20年来のわがままな親友に裏切られた女50歳。次の親友を作りたい

テレフォン人生相談 2020年2月24日 月曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: 女50歳バツイチ

今日の一言: 心の底を打ち明ける。それが癒しです。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
はい、もしもし

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい

加藤諦三:
最初に年齢教えてください。

相談者:
はい。50歳です。

加藤諦三:
50歳、結婚してます?

相談者:
はい・・いや、あの、一度結婚したんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
えー、今は1人です。

加藤諦三:
えーと、離婚してからどのぐらいですか?

相談者:
離婚してもう、十数年経ちます。

加藤諦三:
十数年?

相談者:
ええ

加藤諦三:
で、お子さんは?

相談者:
いません。

加藤諦三:
いません、はい、分かりました。

相談者:
ええ、はい

加藤諦三:
で、どんな相談ですか?

相談者:
え、あの、20年来、お付き合いしていた女友達と、

加藤諦三:
うん

相談者:
ちょっと疎遠になってしまって。
ちょっとお、2人で、買い物に行ったときに、

加藤諦三:
ん、はい

相談者:
え、わたしもちょっと・・自分中心なところがあるので、

加藤諦三:
うん

相談者:
その態度が、彼女にとっては、気に食わなかったというか・・
「あなたのこと友達だと思ってないから」とかって言われて、

加藤諦三:
うん

相談者:
「家(うち)にも来なくていい」、「電話もしなくていい」・・「もう友達だと思ってないから」って、い・・った感じで、こう・・繋がりがなくなってしまったというか。

加藤諦三:
疎遠になったというよりも・・

相談者:
ええ

加藤諦三:
疎遠というよりも、もう・・要するに・・友達関係が、おわったという・・

相談者:
うーんーん

加藤諦三:
ふうに相手から言われたということ・・

相談者:
ま、そうなんですけれども、

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、彼女も結構、我の強い性格の方で。

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、年下なんですけれども、わたしより年が。

加藤諦三:
うん

相談者:
なのですが、やっぱり、女同士って難しいじゃないですか、やっぱいろいろと。

加藤諦三:
うん。ああ、ただ、人間関係・・

相談者:
ええ、人間関係・・

加藤諦三:
女同士も男同士も、男と女も・・

相談者:
うーん

加藤諦三:
ま、む、難しいですよね?

相談者:
ま、男性のほうがさっぱりしてると言いますか。

加藤諦三:
ええ

相談者:
くだけた感じで、ま、お話はできるんですけど、
女性っていうのは、結構、人の悪口言ったりとか、陰で?

加藤諦三:
ええ、ええ

相談者:
だからわたしも陰で・・なんか彼女に言われて、なんか些細なことで、なんか言われてるのかな?とか。

加藤諦三:
うん

相談者:
ちょっといろいろ被害妄想的なことを・・ちょっと考えて、しまうときもあるんです。

加藤諦三:
ん?、被害妄想的なことを、あなたが、考えて、しまうことがある?

相談者:
そうですね、わたしばかりがなんかひどい思いしてるんじゃないかとか。
マイナスなね?、損な、役回りっていうか、損な性格してるんじゃないかとか。

加藤諦三:
ええ

相談者:
そう思ってしま、って、

加藤諦三:
ええ

相談者:
な、なんちゅうんですか?だから・・いつも被害者っていうのか、そういう・・

加藤諦三:
うーん

相談者:
うん

加藤諦三:
うーん

相談者:
マイナスな、負の気持ちが・・

加藤諦三:
うーん

相談者:
なんか芽生えてしまうというか。

加藤諦三:
うーん

相談者:
うん、だから、もう、人間不信っていうより、もう、とにかく人と付き合うのが面倒?・・

加藤諦三:
うん

相談者:
な、気持ちになってしまうときが、度々あって、

加藤諦三:
うーん

相談者:
親にも言われるんですけど、「みんな人間孤独な生き物なんだから」って・・

加藤諦三:
うん

相談者:
言うんですけれども、

加藤諦三:
うん

相談者:
でも、孤独だけどやっぱり・・いつも孤独じゃつまらないし、やっぱり友達って、大事ですよね?

加藤諦三:
そりゃあ、だってえ・・

相談者:
うーん

加藤諦三:
やっぱり人との繋がりが・・人生だから。

相談者:
ええ、だから・・うん、なんかそれが途絶えてしまうともう、なんか人間じゃなくなってるような感じがして・・

加藤諦三:
うーん

相談者:
だから、なんていうんですか?その心の繋がりが、彼女と、できてないという、言いますか・・

加藤諦三:
うん、うん

相談者:
表面的なことから・・

加藤諦三:
うん

相談者:
あの、表情とかで・・

加藤諦三:
うん

相談者:
あの、わたしのことをね?

加藤諦三:
うん

相談者:
悪く言うんです。
例えば「仮面をかぶってる」とか。

加藤諦三:
うん

相談者:
そういう言葉を浴びせられたこともありましたし、

加藤諦三:
うん

相談者:
で、結構、わたしなんかその女友達に、なんていいますか・・
なんか陰で虐(しいた)げられてるような・・

加藤諦三:
うん

相談者:
うん、なんかそういう感じが、気がするんですけれども。

加藤諦三:
うん

相談者:
ホントの友達として、向き合ってないんじゃないかって、彼女のことを。

加藤諦三:
うん・・

相談者:
と、教えてく・・&#

加藤諦三:
さっき、あなたの、言葉だと、20年来の女の友達っていうふうな、言葉・・

相談者:
20年続いたんです。友達で・・よく家(うち)にも遊びに来ましたし、わたしも彼女の家(うち)に・・遊びに、は行って、訪れたりしてました。

加藤諦三:
うーん

相談者:
出掛けたりとか、

加藤諦三:
うん

相談者:
一緒に、車で、ドライブしたりとか、

加藤諦三:
うん

相談者:
すごく・・仲良かったんですよ。

加藤諦三:
うーん

相談者:
彼女の気持ちを、察しながら付き合って来たつもりなんですけれども、

加藤諦三:
ええ

相談者:
やっぱりお互い、我が強い、ところっていうか・・

加藤諦三:
うん

相談者:
ありまして。
え・・

加藤諦三:
だからあ、

相談者:
ええ

加藤諦三:
友達、友達と言うけれどもお・・

相談者:
はい

加藤諦三:
・・本当に心を許した友達ではなかったんじゃないの?

相談者:
うーん、そうですね、ま・・なんていうんだろ、過去の秘密というか、

加藤諦三:
うん

相談者:
あまり言えないことを・・

加藤諦三:
うーん

相談者:
隠したがるう、人だったので。だから打ち解けられないっていうかもう、なんていうのかな?親友っていう、感じじゃなかったってことですか?じゃ、20年来は。
じゃ、今までの20年間はなんだったんでしょうか?・・その理解しがたい彼女の性格が謎で・・
隠し事をしてるんじゃないかっていう、お互いに。

加藤諦三:
うん、お互いにね?

相談者:
うん、ええ・・うん

加藤諦三:
で、今日のあなたの相談っていうのはどういうことなの?

相談者:
・・うん・・

加藤諦三:
ま、にじゅ、ん・・

相談者:
だから、

加藤諦三:
うん

相談者:
女友達、だからホントに心から話せる女友達がほしいってことです。

加藤諦三:
あ・・本当の、自分の気持ちを打ち明けて・・

相談者:
はい

加藤諦三:
付き合える友達がほしいということですね?

相談者:
そうです。はい

加藤諦三:
はい、それでは、あの、今日はスタジオに・・大変経験、豊富な、弁護士の、中川潤先生がいらしてんので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい・・よろしくお願いいたしま・・

(回答者に交代)


「20年来のわがままな親友に裏切られた女50歳。次の親友を作りたい」への15件のフィードバック

  1. 彼女は年下で・・・という発言から、
    「年下の分際で私に楯突いてくる」
    という感情が浮き上がっており
    すでに対等な関係ではないことがわかる。
    要するに最初から友達じゃなかったってこと。

    それに何もかも包み隠さず話す人間関係なんて幻。
    親子でも夫婦でも一つくらいは秘密を持っているもの。

    中学生女子みたいな相談だと思った。

  2. この人
    友人関係を勘違いしている。
    どんなに親しくても何でもかんでもさらけ出して話す訳じゃない。
    大前提が間違ってるから、相手に対して不満ばかり募るんだよ。
    中川先生は弁護士だけどメンタルトレーナーのウルべさんより
    はるかに、良い回答だと思う。

  3. 20年の時を経て、相手はそこそこ成長し相談者はいつまでも変わらず「私達ズっ友よね」と思って甘えていたところに業を煮やした友達からの絶縁宣言。
    ちゃんと言ってくれただけまだマシですよ。

    あなたは悪くないですよと言って欲しかったのに2人からの攻め(笑)にふてくされ声。50歳ツライ…

  4. この人の上から目線の話し方がすごく嫌な感じ。
    友達にはなりたくないタイプ。
    自分のことを偉いと思ってる感が伝わってくる話し方。

  5. 親友を欲しがる前に、友人を作らなきゃ。その前に、あの人と話したいと思われる大人にならなきゃね。

  6. 相手女性も結構な性格だな、オトナなら淡々と疎遠にすりゃいいのに、敢えての暴言絶縁w
    そこまで言わないと相談者には伝わらないと思ったのか、そこまでいっていいとナメてるのか甘えてるのか
    表面的に仲良くてもハラのなかでは大嫌いて、実は女同士あるあるだーなw

  7. 世間には相談者のようなオバサンはソコソコ居ます。愚かで寂しがり屋で傲慢な普通のオバサンです。
    今回の相談によって自分が変われるといいですね。

  8. ラジオで聴いてて
    この人の話し方なーんかイヤだな〜と思いました。
    気が強いと言うか傲慢と言うか…。
    性格って声色に出るものなんですね。

  9. 相談する立場なのに加藤さんに「お願いします」がない事や
    そもそも何でも話すのが友人と思っている事、しかも親友とか寒い。
    女は悪口言ってとか言いつつ自分も20年来の親友(?笑笑)をディスる自サバ女。

    中川先生では優しすぎる返答だったと思う。

  10. 今回こそ、「あなた自身を振り返って見つめましょう」スタンスの大原先生に来て欲しかった。

  11. あたしサバサバしてるから~
    とか言って言いたい事言ってそう(笑)
    子分みたいな友達が
    「もう子分はイヤー」って事があったのでは?

  12. 加藤先生の半信半疑なおまじないみたいなアドバイス、私もやってみようって思います!相談者さん勇気を出して電話されたことを、無駄にならないように、

  13. 50歳独身子供なし。
    寂しいようだけど逆に言えば自由な身の上。
    三石先生だったら
    あーた、もったいないよー美術館なり映画館なり行ってさ思いっきり楽しみなさいよー
    あと40年は生きなきゃなんないんだからさーっておっしゃいそう。
    中川加藤両先生のアドバイスを思い出しつつ癒してから楽しみを見つけたらいいかもね。
    どちらにせよ50歳過ぎた頃から友達付き合いは面倒になってくるし。潮時だったんだろうね。

  14. 人間とは「集団で生活しないと生きられない」とDNAレベルで刻まれている一方で、生まれつきマイナスオーラを纏う人間もそこそこいる。相談者も、そんな相反する性質をもった悲しい人間。無理に普通の人間へ擬態して、社会へ入って弾かれて。その繰り返し。多少の不便と「人間社会から弾かれた」という劣等感、敗北感、不安感、社会からの嫌悪は感じながらも独りで生きるのがマシ。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。