
もっとちゃんと・・見てもらいたいんじゃないの?

相談者:
・・

マドモアゼル愛:
もうちょっと関心を持ってえ・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
子どもに接してもらいたい、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ていう気持ちなんかが、一人っ子だからきっと・・あったんじゃないかなって気がするのね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
お父さんは・・一緒にいると辛くなるから逃げるわけ?
分からないから・・

相談者:
結局う・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
子どもと話しをしても・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
口を利かなくて筆談ばっかしだし・・

マドモアゼル愛:
うん、だからそこなのよ、いいじゃない?・・

相談者:
んん・・

マドモアゼル愛:
話さなくなって。

相談者:
いやだけどお・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
机をボンボン、ボンボン叩いて「さあこれ読め」とかって言われるような、その態度っていうのがわたしはすごく・・嫌なんです。

マドモアゼル愛:
うんだから・・

相談者:
&#△、うん

マドモアゼル愛:
向こうは、納得してないんだよ、お父さんに。
そいで逃げてしまうお父さんには・・いつまでも、こうやるよってことなんじゃないの?

相談者:
うん、だから子どもにも、娘も・・結局、自分をバカにしてるとか・・そんな言葉を・・書いて来るから・・

マドモアゼル愛:
うーん

相談者:
「そんなことはないんだよ」とは言うんだけど・・

マドモアゼル愛:
いや「ないんだ」は分かるけども、そう感じてるっていうことは、確かなのよ。

相談者:
ああ

マドモアゼル愛:
だから、お父さんが実は・・逃げてる部・・ものがあるのよ。
そして、それをお父さんも、認めたくないし、認めることが辛いから・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
物理的に・・いなくなっちゃうのよ。
お父さんのこれまでの生き方は・・自分の生き方優先で、何か・・後ろめたい思いを持ちながらも逃げてたものがあるんじゃないの?なんか。

相談者:
・・&#△・・うんわたしはあ・・

マドモアゼル愛:
ない?

相談者:
別にこれって何もないんですけどね、仕事はやって、まだあ、子どもも・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
一人娘だから・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
ま、満足なあれはさせないにしても・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
普通の人よりかは・・ま・・

マドモアゼル愛:
うん、だ、それは全部やったよねえ。

相談者:
ええ、も・・

マドモアゼル愛:
うん、でもお母さん・・

相談者:
&#△%か、なんとか・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
あーのお・・ん、あれした、ような気はするんですけど。

マドモアゼル愛:
形の、上ではやったのよ。そういう以外のものよ。心のものよ。もうちょっと。

相談者:
・・うん

マドモアゼル愛:
関心を向けてあげるとか。
優しくしてもらいたいとかね?例えばね。

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
優しい接触とか、そういうものを、お父さん自身がホントは求めているけれども、そんなもん・・与えられないっていう、絶望感みたいのが、もしかしたら・・お父さんの中にあって。

相談者:
いやあ・・

マドモアゼル愛:
子どもと、交流することが・・怖かったとか、仕事だけをやっていてえ、責任を持ってえ、やった、それは本当だと思うのね。
しかし・・娘さんの成長にとって・・それだけでは何かやっぱり足りなかった物が、もしかしたらあるんじゃないのか?っていうことは・・あるじゃない?

相談者:
・・はい

マドモアゼル愛:
だって・・

相談者:
でもお・・

マドモアゼル愛:
その・・

相談者:
んもう、今、さ、今さら、もうそれを・・

マドモアゼル愛:
いやだか・・

相談者:
聞いとったから・・

マドモアゼル愛:

相談者:
今度は、自分が子どもに対してどのように接して行ったらいいのかなあ?って・・

マドモアゼル愛:
そこですよ、だから。

相談者:
&#△%

マドモアゼル愛:
だからその、どういう風に接してるかが常に自己防衛なんですよ、お父さんの場合。

相談者:
ああー

マドモアゼル愛:
だから・・お父さんもどっか、か・・これまでのやり方を変えない限り、意味がないのよ、接する意味がないのよ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そいで・・出来ないと思ってるから逃げるわけじゃない?いつでも。

相談者:
・・

マドモアゼル愛:
問題を解決しようと思うんではなくて。問題を抱えながら、家族3人で、ま、生きて行こうなっていう姿勢が、

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
今こそ大事なんじゃないの?

相談者:
ええ、ええ・・&#

マドモアゼル愛:
それには朝、朝いなくなって・・夜遅く帰るんじゃ、不味いんじゃないの?って言いたいわけ。
なんで、じゃ、朝早くいなくなって、夜遅く帰るかっていうと・・問題を解決しようと思っても上手く行かないからだっていうのが、今の現状なのよ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
問題と共に生きようと思ったら一緒にいること出来るのよ。

相談者:
はいはい

マドモアゼル愛:
「これ読め」って言ったら、読んで・・うん、よく分かんないけどニコニコ笑ってりゃいいだけの話じゃない?だって。

相談者:
ああ

マドモアゼル愛:
今日は笑ったとか、これが出来て良かった、っていう物を1日1個でも・・

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
次の日は2個でも・・

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
そうやって変えて行く以外ないんじゃないの?

相談者:
ああ、うん

マドモアゼル愛:
そしたら・・父ちゃんはいる人だ、っていうことになるんだよ。わたしを守ってくれて。形だけじゃなくて。
3人でいる新しいスタイルを・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
作って行くことで・・お嬢さんは僕は変わってくと思う。

相談者:
あ、そうですかね?

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
ん、そうだね。

マドモアゼル愛:
だから、「これを読め」っていうのはおか、お嬢さんからの・・精一杯のお父さんへの・・意思表示であるし・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
愛情であるし・・

相談者:
・・

マドモアゼル愛:
む、かつて無駄になったご飯と同じなんだよ。

相談者:
いや、それをわたしが無にしちゃダメなんですね。

マドモアゼル愛:
そういうことなんです。

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
3人でいることを楽しむ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
3人でいる・・幸福を・・こいで幸せなんだ・・ていうものが、もし・・お嬢さんに伝わったら・・

(再びパーソナリティ)

今井通子:
あの、摂食障害の方の・・

相談者:
うん

今井通子:
痛ましい感じのお・・

相談者:
うん

今井通子:
姿って、もちろんわたし、一応医者ですから見てますから、

相談者:
はい

今井通子:
それを親御さんが見たらどんーなに悲しいか、

相談者:
うん

今井通子:
それもよく分かってます。

相談者:
はい

今井通子:
うん
だけど・・そこでえ・・あなたがあ・・悲しいとかね?

相談者:
はい

今井通子:
可哀想とかね?

相談者:
ええ

今井通子:
このままじゃ先が見えないとかね?

相談者:
ええ

今井通子:
そういうことを考えて、

相談者:
ええ

今井通子:
遠くどっかへ行っちゃおう、みたいな・・考え方を持ってたら・・

相談者:
うん

今井通子:
これは絶対治りません。

相談者:
うんでもね、やっぱ目の前にそういうね・・身体を見ちゃえばね、可哀想になっちゃうんですよね。

今井通子:
だ、分かってますって。

相談者:
うん

今井通子:
そういう風になっちゃった、人側の、

相談者:
うん

今井通子:
心理状態っていうのは、

相談者:
うん

今井通子:
実は、助けて欲しいんですよ。

相談者:
うん、だか・・

今井通子:
で、助けて欲しい、相手の人が・・

相談者:
ええ

今井通子:
気弱になって・・

相談者:
ええ

今井通子:
「可哀想だ」とか・・

相談者:
ええ、え、え

今井通子:
自分が、「涙が出る」とかって言っちゃったら・・

相談者:
うん、うん

今井通子:
彼女は支柱を失っちゃうの。

相談者:
あ、なるほど。

今井通子:
うん・・だから、あくまで、お父さんは・・

相談者:
はい

今井通子:
逃げちゃダメ。

相談者:
ええ

今井通子:
彼女をちゃんと見て・・

相談者:
はい

今井通子:
そして頭の中でも・・
「可哀想だ」とかね?

相談者:
ええ、ええ

今井通子:
「悲しい」とかは、外す。

相談者:
はい、うん

今井通子:
ちと奥さまとはぜひ、どっかで・・喋るチャンスを作ってえ・・

相談者:
ええ

今井通子:
彼女がどの病院に行ってるかは確かめて?

相談者:
はい、分かりました。

今井通子:
うん
で、ひょっとして・・あの彼女がすごいストレスが多くてうつ病的な状態になってんだとしたら、そうすると頭の中が段々回ってなくなってる可能性があんです。
それは、ちょっと・・えー、家族の中では治しきれないので、

相談者:
はい

今井通子:
病院なり・・

相談者:
ええ

今井通子:
ま、それも精神科医であったりとか、

相談者:
ええ、ええ

今井通子:
そういうところに行って、

相談者:
ええ

今井通子:
ちゃんと治療を受けなきゃいけないんだけど、

相談者:
はい

今井通子:
「本人がその気、じゃなかったら」なんだっけ?・・「治らない」・・

相談者:
うん、本人いって、そう・・そう言われた◆#$

今井通子:
こんなこと言う病院は行ってもダメ。

相談者:
ああ

今井通子:
うん
ちゃんとした病院、探してあげてください。
もしくは・・ご本人にそれとなく?

相談者:
ええ

今井通子:
ちゃんとした病院に行くように、勧めて。

相談者:
はい、分かりました。

今井通子:
はあい

相談者:
色々アドバイスいただきまして・・

今井通子:
はい

相談者:
ありがとうございました。

今井通子:
失礼しまあす。

相談者:
ありがとうございました。




「拒食で体重30キロの娘は筆談で迫る「読め」。逃げる父親は外で時間を潰す」への8件のフィードバック

  1. 心配だというわりに、娘のこと、なーんにも知らなくて違和感ありました。
    奥さんとも上手くいってない気がする。

  2. 今日のような相談は、回答者が精神科医の方が良かった気がする。
     相談者は、自分の娘のことなのに、他人事で、向き合わないで、逃げてる。相談者が変わらない限り、娘さんの状況は好転しないと思う。

    娘さんは、相談者に、強い怒りがあるんだろう。(たいぞう先生だったら、その辺のこと言いそう。)会話することすら嫌なんだろうけど、でも筆談で訴えてくるだけでも、まだ望みがあるかなと思ってしまう。
    どうして、その筆談の内容に、真剣に向き合ってあげないのだろう。筆談の内容については、放送で触れられてないから分からないけど「○○買ってきてよ!」とか「○○しないで!」とか「○○して!」「ばか!死ね!」とか何が書いてあったとしても、そこには娘さんの気持ちが絶対に出てるはずなんだから、そこに、心込めて、返事書いてさ。交換日記にすればいいのに。筆談が嫌、という相談者は、なんていうか、「当たり前・普通・世間体」に囚われてるんだ。拒食症の娘を認めたくない、受け入れられない。こんな相談者だから、きっと、夫婦の関係も良くないと思う。娘と会わないように、遅く帰ってくるとか、そんな夫、妻からしたら、あきれて、夫に何も期待もしてないだろう。
     娘さん、そんな状況でも仕事に行ってるっていうんだから、頑張ってると思う。

    相談者!
    お前がカウンセリング行け!(暴言失礼しました)

     

    1. 管理者さんのコメントの通りですね。
      相談者が三食作る、
      それをしないと、過去の娘さんの気持ちを、理解できないでしょうね。
      作っても作っても、
      その食事の席につかない、
      食事に手をつけない、
      同じことを娘さんからされる、
      同じ経験をするべきですね。
      この話が、回答者から出たら良かったのに。
      っていうか、このサイト見て!
      って感じです。(絶対見ないだろうけど。)

  3. 相談者の「普通だった。」に、娘の成長に関心を持たずにきたのだろうと、想像する。
    娘に関心がないのは、相談者自身が自分の人生に無関心で生きてきたから。親の言うとおりや世間体など自分をなくして生きてきたから。
    娘をなんとかしたければ、自分の心を内向してみたら、見えてくるものがあると思った。

  4. 娘が心配で相談してるんじゃなくて、目障りで、自分が居心地悪いから相談してきてるでしょ。
    こんな親もいるんですね。

  5. 朝から、家を出るって、ありえない!
    何で娘から、逃げるのかわかりませんが、相談者も何か心の問題があるのでしょうね。自分の問題からも、娘からも逃げてる。
    娘さんは、そんな相談者でも、筆談をしようとしたり、そんな状態でも働いて、がんばってる。
    良くなって欲しいです。
    拒食症は、親との関係以外で良くなれないのでしょうか?
    精神科医の先生の回答だと良かったのに…

  6. 男性で、頑張って家事をやってたと自分で言う人って、自分の出来る好きな家事はやるけど、家族が求めてる家事をやらない人がいる。
    相談者は、料理が苦手でやらずに逃げてる。
    娘からも、逃げてる。

  7. 親に筆談って、もの凄い怒りだね。
    娘が作ってくれてた料理をなぜ食べなかった?
    食べられない状況なのに自分の分を用意させてた?この相談者の無神経さには呆れる。
    その挙げ句に家に居づらいから外出って、逃避のスペシャリストか。
    それにしても体重30キロって、パートにしたって仕事ができるような体じゃないだろう。命が危ない位の状態なのでは?この相談者の推測だから、的外れである事を祈る。

コメントはお気軽にどうぞ