最後まで噛み合わず。解決の形に拘る相談者と取り付く島もない番組

テレフォン人生相談 2021年10月30日 土曜日

嫁 VS 夫と姑
よくある対立かと思いきや・・
地域の和を大切にする嫁と、ないがしろにする夫と姑。
主張が逆のような。

 

自治会がよく機能している感じ。

ほっとけば草ぼうぼう。
見通しも悪くて、不法投棄やら防犯上もよくない。
もちろん行政がやるわけにもいかない。
みんなでやるほど広くもない。
で、持ち回り。

 

ところが、
2世帯が「抜けたい」

これは分かる。
だって他人の私有地だもん。

おかしいのは次。
姑「うちも抜ける」
夫「こんなことやってても意味がない」

まったくもって正当性がない。

ご近所さん「2軒の方は名義がないからいいけど、(相談者世帯は)名前があるから抜けれない」

サジ投げた中川弁護士ですら言ってる。
「抜けるつったって登記名義が残ってると、どっかで(問題が)出て来る」

さらに相談者の言ってることが極めて真っ当かつ重要。

相談者 「2年後に自治会長が当たるんです。皆さんの協力がないとやってけない」

役員も輪番制なのね。
義務すら果たさない自治会長・・

土地の所有者としての責任と自治会長。
少なくともこの2点について二人がどう考えてるか訊くべきでしょ。

てか、作業は全部かぶるとまで言っている嫁妻に反対する理由。
相談者じゃなくても知りたくなる。

説得を諦めるも何も、これを聞き出さないことには始まらない。
諦めるにしたって家庭内に亀裂を生じさせないための必要な情報共有。

アタシが長年勤めた集合住宅の役員を惜しまれながらも😁降りたワケは、あるたった一人と顔を合わせるのが耐えられなくなったから。
もちろんこんな理由、人に言えるワケがない。

 

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: 女51歳 夫55歳 姑

今日の一言: 現実を受け入れる。するとすることが見えて来ます。

続きを読む 最後まで噛み合わず。解決の形に拘る相談者と取り付く島もない番組

「不倫してる人たちに言いたい!不幸せになります」出戻り女の実感こもる生活

テレフォン人生相談 2021年10月29日 金曜日

ウルベ 「今日わたしは誤魔化すやり方をご紹介することも可能ですし、しっかり憎しみっていうものは人間にはあるよねっていうことの気付き方をご紹介することも可能です(キリッ)。
どっちにしましょうか?」

相談者 「・・誤魔化し方・・ですかね?」

ウルベ 「ですよねえ・・」

ワロタ

 

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 田中ウルヴェ京(シンクロ銅メダリスト、メンタルトレーナー)

相談者: 女47歳 10年前に離婚 母78歳 妹45歳 弟との4人暮らし 3人の子どもは元夫と暮らす

今日の一言: 心から重荷を取ることは身体から重荷を取ることと同じことです。

続きを読む 「不倫してる人たちに言いたい!不幸せになります」出戻り女の実感こもる生活

「置いて頂いてるから」ここまでされて主婦業の全うを誓う絶滅危惧種

テレフォン人生相談 2021年10月28日 木曜日

相談者 「一応ここにまだ置いてもらってますのでね」

フェミが発狂しそう。

 

中川潤 「そんなのやめたら?」

旦那にやらされているように見えるのね。

違うよ。
家事を任され、台所を守ってきた自負。
中川さんの仕事と同じ。

象徴的なのでもう一度。

中川潤 「そんなのやめたら?(そんなのやめなよ)」

”そんなの” ”やめなよ”

しみ付いた認識は隠せない。
女性の権利を守っているようで軽んじていることに気づかない。
弁護士の仕事をそう言われたことを想像したらいかに無下(むげ)なセリフか分からないかしら。

 

娘を嫁がせ、夫婦で持て余す自宅からマンションに住み替えて借金なし。
72歳で働きながらチームスポーツの仕切り役。

愛妻なら花マルあげたいくらいなのだが。

 

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: 女71歳 夫72歳 家庭持ちの娘48歳

続きを読む 「置いて頂いてるから」ここまでされて主婦業の全うを誓う絶滅危惧種

金のために父なし子を強いた女の後始末のきっかけは金で気がかりはやっぱり金

テレフォン人生相談 2021年10月27日 水曜日

大迫 「認知をしてもらえば良かったんです」
大迫 「認知さえしておいていただければね?」
大迫 「そのとき認知さえすればね?」
大迫 「認知してくれればいいだけのことだったんですけど」

もうそれぐらいで(笑)

合理主義が服を着たような女史が同じことを何度も口にするのは珍しい。
しかも過去のこと。

言外に軽蔑と不愉快。
それは過去ではなく、今なお揺らいでいる相談者。
そしてここから向こう3ヶ月の忠告につながる。

大迫 「貯金のもらえる額が何十万なんていうことと比べる話じゃない」

切れたままのルーツを繋ぐ最期のチャンス。
これを逃せば出自をたどることは不可能となる。
って誰が?

それは何人、何十人という血を分けた未来の子どもたち。

想像するしか無い途切れたルーツのワケは受け入れがたいものばかり。
望まない妊娠?
娼婦?、犯罪人?、近親?、大陸?

誰も否定できなくなる。

プライスレス。

 

パーソナリティ: 玉置妙憂
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 東北なまりの女74歳 夫は3年前に他界 一人暮らし 家庭持ちの長男46歳 孫2人 次男39歳 孫3人

続きを読む 金のために父なし子を強いた女の後始末のきっかけは金で気がかりはやっぱり金

こんな歯医者は嫌だ。TVマンに憧れ一番なりたくなかったホヤホヤ5浪のモヤモヤ

テレフォン人生相談 2021年10月26日 火曜日

今井、三石両女史の感覚はこう。
観れば元気でるかも。

ただし、封切りはアンタも生まれていない昭和の最終年。
大金をつぎ込んでまで息子二人を引きずり込んだ親父もこの感覚から抜けきれていない。

 

選ぶ側のアタシの感覚からすると今や数が多くて迷うほど。

行ってた歯医者さんは夜間診療のために日中の休み時間に狭い事務所のソファーで仮眠とってた。
行きやすかったがマスク越しの口臭がキツくて変えた先は目と鼻の先。

「愛と平成の色男」がDVD化もされなければ、アマゾンprime vidoでも扱われないのは、石田純一のせいではなく、映画の設定があまりにも時代にそぐわないからだ。

 

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 三石由起子(三石メソード主宰、作家・翻訳家)

相談者: 男29歳 父59歳 母60歳 弟26歳

続きを読む こんな歯医者は嫌だ。TVマンに憧れ一番なりたくなかったホヤホヤ5浪のモヤモヤ

不登校を相談しつつ口数少ない女が図星にトーン変わる。ごまかしの死刑台の笑い

テレフォン人生相談 2021年10月25日 月曜日

番組で4年半ぶりに聞く死刑台の笑い、改め絞首台の笑い

他人から愚かさを笑われる時、自分もその笑う側に立てば、あたかも笑われる人がいなくなったかのよう。

あるいは、おおらかさをまとって自分をバカにする人に取り入る。

無意識ではあるけど、クセにまで染み付いたのは、こうした体験の積み重ね。

 

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究)

相談者: 沖縄なまりの女70歳 夫とは離婚 娘49歳 娘の夫は数年前に病死  3人の孫のうち一人は県外 一番下の孫娘16歳高1 4人暮らし

今日の一言: 家で何が起きるか?怖いので家から出られないという不登校の子がいます。

続きを読む 不登校を相談しつつ口数少ない女が図星にトーン変わる。ごまかしの死刑台の笑い